調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 技術サービス業

「技術サービス業」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2011年12月28日総務省フィードバック数:29社会/政治

「サービス産業動向調査」平成23年10月分結果(速報)

...連続の増加運輸に附帯するサービスなどを含む「運輸業,郵便業」前年同月に比べ4.3%の増加で、7か月連続の増加(注)平成29年1月に標本交替を行ったため、29年の前年同月比については、時系列比較が可能となるよう、28年の実数を調整した値を用いて計算している。詳細については、以下をご覧下さい。調査結果(平成25年1月から) 平成27年拡大調査結果(確報)サービス産業の年間売上高の状況平成26年の年間売上高は294.1兆円と2年連続の増加(前年比1.7%増)「学術研究,専門・技術サービス業」(6.0%)「運輸業,郵便業」(4.2%)「不動...

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

第3次産業活動指数 (平成27年3月分)

...値も一頭地抜けた高めの水準を維持。内訳の大分類業種では、11業種中、など6業種が低下、など4業種が上昇、が横ばい。表1.第3次産業総合を大きく動かした業種と主な要因技術サービス業が土木・建築サービス業の減少により低下。 マンション分譲業が先月の大幅増の反動により低下。 「その他の卸売業」の上昇や、食料・飲料卸売業が廉売規制前の駆け込みもあり上昇。 「飲食店,飲食サービス業」や美容業が上昇。 表2.大分類業種の前月比と寄与度(注) 業種は第3次産業総合の前月比への寄与度の大きい順に掲載しています。寄与度とは、ある...

2014年12月12日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

第3次産業活動指数 (平成26年10月分)

...、ほぼ9年ぶりの高水準。内訳の大分類業種では、11業種中、など4業種が上昇、など7業種が低下。表1.第3次産業総合を大きく動かした業種と主な要因技術サービス業が土木・建築サービス業の増加により上昇。 鉱物・金属材料卸売業や各種商品卸売業が上昇。 表2.大分類業種の前月比と寄与度(注) 業種は第3次産業総合の前月比への寄与度の大きい順に掲載しています。寄与度とは、あるデータ全体の変化に対して、その構成要素である個々のデータの変化がどの程度貢献しているかを示す指標です。 経済産業省 〒100...

2015年2月12日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

第3次産業活動指数 (平成26年12月分)

...、ほぼ9年ぶりの高水準。内訳の大分類業種では、11業種中、など4業種が上昇、など7業種が低下。表1.第3次産業総合を大きく動かした業種と主な要因技術サービス業が土木・建築サービス業の増加により上昇。 鉱物・金属材料卸売業や各種商品卸売業が上昇。 表2.大分類業種の前月比と寄与度(注) 業種は第3次産業総合の前月比への寄与度の大きい順に掲載しています。寄与度とは、あるデータ全体の変化に対して、その構成要素である個々のデータの変化がどの程度貢献しているかを示す指標です。 経済産業省 〒100...

2014年10月14日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

第3次産業活動指数 (平成26年8月分)

...、ほぼ9年ぶりの高水準。内訳の大分類業種では、11業種中、など4業種が上昇、など7業種が低下。表1.第3次産業総合を大きく動かした業種と主な要因技術サービス業が土木・建築サービス業の増加により上昇。 鉱物・金属材料卸売業や各種商品卸売業が上昇。 表2.大分類業種の前月比と寄与度(注) 業種は第3次産業総合の前月比への寄与度の大きい順に掲載しています。寄与度とは、あるデータ全体の変化に対して、その構成要素である個々のデータの変化がどの程度貢献しているかを示す指標です。 経済産業省 〒100...

2015年4月21日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

第3次産業活動指数 (平成27年2月分)

...、ほぼ9年ぶりの高水準。内訳の大分類業種では、11業種中、など4業種が上昇、など7業種が低下。表1.第3次産業総合を大きく動かした業種と主な要因技術サービス業が土木・建築サービス業の増加により上昇。 鉱物・金属材料卸売業や各種商品卸売業が上昇。 表2.大分類業種の前月比と寄与度(注) 業種は第3次産業総合の前月比への寄与度の大きい順に掲載しています。寄与度とは、あるデータ全体の変化に対して、その構成要素である個々のデータの変化がどの程度貢献しているかを示す指標です。 経済産業省 〒100...

