「教育格差」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

?大学受験生の83.6%が「都会と地方で教育格差を感じる」

...​大学受験生の83.6%が「都会と地方で教育格差を感じる」 家庭教師メガスタディオンライン調べ 株式会社シンドバッド・インターナショナル(本社:東京都新宿区)が運営する『家庭教師メガスタディオンライン』は、全国の大学受験生(高校生)とその保護者を中心に「首都圏と地方の教育格差についての意識調査」を実施したところ、83.6%が「都会と地方で格差を感じる」と回答したことが明らかになった。 ◆調査概要●調査期間:2018/3/1~4/30●サンプル数:大学受験生本人が79件、保護者が92件、合計...

東日本大震災の被災家庭2,338件へのアンケート調査

...【ニュースリリース】東日本大震災の被災家庭2,338件へのアンケート調査を実施 —被災地の「子どもの貧困」「教育格差」の実態が浮き彫りに ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━東日本大震災の被災家庭2,338件へのアンケート調査を実施被災地の「子どもの貧困」「教育格差」の実態が浮き彫りに「年収250万円未満の世帯が、東日本大震災前後で約8%増加」「経済的な理由で塾・習い事に通えない子どもが約68%」 ~2月23日(月)・東京都内で「被災...

2016年11月1日マイクロソフトフィードバック数:0社会/政治

教育 ICT リサーチ 2016

...ホワイトペーパー82 % の自治体が 3 年以内に 共有端末ステージに!実現が求められる「教育の情報化ビジョン」2020 年度に向けた文部科学省の「教育の情報化ビジョン」では、すべての学校で 1 人 1 台の情報端末を活用した学習を推進することが求められています。しかし、ICT 環境の整備は地域や学校によるバラつきが多く、このままでは ICT の整備状況が教育格差につながりかねないとの懸念もあります。この教育格差を生じさせないためにも、現時点の地域や学校における ICT の整...

2014年4月1日第一生命保険フィードバック数:0ライフスタイル

「土曜授業」復活への期待

...WATCHING①研究開発室「土曜授業」復活への期待的場 康子<「土曜授業」復活の経緯>多くの人にとって新しい生活の始まりである4月。教育分野でも新しい動きが始まりそうだ。「土曜授業」の復活である。土曜日を休みとする「学校週5日制」は1992年9月から月1回(第2土曜日休業)、1995年度から月2回(第2、第4土曜日休業)と段階的に実施され、2002年度から全ての公立学校で毎週土曜日を休業とする「完全学校週5日制」が導入された。この間に、いわゆる「ゆとり教育」による学力や学習意欲の低下、教育格差...

2015年9月30日神奈川大学フィードバック数:0社会/政治

奨学金と給費生制度に関する意識調査2015

...金制度に関する情報不足を感じる」高校生・大学生の3人に2人≫ 地方創生枠奨学金の創設「知っている」高校生・大学生のわずか1割半≫ 貸与型奨学金「卒業後の返済に不安」 奨学金利用予定の高校生の9割≫ 「給付型奨学金を望む声」高校生・大学生の7割強≫ 「給費生制度を知っている」高校生・大学生の4人に1人にとどまる≫ 過半数の大学生が「給費生試験に挑戦したかった」と回答≫ 「給費生制度は経済格差による教育格差を縮める」高校生・大学生の7割が同意≫ 「給費生制度は社会貢献意識の高い人材を育てると思う」高校生・大学生の3人に2人≫ 「給費...

2016年10月26日UZUZフィードバック数:0キャリアとスキル

就職活動の経験に関する調査

...会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施2.調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、20~27歳の男女(全国)3.有効回答数:321~462人4.調査実施日:2016年10月17日~18日▼会社概要株式会社UZUZは「新卒至上主義」の日本において、既卒・第二新卒に特化した求人紹介&就活サポートを行うベンチャー企業です。3年で3割の若者が仕事を辞めてしまう日本。このような状況は「就活情報格差」「キャリア教育格差」「仕事の理解度格差」という3つの格差から生じていると、私た...

2016年9月11日リクルート★フィードバック数:0キャリアとスキル

認知診断モデルによる学力分析で学習量と習得率に相関性あり

...日~10月15日■慶應義塾大学 星野崇宏教授との共同研究概要 ・目的:認知診断モデルを用いた効率的かつ個人の得手不得手を考慮した教育法の研究と、行動経済学的な知見から学習を促進するシステムや仕組みづくりの研究 ・開始時期:2016年4月1日~慶應義塾大学 星野崇宏教授のコメントスタディサプリの利点は教材の質だけでなく学習履歴を蓄積し、その子にあった効率的な学習の仕方を提示したり、やる気にする仕組みを組み込めることです。今後当サービスと連携して学術的な研究を進め、良質でアクセスしやすいシステム作りに寄与し地域間や世帯間の教育格差...

