「排出抑制」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年9月27日日本建設業連合会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2012年度CO2排出量調査報告書

...刊行物詳細日建連では「建設業の環境自主行動計画」に基づき地球温暖化防止にかかわる業界目標“施工段階でのCO2排出量原単位を2012年度までに1990年度比13%削減”を達成すべく活動を展開しております。その活動の一環として会員企業を対象にCO2排出量調査を実施し、建設施工分野における2012年度のCO2排出量を算定・集計しました。1. 施工段階におけるCO2の排出抑制目標2. 2012年度調査結果2-1 CO2削減量実態調査の概要2-2 調査結果①経団連報告値調査結果②CO2換算係数(経団...

2014年10月28日日本建設業連合会★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設業界団体のまとめです。

2013年度CO2排出量調査報告書

...刊行物詳細日建連では「建設業の環境自主行動計画」に基づき地球温暖化防止にかかわる業界目標“施工段階でのCO2排出量原単位を2020年度までに1990年度比20%削減”を達成すべく活動を展開しております。その活動の一環として会員企業を対象にCO2排出量調査を実施し、建設施工分野における2013年度のCO2排出量を算定・集計しました。1. 施工段階におけるCO2の排出抑制目標2. 2013年度調査結果2-1 CO2削減量実態調査の概要2-2 調査結果①経団連報告値調査結果②CO2換算係数(経団...

2015年2月27日日本自動車工業会★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本自動車工業会のレポートです。

環境レポート 2014

...らはNO規制値のさらなる強化と試験法の国際基準調和が図られる予定であり、対応を進めていく。○生産における環境保全 2013年度のCO排出抑制は90年度比▲27%(725万トン)、VOC排出抑制は▲13%(34.6g/m2)、廃棄物の低減は▲99%(0.4千トン)で、再資源化率が99.9%である。○自動車リサイクルへの対応 ASR(シュレッダーダスト)のリサイクル率は96〜97.7%に向上し、2015年度以降の目標値(70%以上)を大きく上回った。※自動車全体のリサイクル率は95%超のレベルにまで向上している。...

2014年8月21日千葉県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度大気汚染の状況について

...いては、常時監視体制を充実させ、効果的な対策を検討するため、今年度から国と連携しながらPM2.5の成分分析及び発生源の調査を実施しているところです。ア工場・事業場対策大気汚染防止法に基づく硫黄酸化物、窒素酸化物、VOC等の排出規制 環境保全協定に基づく硫黄酸化物、窒素酸化物、VOC等の排出抑制 窒素酸化物対策指導要綱等に基づく窒素酸化物の排出抑制 VOC条例に基づくVOCの排出抑制 夏季期間におけるVOCの排出事業者への排出抑制の呼びかけイ自動車排出ガス対策自動車NOx・PM法に基づく車種規制(千葉...

2015年5月14日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のまとめです。

平成25年度 大気汚染状況について(一般環境大気測定局、自動車排出ガス測定局の測定結果報告)

...査結果を踏まえ、環境基準の達成・維持に向けて、工場・事業場からのばい煙排出対策、自動車排出ガス対策、低公害車の普及等を引き続き総合的に推進していきます。 PM2.5については、平成27年3月に、中央環境審議会の微小粒子状物質等専門委員会において、国内における当面の排出抑制策の在り方について中間取りまとめが行われたところであり、PM2.5の原因物質である各種の大気汚染物質について、排出抑制対策の強化を検討・実施するとともに、総合的な対策に取り組む上で基礎となる現象解明、情報整備等に取り組み、その...

2013年12月12日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

25年夏における光化学スモッグの発生状況

...月26日に区北部地域の荒川区南千住局で0.188ppm)2 健康被害状況 光化学スモッグによると思われる健康被害の届出者は2名であった(別表)。 東京都は、光化学スモッグの主要な原因となる揮発性有機化合物(VOC)の濃度を低減するため、今後も、光化学スモッグ注意報等の発令の多い6月から9月を中心に、「VOC対策セミナー」の開催や、区市や近隣県市と連携したVOC排出抑制策の啓発を行うなど、事業者の排出削減の取組への支援を引き続き行っていきます。また、光化学スモッグの一層の改善を図るため、光化...

