「投資抑制」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年12月26日日本政策投資銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東海地方の製造業についてのレポートです。

東海企業の製造設備高齢化について

...センサス」を元に製造業の供給能力を三大都市圏について試算すると、東海地域は首都圏・関西地域を大きく引き離しているものの、リーマン・ショック後の国内投資抑制が影響し、ここ数年は頭打ち状態が続いている。過去数年の投資抑制は設備年齢(ヴィンテージ)にも影響を及ぼしており、バブル期並みの高い投資の伸びが見込まれる東海地域であっても、製造設備の高齢化は止まっていない。陳腐化・老朽化した設備は企業の生産性に悪影響を及ぼす可能性があるため、製造設備の高齢化を食い止めることは急務の課題である。地元製造業の場合、手元...

2010年12月21日矢野経済研究所フィードバック数:4マーケティング

POD(Print On Demand)市場に関する調査結果 2010

...2010年12月15日 POD(Print On Demand)市場に関する調査結果 2010 ~投資抑制下でも企業内印刷が堅調、2012年度以降は次世代製品投入で需要押し上げ~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて、POD(Print On Demand)市場に関する調査を実施した。1.調査期間:2010年10月~12月2.調査対象:POD用途を想定した出力機器を製造・販売する企業14社3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに文献調査併用<POD(Print...

2011年8月10日ITR★フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

SCM、PLM、MES等についての市場調査です。

ITR Market View:SCM/MES市場2011

...国内市場を対象に市場規模および動向を調査し、31ベンダーの製品を網羅して、「ITR Market View:SCM/MES市場2011」としてまとめました。本日、調査結果のなかから、これらの5製品分野の市場規模推移および2015年度までの予測値を発表します。 PLM市場はCAGR7.0%と堅調に成長、MES市場は今後の拡大に期待今回調査対象としている製造関連製品の5市場は、景気低迷による製造業のIT投資抑制の影響を脱して、2010年度はそれぞれ堅調な伸びを示しています。2011年度以降は、東日...

2015年3月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】底堅いASEAN4と投資伸び悩むインド

...ドで金融政策決定会合が開かれ、インドネシアでは政策金利を引き下げ、その他の会合では政策金利は据え置かれた。インドネシアは今回の0.25%の利下げによって、昨年11月の燃料補助金削減を受けた引き締め分(政策金利+0.25%)を解消した。(2月の注目ニュース)マレーシアでは、27日に国営石油会社ペトロナスが決算発表を行った。同社を中心とした先行きの投資抑制による国内経済への悪影響が懸念される内容だった。インドでは、10日にデリー首都圏の議会選挙が開票された。昨年の州議会選挙で躍進した国政与党・インド人民党が敗北し、今後...

2015年1月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:成長率低下は当たり前

...消費のポイントは、家具・家電、居住目的の場合の自動車など広い裾野を持つ住宅市場、それに自動車販売の行方である。懸案の住宅市場には底入れの兆しがみえる。一方で、やや懸念されるのは、自動車販売の動向である。すさまじい交通渋滞や大気汚染への対応策として、自動車購入制限を導入する都市が増えており、こうした動きは今後さらに広がりかねない。◆2015年の固定資産投資は、緩やかに減速しよう。設備過剰感が大きい鉄鋼やセメントなど重化学工業分野の投資抑制は、政策効果発現の面がある。今後も想定されるのは、分野...

2011年12月8日MM総研フィードバック数:11企業情報システム

2011年度上半期 国内PCサーバー出荷概況

...バー需要は堅調に拡大が続くと見られる。特に移動系の通信事業者やインターネットサービス企業の投資が堅調に進むだろう。データセンター事業者ではアクセス数の増減にあわせた従量課金型のサーバー提供サービスなど利便性向上が進んでいるため、今後は、一般企業ユーザーも業務サーバーの所有から利用への検討が進むと見られる。一方で、円高や欧州での金融不安に加えてタイの洪水などを背景に、製造業・金融業などでの設備投資抑制も見られる。特に足元では、国内の地域民需部門でのサーバー商談で厳しい状況が続くと見られる。地域...

