調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 情報漏えいリスク

「情報漏えいリスク」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年6月10日CIJ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ビジネスパーソン対象のアンケートです。

企業が抱える情報漏えいリスクに関する意識調査

...企業が抱える情報漏えいリスクに関する意識調査  セキュアなペーパーレス会議システム SONOBA COMET(ソノバ コメット)を販売する株式会社CIJ(代表取締役社長 堀 信一)は、2014年5月2日〜8日の7日間、20歳以上のビジネスパーソンを対象に「企業が抱える情報漏えいリスクに関する意識調査」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)にて実施いたしました。上記リサーチ結果から 2,000名の有効サンプルを分析してみえてきた、「企業が抱える情報漏えいリスク」に関...

2008年11月4日アイティメディア★フィードバック数:1企業情報システム

TechTargetにノークリサーチがシンクライアントに関する調査結果を載せています。

シンクライアントの導入検討、これだけは知っておきたい

...リで持ち出したり、同一クライアントPCを複数の社員で共有することによって生じる情報漏えいリスクに対処するためには、シンクライアントの導入は有効である。ただし、「One-To-One型」のシンクライアントはモバイル環境での使い勝手やセキュリティを考慮したものであり、クライアントPCそのものセキュリティリスクを考慮したものではないため、この目的には適さない。情報漏えい防止(モバイル) 社外に持ち出したノートPCの紛失や、外出先で不特定多数が利用するクライアントPCへアクセス情報を残してしまうことによる情報漏えいリスク...

アビームによる内部統制の進捗に関する調査結果です。

内部統制の現在・過去・未来~J-SOX対応状況調査

...のメールマガジン」の活用、体制、予算、KPIについて調査しました。 コンプライアンス経営のための実態調査レポートマイナンバーの安全管理を緊急点検 企業に潜む法令違反・情報漏えいリスクを診る 2016年1月より施行されたマイナンバー法に対応する企業の取り組み状況を把握し、必要な対策を明らかにするため、「マイナンバー対応実態調査」を実施。マイナンバーの安全管理が早くも形骸化、情報漏えいリスクが潜むなどの結果を受け、企業が対応すべき重要なポイント5項目を解説します。...

ビジネス・インテリジェンス導入企業におけるBI活用実態調査

...のメールマガジン」の活用、体制、予算、KPIについて調査しました。 コンプライアンス経営のための実態調査レポートマイナンバーの安全管理を緊急点検 企業に潜む法令違反・情報漏えいリスクを診る 2016年1月より施行されたマイナンバー法に対応する企業の取り組み状況を把握し、必要な対策を明らかにするため、「マイナンバー対応実態調査」を実施。マイナンバーの安全管理が早くも形骸化、情報漏えいリスクが潜むなどの結果を受け、企業が対応すべき重要なポイント5項目を解説します。...

オンライン決済についての調査結果です。

インターネットでの購入と販売に関するアンケート

...いサイトで購入していることがうかがえます。 ※複数回答可 2. 「クレジットカード支払い」の割合は83.8%と高い利用率「代金の支払いにはどのような方法を使いますか」という質問に対して、「クレジットカード支払い」が83.8%と最も多く、「代金引換」(34.0%)、コンビニ払い(27.2%)より利用比率が高く、ネット購入時の標準的な支払方法になっていると考えられます。 ※複数回答可3. クレジットカード払いや個人情報漏えいリスク等によるセキュリティの不安は高い「代金の支払い方法にどのような不満がありますか」という質問に対し、「セキ...

2014年3月26日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

ASEAN主要4ヶ国の日系製造業現地法人のグローバルITガバナンスに関するアンケート調査結果 2013

...ナンスの実施状況をみると、「情報セキュリティルールが共有され、遵守されている」という回答比率が36.6%に留まり、次いで「IT基盤が一定のルールに基づいて整えられている」が32.4%、「IT戦略を共有し、報告を行う組織体系がある」が31.0%と続いた。日本企業の海外進出が進み、特にASEANの重要性は増しているが、現地でのグローバルITガバナンスの実現レベルはまだ低いといえる。◆ルールに従ったセキュリティソフト使用比率は31.0%、日本と現地の意識の違いも課題となる情報セキュリティに関しては、日本国内は個人情報の保護や情報漏えいリスク...