2014年12月10日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

26年今夏における光化学スモッグの発生状況

....173ppmを記録した。(昨年の最高濃度は、8月10日に多摩北部地域の武蔵野市関前局と多摩中部地域の小金井市本町局で、最高濃度0.197ppm)2 健康被害状況 光化学スモッグによると思われる健康被害の届出者はなかった(別表)。 東京都は、光化学スモッグの主要な原因となる揮発性有機化合物(VOC)の濃度を低減するため、今後も、光化学スモッグ注意報等の発令の多い6月から9月を中心に、「VOC対策セミナー」の開催や、区市や近隣県市と連携したVOC排出抑制策の啓発を行うなど、事業...

2015年1月28日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のまとめです。

地中熱利用ヒートポンプシステムの設置状況調査

...地中熱利用ヒートポンプシステムの設置状況調査の結果について(お知らせ)地中熱を利用したヒートポンプは、年間を通じて温度変化の少ない地中を熱源とし、省エネルギー・二酸化炭素排出抑制・ヒートアイランド緩和に寄与します。環境省では、平成22年度から2年毎に全国の地中熱利用ヒートポンプシステム設置状況を調査しています。今般、本年度実施した調査の結果をとりまとめました。年間設置件数は年々増加傾向にあり、2012年と2013年には250件を超え、累計設置件数は、前回調査(2011年まで)の990件から2...

2015年2月5日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年光化学大気汚染の概要-注意報等発令状況、被害届出状況-

...らの削減対策を進めることが必要です。環境省では、NOX対策として、大気汚染防止法、自動車NOX・PM法等に基づく発生源からの排出抑制を進めるとともに、VOC対策として、平成18年4月から大気汚染防止法に基づく排出規制を開始し、大気環境の一層の改善を図っているところです。 光化学オキシダント対策は、微小粒子状物質(PM2.5)対策と共通する課題が多いことから、中央環境審議会大気・騒音振動部会微小粒子状物質等専門委員会において、PM2.5の国内における排出抑制策の在り方を検討する中で、合わせて検討が進められています。また、「光化...

2014年4月30日岩手県フィードバック数:0ライフスタイル

平成23年度における県内のごみ排出量(速報値)年間実績

...,347トン生活系ごみ排出量:23,056トン事業系ごみ排出量:11,291トン平成24年1月ごみ総排出量:31,093トン生活系ごみ排出量:21,373トン事業系ごみ排出量:9,719トン平成24年2月ごみ総排出量:26,436トン生活系ごみ排出量:17,453トン事業系ごみ排出量:8,983トン平成24年3月ごみ総排出量:32,838トン生活系ごみ排出量:21,862トン事業系ごみ排出量:10,976トンごみの排出抑制と3Rに御協力をお願いします。私たちの「暮らし」と「ごみ」は密...

2016年4月7日愛知県フィードバック数:0社会/政治

平成26年度一般廃棄物処理事業実態調査

...ン(215)・リサイクル率:22.3%(22.7) ( )内は前年度の数値※ 「処理しなければならない生活系ごみの一人一日当たりの量」処理しなければならない生活系ごみの量とは、家庭から排出されるごみのうち、新聞・缶・ペットボトルなどの資源ごみを除いた量をいう。県では、廃棄物の排出抑制などを促進し、循環型社会を実現するため「愛知県廃棄物処理計画(平成24~28年度)」を策定し、ごみの総排出量等の目標を定め、取組を進めています。 現状では、最終処分量は目標を達成していますが、他の3項目...

2011年12月19日リコー★フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

リコーがエネルギー分野のレポートを発行しました。

需要側を取り込む新しいエネルギー・システムへの展望

...を満たすよう供給サイドで発電施設の整備等を行う」というのが基本的な考え方であった。しかし、以下に述べるように、需要サイドにおいて電力やエネルギーの消費のあり方を変え、節電を実現していくことは、供給サイドの増強を図ることと、電力需給の調整においては同等の意味合いがある。なお節電については、ピークカットの観点から最大電力(kW)が注目されることが多いが、CO2排出抑制の点からは電力量(kWh)の節電が重要である。日本のCO2排出量をセクター別にみてみると、2009 年度において、1990 年対比、業務その他部門(デパート、ホテル、オフィスビル、病院...

