「排出抑制」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年10月28日日本建設業連合会★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設業界団体のまとめです。

2013年度CO2排出量調査報告書

...刊行物詳細日建連では「建設業の環境自主行動計画」に基づき地球温暖化防止にかかわる業界目標“施工段階でのCO2排出量原単位を2020年度までに1990年度比20%削減”を達成すべく活動を展開しております。その活動の一環として会員企業を対象にCO2排出量調査を実施し、建設施工分野における2013年度のCO2排出量を算定・集計しました。1. 施工段階におけるCO2の排出抑制目標2. 2013年度調査結果2-1 CO2削減量実態調査の概要2-2 調査結果①経団連報告値調査結果②CO2換算係数(経団...

2013年9月27日日本建設業連合会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2012年度CO2排出量調査報告書

...刊行物詳細日建連では「建設業の環境自主行動計画」に基づき地球温暖化防止にかかわる業界目標“施工段階でのCO2排出量原単位を2012年度までに1990年度比13%削減”を達成すべく活動を展開しております。その活動の一環として会員企業を対象にCO2排出量調査を実施し、建設施工分野における2012年度のCO2排出量を算定・集計しました。1. 施工段階におけるCO2の排出抑制目標2. 2012年度調査結果2-1 CO2削減量実態調査の概要2-2 調査結果①経団連報告値調査結果②CO2換算係数(経団...

2015年2月27日日本自動車工業会★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本自動車工業会のレポートです。

環境レポート 2014

...らはNO規制値のさらなる強化と試験法の国際基準調和が図られる予定であり、対応を進めていく。○生産における環境保全 2013年度のCO排出抑制は90年度比▲27%(725万トン)、VOC排出抑制は▲13%(34.6g/m2)、廃棄物の低減は▲99%(0.4千トン)で、再資源化率が99.9%である。○自動車リサイクルへの対応 ASR(シュレッダーダスト)のリサイクル率は96〜97.7%に向上し、2015年度以降の目標値(70%以上)を大きく上回った。※自動車全体のリサイクル率は95%超のレベルにまで向上している。...

2014年8月21日千葉県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度大気汚染の状況について

...いては、常時監視体制を充実させ、効果的な対策を検討するため、今年度から国と連携しながらPM2.5の成分分析及び発生源の調査を実施しているところです。ア工場・事業場対策大気汚染防止法に基づく硫黄酸化物、窒素酸化物、VOC等の排出規制 環境保全協定に基づく硫黄酸化物、窒素酸化物、VOC等の排出抑制 窒素酸化物対策指導要綱等に基づく窒素酸化物の排出抑制 VOC条例に基づくVOCの排出抑制 夏季期間におけるVOCの排出事業者への排出抑制の呼びかけイ自動車排出ガス対策自動車NOx・PM法に基づく車種規制(千葉...

2015年5月22日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度冷媒管理技術向上支援事業(改正フロン法施行に基づく業務用冷凍空調機器に係る点検手法の確立及び管理技術の向上等に関する事業)

...技術の手引き111244566811131515172334343436363646464749501.事業概要1) 事業目的冷凍空調機器の冷媒等として使用されるフロン類は地球温暖化係数が高く、特にHFC等の代替フロン類は気候変動枠組条約に基づき削減が求められており、大気中への放出を抑制する必要がある。今般、平成25年通常国会において「特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律の一部を改正する法律案(以下、「フロン排出抑制法」という。)が提出され、全会一致をもって成立した。フロン排出抑制法では、新たにフロン類及びフロン類使用製品の製造段階における規制、業務...

2015年5月22日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度化学物質安全対策(改正フロン法施行に向けたフロン類使用製品等の冷媒転換及び導入促進方策等の検討に関する調査)

...らの物質も高い温室効果を持っており、京都議定書の削減対象物質に定められており、大気中への放出を抑制する必要がある。産業界の自主的な取組を中心として排出抑制策が取られたことにより、代替フロン等 3 ガスの排出量は大きく削減されてきたが、冷凍・空調分野については使用冷媒が HFC へ転換されていることによって、今後大幅に排出量が増加することが見込まれている。このような状況を踏まえ、「特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律」が、平成 26 年 6 月に改正され、「フロ...

