調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 揮発性有機化合物

「揮発性有機化合物」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年4月1日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度地下水質測定結果

...平成24年度地下水質測定結果について(お知らせ) 水質汚濁防止法(以下「水濁法」という。)第15条及び第16条に基づき、国、都道府県及び水濁法の事務を実施する市では、毎年度、地下水質の測定を実施しています。この度、環境省では、平成24年度におけるこれらの測定結果及び全国の地下水汚染事例における汚染原因・対策等の状況を把握するための調査の結果を取りまとめました。概要 全国的な地下水質の状況についてみると、VOC(揮発性有機化合物)が過去5年間に環境基準を超過した井戸がある市区町村は361で、全市...

2013年12月12日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

25年夏における光化学スモッグの発生状況

...月26日に区北部地域の荒川区南千住局で0.188ppm)2 健康被害状況 光化学スモッグによると思われる健康被害の届出者は2名であった(別表)。 東京都は、光化学スモッグの主要な原因となる揮発性有機化合物(VOC)の濃度を低減するため、今後も、光化学スモッグ注意報等の発令の多い6月から9月を中心に、「VOC対策セミナー」の開催や、区市や近隣県市と連携したVOC排出抑制策の啓発を行うなど、事業者の排出削減の取組への支援を引き続き行っていきます。また、光化学スモッグの一層の改善を図るため、光化...

2014年12月10日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

26年今夏における光化学スモッグの発生状況

....173ppmを記録した。(昨年の最高濃度は、8月10日に多摩北部地域の武蔵野市関前局と多摩中部地域の小金井市本町局で、最高濃度0.197ppm)2 健康被害状況 光化学スモッグによると思われる健康被害の届出者はなかった(別表)。 東京都は、光化学スモッグの主要な原因となる揮発性有機化合物(VOC)の濃度を低減するため、今後も、光化学スモッグ注意報等の発令の多い6月から9月を中心に、「VOC対策セミナー」の開催や、区市や近隣県市と連携したVOC排出抑制策の啓発を行うなど、事業...

2015年6月7日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境測定分析統一精度管理調査に関する平成26年度調査結果の取りまとめ

...調査結果の概要 平成26年度は、下記の項目について調査を実施しました。 (1)基本精度管理調査の調査項目・模擬水質試料:COD、全窒素、全燐、TOC及びpH (2)高等精度管理調査の調査項目・模擬水質試料:ノニルフェノール、4-t-オクチルフェノール、LAS(直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩)・大気試料:揮発性有機化合物(詳細項目:ベンゼン、塩化メチル、トルエン、参照項目:トリクロロエチレン等の有害大気汚染物質(優先取組物質)8項目及びエチルベンゼン等の有害大気汚染物質等(優先取組物質以外)32項目...

車両用塗装関連技術、特許総合力トップ3は関西ペイント、日本ペイント、BASF COATINGS(ドイツ)

...車両用塗装関連技術、特許総合力トップ3は関西ペイント、日本ペイント、BASF COATINGS(ドイツ) 弊社はこのほど、日本に出願された車両用塗装関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。 自動車製造における塗装プロセスは非常に長い工程からなり、またVOC(揮発性有機化合物)の排出が多いことから、コスト面、環境面から改善が求められています。近年ではさまざまな企業からこれらの課題を克服する技術が提案されています。本調...

2013年8月12日東京都★フィードバック数:0社会/政治

東京都の調査です。

平成24年度大気汚染状況の測定結果

...は依然として高い水準にあります(図4、表3)。このため都は、光化学オキシダント等の原因となる揮発性有機化合物(VOC)の排出削減対策に引き続き取り組んでいきます。 4 微小粒子状物質(PM2.5)について(1) 都の常時監視体制平成21年9月にPM2.5の環境基準が設定されたことから、都では、22年度から3か年間で順次、PM2.5の常時監視体制の拡充を進めてきました。平成24年度は22年度及び23年度に設置した55局(一般局31局(八王子市設置の2局を含む)、自排局24局)で測定を行いました。(2) 平成24年度...

2013年3月24日(個人)フィードバック数:1706ライフスタイル

PM2.5の大気汚染情報まとめ

...ロッパのような石炭による公害を経験しませんでした。日本の大気汚染の歴史は近代化を目標に殖産興業政策が推進された明治時代初期からです。注意報でお馴染みの光化学スモッグ工場や自動車から排出される窒素酸化物、炭化水素、揮発性有機化合物などの汚染物質が、太陽からの紫外線により光化学反応を起こし、二次的に生成される酸化性の物質の総称を「光化学オキシダント」といいます。主要成分はオゾンですが、その他の物質も存在します。上空にあるオゾン層は、紫外線を吸収して生命を守ってくれています。光化学オキシダントによる大気汚染は光化学スモッグと呼ばれ、世界的には1940...