原油価格下げ止まりに向けた材料とは?

...に一部の大手エネルギー企業においては、新規投資抑制などの動きもみられており、こうした需給調整の動きにより原油価格の下げ止まりが期待されます。また、原油は世界の景況感を反映しやすい資産であることから、景気見通しの変化などに伴なって価格が振れやすい傾向にありますが、原油価格の低下は調達コストの低下につながることから、資源需要を刺激するとともに、需要増に伴ない価格の押し上げにつながる可能性もあります。商品市場は、株式市場に比べて市場規模が小さいことから、投資家のリスク姿勢の影響を受けやすい傾向にありますが、投資家心理に落ち着きが戻れば、原油...

2009年8月12日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

2009年第2四半期の国内x86サーバ市場動向

...の低迷に伴う国内企業のIT投資抑制の影響を受けて大きく減少しました。この傾向は、日本だけでなく世界でも同様です」と述べています。 ベンダー・シェア出荷台数では、NECが15.5%減となりましたが、シェアでは26.7%で前年同期と変わらずトップを維持しています。2位はHPとなり、27.0%減と大幅な出荷数の落ち込みを示しましたが、22.7%のシェアを獲得しています。3位の富士通は、前年同期の4位から浮上し、Dellのシェアを奪う形で、シェアを2.5ポイント伸張し15.3%となりました。4位はDell、5位はIBMでした。上位...

2012年2月9日MM総研フィードバック数:8ビジネス

2011年国内パソコン出荷概要

...動向も旅行や外食が減少し、家電や内食など内向きの消費が増えたことも影響した。企業市場向けの出荷チャネルである「法人系ルート」は、前年比9.2%減の708.7万台に留まった。2010年1~3月期にあった文教市場での特需反動と円高による設備投資抑制の影響が大きい。一方でユーザー内では現行OSの2代前のWindowsXPが未だ1,000万台以上の規模で稼動をしていると見られ、これらのPCの最新OSへのスムースな移行を支援することが求められている。②レノボ・NECグループ合計で25.7% のシェアメーカーシェアは、11年7月に...

IT企業にフォーカスした震災アンケートです。

復興とビジネスの間でIT企業の営業が考えていること--本誌アンケート調査

...らくは悲惨な状態だった。しかし、今年4月から始まる案件がかなり多く、3月から各社は人材を確保してSAP市場復活を見込んでいたが、大震災によるプロジェクトの延期または中止という情報が増えてきた。また冷え込むのではないかと懸念している。生・損保業界では、地震保険による支出の影響により、 IT投資抑制の動きになると思われる保険業の顧客は、 震災の影響で2011年度計画の見直しを行っている東電グループのIT投資大幅抑制、東電株主のIT投資抑制国のIT予算も復興が優先されるため、官公...

2014年12月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 終わっていない、小休止しているだけ(日米株高・ドル高)

...は利上げ時期が急速に近付いていることを物語っている。経験則的に稼働率が80%を越えると、企業が新たな需要に対応すべく能力増強投資を実施するため、設備投資が加速する傾向がある。故に景気の過熱、すなわち過剰投資抑制のためFEDは金利を引き上げる。前回2004年6月の利上げ時の稼働率は80%を僅かに下回る水準で推移していたが、多少の水準の差異こそあれ今次局面も利上げ時期と設備稼働率の関係は崩れていないだろう。稼働率は利上げ時期予測ツールとして有効だ。実際、関連指標のISM新規...