2015年1月28日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のまとめです。

地中熱利用ヒートポンプシステムの設置状況調査

...地中熱利用ヒートポンプシステムの設置状況調査の結果について(お知らせ)地中熱を利用したヒートポンプは、年間を通じて温度変化の少ない地中を熱源とし、省エネルギー・二酸化炭素排出抑制・ヒートアイランド緩和に寄与します。環境省では、平成22年度から2年毎に全国の地中熱利用ヒートポンプシステム設置状況を調査しています。今般、本年度実施した調査の結果をとりまとめました。年間設置件数は年々増加傾向にあり、2012年と2013年には250件を超え、累計設置件数は、前回調査(2011年まで)の990件から2...

2016年7月24日東洋経済新報社★フィードバック数:0社会/政治

山手線全29駅「男性トイレの数」ランキング

...で調査できる男性用トイレのみの調査となった。 トヨタやリコーが「脱炭素経営」の先陣を切る一方、日本の政府の対応は遅れている。二酸化炭素排出抑制の仕組み「カーボンプライシング」で、環境省と経済産業省が対立。覚悟が問われる。 ※3カ月以内に発刊した書籍の中から話題の書籍を紹介しています。...

2016年7月8日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

高額企業激増!「年間賞与が多い」トップ200

...う企業も数社存在している。2位には、JFEホールディングス傘下のJFEエンジニアリングが入った。支給額は355万円で、基準月数は7.4カ月分になる。次いで3位に新日鐵住金(348万円)が入った。トップ3は順位を含め、昨年と同じ顔ぶれになった。また、4、5位にも鉄鋼メーカーである神戸製鋼所(338万円)、JFEスチール(316万円)がそれぞれランクインした。 トヨタやリコーが「脱炭素経営」の先陣を切る一方、日本の政府の対応は遅れている。二酸化炭素排出抑制の仕組み「カーボンプライシング」で、環境省と経済産業省が対立。覚悟...

2015年5月14日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のまとめです。

平成25年度 大気汚染状況について(一般環境大気測定局、自動車排出ガス測定局の測定結果報告)

...査結果を踏まえ、環境基準の達成・維持に向けて、工場・事業場からのばい煙排出対策、自動車排出ガス対策、低公害車の普及等を引き続き総合的に推進していきます。 PM2.5については、平成27年3月に、中央環境審議会の微小粒子状物質等専門委員会において、国内における当面の排出抑制策の在り方について中間取りまとめが行われたところであり、PM2.5の原因物質である各種の大気汚染物質について、排出抑制対策の強化を検討・実施するとともに、総合的な対策に取り組む上で基礎となる現象解明、情報整備等に取り組み、その...

2014年12月10日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

26年今夏における光化学スモッグの発生状況

....173ppmを記録した。(昨年の最高濃度は、8月10日に多摩北部地域の武蔵野市関前局と多摩中部地域の小金井市本町局で、最高濃度0.197ppm)2 健康被害状況 光化学スモッグによると思われる健康被害の届出者はなかった(別表)。 東京都は、光化学スモッグの主要な原因となる揮発性有機化合物(VOC)の濃度を低減するため、今後も、光化学スモッグ注意報等の発令の多い6月から9月を中心に、「VOC対策セミナー」の開催や、区市や近隣県市と連携したVOC排出抑制策の啓発を行うなど、事業...

2013年12月12日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

25年夏における光化学スモッグの発生状況

...月26日に区北部地域の荒川区南千住局で0.188ppm)2 健康被害状況 光化学スモッグによると思われる健康被害の届出者は2名であった(別表)。 東京都は、光化学スモッグの主要な原因となる揮発性有機化合物(VOC)の濃度を低減するため、今後も、光化学スモッグ注意報等の発令の多い6月から9月を中心に、「VOC対策セミナー」の開催や、区市や近隣県市と連携したVOC排出抑制策の啓発を行うなど、事業者の排出削減の取組への支援を引き続き行っていきます。また、光化学スモッグの一層の改善を図るため、光化...

2015年2月5日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年光化学大気汚染の概要-注意報等発令状況、被害届出状況-

...らの削減対策を進めることが必要です。環境省では、NOX対策として、大気汚染防止法、自動車NOX・PM法等に基づく発生源からの排出抑制を進めるとともに、VOC対策として、平成18年4月から大気汚染防止法に基づく排出規制を開始し、大気環境の一層の改善を図っているところです。 光化学オキシダント対策は、微小粒子状物質(PM2.5)対策と共通する課題が多いことから、中央環境審議会大気・騒音振動部会微小粒子状物質等専門委員会において、PM2.5の国内における排出抑制策の在り方を検討する中で、合わせて検討が進められています。また、「光化...

