「強制歳出削減」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年8月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米財政「秋の陣」に漂う暗雲~描かれていない混乱回避への道筋~

...みずほインサイト米 州2013 年 8 月 5 日米財政「秋の陣」に漂う暗雲政策調査部描かれていない混乱回避への道筋03-3591-1307部長安井明彦akihiko.yasui@mizuho-ri.co.jp○ 平穏に推移してきた米国の財政運営の先行きに、僅かながら暗雲が漂い始めた。議会の夏期休会が明ける9月からは、オバマ大統領と議会共和党の協議が緊迫度を増しそうだ○ 9月以降の米国の財政運営には、2014年度(13年10月~)の歳出法作成、債務上限の引き上げ、そして、2014年度分の強制歳出削減...

増税下で底堅さを見せる米経済

...増税下で底堅さを見せる米経済 | ニッセイ基礎研究所 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 年初の「財政の崖」合意に伴う実質的な増税や3月に開始された強制歳出削減等は、米国経済に抑制的に作用する。特に、所得面への影響を通じた個人消費の減速が懸念されている。ただし、好調な自動車や年末に掛けての駆け込み的な所得増等を背景に、1-3月期...

2013年9月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米8月ISM製造業指数は、55.7と2年ぶりの高水準に

...半を回復したのは、製造業が急速な持ち直し局面にある事を示した形である。上半期の米経済は「財政の崖」合意による増税や強制歳出削減等の影響下にあったが、ISM指数の回復は、下半期はそうした影響が薄まり持ち直しに向かうとの見方を補強するものと言えよう。ただ、持続的な景況感の改善へと繋がるかについては、シリア軍事介入やFRBの金融緩和策縮小の動き、国債の上限問題等、様々なリスク要因が浮上するなか、予断を許さない状況にある。 レポート研究領域経済 金融・為替 アセットマネジメント 年金 社会保障制度 保険 不動...

2013年7月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米6月ISM製造業指数は、50.9と2ヵ月ぶりに50台を回復

...米6月ISM製造業指数は、50.9と2ヵ月ぶりに50台を回復 | ニッセイ基礎研究所 米6月ISM製造業指数は、50.9と2ヵ月ぶりに50台を回復 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米6月ISM製造業指数は50.9と2ヵ月ぶりに景況感の分かれ目となる50を回復、2009年6月以来4年ぶりの低水準となった前月から持ち直した。米経済が「財政の崖」合意による増税や強制歳出削減...

2013年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治海外

米4月ISM製造業指数は、50.7と連月の下落

...指数が急低下を見せており、同日発表のADP雇用統計の不振もあって、3日に発表予定の労働省の雇用統計への警戒を高めている。米経済は、「財政の崖」合意による増税や強制歳出削減等の影響が強まる局面を迎えており、製造業でもそうした影響への警戒を見せたと言えそうだ。市場では、過去3年繰り返された「春以降の景気失速」を懸念しているが、4月の構成指数のうち、受注や生産等の主要指数では上昇を見せるなど全面的な下ぶれといった状況にはなく、現在のところは弱めの景気回復の持続を示唆したものと言えそうだ。 レポート研究領域経済 金融...

米9月ISM製造業指数は、56.2と2年半ぶりの高水準に続伸

...ボトムにした回復局面が続いている。上半期の米経済は「財政の崖」合意による増税や強制歳出削減等の影響下にあったが、下半期はそうした影響が薄まり持ち直しに向かうとの見方を示唆するものと言えそうだ。ただ、FRBの金融緩和策縮小に伴う長期金利の上昇、新年度予算の遅れに伴う政府のシャットダウンや政府債務の上限問題、等の様々なリスク要因に伴う景気への影響には留意しておきたい。 レポート研究領域経済 金融・為替 アセットマネジメント 年金 社会保障制度 保険 不動産 経営・ビジネス 暮らし ジェロントロジー(高齢社会総合研究)注目...

米国経済見通し~緩やかながらも持続的に拡大

...米国経済見通し~緩やかながらも持続的に拡大 | ニッセイ基礎研究所 米国経済見通し~緩やかながらも持続的に拡大 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米経済では、「財政の崖」合意に伴う増税(給与税減税と高所得層の所得減税の失効)、強制歳出削減が重石となる中、FRBの異例の緩和策が自律的な回復を下支えしている。雇用や住宅市場が回復の動きを強め、住宅...

2013年8月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米7月ISM製造業指数は、55.4と2年ぶりの高水準に急伸

...外の急回復と言える。米経済は「財政の崖」合意による増税や強制歳出削減等の影響下にあり、下半期はそうした影響が徐々に薄まる中で緩やかな回復が見込まれているが、7月製造業指数の改善はそうした動きを先取りした形となる。ただ、単月の動きであり、今後は同指数の動向や、雇用統計や鉱工業生産等、関連指標の動きが注目される。景気の加速や広がりが確認されるようであれば、市場の注目するFRBの量的緩和策の年内縮小の見方を裏付けるものとなろう。 レポート研究領域経済 金融・為替 アセットマネジメント 年金 社会保障制度 保険...

2013年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:3社会/政治

米5月ISM製造業指数は、49.0と4年ぶりの低水準に下落

...で回復の動きを見せていたが、3月以降は下落の動きが続いている。5月の構成指数では、先行的な指標である新規受注の下落が大きく、半面、雇用は小幅の下落に留まり、PMIの構成5指数の中で唯一50台を維持した。米経済が「財政の崖」合意による増税や強制歳出削減等の影響が強まる局面を迎える中、製造業への影響の波及を示唆したと言え、今後の景気先行きについての議論を活発化させるものとなりそうだ。なお、FRBが早期に資産購入額を縮小するとの警戒が高まる中での弱めの指標発表となったため、金融市場への影響(円高・ドル安、株高等)は比...

