「年度設備」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2018年1月25日日本政策投資銀行フィードバック数:0社会/政治

2017年度設備投資計画調査

...[[レポート]]「2017年度設備投資計画調査の概要と 企業トップ・有識者の『声』」を公表 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、このたび「2017年度設備投資計画調査の概要と企業トップ・有識者の『声』」と題した調査レポートを発行しました。当レポートは、8月に発表した全国設備投資計画調査(大企業)「2016・2017・2018年度 設備投資計画調査(2017年6月調査)」(以下「設備投資計画調査」という。)を踏まえて、当行取引先等の企業トップ(主にCEO...

2014年10月29日日本政策投資銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「地域創生への提言」を公表~設備投資計画調査フォローアップヒアリング(170件)の「ナマの声」から~

...[[News]]「地域創生への提言」を公表 ~設備投資計画調査フォローアップヒアリング(170件)の「ナマの声」から~株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、「地域中堅企業経営者、経済団体など170件の「ナマの声」~2014年度設備投資計画調査フォローアップヒアリング結果~」および「地域創生への提言~2014年度設備投資計画調査フォローアップヒアリング(170件)の「ナマの声」から~」を公表しました。DBJは、9月1日に地域みらいづくり本部(本部長:代表...

2014年8月6日日本政策投資銀行★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

設備投資についての調査です。

地域別設備投資計画調査(2014年6月)

...日本政策投資銀行では、地域別設備投資動向の把握を目的として、「地域別設備投資計画調査(調査対象企業:原則として資本金1億円以上の民間法人企業)」を年1回発表いたしております。 今般、2016年度設備投資実績および2017・2018年度設備投資計画について調査結果をとりまとめましたので、その概要をご報告いたします。(注)地域別の増減率は、都道府県別回答が得られたデータを基に算出しているが、全国の増減率は、都道府県別の回答が得られていないデータも含めて算出している。 2017年度...

2011年8月12日日本政策投資銀行フィードバック数:8製造業/エレクトロニクス

地域別設備投資計画調査

...日本政策投資銀行では、地域別設備投資動向の把握を目的として、「地域別設備投資計画調査(調査対象企業:原則として資本金1億円以上の民間法人企業)」を年1回発表いたしております。 今般、2016年度設備投資実績および2017・2018年度設備投資計画について調査結果をとりまとめましたので、その概要をご報告いたします。(注)地域別の増減率は、都道府県別回答が得られたデータを基に算出しているが、全国の増減率は、都道府県別の回答が得られていないデータも含めて算出している。 2017年度...

2014年4月1日静岡経済研究所フィードバック数:0社会/政治

平成26年3月「静岡県内中堅・中小企業設備投資計画」調査

...平成26年3月「静岡県内中堅・中小企業設備投資計画」調査結果―計画額は大幅増加、投資マインドも2年連続でプラス―□静岡県内の中堅・中小企業(320社)の平成26年度設備投資計画額は、前年度比+20.1%と大幅に増加した。業種別では、金属製品や一般機械器具で老朽設備の更新投資が、輸送用機械器具で生産性向上のための機械導入の投資が増えるなど、製造業が+24.8%とプラスに転じた。また、非製造業は、営業車両などの更新を計画する卸売業や、建物の改修を予定するホテル・旅館業などの増加計画を受け+17.5...

2014年9月26日静岡経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年9月「静岡県内中堅・中小企業設備投資計画」調査

...平成26年9月「静岡県内中堅・中小企業設備投資計画」調査結果―投資額は前年度比+4.0%増と小幅ながら増勢を維持―□静岡県内の中堅・中小企業(305社)の平成26年度設備投資実績見込額は、前年度実績比+4.0%の増加となった。業種別にみると、製造業では輸送用機械器具、化学・ゴム製品、一般機械器具などが伸長して同+4.9%と増加に転じ、非製造業でも卸売業、運輸・倉庫業の増加により+3.4%と増勢が続いた。□一方、企業の設備投資マインドを示す設備投資S.I.は、全産業で△0.6と、昨年9月調...