2016年4月7日愛知県フィードバック数:0社会/政治

平成26年度一般廃棄物処理事業実態調査

...ン(215)・リサイクル率:22.3%(22.7) ( )内は前年度の数値※ 「処理しなければならない生活系ごみの一人一日当たりの量」処理しなければならない生活系ごみの量とは、家庭から排出されるごみのうち、新聞・缶・ペットボトルなどの資源ごみを除いた量をいう。県では、廃棄物の排出抑制などを促進し、循環型社会を実現するため「愛知県廃棄物処理計画(平成24~28年度)」を策定し、ごみの総排出量等の目標を定め、取組を進めています。 現状では、最終処分量は目標を達成していますが、他の3項目...

2014年12月21日東洋経済新報社フィードバック数:0モバイル

最新版!「スマホアプリ」人気ランキング スマニューが米市場でニュースアプリ首位に

...陣を切る一方、日本の政府の対応は遅れている。二酸化炭素排出抑制の仕組み「カーボンプライシング」で、環境省と経済産業省が対立。覚悟が問われる。 ※3カ月以内に発刊した書籍の中から話題の書籍を紹介しています。...

2015年8月10日東洋経済新報社★★フィードバック数:0ビジネス

「内部通報が多い」100社ランキング

...し、それでも少しでも気になることを自由に発言できる環境を整備することで、本当の問題点があがってくる確率は高くなる。よりよい仕組みを目指して適切な利用を従業員と一緒に考えながら進めていくべきだろう。 トヨタやリコーが「脱炭素経営」の先陣を切る一方、日本の政府の対応は遅れている。二酸化炭素排出抑制の仕組み「カーボンプライシング」で、環境省と経済産業省が対立。覚悟が問われる。 ※3カ月以内に発刊した書籍の中から話題の書籍を紹介しています。...

2014年10月19日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

年代を区切った年収ランキングです。

「40歳年収が高い会社」トップ300

...業種分類ごとの賃金カーブを算出。その賃金カーブを各企業の平均年収と年齢に当てはめて試算。(データ出所:各社の有価証券報告書(2013年6月期~2014年5月期)、厚生労働省「平成25年賃金構造基本調査」を基に東洋経済が作成。 トヨタやリコーが「脱炭素経営」の先陣を切る一方、日本の政府の対応は遅れている。二酸化炭素排出抑制の仕組み「カーボンプライシング」で、環境省と経済産業省が対立。覚悟が問われる。 ※3カ月以内に発刊した書籍の中から話題の書籍を紹介しています。...

2014年4月30日岩手県フィードバック数:0ライフスタイル

平成23年度における県内のごみ排出量(速報値)年間実績

...,347トン生活系ごみ排出量:23,056トン事業系ごみ排出量:11,291トン平成24年1月ごみ総排出量:31,093トン生活系ごみ排出量:21,373トン事業系ごみ排出量:9,719トン平成24年2月ごみ総排出量:26,436トン生活系ごみ排出量:17,453トン事業系ごみ排出量:8,983トン平成24年3月ごみ総排出量:32,838トン生活系ごみ排出量:21,862トン事業系ごみ排出量:10,976トンごみの排出抑制と3Rに御協力をお願いします。私たちの「暮らし」と「ごみ」は密...

2011年12月19日リコー★フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

リコーがエネルギー分野のレポートを発行しました。

需要側を取り込む新しいエネルギー・システムへの展望

...を満たすよう供給サイドで発電施設の整備等を行う」というのが基本的な考え方であった。しかし、以下に述べるように、需要サイドにおいて電力やエネルギーの消費のあり方を変え、節電を実現していくことは、供給サイドの増強を図ることと、電力需給の調整においては同等の意味合いがある。なお節電については、ピークカットの観点から最大電力(kW)が注目されることが多いが、CO2排出抑制の点からは電力量(kWh)の節電が重要である。日本のCO2排出量をセクター別にみてみると、2009 年度において、1990 年対比、業務その他部門(デパート、ホテル、オフィスビル、病院...