第101回 「学習基本調査」の結果を教育現場はどう読み解くのか ~「学ぶ意味と主体性」シンポジウムからみえてきた課題~

...画像をクリックすると拡大します。*表は、複数の回答があった内容を中心にまとめている。成果として挙げられたキーワードはかなり様々であったが、比較的多かったのは、調査の結果も受けて「学習時間の増加」など、学校の学力向上の意識改革とともに子どもたちが以前より学びに向かうようになったことであった。他方、課題については、①学校の負担増や教員の指導力低下など学校・教員に関すること、②主体性の育成や知識以外のスキルや資質・能力の育成に関すること、そして、③教育格差、が多く挙げられていた。調査の結果に照らしてキーワードをみていくと、学習...

2017年1月3日UZUZフィードバック数:0大型消費/投資

第二新卒・既卒の20代に聞いた冬のボーナスに関する意識調査

...情報格差」「キャリア教育格差」「仕事の理解度格差」という3つの格差から生じていると、私たちは考えています。この3つの格差をなくしていくために、オーダーメイド型の就活サポート、研修型就活サポート「ウズウズカレッジ」などのサービスを提供し、「就活」「キャリア」「仕事」に関する情報を丁寧に伝えています。商号: 株式会社UZUZ代表者 : 代表取締役社長 今村 邦之所在地 : 〒160-0023 東京都新宿区西新宿3丁目11-20オフィススクエアビル新宿4階設立: 2012年2月事業内容: 若手人材(既卒・第二...

2017年2月8日UZUZフィードバック数:0キャリアとスキル

第二新卒・既卒の20代に聞いた残業に関する意識調査

...に相違がないか様々な情報源をチェックしている人が多いのかもしれません。【会社概要】新卒至上主義という価値観を壊す!既卒・第二新卒専門の就活サポートカンパニー株式会社UZUZ(ウズウズ)UZUZは「新卒至上主義」の日本において、既卒・第二新卒に特化した求人紹介&就活サポートを行うベンチャー企業です。3年で3割の若者が仕事を辞めてしまう日本。このような状況は「就活情報格差」「キャリア教育格差」「仕事の理解度格差」という3つの格差から生じていると、私たちは考えています。この3つの格差をなくしていくために、オーダーメイド型の就活サポート、研修型就活サポート「ウズ...

2017年10月7日UZUZフィードバック数:0キャリアとスキル

第二新卒・既卒の20代に聞いた公務員・難関資格に関する意識調査

...がウズウズ働ける世の中をつくる。」第二新卒・既卒・フリーター専門の就活サポートカンパニー株式会社UZUZ(ウズウズ)UZUZは「新卒至上主義」の日本において、第二新卒・既卒・フリーターに特化した就活サポートを行うベンチャー企業です。3年で約3割の若者が仕事を辞めてしまう日本。このような状況は「就活情報格差」「キャリア教育格差」「仕事の理解度格差」という3つの格差から生じていると、私たちは考えています。この3つの格差をなくしていくために、オーダーメイド型の就活サポート、研修型就活サポート「ウズウズカレッジ」など...

2018年1月25日UZUZフィードバック数:0キャリアとスキル

第二新卒・既卒の20代に聞いた 昨今の働き方改革に関する意識調査

...至上主義」の日本において、第二新卒・既卒・フリーターに特化した就活サポートを行うベンチャー企業です。3年で約3割の若者が仕事を辞めてしまう日本。このような状況は「就活情報格差」「キャリア教育格差」「仕事の理解度格差」という3つの格差から生じていると、私たちは考えています。この3つの格差をなくしていくために、オーダーメイド型の就活サポート「ウズキャリ」、研修型就活サポート「ウズウズカレッジ」などのサービスを提供し、「就活」「キャリア」「仕事」に関する情報を丁寧に伝えています。商号:株式会社UZUZ代表者:代表...

特別編 どうする参院選!? 2007.07.19~2007.07.25

...として魅力がある政治家が増えて欲しい。政治家のスキャンダルばかりで政策が全然進んでいない気がする。政党をなくし個人の人気で政治家になって欲しいです。 国会中継を見ても子供のケンカのように相手の傷口を広げることや悪口を言うばかりで、肝心の議題について話している時間がものすごく短いように思います。また国民が一生懸命働いて納めている税金がムダに使われすぎているように思います。政治家の名誉やプライドではなく、もっと国民の立場に立ってさまざまな問題を考えてほしいと思います。 子供がいるので、教育格差が気になります。家庭...

2016年3月4日中央労福協★★フィードバック数:0社会/政治

奨学金に関するアンケート報告書

...については不安感が大きいことがうかがえる。さらに、なかには収入水準の低い人や非正規雇用で生活が不安定な人もおり、現状で厳しい生活をしている層も含まれる。この生活の現状を踏まえ、教育費や奨学金に対する意識をみると“高等教育の学費の高さ”や“奨学金返還は返済能力を考慮する”、“経済格差=教育格差”の 3 点はおおむね共通認識になっている(第0-1 図)。他方、“公的奨学金は給付型へ”や“高等教育の学費は本人負担”、“借金してでも大学へ”、“高等教育の授業料は無償化”の 4 点は意見がわかれており、若年層ほど慎重な意見が多い。返還...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
 

お知らせ