2015年4月1日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(ASSET)第1期(2012年度採択・2013年度排出削減実施)の排出削減実績と取引結果

...ホーム報道・広報報道発表資料先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(ASSET)第1期(2012年度採択・2013年度排出削減実施)の排出削減実績と取引結果について (お知らせ) 先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(ASSET)第1期(2012年度採択・2013年度排出削減実施)の排出削減実績と取引結果について (お知らせ)環境省では、業務部門・産業部門における温室効果ガス排出量の大幅削減のため、事業場・工場を対象に、エネルギー起源二酸化炭素排出抑制...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度化学物質安全確保・国際規制対策推進等 (代替フロン等3ガスの工業用洗浄剤・溶剤用途における使用実態調査)報告書

...の使用実態--------------------------------------212.4その他のフッ素系洗浄剤・溶剤の使用実態第3章2.4.1HFE(ハイドロフルオロエーテル)2.4.2環状フッ素系洗浄剤「ゼオローラ H」2.4.3HCFC 洗浄剤・溶剤排出抑制対策3.2代替化の可能性3.3関連情報国外の動向----------------------------26--------------------------29------------------------------------------30フッ素系洗浄剤・溶剤の代替の可能性3.1第4章...

2014年8月29日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のレポートです。

平成25年度オゾン層等の監視結果に関する年次報告書

...クロロエタンの大気中濃度は、次第に変動幅が小さくなるとともに、北海道における大気中濃度とほとんど変わらなくなってきている。変動幅の縮小や濃度の低下には、日本における生産の全廃及び排出抑制等が進んだ結果が反映されていると考えられる。一方で、HCFC及びHFCは頻繁に高い濃度で検出されているが、このことは、これらの物質は現在も多方面で利用されていることや、過去に製造・充填された機器装置等から大気中に放出されていることが反映されていると考えられる。○ CFCの生産と消費は、モントリオール議定書に基づいて先進国では1995年末...

2015年3月25日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度石油精製業保安対策事業(エアゾール製品等の市場調査)【事業報告書】

...のいずれかであること一液化石油ガス及び液化石油ガスと可燃性ガス以外のガスの混合物二ジメチルエーテル及びジメチルエーテルと可燃性ガス以外のガスの混合物三フルオロカーボン152a及びフルオロカーボン152aと可燃性ガス以外のガスの混合物四フルオロオレフィン1234ze及びフルオロオレフィン1234zeと可燃性ガス以外のガスの混合物五前四号に掲げるガス相互の混合物オゾン層保護法の特定物質等の規制により、CFC12 は 1995 年末生産全廃、HFC22 は冷媒補充用としてのみ 2020 年まで製造可となっている。2 フロン排出抑制法及び地球温暖化防止のための代替フロン等3ガス排出抑制...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度産業公害防止対策調査事業,九州地域におけるオフロード法による自動車排出ガスの提言対策推進に係る調査

...を走行しない特殊な構造の作業車例 ナンバーのない建設機械、農業機械、輸送・産業用機械等、原動機のエンジン定格出力が19kW以上から560kW未満のものオフロード車の排気ガス規制メーカー技術基準に適合した車両の製造使用者排出ガスの排出抑制に必要な措置を実施メーカーが、技術基準(排出ガス排出基準)に適合したエンジン・車両を開発製造し、使用者がそれを適切に管理・運用する事によって、オフロード車の排出ガスによる大気汚染を抑制する。2006年基準から、技術基準はさらに引き上げられ、2011年基準適合車は、原動...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度化学物質安全確保・国際規制対策推進等 (冷媒管理体制実証モデル事業(実証モデル事業運営検討調査))報告書

...ン回収破壊法に基づく機器廃棄時の冷媒回収率が約3割程度と低位水準に止まっている。そのため、経済産業省では産業構造審議会化学・バイオ部会地球温暖化防止対策小委員会において冷媒対策を重点においた HFC 等の排出抑制対策を検討し、平成23年2月における中間論点整理では、業務用冷凍空調機器の冷媒の使用時排出の抑制と廃棄時回収の強化を推し進めるために、世界最高水準の冷媒管理の仕組みを構築するための以下の実証モデル事業を実施することを取りまとめた。・ユーザー、メーカー、設備業者の3者及び行政等が密接に連携協力して実施・数千...

再生可能エネルギーの利用にあたっての様々な課題について

...%、水力発電を含 めると13.1% となっており ( *2)、全国比率より高い割 合である。 (2013年度)資源エネルギー庁ホームページより3.再生可能エネルギーの利用と課題について 2.再生可能エネルギーとは(1)発電利用する再生可能エネルギー  再生可能エネルギーによる発電は、エネルギー需給率 向上や CO2排出抑制のため大規模な水力 ・ 地熱 ・ 太陽光 ・ 風力発電所を電気事業者が設置し、再生可能エネルギー 源である水、地熱、太陽光、風力、バイオマスを利用し ている。  再エ...