2014年3月25日日本政策金融公庫フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

農業経営での再生可能エネルギーに高い期待 2割が導入済・検討中、6割が関心示す-日本公庫・平成25年下半期農業景況調査-

...%、水力 23.8%)、バイオマスでは養豚(58.7%)、ブロイラー(57.1%)、酪農(55.0%)、採卵鶏(53.4%)、肉用牛(41.1%)といった家畜排せつ物が発生する畜産業種に加え、廃菌床が発生するきのこ(33.3%)で高い回答となった。燃油や電気などの光熱費が高止まりする中、CO2の排出抑制といった地球環境の観点だけではなく、農業経営で利用できる安定的なエネルギー源の確保の面からも、再生可能エネルギーの推進は重要です。日本公庫ではスーパーL資金などの融資を通じて、農業...

2015年4月1日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(ASSET)第1期(2012年度採択・2013年度排出削減実施)の排出削減実績と取引結果

...ホーム報道・広報報道発表資料先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(ASSET)第1期(2012年度採択・2013年度排出削減実施)の排出削減実績と取引結果について (お知らせ) 先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(ASSET)第1期(2012年度採択・2013年度排出削減実施)の排出削減実績と取引結果について (お知らせ)環境省では、業務部門・産業部門における温室効果ガス排出量の大幅削減のため、事業場・工場を対象に、エネルギー起源二酸化炭素排出抑制...

エネルギーコスト負担の軽減に向けた取組みに関するアンケート

...長会社、資源・エネルギー対策委員会委員会社・団体(2) 送付総数: 197 社・団体(3) 回答総数: 55 社・団体(回収率:28%)(4) 調査期間: 2014 年9月1日~9月 16 日(5) 回答方法: 自由記述Ⅱ.結果(概要)1.補助金(1)エネルギー使用合理化等事業者支援補助金【41 社・団体】(2)定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業費補助金【3社・団体】(3)二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金【3社・団体】(4)分散型電源導入促進事業費補助金【3社・団体】(5)その他【18 社・団体...

2014年8月29日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のレポートです。

平成25年度オゾン層等の監視結果に関する年次報告書

...クロロエタンの大気中濃度は、次第に変動幅が小さくなるとともに、北海道における大気中濃度とほとんど変わらなくなってきている。変動幅の縮小や濃度の低下には、日本における生産の全廃及び排出抑制等が進んだ結果が反映されていると考えられる。一方で、HCFC及びHFCは頻繁に高い濃度で検出されているが、このことは、これらの物質は現在も多方面で利用されていることや、過去に製造・充填された機器装置等から大気中に放出されていることが反映されていると考えられる。○ CFCの生産と消費は、モントリオール議定書に基づいて先進国では1995年末...

2014年8月21日日本総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

【新エネルギー基本計画検証シリーズ No.4】節電をわが国成長のバネに-民生部門の節電投資と産業構造の転換が鍵

...Research Focushttp://www.jri.co.jp≪新エネルギー基本計画検証シリーズ No.4≫2014 年 8 月 21 日No.2014-027節電をわが国成長のバネに―民生部門の節電投資と産業構造の転換が鍵―調査部 主任研究員 藤波 匠《要 点》現在全基が停止している原発は、安全性が確認されたものから順次再稼働することになってはいるものの、震災前の水準まで発電量を高めることは期待できない。加えて、CO2 排出抑制、省エネ技術の蓄積、産業構造の転換、エネ...

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度資源循環型推進調査費「国際循環システム対策費-タイチョンブリ県における循環型経済の発展に向けた協力事業に係る支援

... 14 日に合意された。 協力プログラムにおける環境配慮型工業団地の整備の目的及び協力の内容は、 以下の通りであ る。 【目的】 1. リサイクルや環境関連技術を活用した当該工業団地における原材料や燃料等の使用効 率の向上による天然資源保全の向上 2. 当該工業団地における固形廃棄物の排出抑制やこれらを通じた埋立処分場の使用抑制 や長寿命化、特に、有害廃棄物の排出抑制等を通じた環境リスクの低減 3. 当該工業団地における固形廃棄物管理の強化 4. タイにおけるリサイクルや環境関連技術の向上、特に...