2016年11月11日三重県フィードバック数:0キャリアとスキル

平成28年夏季賞与の調査

...平成28年夏季賞与の調査結果(三重県分)〔毎月勤労統計調査地方調査(事業所規模30人以上)〕1 調査の説明この調査は、平成28年6月~平成28年8月分の毎月勤労統計調査地方調査の「特別に支払われた給与」のうち「賞与として支給された給与(以下「夏季賞与」という。)」を特別に集計したものです。2 夏季賞与の支給状況支給労働者1人平均支給額は、調査産業計で392,578円でした。産業別にみると最も高いのが、「電気・ガス・熱供給・水道業」の773,470円で、次いで「学術研究, 専門・技術サービス業...

2014年8月31日総務省★フィードバック数:0社会/政治

個人企業についての統計です。

経済センサスから見た日本の個人企業 -個人企業は218万、法人企業を含めた全体の半数以上-

...工事業」が約半数を占めます。「不動産業,物品賃貸業」では個人比率が半分弱で、個人によるアパート経営など「不動産賃貸業・管理業」が多数を占めます。「製造業」では個人比率が1/3程度で、「繊維工業」、「金属製品製造業」、「食料品製造業」などいわゆる軽工業のウェイトが高くなっています。「学術研究,専門・技術サービス業」では個人比率が半分強で、いわゆる「士業」を始めとして様々な業種が含まれていますが、比較的多いのが、公認会計士・税理士、司法書士、弁護士などです。「教育,学習支援業」では個人比率が約3/4で、この...

2014年2月23日総務省★フィードバック数:0社会/政治

サービス産業の地域別の動向です。

毎年わかる地域のサービス産業 -サービス産業動向調査「拡大調査」の結果から-

...公表した結果を用いて、平成24年の地域別のサービス産業の状況を御紹介いたします。都道府県別の概観東京都と大阪府で「不動産業,物品賃貸業」「専門・技術サービス業」のシェアが約5割東京都の単位人口あたり売上高は「医療,福祉」を除く全ての産業で全国最多 平成24年のサービス産業の年間売上高は、図1のとおりとなっています。サービス産業の年間売上高を都道府県別にみると、サービス産業全体では東京都、大阪府、神奈川県、愛知県などの順となっています。また、東京都と大阪府で、「不動産業,物品賃貸業」及び「専門・技術サービス業」にお...

2015年12月16日HANJO HANJOフィードバック数:0社会/政治

【マイナンバーアンケート調査1】業種別マイナンバーへの対応状況

...なかでもっとも対応に熱心だったのは「医療・福祉サービス業」と「金融機関」、「製造業」の3つ。特に医療・福祉サービス業は約94%が対応予定と言う。続いて製造業と金融機関がほぼ同じで約90%だった。反対に対応に遅れているのは、意外にも「情報通信業」。対応済みの企業は約30%で、対応予定を含めても全体の66%程度。驚くのは「対応予定なし」との答えが22%もあったこと。20%以上も対応予定がない業種は情報通信業と不動産業のみだった。(グラフ1)「マイナンバー対応への予算の確保」に関するアンケート結果は、「不動産業」と「専門・技術サービス業...

2014年11月13日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

第3次産業活動指数 (平成26年9月分)

...、ほぼ9年ぶりの高水準。 内訳の大分類業種では、11業種中、など4業種が上昇、など7業種が低下。表1.第3次産業総合を大きく動かした業種と主な要因技術サービス業が土木・建築サービス業の増加により上昇。 鉱物・金属材料卸売業や各種商品卸売業が上昇。 表2.大分類業種の前月比と寄与度 (注) 業種は第3次産業総合の前月比への寄与度の大きい順に掲載しています。寄与度とは、あるデータ全体の変化に対して、その構成要素である個々のデータの変化がどの程度貢献しているかを示す指標です。 今月の「ミニ...

2015年6月15日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

第3次産業活動指数 (平成27年4月分)

...、ほぼ9年ぶりの高水準。 内訳の大分類業種では、11業種中、など4業種が上昇、など7業種が低下。表1.第3次産業総合を大きく動かした業種と主な要因技術サービス業が土木・建築サービス業の増加により上昇。 鉱物・金属材料卸売業や各種商品卸売業が上昇。 表2.大分類業種の前月比と寄与度 (注) 業種は第3次産業総合の前月比への寄与度の大きい順に掲載しています。寄与度とは、あるデータ全体の変化に対して、その構成要素である個々のデータの変化がどの程度貢献しているかを示す指標です。 今月の「ミニ...

