調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 景気動向指数研究会

「景気動向指数研究会」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2013年7月)の予測 ~基調判断は「改善」に上方修正される見込み~

... ポイントが予想される(6月:同▲3.5 ポイント)。内訳では、消費者態度指数などがマイナス寄与になる一方で、東証株価指数、生産財在庫率指数などが押し上げ要因になる見込みだ。内閣府によるCI一致指数の基調判断は、6月分までの「上方への局面変化」から、「改善」へと上方修正されるだろう。なお、「改善」の定義は「景気拡張の可能性が高いことを示す」である。先日、内閣府は景気動向指数研究会を開催し、「景気の山」は 2012 年4月だったと暫定的に判定した。これにより 12 年5月以...

ESPフォーキャスト5月調査「15年1-3月期実質成長は1.84%に―15年度消費者物価は0.33%に下方修正」

...と設備投資が前期並みの伸び、輸出は増勢が鈍化する見込みだ。在庫をプラスと見るのは、鉱工業統計から見ると生産活動が在庫積み増し局面に入っているためだろう。公共投資も年明け以降、請負金額の増加の下で手持ち工事高が上向いてきた。17年度と18年度の実質経済成長見通しは、それぞれ1.4%、1.1%と前月調査と同じだった。�A景気への警戒感まだ---「1年以内に山」確率28%内閣府は「景気動向指数研究会」(6月15日開催)で、アベノミクスが始まる直前の12年11月の「谷」以降、14年には「山」を設定しないとの判定を下した。14年度...

ESPフォーキャスト2014年11月調査「実質成長率は年度、四半期とも下方修正―アベノミクス景気Ⅱの始まりか」

...と設備投資が前期並みの伸び、輸出は増勢が鈍化する見込みだ。在庫をプラスと見るのは、鉱工業統計から見ると生産活動が在庫積み増し局面に入っているためだろう。公共投資も年明け以降、請負金額の増加の下で手持ち工事高が上向いてきた。17年度と18年度の実質経済成長見通しは、それぞれ1.4%、1.1%と前月調査と同じだった。�A景気への警戒感まだ---「1年以内に山」確率28%内閣府は「景気動向指数研究会」(6月15日開催)で、アベノミクスが始まる直前の12年11月の「谷」以降、14年には「山」を設定しないとの判定を下した。14年度...

ESPフォーキャスト調査 2014年8月

...と設備投資が前期並みの伸び、輸出は増勢が鈍化する見込みだ。在庫をプラスと見るのは、鉱工業統計から見ると生産活動が在庫積み増し局面に入っているためだろう。公共投資も年明け以降、請負金額の増加の下で手持ち工事高が上向いてきた。17年度と18年度の実質経済成長見通しは、それぞれ1.4%、1.1%と前月調査と同じだった。�A景気への警戒感まだ---「1年以内に山」確率28%内閣府は「景気動向指数研究会」(6月15日開催)で、アベノミクスが始まる直前の12年11月の「谷」以降、14年には「山」を設定しないとの判定を下した。14年度...

2015年1月29日日通総合研究所フィードバック数:0ビジネス

企業物流短期動向調査(2014年12月調査)

...回調査における判断)。景気動向指数(CI;一致指数)と国内向け出荷量『荷動き指数』の推移CI120荷動き指数4020115荷動き指数1100105-20CI-40100-60954 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 112011201320122014注)1.荷動き指数は四半期ごとの数値のため、2月、5月、8月、11月の位置にプロットしている。2.景気動向指数研究会...

2013年10月27日日通総合研究所フィードバック数:0ビジネス

企業物流短期動向調査(2013年9月調査)

...き指数40105201000CI荷動き指数95-2090-4085-601 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 82010201120122013注)1.荷動き指数は四半期ごとの数値のため、2月、5月、8月、11月の位置にプロットしている。2.景気動向指数研究会によると、第15循環における景気の谷は2009年3月、景気の山は2012年4月(暫定)となっている。-4-■7~9...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