アルミニウム技術戦略ロードマップ(2014)

...領域へのアルミニウム材料の用途開発を推進する。ライフサイクルアセスメント(LCA)の見地からは、日本アルミニウム協会の環境自主行動計画報告書に記載されているように、アルミニウム材料の製造段階でのCO2排出量に比較して、アルミニウム材料を使用した車体の軽量化による走行時のCO2削減量の方が数倍大きく、アルミニウム材料の需要拡大は社会全体のCO2排出抑制に大きく貢献できる。- 4 -(3) 人材育成の強化アルミニウムは日常生活に欠かせない金属材料であるが、大学教育の変化、学問の多様化に伴い、ものづくりの基本である製造プロセス研究が衰退し、金属...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度産業公害防止対策調査事業,九州地域におけるオフロード法による自動車排出ガスの提言対策推進に係る調査

...を走行しない特殊な構造の作業車例 ナンバーのない建設機械、農業機械、輸送・産業用機械等、原動機のエンジン定格出力が19kW以上から560kW未満のものオフロード車の排気ガス規制メーカー技術基準に適合した車両の製造使用者排出ガスの排出抑制に必要な措置を実施メーカーが、技術基準(排出ガス排出基準)に適合したエンジン・車両を開発製造し、使用者がそれを適切に管理・運用する事によって、オフロード車の排出ガスによる大気汚染を抑制する。2006年基準から、技術基準はさらに引き上げられ、2011年基準適合車は、原動...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度化学物質安全確保・国際規制対策推進等 (冷媒管理体制実証モデル事業(実証モデル事業運営検討調査))報告書

...ン回収破壊法に基づく機器廃棄時の冷媒回収率が約3割程度と低位水準に止まっている。そのため、経済産業省では産業構造審議会化学・バイオ部会地球温暖化防止対策小委員会において冷媒対策を重点においた HFC 等の排出抑制対策を検討し、平成23年2月における中間論点整理では、業務用冷凍空調機器の冷媒の使用時排出の抑制と廃棄時回収の強化を推し進めるために、世界最高水準の冷媒管理の仕組みを構築するための以下の実証モデル事業を実施することを取りまとめた。・ユーザー、メーカー、設備業者の3者及び行政等が密接に連携協力して実施・数千...

再生可能エネルギーの利用にあたっての様々な課題について

...可能エネルギーの利用と課題について2.再生可能エネルギーとは(1)発電利用する再生可能エネルギー 再生可能エネルギー導入の大部分を占めている太陽光発電は日中しか発電せず、またその日の天候に大きく左 再生可能エネルギーによる発電は、エネルギー需給率右されるため出力変動が大きく、人為的に出力をコント向上や CO2排出抑制のため大規模な水力・地熱・太陽光・ロールできない。そして他の再生可能エネルギー発電に風力発電所を電気事業者が設置し、再生可能エネルギー比べ稼働率が低い。源である水、地熱、太陽光、風力、バイオマスを利用し 電気...

2014年8月1日中央調査社★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エシカル消費についての調査です。

日本における倫理的消費の現状 -日本消費者調査の結果から-

...ポイント制度」を開始した。温室効果ガスの排出抑制とエネルギー利用の効率化と並んで、停滞する日本経済へのてこ入れが大きな目的であった。エコポイントはある種の値引きクーポンシステムで、消費者に環境にやさしい家電製品の購入を促すものである。経済目標の達成という観点では、エコポイント制度は経済が不安定な時代に十分に成功したと評価できる。実際、エコポイントは約5兆円経済効果をもたらし、これは投入した予算の約7倍の効果であった。関係各省によれば、この効果は一定期間持続し、1年に32万人程度の雇用を創出した(環境省・経済...

2014年4月22日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査(バイオマス・廃棄物による発電利用及び熱利用の導入実績調査)報告書

...廃棄物ここでは、製材工場や木材加工場で発生する製材廃材を活用したエネルギー利用を対象とする。基本的には自社の廃棄物排出抑制と、木材乾燥や木材加工に必要となる熱原・動力としての利用である。推計方法は前述と同様である。表 1-13 製材廃棄物由来のバイオマス・廃棄物エネルギー利用バイオマス化石由来廃棄物合計発電容量(万 kW)5.4発電導入量(万 kL)6.3熱利用導入量(万 kL)37.600-5.46.337.6⑥発電事業ここでは、バイオマスを原料とした発電事業(電力販売を主目的とした事業)における、バイ...

2013年5月15日経済産業省フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

平成24年度新エネルギー等導入促進基礎調査(バイオマス・廃棄物による発電利用及び熱利用の導入実績調査)報告書

...オマス化石由来廃棄物合計バガス由来のバイオマス・廃棄物エネルギー利用発電容量(万 kW)2.1発電導入量(万 kL)0.7熱利用導入量(万 kL)4.300-2.10.74.3⑤製材廃棄物ここでは、製材工場や木材加工場で発生する製材廃材を活用したエネルギー利用を対象とする。基本的には自社の廃棄物排出抑制と、木材乾燥や木材加工に必要となる熱原・動力としての利用である。推計方法は前述と同様である。表 1-13バイオマス化石由来廃棄物合計製材廃棄物由来のバイオマス・廃棄物エネルギー利用発電容量(万 kW)5.5発電導入量(万 kL)4.9熱利...