2013年10月1日静岡経済研究所フィードバック数:0ビジネス

平成25年9月「静岡県内中堅・中小企業設備投資計画」調査

...平成25年9月「静岡県内中堅・中小企業設備投資計画」調査結果―実績見込み額は前年度比+10.7%増―□静岡県内の中堅・中小企業(322社)の平成25年度設備投資実績見込額は、前年度実績比+10.7%の増加となった。業種別では、製造業は老朽設備の更新などを中心に同+14.3%と大幅増に転じ、非製造業は機材の入れ替えなどから同+7.9%と増加したものの、前年度より伸び率は鈍化した。□一方、企業の設備投資マインドを示す設備投資S.I.は、全産業で△2.4と、依然として水面下にあるものの、昨年9月調...

2013年8月6日日本政策投資銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

企業の設備投資についての調査です。

2012・2013・2014年度 設備投資計画調査

...[[News]]「 2012・2013・2014年度 設備投資計画調査」について 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、「2012・2013・2014年度 設備投資計画調査:非製造業が牽引し、2年連続の増加-<非製造業は22年ぶりに二桁の伸び><製造業は維持・補修や合理化・省力化のウエイト上昇、海外強化の流れ続く>」について、調査結果を取りまとめました。今回の調査では、大企業の2013年度設備投資計画は、製造業、非製造業ともに増加し、全産業で10.3...

2015年7月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は3ポイント改善の15、先行きはさらに改善

...の改善が遅れているだけに、賃上げや円安に伴うコスト増が景況感の重石になりやすい。先行きの景況感は企業規模によって方向感が分かれた。大企業では米国経済や国内消費の回復などへの期待から、製造業・非製造業ともに改善が示された。一方で、経営体力の問題から、先行きへの警戒が高まりやすい中小企業では、製造業で横ばい、非製造業で悪化が示された。15年度設備投資計画は、14年度(実績)対比で3.4%増と大きく上方修正された。例年、6月調査にかけては、計画が固まってくることに伴って上方修正される傾向が強いが、今回...

2015年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2015年3月調査)~大企業製造業の景況感は横ばいの12、先行きは悪化

...のメリットが限定的になる一方でデメリットが出やすいとみられ、大企業が横ばいとなる中で景況感が下振れした。先行きの景況感は総じて悪化が示された。内外経済に不透明感がある中、円安や原油価格反転に伴う仕入コスト上昇への警戒感が強いことなどが、企業の先行きに対する慎重な姿勢に繋がっているものとみられる。14年度設備投資計画は前年度比4.4%増と、やや上方修正された。また、今回から新たに公表された15年度計画は、14年度比で▲5.0%となった。例年、3月調査時点では計画が固まっていないため、前年比マイナスでスタートするのが通例となっている。このため、例年の3月調...

2014年3月マネー統計~貸出・マネーの伸びがさらに鈍化

...)の伸び率は前年比2.3%(前月は2.4%)となった。銀行貸出の伸び率縮小はこれで3ヵ月連続となっている。残高のプラス基調は継続しているが、伸びの一服感は否めない。今後、増勢が強まっていくためのカギはやはり設備投資マインドだろう。4月1日発表の日銀短観における14年度設備投資計画は慎重さが残る結果であった。これが今後どのように修正されるかが、資金需要の勢いを左右する。また、2月に拡充が決定された日銀貸出支援制度の効果がどれだけ発揮されるかも銀行貸出の注目点となる。3月のマネタリーベース平残は208...

2013年3月30日経済産業省★★フィードバック数:1ビジネス

日本企業の海外での事業活動についての調査です。

平成24年海外事業活動基本調査概要

...-4.現地法人に関する集計表 (XLS/197KB) ②-19 法人税等 ②-20 当期純利益 ②-21 当期内部留保額 ②-22 内部留保残高 ②-23 出資者向け支払 ②-24 社外流出額 2-5.現地法人に関する集計表 (XLS/209KB) ②-25 研究開発費 ②-26 設備投資額 ②-27 次年度設備投資見込額 ②-28 財務営業比率 ②-29 解散、撤退の要因について ②-30 製造業現地法人の主要製品について 3-1.本社...

