「平成21年調査」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年1月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

軽減税率は欧州で失敗の歴史、日本が導入する必要はあるか

...に示されるように、軽減税率は有効な逆進性対策になっていない。■図表:食品にゼロ税率を導入した場合の税負担軽減効果(消費税率10%を想定)(円/月)12,000負担額(左目盛)負担率(右目盛)(%)3.53.010,0002.58,0002.06,0001.54,0001.02,0000.500.0(年間収入:万円)(注)消費税率は 10%を想定(資料)総務省「全国消費実態調査」(平成 21 年調査)よりみずほ総合研究所作成低所得者の方が消費に占める食費の割合は高い(エンゲル係数が大きい)ため、一見、軽減...

2016年5月11日総務省★★フィードバック数:0ライフスタイル

食料への支出の変化を見る(平成26年全国消費実態調査の結果から)

...と若年層よりも大分低くなっています。また、「調理済みの食料」は各年齢階級でおおむね2割前後と、年齢階級間の違いは相対的に小さくなっています。5年前(平成21年調査)と比べると、「素材となる食料」は全ての年齢階級で割合が低下しています。一方、「調理済みの食料」については、全ての年齢階級で割合が上昇しており、上昇幅は60歳代の高齢世帯において2.3ポイントと最も大きくなっています。表3 世帯主の年齢階級別に見た食料への支出の形態別構成割合(二人以上の世帯) なお、同様...

和歌山県における家計消費のトレンド変化~県内世帯の少子高齢化が進む中で~

...側はどのような市場ニーズへの対応が重要であるかについて考察を行う。3.県内家計消費のトレンド変化県内家計消費のトレンド変化を分析するに当たり、世帯類型ごとの収入・支出金額を調査した「全国消費実態調査」(平成21年調査)を活用する。支出の中身について比較する世帯類型としては、(1)「全国消費実態調査」において支出の内訳が詳細に掲載されており、(2)和歌山県内における世帯数が相対的に多く、(3)2000年〜10年の間にその世帯数が顕著に増加、あるいは減少しているという、三つの条件に合致するものを選択した。以上の三つの条件に従い、比較...

2014年7月21日総務省フィードバック数:0社会/政治

統計Today No.81 9月から「平成26年全国消費実態調査」を実施

...、長子が中学生)第4ステージ:子供の大学進学時(夫婦と子供2人、長子が大学生)第5ステージ:子供の独立、夫の会社定年後(夫婦のみ、夫60歳以上)* このライフステージの定義は、時系列比較等の都合から、筆者が一部、アレンジしていますので、既存の公表資料等と異なる部分があります。 最新の平成21年調査結果から作成した図1からは、様々な傾向を読み取ることができます。特に顕著なのは、「教育」への支出です。第1と第5ステージでは、夫婦のみなので、当然、「教育」への支出はほとんどありませんし、長子...

2013年7月7日財務省★フィードバック数:0社会/政治

財務総合政策研究所による分析です。

家計の所得・消費・貯蓄:『全国消費実態調査』『家計調査』『国民生活基礎調査』の比較

...はライフサイクルの視点を考慮し、年齢階層別を含むクロス集計(年齢階層別×所得階層別、年齢階層別×消費階層別)を利用して考察を行う。最後に、6 節で結論と課題を述べる。2.計測方法本稿では、『全国消費実態調査』(平成 21 年調査)、『家計調査』(平成 21 年調査)、『国民生活基礎調査』(平成 22 年調査)の調査票データを使用する3。まず分析対象世帯(使用サンプル)の選定については、以下で説明する所得や消費、税・保険料など各調査項目において空欄や不詳コード付き、(超高所得を示す)トップコード付きの世帯を削除する。また、『全国...

2014年11月3日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

26年都道府県地価調査の結果について ~地価、バラツキが拡大?~

...%の上昇に転じている4。島根県では唯一上昇となった地点である。○ 観光・リゾート地にある地点の価格指数の推移(平成21年=100)倶知安-2山中湖-1伊勢5-4出雲5-8120.0117.1115.0110.0103.3105.099.1100.095.093.390.085.080.01920212223242526年調査(備考)「倶知安-2」の地点は、平成21年調査から置かれている地点。また、和歌山県田辺市の住宅地では、全国・住宅地の下落率下位 7 位となる地点(「田辺-6」)がある一方、全国...

2013年6月14日経済産業省フィードバック数:1社会/政治

「平成24年度 特定サービス産業実態調査利活用促進のためのデータ作成とサービス産業動向把握のための調査」報告書

...日本標準産業分類小分類∼中分類)程度の細かい分類での従業把握につとめている。特に、海外取引や事業所の従業についてどの程度調査が可能であるかについて検討しつつ、検討に当たっては、分析的視点も含め、当該産業の新たな潮流などを把握することにつとめた。これらの結果を基にして、26 年以降の調査票の設計に必要となる調査事項を収集、分析し、必要となる調査事項について検討が行えるよう調査研究を実施している。7Ⅰ.調査設計評価、時系列データ整備1.調査設計評価(1)作業の目的特定サービス産業実態調査では、平成 21 年調査以降、母集...

2014年5月18日総務省フィードバック数:0社会/政治

統計調査ニュース 平成26年5月号

...の社会保障審議会生活保護基準部会における生活扶助基準に関する議論のなかで,本調査の結果が用いられました。このように本調査の結果は,国民の権利や生活に重大な影響を与える統計のひとつとなっています。 そこで,本号より数回にわたり,平成 21 年調査の主要な結果を紹介します。本号では,いくつかの世帯属性からみた消費や所得に関する結果を掲載します。1 夫婦共働き世帯の消費支出図2 母子世帯と標準世帯の1か月平均消費支出の費目 夫婦共働き世帯の1世帯当たり消費支出は 344,502 円  構成(勤労者世帯)で,世帯主だけが働いている世帯(293,858 円)の約 1.2(%)0...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