2014年8月31日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度中小企業等環境問題対策調査等委託費(欧州における廃棄物処理・リサイクル政策等調査事業)報告書

...廃棄物指令制定 埋立指令制定 焼却指令制定 廃棄物枠組指令改正これらの議論は、2005 年 に 欧 州 委 員 会 (EUropean Commission)による「資源の 持続的利用を進める:廃棄物の排出抑制・再生利用に関する戦略(Taking sustainablEUses of resources forward: A Thematic Strategy on the prevention and recycling of waste)」と「持続 可能な天然資源利用に関する戦略 (Thematic...

2013年6月21日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度京都メカニズム推進基盤整備事業(CDM・JIの運用に係る国際的枠組に関する調査)

...登録済みである。 ③ EB65 で停止処分となった ACM0013「GHG 排出抑制技術を用いる系統接続化石燃料 火力発電の建設と創業」が、EB69 において改訂案が採択された。 ④ 持続可能な発展の副次的便益に係る自主的ツールが承認された。 ⑤ 「CDM 登録簿における自主的取消講座開設の手順」が採択された。 以下、プロジェクト、プログラム CDM、方法論、認定、クレジット市場分析の順に述べ るとともに、最後に、CDM 理事会の審査体制のあり方、審査手続きの効率化、改善の方向 性についてまとめる。12013 年 1 月現...

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度温暖化対策基盤整備関連調査委託費(産業界の自主的取組による将来の排出削減効果調査等事業)

...素社会実行計画により見込まれる排出見通しを作成してモデル分析に反映した。以上のように DNE21+モデルによる評価を行った後、その結果を DEARS モデルに反映した上で、経済影響等の分析を行った。なお、両モデルの前提とするマクロフレーム(日本の人口及びベースライン(特段の温暖化排出抑制を考慮しないケース)における経済成長率(実質)は、内閣府「中長期の経済財政に関する試算」(平成 27 年 2 月 12 日)の「経済再生ケース」(図 1-2)にあわせ、表 1-1 のように想定している。図 1-2 経済成長率(実質)の見通し出所:内閣府「中長...

2015年3月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度化学物質安全確保・国際規制対策推進等(改正フロン法施行に向けたフロン類及びフロン類使用製品の冷媒転換等に関する調査)

...ン層保護対策の観点でモントリオール議定書の対象物質となり、生産・消費規制が実施されている。その結果、排出量は着実に削減されている。特定フロンの代替物質として、オゾン層破壊効果の無い HFC(ハイドロフルオロカーボン)、PFC(パーフルオロカーボン)、SF6(六フッ化硫黄)といった代替フロンへの転換が進んでいる。しかし、これらの物質も温室効果を持っているため、京都議定書の削減対象物質に定められており、特定フロンのような生産・消費規制がないものの大気中への放出を抑制する必要がある。産業界の自主的な取組を中心として排出抑制策が取られたことにより、代替...

2014年8月31日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度地球温暖化問題等対策調査(地球温暖化問題を巡る国際動向調査(気候変動枠組条約(UNFCCC)))調査報告書

... 教授2009 年以降、国際的な取り組みは失敗しているが、相互協調的な国内対策(concerted domesticaction)により、排出抑制の取り組みが進展している。ただし、欧州の排出権価格の崩壊など、取り組みが危機を迎えつつある。この状況を脱するには、独立した専門家のアセスメントのガイダンス4の下で、2020 年から 2050 年までの各国の目標を定めるべきプレゼンテーション② GLOBE International の Matthews 氏33 か国...

中国の動向です。

中国:石油・天然ガス消費鈍化の要因と今後の見通し

...ら 2020 年までのエネルギー消費・排出抑制やインフラ整備に関する目標が示された(表 2)。エネルギー発展戦略行動計画では 2020 年に水力・風力・原子力などの非化石エネルギーが一次エネルギーに占める比率を 15%とする目標を設定しているが、「統計公報」によると 2014 年は 11.2%で前年の 9.8%から順調に伸びている。天然ガスは環境政策において利用を拡大する位置付けだが非化石エネルギーとの競合にさらされている。このように中国におけるエネルギー消費は経済減速、エネルギー効率向上、環境...