2014年8月1日中央調査社★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エシカル消費についての調査です。

日本における倫理的消費の現状 -日本消費者調査の結果から-

...ポイント制度」を開始した。温室効果ガスの排出抑制とエネルギー利用の効率化と並んで、停滞する日本経済へのてこ入れが大きな目的であった。エコポイントはある種の値引きクーポンシステムで、消費者に環境にやさしい家電製品の購入を促すものである。経済目標の達成という観点では、エコポイント制度は経済が不安定な時代に十分に成功したと評価できる。実際、エコポイントは約5兆円経済効果をもたらし、これは投入した予算の約7倍の効果であった。関係各省によれば、この効果は一定期間持続し、1年に32万人程度の雇用を創出した(環境省・経済...

2014年5月21日国立国会図書館フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

廃棄物発電の現状と課題

...マ環境技術研究会編『ごみ焼 却技術 絵とき基本用語(改訂 3 版) 』オーム社, 2011, pp.172-173.)42レファレンス 2014. 5廃棄物発電の現状と課題排出抑制、焼却灰の減量化といった課題を解決 するため、廃棄物発電技術の開発が行われてい る。具体的には、①回収した蒸気を化石燃料等 で再加熱(リパワリング)して高温化する「スー パーごみ発電技術」 、②廃棄物中の水分、不純 物を除去し固形化した固形化燃料(Refuse Derived Fuel: RDF)を焼却・発電する「RDF 発電技なって、焼却...

2013年6月21日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度京都メカニズム推進基盤整備事業(CDM・JIの運用に係る国際的枠組に関する調査)

...止処分となった ACM0013「GHG 排出抑制技術を用いる系統接続化石燃料火力発電の建設と創業」が、EB69 において改訂案が採択された。④ 持続可能な発展の副次的便益に係る自主的ツールが承認された。⑤ 「CDM 登録簿における自主的取消講座開設の手順」が採択された。以下、プロジェクト、プログラム CDM、方法論、認定、クレジット市場分析の順に述べるとともに、最後に、CDM 理事会の審査体制のあり方、審査手続きの効率化、改善の方向性についてまとめる。12013 年 1 月現在。CER 発行量、プログラム CDM 累計...

2015年3月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度化学物質安全確保・国際規制対策推進等(改正フロン法施行に向けたフロン類及びフロン類使用製品の冷媒転換等に関する調査)

...議定書の削減対象物質に定めら れており、特定フロンのような生産・消費規制がないものの大気中への放出を抑制する必要が ある。 産業界の自主的な取組を中心として排出抑制策が取られたことにより、代替フロン等 3 ガス の排出量は大きく削減されてきたが、冷凍・空調分野については使用冷媒が HFC へ転換され ていることによって、今後大幅に排出量が増加することが見込まれている。 このような状況を踏まえ、平成 25 年度通常国会において「特定製品に係るフロン類の回収 及び破壊の実施の確保等に関する法律の一部を改正する法律案(以下、改正...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成23年度地球環境適応型・本邦技術活用型産業物流インフラ整備事業,円借款・民活インフラ案件形成等調査,インドネシア・ジャカルタ州都市廃棄物BOT事業実施可能性調査報告書(和文)

...業性があると判断される結果が得られた。 経済分析では、本プロジェクトの経済的内部収益率(EIRR)に考慮する項目として、 (1) 既存最終処分場の軽減効果、 (2)既存最終処分場への運搬コスト削減効果及び、 (3)地球温 暖化ガスの排出抑制効果を考慮した結果、事業収支を含まないEIRRが6.68%という値が得られ た。これは、インドネシアの長期国債金利を超えていることから、本プロジェクトは経済的に も有意義と判断した。③環境社会的側面の検討 現在ジャカルタの廃棄物を受け入れているバンタルゲバン最終処分場周辺地域及びプロジェ クト...