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Market Flash 米金利は質が命

...変動や物価変動を除いたベースの実質輸出(当社作成、季節調整値)は前月比▲4.4%と大幅に落ち込んだ。3ヶ月平均でみても明らかに下方屈折しており基調が反転、PMI輸出受注の軟化傾向を裏付けている。水準は昨年後半からの増加を帳消しにした。米国向け自動車輸出が頭打ちとなっているほか、資源価格下落を受けた設備投資抑制により一般機械の輸出が落ち込み、牽引役が不在の状態。先行きは世界経済が底堅さを増していくなかで増加基調に復すると期待されるが、その伸びは緩慢なものとなろう。千(兆円)貿易収支1.5(2010=100)110PMI新規輸出受注・実質...

2009年5月26日IPA★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAがセキュリティ関連の調査結果を発表しました。

「2008年 国内における情報セキュリティ事象被害状況調査」報告書

....7%から40.9%に急上昇していることから推測されます。これまで、インターネット経由のウイルス対策は進展しつつありましたが、USBメモリ経由でのウイルス対策まで手が回らない企業が多かったと見受けられます。外部媒体を通じて感染するウイルスに対しても、対策を実施していく必要があります。[※別紙の図1-1~1-4を参照](2)2009年は大手企業を中心にセキュリティ投資抑制の見込み 翌年のセキュリティ投資額の見込みを2007年調査と2008年調査で比較すると、「増額」が300人以上企業で35.5%から...

2016年10月20日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向調査2017

...れも複数の業種で最も高い指数を獲得しています。 新分野のテクノロジに対して、国内企業が具体的な投資対象と認知し始めていることがうかがえる結果となりました。<参考資料6> 2017年度に新規投資が見込まれる製品/サービス分野(業種別)国内企業の攻めの意識の高まりが垣間見られた調査結果。IT部門はパラダイムシフトへの早急な準備を 今回の調査結果を受けて、ITRのシニア・アナリスト舘野真人は、「近年、様子見の色彩が強かった国内企業のIT投資ですが、今回の調査では、一部の企業が攻めの姿勢に転じつつある現状が見てとれます。リーマンショックや東日本大震災による投資抑制...

2009年1月5日野村総合研究所★フィードバック数:0ビジネス

「広告」は真っ先に削られるそうです。

金融危機下における日本企業の経営戦略に関するアンケート調査

...%)にすぎません(図4)。「守りと攻めの両方を実施している」企業が約6割(58.3%)を占めるなど、現在の金融危機に前向きに対処しようとする企業が多いと考えられます。【金融危機下でも、一方的な投資抑制はせず】今後、投資を拡大/抑制したい分野を尋ねたところ、投資を拡大したい分野としては、「人材採用・育成」(38.7%)、「新規事業」(34.9%)、「研究・技術開発」(26.1%)、「製品開発」(25.7%)、「品質・安全性」(25.0%)が多くを占めました(図5)。一方、投資...

2013年11月2日日本政策投資銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電気機械の設備投資動向 ~2013年度設備投資計画調査から~

...の要因に加えて、「足元の収益低下」を挙げる回答が際立って多く、家電大手などの業績悪化が投資マインドの冷え込みにつながったことがうかがわれる(図表1-4)。・2013年度(2.1%増)は、デジタル家電やディスプレイは減少するが、世界的に需要が拡大しているスマートフォン・タブレット向けの半導体や電子部品・材料が増加し、産業用機器や蓄電池も前年を上回ることから、3年ぶりに増加する。ここ数年の投資抑制による反動や、耐震補強・老朽化建物の建て替えによる増加もみられる。但し、伸び率は2%台と低く、回復...

業種別従業員1人当たり売上高・営業利益の分析‐電機業界

...たり営業利益を見てみましょう。ここでもシャープが約2.2百万円と、電機業界9社の中で1位となっています。FY2012において、シャープは1,462億円の営業損失を計上していました。しかし、上述のように、人員削減の効果や、太陽電池、スマホ向け中小型液晶などが好調であること、さらに、在庫低減、設備投資抑制、総経費削減の徹底などにより、FY2013には1,085億円の営業利益を計上しました。リストラによる従業員削減と、本業での好調さが、従業員1人あたり営業利益を大きく押し上げていることが分かります。一方、従業員1人当...