日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は1改善の13、先行きは横ばい

...込み需要の反動減緩和は期待されるものの、不透明感も強く、まだ楽観視できる状況にはないと判断しているとみられる。14年度事業計画はまずまずの内容。収益計画は依然減益計画ながら、前回からは売上・利益ともに小幅に上方修正されている。また、14 年度設備投資計画は前年度比4.2%増と上方修正された。今回の修正幅は2.4ポイントと、12年度9月調査や13年度9月調査の上方修正幅を上回り、強い内容と言える。ただし、上期・下期で見ると、上期計画が下方修正される一方で、下期計画が大幅な積み増しとなっており、一部...

日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント改善の14を予想

...企業では、新興国との関係が薄く、駆け込み需要の影響を受けやすい非製造業の改善幅が製造業を上回ると予想。今回の最大の注目点は13年度設備投資計画だ。前回調査では前年度比3.3%増と、事前予想を下回る結果であった。また、GDP統計上の設備投資はほぼ横ばいに留まり、本格回復とは言い難い。一方、先行指標とされる機械受注に一部明るさが見える点は設備投資の上振れ期待を抱かせている。アベノミクス開始から約一年が経過し、内需回復や円安定着を受けて企業が慎重姿勢を修正し、上方修正が鮮明化するかが焦点となる。また、賃上...

2014年7月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2014年6月調査)~大企業製造業の景況感は5悪化の12、先行きは持ち直し

...業が横ばい、中小企業が悪化の見通し。製造業では一部素材系業種や設備投資関連業種が全体を牽引する一方、非製造業は牽引役を欠いている。14年度事業計画はまずまずの内容となった。収益計画は増収減益計画ながら、前回からは売上・利益ともに実質的に上方修正されている。増税後の景気が今のところ底割れしていないことが、悲観の後退に繋がったとみられる。また、14 年度設備投資計画は前年度比1.7%増と、プラス圏に転じている。今回の上方修正幅は例年と遜色ないレベルであるが、比較...

日銀短観(12月調査)~大企業製造業の景況感は1悪化の12、先行きはさらに悪化

...企業製造業は前回時点で大企業に先んじて悪化していたこと、非製造業については長引く内需低迷を素直に反映した形とみられる。先行きの景況感は企業規模や製造・非製造業を問わず悪化を示している。とりわけ、中小企業の景況感悪化は大企業を上回っており、円安によるコスト上昇圧力や内需回復の遅れに対する警戒感が強く現れているとみられる。14年度事業計画は総じて堅調。収益計画は依然減益計画ながら、前回から売上・利益ともに上方修正されている。14 年度設備投資計画は前年度比5.5%増と上方修正された。過去との対比でも、伸び率は高めである。前回からの修正幅は1.2ポイ...

日銀短観(12月調査)~大企業製造業の景況感は4改善の16、先行きは14へ

...ではぎりぎりまで駆け込み需要が期待される小売業以外では反動減への警戒感が先んじて現れた可能性がある。また、海外経済の先行きについて不透明感が残る点も影響しているとみられる。13年度設備投資計画(全規模全産業)は12年度比4.5%増と前回(3.3%増)から上方修正された。ただし、例年12月調査では計画が固まってくることに伴って上方修正される傾向が強い点を踏まえると、本格回復とは言えないレベル。先送りとみられる動きも続いている。アベノミクス開始から約一年が経過し、内需の回復や円安の定着といった国内生産への追い風は吹くものの、国内生産の水準が未だに十分回復していないことなどを受けて、企業...

日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は8改善の12、先行きは11へ

...を中心とする海外経済の回復やアベノミクスへの期待は根強く、全規模全産業としては小幅ながら景況感の改善が示されている。13年度設備投資計画は12年度比3.3%増と前回(2.0%増)から上方修正となり、プラス幅を拡大している。ただし、例年9月調査では計画が固まってくることに伴って上方修正となる傾向が強い点も踏まえると、力強さは感じない。設備投資を積極的に積み増すには中長期の成長期待が改善することが不可欠であり、まだその状況には至っていないと考えられる。本日発表予定の政府の経済対策では、企業向けの投資減税が盛り込まれる予定である。設備...