2014年12月2日エムオーテックス★フィードバック数:0ビジネス

スマートデバイスと情報漏えいについての調査です。

業務用スマートデバイスの利用実態調査

...査いたしました。 調査結果については、“NO MORE 情報漏えいプロジェクト”の監修者である徳丸浩氏(HASHコンサルティング株式会社代表)より解説をいただいております。以下が調査結果となります。本調査結果を是非ご活用いただけますと幸いです。調査結果ダイジェスト・業務用スマートデバイスの1日の利用時間は平均約3時間。個人用の携帯電話より、1日あたりの接触時間が約2時間長い状況。・業務とは無関係のアプリをインストールした経験がある・・・40.5% 建設業・情報通信業の2人に1人が経験あり。・情報漏えいリスク...

2016年1月25日MM総研フィードバック数:0社会/政治

マイナンバー制度対応システム・サービスの導入実態調査

...する機能は「セキュリティへの対応力の高さ」がトップ マイナンバー制度対応に向けたシステムやサービスについて不安に感じていることを質問したところ、「情報漏えいリスク」が66.5%と最も高く、「業務量の増加」が42.8%、「コストの増加」が38.8%と続いた。情報漏えい問題に対する危機感がうかがえる。マイナンバー情報を漏えいすると最高で「4年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金」といった罰則が課せられる。その上、企業名を公表されるなど社会的なイメージダウンにつながってしまうため、情報...

2015年1月14日エムオーテックス★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Webサービスのパスワードについての調査です。

Webサービス×パスワード管理 利用実態調査

... 情報漏えいプロジェクト”として、Webサービスの利用実態とパスワード管理状況をテーマにインターネット調査を実施。調査結果については、本プロジェクトの監修者である徳丸浩氏(HASHコンサルティング株式会社代表)より解説をいただきました。調査結果ダイジェスト3人に1人が同じパスワード設定で複数のWebサービスを利用パスワードの使い回しによる情報漏えいリスクが増加! 【調査概要】■ 調査方法:インターネット調査■ 調査機関:エムオーテックス株式会社■ 調査期間:2014年10月27日(月)~12月22日...

2014年12月1日リージャスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「電車の中」は会社情報の漏えいリスクが高い

...では電車の中に漏えいリスクがあると答えた割合が、回答の中で最も高く、また諸外国と比べても突出して高い数値であることが明らかになりました。これは、日本では諸外国と比べて電車による通勤や移動が多いことが理由にあると推測できます。このような情報漏えいリスクを低くするには、多数の拠点を有するリージャスのようなサービスオフィスの利用は有効な手立てとなるでしょう。自宅や取引先の近くにあり、ビジネスに最適な個室やラウンジスペースを備えるリージャスのサービスオフィスで仕事をすることは、フレキシブル・ワーキングの実践につながるだけでなく、情報...

2016年5月5日エン・ジャパンフィードバック数:0社会/政治

「マイナンバー制度への対応」実態調査2016

...「マイナンバー制度への対応」実態調査2016マイナンバー制度への対応を完了した企業は49%。各社マイナンバー収集の遅れ、情報漏えいリスクに悩み。―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木 孝二)が運営する人事担当者向け中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』( https://partners.en-japan.com )上でサイトを利用している企業の人事担当者を対象に「マイ...

2008年8月11日ネットスターフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

職場でのインターネット利用実態調査

...アクセスを制限された経験を持つフィルタリング導入済みの職場に勤務する回答者の73.4%で「アクセスを制限されたことがある」という結果となりました。一方、「業務に必要」にも関わらずアクセス制限されてしまったとする回答も38%ありました。その多くはSNSやブログなどの双方向利用型サイトで、従業員が情報収集等の観点から「業務上必要だ」と考える一方、システム管理者側は発信による情報漏えいリスク対策の一環として、広く制限対象にするというギャップがうかがわれます。  全体として、ネット利用ポリシーの策定・周知の有効性が裏付けられた一方で、今後...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