2014年12月21日全国地方銀行協会フィードバック数:0社会/政治

地方経済天気図2014年12月分

...情勢が回復に向けた動きにあるものの、個人消費が低調となるなど、一進一退。個人消費は、乗用車販売が減少したほか、大型小売店販売も飲食料品、衣料品が減少し、低調。住宅建築は、貸家、分譲住宅が増加したものの、持家が減少するなど、減少基調。設備投資は、需要の先行き不透明感から、一部に投資抑制姿勢がみられるなど、伸び悩み。公共工事は、国が減少したものの、独立行政法人等、県、市町村が増加し、上向き。輸出は、一般機械、船舶が増加し、持ち直しの動き。生産活動は、輸送機械、電子部品・デバイスが増加するなど、上向き。・鉄鋼は、生産水準が低下(青森、秋田...

2014年11月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年11月号:不動産開発投資に底入れの兆し

...等の生産抑制が一時的なものになる可能性に留意が必要。投資(倍)1.15(%)12今後、投資抑制策を受けて、経済成長率は緩やかに低下する一方、構造調整は徐々に進展していく見込み。7~9月期の成長率が想定を下回ったため、2014年の実質成長率の予測値は7.5%から7.4%へ、2015年は7.4%から7.2%へ引き下げ。消費求人倍率もっとも、求人倍率は1倍以上を保ち、雇用情勢は良好。1~9月の最終消費の実質成長率に対する寄与率は48.5%と総資本形成を7%ポイント程度上回り、消費主導の経済成長が持続。雇用の安定が続く一方、不動...

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

NZ準備銀、追加利下げは不可避か ~外需低迷に乳製品価格の調整など、景気下押し材料が顕在化~

...の景気動向以上に乳製品価格の調整による影響やデフレ懸念脱却を優先する姿勢を鮮明にしたほか、NZドル安志向を強めたことも影響した。 昨年は7年ぶりに3%超の経済成長を収めたが、足下では外需や企業及び公的部門の投資抑制が足かせとなり、1-3月期の成長率は予想外に鈍化した。ただし、インフレ低下などを背景に個人消費は堅調な上、不動産投資も旺盛さが続くなど跛行色は鮮明になっている。足下では一段と乳製品価格が調整する動きもみられ、追加利下げに動く可能性は高まっており、NZドル相場は調整しやすい展開が予想される。《消費や不動産投資は依然旺盛さをみせるが、景気の不透明材料とNZドル安志向から、追加...

2014年4月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

「アジア」にみえる勢いの差とその背景 ~輸出依存度、対外・財政収支構造の差で選別の動きが広まる~

...信用の収縮が進み景気の下振れに繋がったと考えられる。国際金融市場の混乱が一服し、先進国などの金融緩和による世界的な「カネ余り」が続くなか、足下のインドやインドネシアではこれまでの資金流出の反動で流入に転じる動きもみられる。インドやインドネシアでは、輸入抑制実施で短期的に経常赤字の縮小に繋がっているが、中長期的には投資抑制などを通じて潜在成長率の低下を招く可能性がある。中長期的には、規制緩和などによる外資受け入れを通じ、国内に輸入代替産業や輸出産業の育成を図ることが必要だが、これらの国々では今年は総選挙や大統領選が予定されるなか、大胆...

2013年11月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、成長モデルの転換が進まない中での三中全会 ~資金動向に新たな疑惑も出る中、透明性向上に金融市場改革は進むか~

...生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。2/3るなど、国有企業関連の投資の伸びが鈍化していること図 2 製造業の設備投資動向の推移とも整合的である。ただし、設備過剰が懸念されている製造業の設備投資の伸びは加速しており、国営企業などでは設備統合の動きが投資抑制を促している一方、民間企業などでは設備投資が依然拡大基調にあることが懸念される。足下...