2015年1月19日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

第3次産業活動指数 (平成26年11月分)

...、ほぼ9年ぶりの高水準。 内訳の大分類業種では、11業種中、など4業種が上昇、など7業種が低下。表1.第3次産業総合を大きく動かした業種と主な要因技術サービス業が土木・建築サービス業の増加により上昇。 鉱物・金属材料卸売業や各種商品卸売業が上昇。 表2.大分類業種の前月比と寄与度 (注) 業種は第3次産業総合の前月比への寄与度の大きい順に掲載しています。寄与度とは、あるデータ全体の変化に対して、その構成要素である個々のデータの変化がどの程度貢献しているかを示す指標です。 今月の「ミニ...

2014年7月30日東京都★フィードバック数:0キャリアとスキル

東京都のまとめです。

2014年夏季一時金要求・妥結状況について(最終集計)

...で「卸売・小売業(-2.07%)」、「学術研究、専門・技術サービス業(-1.05%)」となっています。平均要求額769,314円、対前年比2.37%増今回の調査で要求を提出した労働組合は、全体で659組合でした。そのうち、集計可能な637組合の平均要求額は769,314円で、平均賃金(315,318円・39.1歳)の2.44ヵ月分に相当し、同一労組の前年要求額(751,513円)と比較すると、金額で17,801円、率で2.37%上回っています。問い合わせ先産業労働局雇用就業部労働環境課電話 03...

2010年10月19日厚生労働省フィードバック数:1キャリアとスキル

平成22年就労条件総合調査結果

...国の民間企業における労働条件の現状を明らかにすることを目的として実施している。平成 22 年調査においては、労働時間制度、定年制等及び賃金制度について調査した。2調査の範囲及び対象(1) 地域日本国全域(2) 調査対象日本標準産業分類に基づく 15 大産業(平成 19 年 11 月改定)[鉱業,採石業,砂利採取業、建設業、製造業、電気・ガス・熱供給・水道業、情報通信業、運輸業,郵便業、卸売業,小売業、金融業,保険業、不動産業,物品賃貸業、学術研究,専門・技術サービス業、宿泊業,飲食サービス業、生活関連サービス業,娯楽業(その他の生活関連サービス業のうち、家事...

2015年3月5日東京都フィードバック数:0社会/政治

第3次産業活動指数・全産業活動指数(26年12月分)

...同月比で2.4%上昇し、112.8となった。上昇した業種(大分類) 運輸業,郵便業、医療,福祉など6業種が上昇した。低下した業種(大分類) 卸売業,小売業、学術研究,専門・技術サービス業など、6業種が低下した。 【図1】第3次産業活動指数の増加率の推移(前年同月比) 全産業活動指数(平成17年平均=100.0) 全産業活動指数※は前年同月比2.0%の上昇※月次の全産業活動指数には、農林水産業指数は含まない。 12月の全産業活動指数は前年同月比で2.0%上昇し、108.7となった。建設業、第3次産...

2014年9月30日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成26年8月分)について

...業,飲食サービス業(6.6%増)、医療,福祉(5.6%増)、製造業(1.6%増)などで増加となり、学術研究,専門・技術サービス業(7.8%減)、サービス業(他に分類されないもの)(7.1%減)、情報通信業(6.5%減)などで減少となりました。都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、最高は東京都の1.62倍、最低は埼玉県、鹿児島県及び沖縄県の0.74倍となりました。 (注) 1.月別の数値は季節調整値である。なお、平成25年12月以前の数値は、平成26年1月分...

2014年1月31日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成25年12月分及び平成25年分)について

...なり、有効求職者(同)は1.6%減となりました。12月の新規求人(原数値)は前年同月と比較すると10.9%増となりました。これを産業別にみると、製造業(31.1%増)、サービス業(他に分類されないもの)(19.7%増)、情報通信業(10.7%増)などで増加となり、学術研究,専門・技術サービス業(5.2%減)などで減少となりました。都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、最高は愛知県の1.49倍、最低は沖縄県の0.61倍となりました。 2 平成25年平均の有効求人倍率は0.93倍となり、前年の0...

