調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 新興国ショック

「新興国ショック」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年3月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ユーロ安による隠れたリスク要因 ~欧州版異次元緩和で生じる地殻変動~

...余波が貿易取引にも摩擦を生むだろう。欧州経済が ECB の金融緩和で成長加速が促されることは歓迎できるとしても、グローバル化した日本企業が、各国市場で競合する度合いが激しくなることは心配だ。新興国ショックはグローバル企業に打撃ドル高は、ドル建ての対外債務を抱えている国・企業には負担増になる。例えば、欧州の企業が抱えているドル債務は、ユーロドルが 3 割下落することで、ユーロで収益を稼いでこれを返済するとすれば、負担感は 3 割重くなると考えられる。経常赤字国の中で対外債務の負担感が大きい国々は、ドル高による負担感が懸念される。そう...

2015年3月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

接近する米利上げと株価動向 ~一旦株価下落でも利上げ後半には消化される~

...にくいのは国際的な資金移動の中に隠れた反動である、単純明快に言えば、超低金利を前提にして、新興国が調達していた資金が、米利上げに反応して大量流出する可能性である。そうしたショックは、まだ十分に織り込まれていないと思う。仮に、その反動が顕在化すれば、新興国通貨がさらに売られて、ドルが買われることになる。新興国通貨の売りは、2014 年冬のロシアのルーブル安や、2014 年初のアルゼンチン・ペソの暴落を彷彿とさせる。筆者は、米利上げが進んだ段階で、売り込まれる新興国通貨が次々に出てきて、隠れた新興国ショック...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