2013年7月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は12改善の4、先行きは10へ

...年度設備投資計画は2.0%増と上方修正され、プラス圏に浮上した。例年6月調査では上方修正となる傾向が強いうえ、事業環境と企業収益の改善もプラスに寄与したとみられる。ただし、2.0%という伸び率は力強くはない。設備投資を積極的に積み増すには中長期の成長期待が改善することが不可欠であり、まだその状況には至っていないと考えられる。大企業製造業の販売価格判断D.I.は、足元・先行きともに上昇しているものの、D.I.の水準は先行きでも依然マイナス圏(すなわち「下落」が優勢)となっており、企業...

2014年11月5日中国電力フィードバック数:0社会/政治

エネルギア地域経済レポート 2014年11月(No.484)

...2014 年第 2,3 四半期には非製造業の設備不足感は航空機やエコカー向けなどの投資が増える。非が若干薄まり,全産業で 1%ポイントの過剰超過製造業は,通信・情報やリースが前年を下回るもとなったものの,先行きはマイナス 1%ポイントのの,運輸や不動産がけん引する形で前年を上回と設備不足の状態となっている。り,同 12.7%増となる見込みである。運輸は鉄道の車両更新投資,不動産では都心部での大型開発(4)業種別の設備投資などの投資が増加する。日本政策投資銀行の「2013・2014・2015 年度設備...

2014年9月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計14年4-6月期~消費増税の影響から、利益、設備ともに改善が一服

...加を維持したが、製造業が前期比▲7.1%(1-3月期:同6.0%)と大きく落ち込んだことが響いた。4-6月期の設備投資の減少は、ウィンドウズXPのサポート終了に伴う更新需要などから1-3月期が高い伸びになった反動による部分が大きい。1-3月期の増加幅に比べ4-6月期の落ち込みが小さいこと、企業収益が高水準を維持していること、日銀短観や日本政策投資銀行の14年度設備投資計画が高めの伸びとなっていることなどからすれば、設備投資の回復基調は維持されていると判断される。GDP統計の設備投資は14年4-6月期に5四半...

2014年9月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[日銀短観予測・解説]日銀短観(2014年9月調査)予測

...日銀短観予測2014 年 9 月 19 日日銀短観(2014 年 9 月調査)予測経済調査部エコノミスト坂中弥生03-3591-1242yayoi.sakanaka@mizuho-ri.co.jp○ 業況判断DI予測:大企業・製造業 +10%Pt(6月調査から2ポイント悪化)大企業・非製造業 +17%Pt(同2ポイント悪化)○ 2014年度設備投資計画(全規模・全産業)予測:前年比+2.6%(6月調査:同+1.7%)1.短観9月調...

2014年3月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

法人企業景気予測調査(2014年1-3月期) ~反動減は一時的?~

...企業景気予測調査」4-6月期7-9月期10-12月期 実績見込み(出所)財務省、内閣府「法人企業景気予測調査」○14年度設備投資計画は例年並みのスタート2014年度の設備投資計画(ソフトウェアを含む、土地購入額除く、金融・保険業含む)は前年度比▲5.1%と例年並みのスタート1となった。設備投資計画は例年マイナスからのスタート、4-6月期の大幅上方修正が定石となっており、修正パターンを勘案すると4-6月期にプラス圏に浮上する可能性は十分にある。今回の結果を以って投資の先行きを悲観する必要はないだろう。13年10...

2013年3月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2013年3月調査)予測

...日銀短観予測2013 年 3 月 15 日日銀短観(2013 年 3 月調査)予測経済調査部エコノミスト風間 春香03-3591-1418haruka.kazama@mizuho-ri.co.jp○ 業況判断DI予測:大企業・製造業▲5%Pt(12月調査から7ポイントの改善)大企業・非製造業 +9%Pt(同5ポイントの改善)○ 2012年度設備投資計画(全規模・全産業)予測:前年比+6.6%(12月調査:同+7.1%)2013年度設備投資計画(全規模・全産業)予測:前年比▲4.8%1.短観3...