2013年2月4日厚生労働省フィードバック数:14キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成24年12月分及び平成24年分)について

...なりました。12月の新規求人(原数値)は前年同月と比較すると5.2%増となりました。これを産業別にみると、宿泊業,飲食サービス業(14.0%増)、学術研究,専門・技術サービス業(10.6%増)、医療,福祉(9.3%増)などで増加となり、製造業(11.7%減)は減少となりました。都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、最高は福島県の1.18倍、最低は沖縄県の0.42倍となりました。2 平成24年平均の有効求人倍率は0.80倍となり、前年の0.65倍を0.15ポイント上回りました。平成24年平...

2015年6月26日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成27年5月分)

....0%減となりました。これを産業別にみると、医療,福祉(6.3%増)、卸売業,小売業(0.9%増)で増加となり、サービス業(他に分類されないもの)(16.8%減)、 情報通信業(13.6%減)、学術研究,専門・技術サービス業(13.5%減)などで減少となりました。都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、最高は東京都の1.71倍、最低は埼玉県の0.82倍となりました。 (注) 1.月別の数値は季節調整値である。なお、平成26年12月以前の数値は、平成27年1月分...

2013年10月16日総務省★フィードバック数:0社会/政治

業種間比較です。

経済センサスと経営指標を用いた産業間比較

...的な経営分析に用いられている経営関連指標を算出し、産業分類間を比較した分析事例を御紹介します。 要約「売上高営業利益率」が最も大きいのは「学術研究,専門・技術サービス業」「従業者1人当たり付加価値額(労働生産性)」が最も大きいのは「情報通信業」「従業者1人当たり売上高」が最も大きいのは「卸売業」「売上高付加価値額率(付加価値率)」が最も大きいのは「社会福祉・介護事業」「従業者1人当たり給与総額」が最も大きいのは「情報通信業」「付加価値額給与総額率(労働分配率)」が最も大きいのは「教育,学習支援業」本文(見出...

2013年12月27日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成25年11月分)について

...%増となりました。これを産業別にみると、製造業(20.0%増)、サービス業(他に分類されないもの)(17.0%増)、建設業(11.0%増)などで増加となり、学術研究,専門・技術サービス業(5.5%減)などで減少となりました。都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、最高は東京都の1.46倍、最低は沖縄県の0.58倍となりました。 (注) 1.月別の数値は季節調整値である。なお、平成24年12月以前の数値は、平成25年1月分公表時に新季節指数により改訂されている。2.文中...

2013年10月1日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成25年8月分)について

...なりました。これを産業別にみると、サービス業(他に分類されないもの)(12.8%増)、教育,学習支援業(11.4%増)、建設業(9.7%増)などで増加となり、学術研究,専門・技術サービス業(1.8%減)などで減少となりました。都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、最高は東京都の1.39倍、最低は沖縄県の0.56倍となりました。 (注) 1.月別の数値は季節調整値である。なお、平成24年12月以前の数値は、平成25年1月分公表時に新季節指数により改訂されている。2.文中...

2014年11月2日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成26年9月分)について

....3%増となりました。これを産業別にみると、医療,福祉(16.4%増)、宿泊業,飲食サービス業(13.0%増)、卸売業,小売業(10.4%増)、教育,学習支援業(7.6%増)などで増加となり、サービス業(他に分類されないもの)(3.7%減)、運輸業,郵便業(3.0%減)、学術研究,専門・技術サービス業(2.1%減)などで減少となりました。都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、最高は東京都の1.61倍、最低は埼玉県及び沖縄県の0.75倍となりました。 (注) 1.月別...

2015年3月28日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成27年2月分)について

...なりました。これを産業別にみると、教育,学習支援業(20.2%増)、医療,福祉(8.7%増)、宿泊業,飲食サービス業(6.1%増)などで増加となり、情報通信業(10.0%減)、サービス業(他に分類されないもの)(6.3%減)、学術研究,専門・技術サービス業(4.1%減)などで減少となりました。都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、最高は東京都の1.66倍、最低は沖縄県の0.78倍となりました。 (注) 1.月別の数値は季節調整値である。なお、平成26年12月以前の数値は、平成27年1月分...

2014年11月29日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成26年10月分)について

...年同月と比較すると1.1%増となりました。これを産業別にみると、医療,福祉(10.9%増)、生活関連サービス業,娯楽業(4.7%増)、教育,学習支援業(3.0%増)、宿泊業,飲食サービス業(2.5%増)などで増加となり、学術研究,専門・技術サービス業(10.7%減)、サービス業(他に分類されないもの)(7.2%減)、情報通信業(5.2%減)、建設業(3.8%減)などで減少となりました。都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、最高は東京都の1.59倍、最低は埼玉県及び沖縄県の0.76倍となりました。 (注...