2013年7月5日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度環境問題対策調査等委託費(フロンガスの分布及び回収・破壊方法に関する国際調査事業)

... ecovery)*今回の調査の範囲◎破 壊 (D estruction)**H FC○排出抑制という観点から対象詳細化C FC ・H FCH C FC冷媒としての輸入(im port)●冷媒としての生産(Production)●生産時の排出(E m ission)消費(C onsum ption)○初期充填(M anufacturing)●初期充填時の排出(E m ission)○修理等による充填(Servicing)●修理時の未回収=大気放出(E m ission)現状の活動※1修理...

2030年まで、国内外で2005年比の25~30%のCO2削減を

...う具合に互いに進化を重ねていく。論者の担当したことで言えば、オゾン層を守るフロンの生産規制や排出抑制対策がまさしく一つの好例である。そこで課題となるのは、2015 年末にパリ(ブールジュ)で開かれる国連気候変動枠組条約の第 21 回会議(COP21)において国際社会は何を獲得するかである。京都議定書のカバーする先の 2020 年代の、新興国や途上国を含む世界全体の地球温暖化対策に関する新ルールが取りまとめられる予定となっている。日本は、原子力発電所の停止と、エネルギー政策の根幹の不透明などのハンデがあって、これまでのところ、国際...

2013年10月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(各国における省エネルギー管理制度調査事業)報告書

...温暖化対策課民間団体シェアードESCO事業の場合は共同申請二酸化炭素排出抑制対策事業(地方公共団体率先対策補助事業のうち対策技術率先導入事業)環境省地球環境局/地球温暖化対策課地方公共団体業務部門二酸化炭素削減モデル事業環境省地球環境局/地球温暖化対策課(18~19年度)ホテルチェーン、ファーストフード、テナントビル、ボランタリーチェーン(出所)ESCO 推進協議会51998~2000 年は、「先導的エネルギー使用合理化設備導入モデル事業」という名称を使用。10⑥改正省エネ法2003 年の改正省エネ法では、第 1 種エ...

2014年5月21日国立国会図書館フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

廃棄物発電の現状と課題

....or.jp/archive/publish/bousai/jiho/pdf/no_206/206.pdf>⑹ 具体的には、金属面の温度が 320℃以上になると腐食が発生しやすくなる。(タクマ環境技術研究会編『ごみ焼却技術 絵とき基本用語(改訂 3 版)』オーム社, 2011, pp.172-173.)42レファレンス 2014. 5廃棄物発電の現状と課題排出抑制、焼却灰の減量化といった課題を解決なって、焼却技術等の向上で蒸気の高温化が進するため、廃棄物発電技術の開発が行われていみ、300℃を超...

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度新エネルギー等導入促進基礎調査(バイオマス・廃棄物による発電利用及び熱利用の導入実績調査)報告書

...はバガス処理量の影響や生産量に影響しているものと考えられる。表 2-8 バガス由来のバイオマス・廃棄物エネルギー利用合計うち廃棄物 うちバイオマス2.32.3発電容量(万 kW)0.80.8発電導入量(万 kL)5.65.6熱利用導入量(万 kL)⑤製材廃棄物ここでは、製材工場や木材加工場で発生する製材廃材を活用したエネルギー利用を対象とする。基本的には自社の廃棄物排出抑制と、木材乾燥や木材加工に必要となる熱原・動力としての利用である。推計方法は前述と同様である。表 2-9 製材廃棄物由来のバイオマス・廃棄物エネルギー利用合計うち廃棄物 うちバイオマス6...

2013年10月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度地球温暖化問題等対策調査(温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度効率化検討事業)報告書

... サイクルを通じた取組の推進が期待されている。もう1つは情報の公表・可視化による国民・事業者全般の自主的取組の促進・気運の醸成であり、排出者によって算定・把握された排出量を国が一定のルールで集計・公表することにより、①排出者による自らの排出や対策の状況の認識、更なる対策の必要性・進捗状況の把握、及び②各主体からの排出状況を可視化することによる国民各界各層の排出抑制に向けた気運の醸成・理解の促進、をそれぞれ進展することが期待されている。算定制度では、一定...