2014年9月10日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年度設備投資計画調査の概要

...2014年度設備投資計画調査の概要村上 敬亮 (経済産業省経済産業政策局調査課長) 日本政策投資銀行は、例年「設備投資計画調査」を取りまとめ発表しています。この調査は、わが国産業の設備投資の基本的動向を把握することを目的として、国内単体及び国内外連結の設備投資を調査・分析するもので、1956年より60年近くに亘り継続しています。また調査対象企業及び回答企業の数は、同種の調査としてはわが国最大規模です。今回のBBLセミナーでは、2014年8月発表予定の設備投資計画調査集計結果をもとに、企業...

2014年3月18日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年3月)

...かに増加している。「日銀短観」(12月調査)によれば、2013年度設備投資計画は、製造業では3年連続の増加、非製造業では2年連続の増加となり、全産業では2年連続の増加が見込まれている。設備過剰感は、依然とし て残 るも のの、改善している。また、「法人企業景気予測調査 」(1−3月期調査)によれば、2014年度設備投資計画は、大企業製造業では増加、大企業非製造業では減少が見込まれている。先行指標をみると、機械受注は、持ち直している。建築工事費予定額は、おおむね横ばいとなっている。先行きについては、企業...

2014年2月20日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年2月)

... 四半 期 連続の増加となった後、同0.4%減となった。機械設備投資の供給側統計 である 資本 財出荷は、持ち直している。ソフトウェア投- 2 -資は、緩やかに増加している。「日銀短観」(12月調査)によれば、2013年度設備投資計画は、製造業 では3 年連 続の増加、非製造業では2年連続の増加となり、全 産業で は2 年連続の増加が見込まれている。設備過剰感は、依然として残るものの、改善している。また、「法人企業景気予測調査」(10−12月期調査)によれば、2013年度設備投資計画は、 大企...

2012年9月14日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成24年9月)

...い圏内で推移すると見込まれる。設備投資は、一部に弱い動きもみられるものの、緩やかに持ち直している。設備投資は、一部に弱い動きもみられるものの、緩やかに持ち直している。これを需要側統計である「法人企業統計季報」でみると、2011年10-12月期に大幅に増加した後、2四半期連続で減少した。2012年4-6月期については、製造業では増加し、非製造業では減少した。機械設備投資の供給側統計である資本財出荷は、このところ弱含んでいる。ソフトウェア投資は、緩やかに増加している。「日銀短観」によれば、2012 年度設備投資計画は、製造業では2...

2013年4月15日内閣府フィードバック数:1社会/政治

月例経済報告(平成25年4月)

...止まりつつある。設備投資は、下げ止まりつつある。これを需要側統計である「法人企業統計季報」でみると、2011年10-12月期から4四半期ぶりに増加した。2012年10-12月期については、製造業では減少し、非製造業では増加した。機械設備投資の供給側統計である資本財出荷は、おおむね横ばいとなっている。ソフトウェア投資は、おおむね横ばいとなっている。「日銀短観」(3月調査)によれば、2013年度設備投資計画は、製造業では3年ぶりの減少、非製造業では2年ぶりの減少となり、全産業では2年ぶりの減少が見込まれている。設備...

2013年3月15日内閣府フィードバック数:1社会/政治

月例経済報告(平成25年3月)

...や所得の動向に注視が必要である。設備投資は、下げ止まりつつある。設備投資は、下げ止まりつつある。これを需要側統計である「法人企業統計季報」でみると、2011年10-12月期から4四半期ぶりに増加した。2012年10-12月期については、製造業では減少し、非製造業では増加した。機械設備投資の供給側統計である資本財出荷は、下げ止まっている。ソフトウェア投資は、おおむね横ばいとなっている。「日銀短観」(12月調査)によれば、2012 年度設備投資計画は、製造業では2年連続の増加、非製造業では5年ぶりの増加となり、全産業では5年ぶ...