2013年7月31日厚生労働省フィードバック数:6キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成25年6月分)について

...なりました。これを産業別にみると、宿泊業,飲食サービス業(13.5%増)、サービス業(他に分類されないもの)(6.9%増)、教育,学習支援業(5.9%増)などで増加となり、学術研究,専門・技術サービス業(2.4%減)は減少となりました。都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、最高は東京都の1.36倍、最低は沖縄県の0.51倍となりました。 (注) 1.月別の数値は季節調整値である。なお、平成24年12月以前の数値は、平成25年1月分公表時に新季節指数により改訂されている。2.文中...

2014年8月29日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成26年7月分)について

...を産業別にみると、 教育,学習支援業(11.8%増)、医療,福祉(11.8%増)、製造業(9.8%増)などで増加となり、学術研究, 専門・技術サービス業(5.4%減)などで減少となりました。都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、最高は東京都の1.62倍、最低は沖縄県の0.71倍と なりました。 (注) 1.月別の数値は季節調整値である。なお、平成25年12月以前の数値は、平成26年1月分公表時に新季節指数により改訂されている。2.文中...

2015年2月27日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

一般職業紹介状況(平成27年1月分)について

...関連サービス業,娯楽業(8.0%増)、卸売業,小売業(3.9%増)などで増加となり、建設業(4.2%減)、運輸業,郵便業(3.1%減)、学術研究,専門・技術サービス業(2.6%減)などで減少となりました。都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、最高は東京都の1.67倍、最低は沖縄県の0.76倍となりました。 (注) 1.月別の数値は季節調整値である。なお、平成26年12月以前の数値は、平成27年1月分公表時に新季節指数により改訂されている。2.文中...

2014年4月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度総合調査研究 (我が国の地域経済産業に関する実態調査)

...分類されないもの)Q)複合サービス事業P)医療,福祉O)教育,学習支援業N)生活関連サービス業,娯楽業M)宿泊業,飲食サービス業L)学術研究,専門・技術サービス業K)不動産業,物品賃貸業J)金融業,保険業I)卸売業,小売業H)運輸業,郵便業G)情報通信業F)電気・ガス・熱供給・水道業E)製造業D)建設業C)鉱業,採石業,砂利採取業B)漁業A)農業,林業R)サービス業(他に分類されないもの)Q)複合サービス事業P)医療,福祉O)教育,学習支援業N)生活関連サービス業,娯楽業M)宿泊業,飲食サービス業L)学術...

2014年12月3日ザイマックス★フィードバック数:0ビジネス

社員1人あたりの面積と賃料です。

1人あたりオフィス面積調査(2014年)

...) 業種別でも昨年と同じ傾向が確認できる。「金融・保険業(4.13坪)」「学術研究、専門・技術サービス業(4.25坪)」「製造業(4.22坪)」「卸売業・小売業(4.26坪)」は東京23区全体と比較して大きく、「情報通信業(3.38坪)」「サービス業(他に分類されないもの)(3.60坪)」は小さい結果となった(図表4)。 [図表4] 業種別の1人あたりオフィス面積の比較(2014年、東京23区)※1 学術研究、専門・技術サービス業 ・・・ 弁護士事務所、会計事務所、広告代理業、経営...

2010年10月5日国税庁フィードバック数:60キャリアとスキル

平成21年分民間給与実態統計調査結果

...・技術サービス業、教育,学習支援業 ハ 税額 給与所得者数4,506万人のうち、源泉徴収により所得税を納税している者は、3,683万人(対前年比4.0%減、154万人の減少)で、その割合は81.7%となっている。また、その税額は7兆1,240億円(同16.7%減、1兆4,311億円の減少)となっており、納税者の給与総額に占める税額の割合は4.31%となっている。(参考)1年を通じて勤務した給与所得者に関する主な結果 〒100-8978 東京都千代田区霞が関3-1-1 電話番号03-3581...