2014年10月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 意外な輸入の伸びとその実態 ~内需の弱さは変わらず、外需が景気を押し上げる姿は変わらず~

...が金融市場にとって潜在的なリスクとなる状況が懸念されて以降、中央政府は金融引き締めを通じて投資抑制を図る姿勢を強めており、経済成長を投資に依存する流れは後退を余儀なくされている。結果、中国経済は以前のような高い経済成長の実現が難しくなっている上、(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通...

2013年11月22日日本政策投資銀行フィードバック数:0マーケティング

ケーブルテレビ事業の現状(2012年度決算版)

...革新や通信事業者等との競合いう連携戦略を具体化することが求められ激化が予想される中、ケーブルテレビ事業よう(図表 28)。連携に対する考え方や期者の経営戦略は、大きく分けて「コスト競待される効果は事業者によって異なるため、争力の強化」と「地域密着によるサービスプラットフォーム整備の議論や国内外の連携の先行事例も参考にしながら、図表 27 競争戦略と連携による効果設備共用による投資抑制個々の事業者の特徴や置かれてヘッドエンドの共用いる環境を踏まえて検討を進め電話用センター装置の共用ることが重要であろう。加入者端末の共同購買共同購買によるコストダウンインターネット上位...

2017年6月14日エムシーエイフィードバック数:0モバイル

携帯電話基地局市場及び周辺部材市場の現状と将来予測 2017年版

...トバンクも2017年3月から同612Mbpsの提供を開始し、KDDI(au)も2015年5月に同590Mbpsの提供を開始し、600Mbps級の高速サービスが出揃った。今後、KDDI(au)も3.5G/2.5GHz帯CAによる高速化が提供開始される見込みで、キャリア各社による高速化競争は続く。一方、無線機や部材ベンダはキャリア各社による投資抑制に大きな影響を受ける。2016年度の投資額はNTTドコモとKDDI(au)が横ばいで、ソフトバンクのみが減少であったため、特に...

ICT経済、国内外の経済政策が奏功し回復局面へ

...業生産全体の減少幅は在庫の減少幅を上回って在庫調整局面にあるが、ICT 生産の減少幅(-21.6%)は ICT 在庫の減少幅(-22.4%)を下回っており、45 度線を越え、回復局面に入っている。(図表 3)。(ICT 関連サービス)•ICT 関連サービスは 2 四半期連続で減少した(同マイナス 0.8%)もののソフトウェア系(受注ソフトウェア、ソフトウェアプロダクト)の減少幅縮小により、下げ止まり感がある(図表 1)。企業収益の低下による設備投資全般の低迷により、新規受注ソフトウェアは投資抑制の傾向にあるが、セキュリティ対策や運用・保守...

2014年8月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年8月号:顕在化する政策効果

...省や黒龍江省、山西省など一部地域の景気冷え込みは深刻。全国ベースで実質GDP成長率が6%台に低下すれば、他の地域も受け皿となる雇用を十分に創出できず、急減速地域で大量の失業者が発生し、社会的問題が増加するリスク。概説(年初累計、前年比)1210最終消費総資本形成純輸出実質GDP86こうした状況に対し、当局は①規制緩和、②インフラ整備、③部分的な金融緩和などからなる「ミニ刺激策」を実施。全国ベースでは、リーマン・ショック後と異なり、公共投資の規模は限定的で、全面的な金融緩和も見送るなど、当局は過剰投資抑制...

中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済

...%台の高成長を記録したが、今後10年間の平均では4%程度、2020年代前半には4%を割り込む水準まで成長率が低下するだろう。2―需要不足と供給力低下を同時に解決することが重要安倍政権発足後、円安・株高が大きく進み、日本経済が約15年にわたって苦しめられてきたデフレからも脱却しつつあるが、実体経済はバブル崩壊後の長期停滞から完全に抜け出せたとは言い切れない状況にある。日本経済の長期低迷はバブル期に過剰投資などによって積み上げられた供給力に対して需要が大幅に不足したことによって始まった。さらに、個人消費を中心とした需要低迷の長期化に伴い企業の設備投資抑制...