2014年12月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期四半期別GDP速報(2次速報値) ~予想外の下方修正。先行きは回復へ~

...の結果を反映するとむしろ下方修正要因になったのかもしれない。ただ、14 年7-9月期の設備投資は4-6月期に続いて減少したものの、1-3月期の高い伸びの反動の範囲内の動きにとどまっており、特に設備投資に対して悲観的になる必要はないだろう。底堅い企業収益や設備過剰感の解消などを背景に、均してみれば設備投資は増加基調にあると判断している。日銀短観や日本政策投資銀行調査などのアンケート調査における 14 年度設備投資計画が強いことも先行きの投資増を示唆しており、14 年 10-12 月期以降は再び増加に転じる可能性が高い。消費...

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2013年7月1日~7月5日)

...)(先行き)大企業非製造業 (最近)(先行き)中小企業製造業 (最近)(先行き)中小企業非製造業(最近)(先行き)2013 年度設備投資・ 大企業(前年比)中小企業(前年比)6 月新車販売台数乗用車(前年比)軽乗用車 (前年比)平成 25 年路線価6 月短観業種別計数及び調査全容6 月マネタリーベース(前年比)5 月毎月勤労統計 名目賃金(前年比)黒田日銀総裁挨拶5 月家計消費状況調査5 月景気動向指数 CI 一致指数(前月差)CI 先行指数(前月差)当社...

2013年12月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2013年12月16日~12月20日)

...:3012 月 20 日 (金) 14:0016:00未定(注)指標名日銀短観 12 月調査業況判断 DI・ 大企業製造業当社予測市場予測市場予測レンジ前回結果(最近)+16(先行き)+17大企業非製造業 (最近)+17(先行き)+19中小企業製造業 (最近)▲7(先行き)▲3中小企業非製造業(最近)+2(先行き)+32013 年度設備投資・ 大企業(前年比) +4.1%中小企業(前年比)―12 月短観業種別計数及び調査全容10 月建設総合統計11 月貿易統計輸出金額 (前年比) +17.5%輸入...

2015年1月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014~2016年度日米経済見通し 日本 ~景気は明るさを取り戻す見込み~

...月期の水準は駆け込み需要が発生する前の 13している数少ない経済指標が雇用関連統計であ年 10-12 月期を上回っている。底堅い企業収益る。消費増税後に消費が落ち込むことで雇用がや設備過剰感の解消などを背景に、設備投資は減少することが懸念されていたが、足元まで雇増加基調にあると見て良いだろう。日銀短観や用者数、就業者数とも着実な増加を続けている。日本政策投資銀行調査などのアンケート調査に賃金の改善も消費の持ち直しを後押しする。おける 14 年度設備...

2013年11月25日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

中小企業の景気についてのレポートです。

中小企業への景気回復の波及について

...準)」により作成。民間固定資本形成木材・木製品公的固定資本形成民間消費支出輸出民間固定資本形成公的固定資本形成紙・パルプ民間消費支出輸出民間固定資本形成公的固定資本形成民間消費支出輸出化学民間固定資本形成公的固定資本形成民間消費支出0.04.設備投資の動向これまで見てきたような中小企業製造業における回復力の差は、設備投資にも影響を及ぼしているのだろうか。 化学、木材・木製品、食料品 4の 2013 年度設備投資計画をみてみよう。化学では前年比減少となっている一方、木材・木製品及び食料品は、大幅...

2014年5月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年1-3月期四半期別GDP速報(1次速報値) ~設備投資上振れで、予想以上の高成長。実態としてのGDPは前期比年率+4%台後半?~

...伸びがはっきり高まっている。設備投資の増加は予想されていたものの、増加幅は事前の市場予想を明確に上振れるポジティブサプライズとなった。企業収益の大幅増加や企業マインドの改善などを背景に、企業の投資意欲が持ち直していることが背景にあるのだろう。設備投資の回復感が増してきたことは先行きの景気を見る上でも心強い。先行指標である機械受注は伸びが鈍化しているものの、日銀短観における 14 年度設備投資計画はまずまずの出足であることに加え、設備過剰感の解消も進んでおり、先行き、設備投資の増加が景気の下支えになることが期待される。公共...