2013年3月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済@貯蓄~投資 明日の産業

...グローバル産業は予想だにしなかった主力事業の見直しの最中である。国内には起業や事業参入を阻む構造がまだ残る。将来の成長を石油・石炭製品,2.8%ゴム製品, 1.0%ガラス・土石製品, 1.2%サービス業, 2.2%鉄鋼, 1.3%不動産業, 2.0%非鉄金属, 1.2%機械, 4.7%小売業, 6.4%抑制の悪循環は止まらず、先進国の中でも日本の物価・賃金の低下が際立つ。内外市場で製品情報通信業, 197卸売業,小売業,1062学術研究,専門・技術サービス業, 198だ。かたや後者は国際競争力や成長戦略を語る際の産業像に近い。企業活動はますますグロー電気・ガス...

2011年9月20日国税庁フィードバック数:80キャリアとスキル

平成22年分民間給与実態統計調査結果について

...、平均給与の内訳は、平均給料・手当354万円(同1.2%増、4万2千円の増加。男性434万円、女性235万円)、平均賞与58万円(同3.6%増、2万円の増加。男性74万円、女性34万円)となっている。さらに、平均給料・手当に対する平均賞与の割合(賞与割合)は、16.4%(同0.4%増)で、男性17.0%、女性14.6%となっている。(ロ) 平均給与の業種別順位については、平成21年分から変動はみられない。学術研究, 専門・技術サービス業、 教育,学習支援業 ハ 税額 給与所得者数4,552万人...

2013年3月28日東京都★フィードバック数:8キャリアとスキル

女性の社会進出や育児、介護についての調査です。

平成24年度 東京都男女雇用平等参画状況調査

...支援施策や雇用管理における課題を把握し、今後の雇用平等推進施策を効果的に行うために活用する。2 調査対象 都内全域(島しょ除く)の従業員規模30人以上の事業所で、「建設業」「製造業」「情報通信業」「運輸業,郵便業」「卸売業,小売業」「金融業,保険業」「不動産業,物品賃貸業」「学術研究,専門・技術サービス業」「宿泊業,飲食サービス業」「生活関連サービス業,娯楽業」「教育,学習支援業」「医療,福祉」「サービス業(他に分類されないもの)」の13業種、合計2,500社と当該事業所に勤務する従業員男女各2,500人3 調査方法(アン...

2014年3月11日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成24年度中心市街地商業等活性化支援業務(中心市街地活性化施策の効果分析事業)報告書

...市街地として決められた範囲から、町丁目名を目視確認し、その上で該当する町丁目について集計を行った。分析の方法は下記の通りである。1.平成 18 年事業所・企業統計、平成 21 年経済センサス基礎調査の結果から、「卸売業,小売業」「不動産業,物品賃貸業」「学術研究,専門・技術サービス業」「宿泊業,飲食サービス業」「生活関連サービス業,娯楽業」「医療,福祉」「サービス業(他に分類されないもの)」に含まれる業種をを中分類単位で事業所数および従業者について集計を行う。2.集計した事業所数・従業者数について、平成 21 年の値と平成 18...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:5企業情報システム

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業,中小企業システム基盤開発環境整備事業,ソフトウェア開発管理基準に関する調査研究,ソフトウェア開発管理基準に関する調査報告書,ソフトウェアメトリックス調査

... 2011 年度調査の回答企業業種分類(開発調査)図表 2- 1 回答企業の業種(付録日本標準産業大・中分類一覧企業数     /   全体比率 00%00%00%34%2129%34%2738%23%46%710%00%23%00%00%11%00%00%11%11%00%721 00 %業種分類A.農林B.漁業C.鉱業、採石業、砂利採取業D.建設業E.製造業F.電気・ガス・熱供給・水道業G.情報通信業H.運輸業、郵便業I.卸売・小売業J.金融業・保険業K.不動産業、物品賃貸業L.学術研究、専門・技術サービス業...

2013年7月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(7月8日~7月12日)

...に上昇と予測する。証券取引が活発化した金融業・保険業や、住宅投資・公共投資の増加を背景に需要が回復している土木・建築サービス業を含む学術研究・専門・技術サービス業の活動指数などが上昇すると予想。機械受注(民需)は2カ月連11日に発表される5月の機械受注(船舶・電力除く民需)は前月比続で減少▲3.4%(4月同▲8.8%)と予測する。前月に、大型案件の剥落で減少した製造業が増加に転じる一方、通信業などを中心に非製造業が押下げ要因となり、前月比マイナスが続くと予想。図表 1国内企業物価指数(前年比、%)3その...