2016年9月6日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

Quarterly Report 2016年 夏版(2016年8月)

...調査時点と今回調査時点を比較した場合の経常利益変化を尋ね、「増えた」と「減った」の差によって算出した「経常利益増減指数」 を指す。2016年7月時点での値は2016年4月時点と比較した場合の経常利益増減の実績値となる。2016年4月時点と比較すると経常利益DIは10.7から1.1ポイント改善して11.8、IT投資DIも2.1から3.8ポイント改善して5.9となっている。消費税率10%改正の実施有無を見据えたIT投資抑制などが影響し、2016年4月はIT投資DI値が大きく下落した。その、2019年10月への再延期が決まり、2016年7月は経常利益DI値と...

2014年度大分県経済見通し

...なる見通し設備投資は、前年よりも投資マインドが改善し、一(前年度比伸び率%)(%)150製造業非製造業全産業部に持ち直しの動きもみられたが、引き続き低水準で推移した。業種別にみると、製造業は化学や半導体等100で能力増強投資があったが、大型投資の一段落から大手企業を中心に投資抑制基調にあり、前年を下回る見50通しである。一方、非製造業では太陽光発電関連投資が建設業や電気・ガス、小売業など幅広い業種でみら0れ、全体を押し上げた。また、運輸・倉庫業では JR大分駅ビル建設が本格化し、電気・ガスでは火力発電設備の新設、不動...

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

利上げをする国あれば、利下げをする国あり(Asia Weekly (3/8~3/14)) ~NZは逸早く利上げ、タイは政情不安を考慮し利下げに動く~

...の生産も前年を下回る伸びに留まるなど、足下における景気の不透明感を反映した生産調整のほか、政府主導による生産設備廃棄の動きも生産の下振れに繋がっている可能性がある。さらに、同日発表された1-2月の固定資本投資は前年同月比+17.9%となり、昨年1-12 月(同+19.6%)から減速した。産業別では、サービス産業の投資は比較的堅調を維持していると見込まれる一方、鉱業や製造業、農林漁業などでは軒並み減速基調が強まった。鉱業部門では非鉄金属で設備投資抑制の動きが出ている一本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資...

2013年11月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2013年10月号

...能力過剰解消に向けた政策方針を公表国務院、新政権初となる中国では、製造業における生産能力の過剰が、経済の安定や環境保護に悪影響を及ぼ生産能力過剰に対する しており、その解消が積年の課題となっている。こうした中、国務院が公布した「生産政策方針を公表能力の深刻な過剰の矛盾解消に関する指導意見」(以下、意見)の内容が 10 月 15 日に明らかになった。これは、習政権発足後、初となる生産能力過剰に対する政策方針である。新規投資抑制と既存設具体的には、非効率な新規投資の禁止・抑制と、既存設備の「消化一批、転移一批、備の「四個一批」が基本 整合...

2014年6月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国の景気減速によるアジア諸国の輸出への影響

...ンマーは統計上の制約から、本稿の分析対象から除いた。4 アジア地域におけるパソコン生産の例でみると、タイからハードディスクドライブ、マレーシアから集積回路、韓国から半導体を中国向けに輸出するなど、中国周辺のアジア諸国からパソコン部品を中国に輸出し、それらを用いて中国でパソコンを組み立て、米欧などに輸出しているという貿易構造となっている。5 その理由として、雇用の安定的な増加が損なわれない程度の投資抑制を通じて成長率を徐々に落としていくというソフトランディングを中国政府が目指しているためだ。中国政府は、投資...

2015年4月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2015年4月号

...支援承認に至らなかったため、ギリシャが債務不履行に陥るとの懸念が強まっている。また、ギリシャ情勢の緊迫化を背景に、4 月半ば以降、南欧諸国の国債利回りが再び上昇している。今後も協議は難航しそうであり、ギリシャのユーロ離脱に対する思惑が強まれば、不確実性の上昇や南欧国債利回りの上昇等を通じて企業の投資抑制に繋がる可能性がある。3みずほ欧州経済情報(2015 年 4 月号)図表 21.2ユーロ圏合成PMIとGDP成長率(前期比、%)(Pt)図表 362ユーロ圏実質GDP成長率600.8ユーロ圏合成PMI(右軸)58拡56 張54...