2015年6月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2015年6月29日~7月3日)

...小売業販売額(前年比)8:506 月 30 日(火)10:305 月鉱工業生産指数・速報5 月毎月勤労統計名目賃金(前年比)14:005 月住宅着工統計新設住宅着工戸数(前年比)(季調値年率)7月1日(水)8:506 月日銀短観(先行き)+1+1▲2~+30中小企業非製造業(最近)+10+50~+10+3(先行き)+7+30~+7▲115 年度設備投資・大企業(前年比)14:00+5.2%+5.3%+0.2%~+8.3%▲1.2%中小企業(前年比)―――▲21.2%乗用車(前年比)―――+1.2%軽乗用車(前年...

2014年3月16日関西経済連合会フィードバック数:0社会/政治

第53回経営・経済動向調査

....32014年度の設備投資計画について聞いたところ、全体の58.7%の企業が「実施する予定」と回答した。昨年5~6月に実施した2013年度の設備投資計画と比較すると、「実施予定」は4.4ポイント上回った。企業規模別には、大企業は68.1%(2013年度71.1%)と高い水準を維持している。また、中小企業は50.2%(同36.4%)と前年度から大幅に増加しており、中小企業でも設備投資意欲が高まりつつあることがうかがえる。【参考資料】2013年度設備投資の実施計画(第50回経営・経済動向調査[2013年6月...

2015年4月20日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2015年4月月例経済報告

...用設備判断が不足超となっており、製造業では不足方向へ変化するなど、改善している。また、「法人企業景気予測調査」(1−3月期調査)によると、2015年度設備投資計画は、大企業製造業では増加、大企業非製造業では減少が見込まれている。先行指標をみると、機械受注は、持ち直しの動きがみられる。建築工事費予定額は、おおむね横ばいとなっている。先行きについては、企業収益の改善等を背景に、増加していくことが見込まれる。住宅建設は、底堅い動きとなっている。住宅建設は、底堅い動きとなっている。持家の着工は、持ち直しの動きがみられる。貸家...

2015年2月19日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2015年2月月例経済報告

...業において依然として残るものの、改善している。また、「法人企業景気予測調査」(10−12月期調査)によると、2014年度設備投資計画は、大企業製造業、大企業非製造業ともに増加が見込まれている。先行指標をみると、機械受注は、おおむね横ばいとなっている。建築工事費予定額は、このところ増勢が鈍化している。先行きについては、これまでの企業収益の改善等を背景に、増加していくことが見込まれる。住宅建設は、底堅い動きとなっている。住宅建設は、底堅い動きとなっている。持家の着工は、横ばいとなっている。貸家の着工は、持ち直している。分譲...

2015年5月28日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2015年5月月例経済報告

...−3月期調査)によると、2015年度設備投資計画は、大企業製造業では増加、大企業非製造業では減少が見込まれている。先行指標をみると、機械受注は、持ち直しの動きがみられる。建築工事費予定額は、おおむね横ばいとなっている。先行きについては、企業収益の改善等を背景に、増加していくことが見込まれる。住宅建設は、持ち直しの動きがみられる。住宅建設は、持ち直しの動きがみられる。持家の着工は、持ち直している。貸家の着工は、底堅い動きとなっている。分譲住宅の着工は、弱い動きとなっている。総戸数は、3月は前月比1...

2014年10月1日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度 経済見通し(2次改訂)

...省「法人企業景気予測調査」[図表B-11] 海外/国内投資比率(%)[図表B-12] 設備投資(前期比)1408全産業6120予測製造業410080非製造業2060-240-4200(年度)-6ⅠⅡⅢⅣⅠⅡⅢⅣⅠⅡⅢⅣⅠⅡⅢⅣⅠⅡⅢⅣ02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14(注)海外/国内比率=(連結海外設備投資÷単体国内設備投資)×100(資料)日本政策投資銀行「2014年度設備投資計画調査」201120122013(資料)内閣府「四半期別GDP速報」-7...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