2017年1月11日リスクモンスターフィードバック数:0ビジネス

第3回「企業の取引リスクに対する意識」調査

...数の増加」を予想RM会員に対する 2017 年度の倒産動向予想については、「倒産数は増加すると思う」(回答率41.9%)が「倒産数は減少すると思う」(同 7.4%)を大幅に上回る結果となりました。業種別では、「生活関連サービス業、娯楽業」(回答率 100.0%)、「宿泊業、飲食サービス業」(同 55.6%)、「学術研究、専門・技術サービス業」(同 50.0%)、「運輸業、郵便業」(同 49.0%)、「医療、福祉」(同 47.1%)、「金融業、保険業」(同 43.3%)において、「倒産数は増加すると思う」が高...

2013年9月29日国税庁★フィードバック数:0キャリアとスキル

給与についての統計調査です。

平成24年分民間給与実態統計調査

...は同水準となった。また、正規についてみると468万円、非正規についてみると168万円となった(第5表)。 (第5表)1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与 ニ 業種別の平均給与 平均給与を業種別にみると、最も高いのは電気・ガス・熱供給・水道業の718万円、次いで金融業,保険業の610万円となっており、最も低いのは宿泊業,飲食サービス業の235万円となった(第6表)。 (第6表)業種別の平均給与 学術研究,専門・技術サービス業,教育,学習支援業 ホ 納税者数及び税額 給与所得者4,556万人...

2013年11月度グローバル転職求人倍率報告

...っており、管理部門での高倍率が続く結果となりました。◆ 業種別グローバル転職求人倍率8 月グロ ー バル求人倍率 9 月グロ ー バル求人倍率 1 0 月グロ ー バル求人倍率 1 1 月グロ ー バル求人倍率 前月比業種別1 .9 61 .5 20.340.960.531.331.331.350.500.141.222 .3 5製造業卸売業,小売業宿泊業,飲食サービス業金融業,保険業建設業,不動産業,物品賃貸業電気・ガス・熱供給・水道業運輸業,郵便業情報通信業医療,福祉学術研究,専門・技術サービス業,教育...

2014年9月28日国税庁★★フィードバック数:0キャリアとスキル

国税庁の調査です。

平成25年分民間給与実態統計調査

...)。(第5表)1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与 二 業種別の平均給与 平均給与を業種別にみると、最も高いのは「電気・ガス・熱供給・水道業」の696万円、次いで「金融業,保険業」の617万円となっており、最も低いのは「宿泊業,飲食サービス業」の233万円となった(第6表)。(第6表)業種別の平均給与学術研究,専門・技術サービス業,教育,学習支援業 ホ 納税者数及び税額 給与所得者4,645万人のうち、源泉徴収により所得税を納税している者(以下「納税者」という。)は3,897万人...

2013年度10月度グローバル転職求人倍率

...力も重要なスキルの一つとなってきているからではないかと考えられます。◆ 業種別グローバル転職求人倍率(日本語・英語ビジネスレベル以上)業種別8 月グロ ー バル求人倍率 9 月グロ ー バル求人倍率 1 0 月グロ ー バル求人倍率 前月比1.961.520.340.960.531.331.331.350.500.141.222.35製造業卸売業,小売業宿泊業,飲食サービス業金融業,保険業建設業,不動産業,物品賃貸業電気・ガス・熱供給・水道業運輸業,郵便業情報通信業医療,福祉学術研究,専門・技術サービス業,教育,学習支援業サービス業農林水産・鉱業2.042.300...

2015年2月16日愛知県★フィードバック数:0キャリアとスキル

年間のまとめです。

愛知県の就業状況(平成26年平均)

...支援業が6千人(3.5%)、学術研究,専門・技術サービス業が3千人(2.6%)となっています。前年に比べ減少した産業は、製造業が3万5千人(△3.6%)、運輸業,郵便業が1万4千人(△7.0%)、生活関連サービス業,娯楽業が9千人(△6.6%)、農林業が6千人(△7.2%)、金融業,保険業が5千人(△6.0%)となっています。(表4) 完全失業者平成26年平均の完全失業者数は10万6千人で、前年に比べ2万1千人(△16.5%)減少しました。男女別にみると、男性は6万7千人、女性は4万人で、前年...