2015年4月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

レアル相場を読む3つの論点~「双子の赤字」問題と通貨安に対する耐性~

...や歳出削減などの緊縮策をさらに上積みする必要に迫られれば、それが景気を下押しする負のスパイラルに陥る。ブラジル景気は依然として低迷している。実質 GDP 成長率は、2014 年 10-12 月期も前年比▲0.2%と2009 年以来の 3 四半期連続マイナスとなった(図表4)。10-12 月期は個人消費の伸び率がやや上向きマイナス幅が縮小しているが、雇用・所得環境の改善が見込めず、増税等で家計の実質購買力が低下するなか、個人消費の回復の勢いが強まっていく状況にはない。総固定資本形成は、3 四半期連続マイナスとなっており、ペトロブラスやヴァーレなど資源関連企業の投資抑制...

2013年11月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013・14年度 内外経済見通し

...決定プロセスに必要な時間が必要になる。一般的に、計画を策定し、その計画を決定するには会計年度の一巡が必要になる。アベノミクスは昨年度後半にスタートしただけに、今年度の前向きな投資決定には間にあっていない。企業に前向きな動きが生じるにしても、2013 年度下期の計画修正、それが実現するのは早くても 2014 年度にかけてであろう。一般的に危機対応として投資抑制等を緊急に行う行動は即座に行われやすいが、前向きに投資を行うことや賃金引上げへの方針転換には少なくとも「年度」の時間軸は必要な、意思決定バイアスの「非対称性」がある。金融...

2014年11月2日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2014年10月、全文)

...収益の改善や金融緩和効果が引き続き押し上げに働くもとで、長年の投資抑制による設備老朽化に対応した更新投資や、労働需給の引き締まりを受けた省力化投資、為替相場の動きも踏まえた国内拠点の再構築などの投資ニーズの高まりがみられることから、しっかりと増加するとみられる。この間、輸出は、海外経済が回復するもとで、為替相場の動きも下支えとなり、緩やかな増加に向かっていくと考えられる。こうしたもとで、鉱工業生産は、在庫調整の進捗もあって、緩やかな増加に復していくと予想される。2015 年度から 2016 年度にかけては、2回目...

2014年4月1日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の物価動向について

...ばれる理論で、同様の現象が1990年代以降の企業の設備投資抑制が続けられたと説明する日本でも起こっているという見方ができるだのはやや無理があるだろう。ろう。(図7)日米ユーロ圏の実質金利の推移また、物価下落は企業の設備投資だけでなく、家計消費にも悪影響を及ぼしていると考5えられる。家計は物価のさらなる値下がりを4期待して、本来ならすぐにでもお金を使って3もいいのに、消費を先送りにしているという2見方だ。1しかし、言うまでもなく、日本の物価下落は企業の設備投資に悪影響を及ぼすほど、実(%)日本米国ユーロ圏10年国...

2013年12月6日内閣府フィードバック数:0社会/政治

Economic & Social Research No.3 2013年冬号

... (年)(出典)第 1 回政労使会議(事務局提出資料)相対的に乏しい 。こうした状況は、持続的な成長や人人的資本蓄積や生産性の向上への対応が求められているといえる。コストダウン雇用維持⇒材力強化というマクロの観点からみても問題があり、内需の低迷経営の効率化⇒4企業収益の減少所得の低下将来への不安産業空洞化⇒消費の低迷設備投資の低迷輸出の低迷デフレの継続とダイナミズムの喪失賃金コスト抑制非正規雇用活用生産性の低下⇒1.0悪循環に陥っていたのである(図表 4)。海外展開国内設備投資抑制...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