2013年8月27日日本総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

【中国エネルギー研究シリーズ No.2】中国のエネルギー需要構造変化とわが国エネルギー戦略 No.2-中国におけるエネルギー需要の将来推計

...や看過すべきではない。成長鈍化を一つの好機と捉え、企業はもちろん、家庭部門も含め幅広い経済主体に、省エネへの意識改革を根付かせることが必要であろう。同時に、PM2.5 に代表される大気汚染対策や CO2 排出抑制などにまで視野を広げた、幅広い意味での資源やエネルギーのクリーンで効率的な利用は、中国政府の最重要課題の一つとなっている。環境・エネルギーの分野で、優れた技術を有するわが国企業の技術に対する注目度は以前にも増して高まってくることが予想される。124.おわりに中国は、高度...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度エネルギー消費調査「エネルギー消費統計の集計及び利用分析に係る調査研究」

...果を取りまとめたものである。産業部門、業務部門のエネルギー消費実態に関する統計調査については、エネルギー多消費製造業を対象にした「石油等消費動態統計」のみが整備されている状況であり、非製造業、エネルギー多消費 9 業種以外の製造業・中小製造業及び業務部門(商業、サービス業等)に対するエネルギー消費実態に係る統計調査は存在していない。一方、総合エネルギー統計の精緻化や、さらなる省エネルギー対策、温室効果ガス排出抑制対策の推進のためにはエネルギー消費実態を精緻に把握、分析することが不可欠である。このようなことを背景に、資源...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成23年度国際石油需給体制等調査報告書(諸外国のエネルギー政策動向等に関する調査)-経済産業省資源エネルギー庁委託調査-

...型経済発展の基本計画を策定し、推進する。6、低炭素実験を着実に推進する。7、一級行政区の枠を越えた炭素排出権取引市場を徐々に形成する。8、二酸化炭素回収・貯蔵(CCS)を拡大する。9、気候変動対応能力を高める。10、引き続きキャパシティ・ビルディングを強化する。11、様々な分野で国際協力を進める。白書は、また、2011 年、中国政府は「12・5」計画期の省エネ・排出削減総合プランと温室効果ガス排出抑制プランを発表し、全面的に対策を施したと強調している。(7)市場改革・自由化政策● 【石油市場の規制の段階的緩和・撤廃...

2013年9月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度地球温暖化問題等対策調査(温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度の電子化に係る制度面での課題の整理及び類似制度等との連携の可能性調査)報告書

...排出者自ら排出量を算定することによる自主的取組のための基盤の確立であり、排出者自らが排出量を算定することにより、排出量の抑制対策を立案・実施し、その効果をチェックするという PDCA サイクルを通じた取組の推進が期待されている。もう1つは情報の公表・可視化による国民・事業者全般の自主的取組の促進・気運の醸成であり、排出者によって算定・把握された排出量を国が一定のルールで集計・公表することにより、①排出者による自らの排出や対策の状況の認識、更なる対策の必要性・進捗状況の把握、及び②各主体からの排出状況を可視化することによる国民各界各層の排出抑制に向けた気運の醸成・理解...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成23年度地球環境適応型・本邦技術活用型産業物流インフラ整備事業,円借款・民活インフラ案件形成等調査,インドネシア・ジャカルタ州都市廃棄物BOT事業実施可能性調査報告書(和文)

...ロジェクトの経済的内部収益率(EIRR)に考慮する項目として、(1)既存最終処分場の軽減効果、(2)既存最終処分場への運搬コスト削減効果及び、(3)地球温暖化ガスの排出抑制効果を考慮した結果、事業収支を含まないEIRRが6.68%という値が得られた。これは、インドネシアの長期国債金利を超えていることから、本プロジェクトは経済的にも有意義と判断した。③環境社会的側面の検討現在ジャカルタの廃棄物を受け入れているバンタルゲバン最終処分場周辺地域及びプロジェクトサイト(タンゲラン県ジャチワリンギ村周辺地域)における環境社会的な現状、プロ...

2014年4月22日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度エネルギー消費状況調査(エネルギー消費統計調査の集計及び利用分析に係る調査研究)

...果を取りまとめたものである。産業部門、業務部門のエネルギー消費実態に関する統計調査については、エネルギー多消費製造業を対象にした「石油等消費動態統計」のみが整備されている状況であり、非製造業、エネルギー多消費 9 業種以外の製造業・中小製造業及び業務部門(商業、サービス業等)に対するエネルギー消費実態に係る統計調査は存在していない。一方、総合エネルギー統計の精緻化や、さらなる省エネルギー対策、温室効果ガス排出抑制対策の推進のためにはエネルギー消費実態を精緻に把握、分析することが不可欠である。このような背景から、資源...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