2012年5月11日東京商工リサーチフィードバック数:42ビジネス

全国261万社の商号調査 ~ 最も多い商号は「アシスト」、漢字のみの商号は減少傾向 ~

...て社会に貢献するという企業理念を象徴する形で商号に多く使用されていると考えられる。 なお「アシスト」の産業別で最も多かったサービス業他をさらに細かくみると、デザイン業・経営コンサルタント・法律事務所などを含む「専門サービス業」、「広告業」、「労働者派遣業」、建築設計などを含む「技術サービス業」、「介護事業」などで「アシスト」の商号が多かった。 次に多かった「ライズ」515社では、サービス業他が179社(構成比34.7%)が最も多く、次に建設業と小売業が各88社(同17.0%)、卸売業が40社(同7.7%)と続く。 ライズは、英語で「上がる、立ち昇る、向上する」など...

企業対象の調査です。

多様な就業形態と人材ポートフォリオに関する実態調査(事業所調査・従業員調査)

...通信業」、「学術研究、専門・技術サービス業」、「建設業」、「職業紹介・労働者派遣業」である。(本文表3-3)2.正社員比率との関係性について正社員比率が「2割未満」の事業所割合が高い産業は、「飲食料品小売業」、「生活関連サービス業」、「娯楽業」、「宿泊業、飲食サービス業」、「職業紹介・労働者派遣業」である。(本文図3-2)正社員比率が「2割未満」と低い事業所では、「5割以上」の事業所に比べて、正社員増加の見込みの割合は10ポイント以上低い。(本文表3-3)正社...

2014年8月10日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年7月の全国企業倒産882件 建設業倒産は今年最多

...の推移が注目される。は同35.1%減で、6カ月連続で前年同月を下回った。負債100億円以上が3カ月ぶりに発生しなかったのに対し、負債1億円未満は626件(構成比70.9%)と小規模倒産が7割を占めた。形態別:法的倒産の構成比が過去最高の90.1%従業員数別:5人未満の構成比が今年最高の72.7%原因別:「既往のシワ寄せ(赤字累積)」が6カ月ぶりに前年同月を上回る金融円滑化法に基づく貸付条件変更後の倒産が22件、6カ月連続で前年同月を下回る「人手不足」関連倒産のうち、「求人難」型が5件発生業種別:飲食業や建築設計などの技術サービス業...

2009年9月14日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

労働経済動向調査(平成21年8月)

...の対象期日及び実施時期8月調査は平成21年8月1日現在の状況について、平成21年8月1日〜8月15日に実施した。3 調査の対象日本標準産業分類(平成19年11月改定)の建設業、製造業、情報通信業、運輸業,郵便業、卸売業,小売業、金融業, 保険業、不動産業,物品賃貸業、学術研究,専門・技術サービス業、宿泊業,飲食サービス業、生活関連サービス業,娯楽業、医療,福祉、サービス業(他に分類されないもの)に属する事業所規模30人以上の全国の民営事業所5,835事業所を調査の対象とした(回答事業所数3,143、回答率53.9...

正規、非正規の雇用についてのレポートです。

雇用ポートフォリオの動向と非正規の正規雇用化に関する暫定レポート

...きく上回っている。産業別には、「学術研究、専門・技術サービス業」(48.4%)や「情報通信業」(41.4%)などで増加を見込む事業所の割合が特に高くなっている。また、正社員増加見込みは、正社員の不足感の高まりや非正規の正規雇用登用の制度・実績があることと関連していることが示されている。今後3年間における正社員数の期待増減数を現在の正社員数に対する比率でみると、10%以下増が18.6%、10%超20%以下増が10.2%、20%超増が6.7%となっているのに対して、10%以下減が3.5%、10%超減が2.9%と増...

2013年7月15日総務省フィードバック数:0社会/政治

統計調査ニュース 平成25年7月号

...比産業別に前年と比べると,「学術研究,専門・技術サービス業」(前年比 8.7%増),「医療,福祉」(同 6.2%増)5.7%減),「宿泊業,飲食サービス業」(同 3.1%減)ななど4産業で増加となる一方,「教育,学習支援業」(同ど7産業で減少となる一方,「不動産業,物品賃貸業」(同3.4%減),「運輸業,郵便業」(同 2.8%減)など5産業1.4%増),「医療,福祉」(同 1.1%増)の2産業で増加で減少となりました。となりました。図1 産業別年間売上高の前年比(%)12.0平成 23 年平成 22 年図2 産業...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