2013年7月5日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度環境問題対策調査等委託費(フロンガスの分布及び回収・破壊方法に関する国際調査事業)

... ecovery)*今回の調査の範囲◎破 壊 (D estruction)**H FC○排出抑制という観点から対象詳細化C FC ・H FCH C FC冷媒としての輸入(im port)●冷媒としての生産(Production)●生産時の排出(E m ission)消費(C onsum ption)○初期充填(M anufacturing)●初期充填時の排出(E m ission)○修理等による充填(Servicing)●修理時の未回収=大気放出(E m ission)現状の活動※1修理...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度石油精製業保安対策事業,海外における技術基準に関する調査,新たな冷媒に関する海外の法規制の調査報告書

....2.3 米国での導入状況米国での HFO-1234yf の導入状況の詳細は不明であるが、ゼネラルモーターズ社(GM社)がはじめて採用する見込みで、市場投入する準備を進めている。2.3 日本国内の状況産業構造審議会 化学・バイオ部会 地球温暖化防止対策小委員会において、「代替フロン等 3 ガスの排出抑制の課題と対策の方向性(中間論点整理)」が 2011 年 2 月 17 日にとりまとめられている。この論点整理では、「今後の代替フロン等 3 ガス...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度化学物質安全確保・国際規制対策推進等 (冷媒管理体制実証モデル事業(データ収集分析等調査))報告書

...都議定書削減対象物質であり、オゾン層破壊物質の様な生産・消費規制が存在しないため、大気中への排出を抑制する必要がある。特に、業務用冷凍空調機器の冷媒は、1台当たりの冷媒量も多く、平成21年3月の経済産業省の報告にあるとおり機器の使用中における冷媒排出が多く、フロン回収・破壊法に基づく機器廃棄時の冷媒回収率も約3割程度と低い水準にとどまっている。そこで経済産業省では、産業構造審議会化学・バイオ部会地球温暖化防止対策小委員会において冷媒対策を重点においた HFC 等の排出抑制対策を検討し、平成23年2月に...

2015年5月22日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度化学物質安全対策(インベントリ関連調査)

...製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律の一部を改正する法律(以下「改正法」)」が成立したところである。この改正法による改正後の「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(以下「フロン排出抑制法」)」では、フロン類のライフサイクル全般を見据えた包括的な対策を講じることとなっており、フロン類の製造からフロン類使用機器の製造、当該機器ユーザーによる使用段階の管理、当該機器からの回収・破壊・再生までのマテリアルフローの把握、加えて、フロン類使用機器の市場導入動向等の分析がフロン類対策の基礎データとして必要となってくる。そのため、本調査では、条約...

2014年4月22日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査(バイオマス・廃棄物による発電利用及び熱利用の導入実績調査)報告書

...廃棄物ここでは、製材工場や木材加工場で発生する製材廃材を活用したエネルギー利用を対象とする。基本的には自社の廃棄物排出抑制と、木材乾燥や木材加工に必要となる熱原・動力としての利用である。推計方法は前述と同様である。表 1-13 製材廃棄物由来のバイオマス・廃棄物エネルギー利用バイオマス化石由来廃棄物合計発電容量(万 kW)5.4発電導入量(万 kL)6.3熱利用導入量(万 kL)37.600-5.46.337.6⑥発電事業ここでは、バイオマスを原料とした発電事業(電力販売を主目的とした事業)における、バイ...

2013年7月18日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済産業省 委託事業平成24年度中小企業支援調査(鉄鋼業における未利用熱エネルギーの有効活用及び省エネルギー実態調査)報告書

...リオデジャネイロで開催された国連会議(地球サミット)において「気候変動枠組み条約」が締結され、第 3 回締約国会議(1997 年)において京都議定書が採択されたことに対応し、日本政府は、「地球温暖化対策の推進に関する法律(1998 年)」において、温暖化問題は人類共通の課題と位置付け、京都議定書など国際条約の義務履行確保のための国内法措置を定めた。特に、京都議定書目標達成計画を策定し、国や地方公共団体、事業者、国民がそれぞれ講じるべき排出抑制のための措置などを規定している。鉄鋼業では、環境自主行動計画を策定し(温暖化対策、廃棄...

2013年8月27日日本総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

【中国エネルギー研究シリーズ No.2】中国のエネルギー需要構造変化とわが国エネルギー戦略 No.2-中国におけるエネルギー需要の将来推計

...や看過すべきではない。成長鈍化を一つの好機と捉え、企業はもちろん、家庭部門も含め幅広い経済主体に、省エネへの意識改革を根付かせることが必要であろう。同時に、PM2.5 に代表される大気汚染対策や CO2 排出抑制などにまで視野を広げた、幅広い意味での資源やエネルギーのクリーンで効率的な利用は、中国政府の最重要課題の一つとなっている。環境・エネルギーの分野で、優れた技術を有するわが国企業の技術に対する注目度は以前にも増して高まってくることが予想される。124.おわりに中国は、高度...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