アメリカ経済についてのレポートです。

金融危機5周年、米経済に変革の兆し-シェールガス革命が復興の鍵に

...係わらず、金融危機後5年間に及ぶ調整を経て米経済は回復に向かっている。今後も景気回復が持続すれば、強制歳出削減等で財政赤字が縮小し、シェールガス革命が貿易赤字を改善させ、長らく米経済の代名詞とされた「双子の赤字」からの脱出にも光明が灯る。従前の景気サイクルに従えば、住宅投資や個人消費が持ち直すなど国内景気の回復に伴い経常赤字が拡大していたが、今後、シェール革命の寄与で経常赤字の改善が維持されるのであれば、米経済はこれまでと異なった道を歩むことが可能となるだろう。 レポート研究領域経済 金融・為替...

2013年3月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

ハードル走は続く ~マーケット・カルテ3月号

...ら国際会議では名指しでの円安批判は回避されたものの、今後の対応については釘を刺された感もある。閣僚による具体的為替水準への言及や外債購入のハードルは上がっただろう。今後は米国でリスクイベント(3 月月初の強制歳出削減発動、同月末の暫定予算失効、5 月半ばの債務上限問題期限)が相次ぐこともあり、これまでのような円安ドル高進行は見込みがたい。一方で、わが国では日銀総裁人事が本格化するうえ、新総裁就任後の4 月決定会合にて追加緩和に踏み切る可能性が高いため、当面は円の上値も重いだろう。5 月以降は材料出尽くし感から一旦円高に振れると見るが、上記...

金融危機5周年、米経済に変革の兆し~シェールガス革命が復興の鍵に

...や住宅市場がリセッション前の水準を回復するにはなおしばらく時間を要しそうである。何より現在の回復が、異例の金融緩和に支えられた景気の実体を考慮すると、完治には程遠いのが実情と言えよう。金融危機後の足取りは、その最中に誕生したオバマ政権の歩みとも重なるが、一期目の中間選挙で下院を共和党が逆転支配して以来、有効な追加景気対策が打てないなど政権運営が思うようにいかず、迷走気味である。しかし、こうした「迷走気味のオバマノミクス」にも係わらず、金融危機後5年間に及ぶ調整を経て米経済は回復に向かっている。今後も景気回復が持続すれば、強制歳出削減等で財政赤字が縮小し、シェ...

緩和の余韻が続く ~マーケット・カルテ5月号

...を見通した場合、強制歳出削減の影響などから米経済指標がいったん弱含み円高に振れる局面はあり得るものの、基調としての円安ドル高は続く可能性が高い。ユーロについては、域内経済の弱さや燻り続ける債務危機への懸念などから積極的に買う材料は見当たらない。従って、対ドルでは弱含むと見るが、円も同じく対ドルで下落することにより、ユーロ円では横ばい程度となるだろう。 長期金利は今しばらく緩和の影響を消化しきれず、波乱含みの展開が予想されるが、日銀も市場との対話を強化しており、いずれ沈静化するだろう。現状...

2014年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融危機5周年、米経済に変革の兆し-シェールガス革命が復興の鍵に

...るなど、IEAほど楽観的ではない(図表3)。現在の米国の輸入額中の石油シェアは2割、貿易赤字額では4割を占める。石油・ガス生産の拡大により、今後の貿易収支の大幅な改善と、エネルギー価格安定による物価への寄与が期待されるなど、マクロ面への影響も大きい。金融危機の最中に誕生したオバマ政権であるが、2010年の中間選挙敗北後は共和党との対立が強まり、2013年初の「財政の崖」では給与税減税の失効と強制歳出削減の実施、さらに10月には一時的な政府閉鎖に追い込まれた。ただ、迷走気味のオバマノミクスにも係わらず、米経...

2012年12月25日内閣府★フィードバック数:1社会/政治

「財政の崖」についてのレポートです。

山場を迎える「財政の崖」問題

...合で 1.7%程度、「①+②+③a+④」の場合で 2.4%程度になると考えられる。6表4「財政の崖」の影響(種々の政策下での実質経済成長率押上げ効果)13年第4四半期の12年第4四半期比▲0.5%現行法における財政政策下(「財政の崖」のケース)代替シナリオ ① 国防費の強制歳出削減の先送り ② 非国防費の強制歳出削減の先送り ③a 個人所得税の税率引下げの失効等の延長 ③b 年収25万ドル以下の層の個人所得税の税率引下げの失効等の延長 ④ 給与税減税、緊急失業保険給付失効の延長①+②+③a①+②+...

2013年5月23日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

長期金利上昇を見極めようとする日銀 ~5月22日の決定会合で木内委員が反対票~

...株価上昇につれた株高・債券安の流れに変わったとみられる(図表 3)。この点は、金利・株価が国内要因だけでは決定される訳ではなく、海外の相場動向にひきずられている影響と言える。米国金利の動向に関して言えば、3 月 1 日からの強制歳出削減が始まり、一時的に景気拡大にブレーキを踏む影響が表れて、3 月半ばから金利低下を促す流れができた。ところが、5 月初の雇用統計が意外に堅調になり、マインド統計なども改善がみられ始めた。この変化は、米経済が改善してくるにしては、タイミングは予想外に早かったように思われる。米長...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