2013年8月9日東京都フィードバック数:0社会/政治

都民の化学物質等ばく露状況

...-TEQ/kg・bw/dayとなり、耐容一日摂取量(4pg-TEQ/kg・bw/day)を下回った。前年度調査に続き、PCBなどの化学物質が微量検出された。4 流通魚介類からのPCBの検出値は暫定的規制値を下回った。流通魚介類のPCBの検出値は、すべて暫定的規制値(遠洋沖合魚介類0.5ppm、内海内湾魚介類3ppm)を下回った。有機スズ化合物※4(TBT、TPT)の平均値は、前年度と同様に微量であった。有機塩素系農薬であるドリン類及びクロルデン類については、一部が微量検出された。5 室内空気中の揮発性有機化合物...

2014年12月28日香川県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度 大気汚染調査・水質測定結果の概況

...で継続的な監視を行ったところ、14地点で環境基準を超過しました。環境基準を超過した項目ごとにみると、排水基準が設定される以前の事業場排水が原因と考えられるテトラクロロエチレンなど揮発性有機化合物が4地点(前年度4地点)、施肥や家畜排せつ物等が汚染原因と考えられる硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素が8地点(前年度8地点)、主に自然的要因によるものと考えられるふっ素が2地点(前年度3地点)、ほう素が1地点(前年度1地点)でした。なお、当該井戸は飲用には使用されていませんでした。3 対策地下水の水質保全のため、水質汚濁防止法等に基づき、工場...

2015年2月5日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年光化学大気汚染の概要-注意報等発令状況、被害届出状況-

...26年の光化学大気汚染によると思われる被害の届出は、6月1日の大阪府(7人)、7月16日の栃木県(26人)の2件(2府県、33人)で、平成25年(3都県、78人)に比べ減少し、調査を開始した昭和45年以降、最も少なくなりました。(表1、表3及び図1参照) 届出のあった被害はともに、中学校のクラブ活動時に発生しています。被害症状は、目がチカチカする、咳が出る、のどが痛いなどでした。3.今後の対策  光化学オキシダントの主な原因物質は窒素酸化物(NOX)と揮発性有機化合物(VOC)であり、これ...

2014年6月10日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度化学物質安全対策室内空気中の準揮発性有機化合物の定量的評価と個人暴露量推定に関する調査

...平成 25 年度化学物質安全対策 室内空気中の準揮発性有機化合物の定量的評価と個人暴露量推定に関する調査平成 26 年 3 月 7 日 成蹊大学理工学部室内空気中の準揮発性有機化合物の定量的評価と個人曝露量推定に関する調査 緒言 室内空気中に存在する揮発性有機化合物(VOCs)は、シックハウス症候群などの健 康影響を引き起こす原因となることから、 13 物質について室内空気濃度指針値が示され るなど様々な対策が講じられている。しかし、VOCs の中でも高分子量、高沸点であり 蒸気圧が非常に低い準揮発性有機化合物...

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度化学物質安全対策(消費者製品からの準揮発性有機化合物の放散量測定法の開発と個人暴露量推定に関する調査)調査報告書

...平成 26 年度経済産業省委託平成 26 年度化学物質安全対策「消費者製品からの準揮発性有機化合物の放散量測定法の開発と個人暴露量推定に関する調査」調査報告書平成 27 年 3 月 6 日成蹊大学理工学部物質生命理工学科消費者製品からの準揮発性有機化合物の放散量測定法の開発と個人暴露量推定に関する調査1. 緒言空気中に存在する有機化合物のうち、比較的沸点が高く(240C~400C)蒸気圧が低い化合物は、準揮発性有機化合物(Semi volatile organic compounds...

2014年7月6日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

北京の大気汚染の現状と原因分析(その2)

...均の寄与率はそれぞれ36%、20%、16%、15%、6%、また、その他の非特定排出源の寄与率は7%で、図4に示す通りである。 二次無機塩の寄与率が最も高く、36%であった。主な存在形態は硫酸アンモニウム、硝酸アンモニウムであり、その前駆体であるSO2、NOX、NH3が大気中で化学反応を起こし生成された二次生成粒子がPM2.5に寄与している。二次無機塩の寄与率36%のうち、二次硝酸塩の寄与率が16%、二次硫酸塩の寄与率が20%であった 有機化合物(OM)の寄与率は20%で、ここには直接大気中に放出される一次生成有機粒子や揮発性有機化合物...

2015年5月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度化学物質安全対策(消費者製品に含有されるSVOCの経皮経路の暴露評価に関する調査)調査報告書

...吸収の寄与についても定量的に評価することが必要である。特に、消費者製品において可塑剤や難燃剤等の添加剤または殺虫剤等として使用されている準揮発性有機化合物(SVOC)は、揮発性の低さによる吸着性の高さから、製品使用時に直接、皮膚へ吸着、もしくは気中に放散し、ハウスダストなどへ吸着してから皮膚に付着し、経皮経路で暴露する可能性が高いと考えられる。さらに SVOC は脂溶性の高さから、体内に吸収されやすく、影響発現も強い可能性がある。そのため、消費者製品に含まれる SVOCの経皮経路の暴露評価は重要な課題といえる。SVOC に関しては、簡易...

2015年5月14日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のまとめです。

平成25年度 大気汚染状況について(一般環境大気測定局、自動車排出ガス測定局の測定結果報告)

...進捗状況に応じて追加的な対策を検討することとしています。 光化学オキシダントについては、原因物質である窒素酸化物や揮発性有機化合物の排出抑制対策を進めてきており、近年、関東地域等において、高濃度域の光化学オキシダント濃度の低下傾向が見られています。光化学オキシダントは、微小粒子状物質対策と共通する課題が多いことから、PM2.5の排出抑制対策の検討と併せて有効な対策の検討を進めています。 国際的には、第17回日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM17)の合意に基づき、三カ国の政策対話の下、対策に関する科学的な研究、大気のモニタリング技術及び予測手法、に関...

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度資源循環型推進調査費「国際循環システム対策費-タイチョンブリ県における循環型経済の発展に向けた協力事業に係る支援

...いては環境ビジネスチャンスとなり得ると考えられる。 図表 6 省エネルギーの対象分野(複数回答、件数)冷房 照明 組立・加工設備 受発電設備 熱回収・利用 燃焼設備 0 2 4 6 8 10 12 3 11 14 14 16 5 12 122)大気汚染防止 大気汚染防止の環境ビジネスニーズにおいては、大気汚染物質ごとに把握を行った。この 結果、粉塵除去が最も多く 19 件、次いで VOC(揮発性有機化合物)対策が 10 件となった。 こちらも省エネルギー機器と同様に、アマタナコーン工業団地は熱加工処理を実施してい る工場が多く立地しており、排気...

2015年5月8日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度大水深海底鉱山保安対策調査(大水深海底環境影響検討調査)

... Compounds:揮発性有機化合物WBFWater-based drilling fluids:水を基材とした掘削流体WBMWater-based drilling Muds:水を基材とした掘削泥水事業目的欧米諸国に加え、ブラジル、アフリカ等の海域でも、水深 1,000m を超える大水深海底下の石油及び可燃性天然ガスの生産が開始されている中、日本の海洋石油開発に関しては、これまで豊かな水産資源との調和を図りながら比較的沿岸に近い浅海域(大陸棚)を中心に開発が行われてきたが、石油・可燃...

2015年2月8日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

Japan's Environmental Policy 日本の環境政策(改訂版)

... (VOCs) started in 2006(注33). 規制は必要に応じて変更又は追加される。たとえば、2006年には揮発性有機化合物の新しい規制が始まった。3-3 Compensation for Health Damages Caused by Air Pollution 大気汚染による健康被害の補償Since many factories and automobiles caused air pollution, it was difficult to decide the amount...

2015年5月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度化学物質安全対策「普及型チャンバー法によるナノ材料含有製品の曝露評価法の開発」調査報告書

...環切替え流路を設置したチャンバー背面の改造図 3.4 新設した集約測定ポート日本工業規格 (JIS) に制定されている従来のチャンバー法 2) は、シックハウス症候群の原因となる揮発性有機化合物 (Volatile Organic Compounds ;VOC) やホルムアルデヒド、およびカルボニル化合物などの放散濃度の測6定方法として用いられる。また、この方法は家具、電気・電子機器等から放散する化学物質の測定にも利用される 3) 。これらの測定方法は、チャンバーに捕集管を接続し、チャ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