「業界環境」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

岡山県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

...2015年6月2日特別企画 : 岡山県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査 休廃業・解散は477件、倒産件数の5.6倍に〜 代表者年齢、70歳以上が4割超 〜 岡山県の2014年度の企業倒産は、件数が3年連続で減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広...

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

鳥取県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

...2015年6月2日特別企画 :鳥取県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査 休廃業・解散は170件、倒産件数の10.6倍に〜代表者年齢、60歳以上が3年連続で7割超〜 鳥取県の2014年度の企業倒産は、件数が2年連続で減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広...

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

島根県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

...2015/6/2特別企画 : 島根県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は185件、倒産件数の4倍に〜 代表者年齢、70歳以上が4割超 〜はじめに島根県の2014年度の企業倒産は、件数が3年ぶりに上昇したものの、依然として抑制傾向で推移している。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広...

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

広島県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

...2015/5/29特別企画 :広島県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は808件、倒産件数の4.1倍に〜 代表者年齢、70歳以上が4割近くに 〜はじめに広島県の2014年度の企業倒産は、2年ぶりに件数が減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広...

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

中国地方 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

...2015/5/29特別企画 :中国地方 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は1959件、倒産件数の4.7倍に〜 代表者年齢、70歳以上が約4割 〜はじめに中国地方の2014年度の企業倒産は、2年ぶりに件数が減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広...

2015年12月2日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

海運業者の経営実態調査

...2015/11/30海運業者の経営実態調査2014年度、外航貨物海運業は業績回復〜 チャイナリスクで今後は視界不良 〜はじめに今年9月に第一中央汽船(株)が民事再生法の適用を申請したことで、改めて厳しい業界環境が注目されることとなった海運業界。リーマン・ショック以前は8000を超えていたBDI指数※も2015年4月〜9月期平均は809まで低下しており、今後も急速な回復は見込めない状況が続いている。帝国データバンクでは、企業概要ファイル「COSMOS2」(146万社収録)の中から、貨物...

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

山口県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

...2015/6/2特別企画 : 山口県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は319件、倒産件数の4.3倍に〜 代表者年齢、70歳以上が99件 〜はじめに山口県の2014年度の企業倒産は、件数が2年ぶりに減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広...

2014年9月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年3月期「中小企業の業績」動向調査

...わけ建設業は前期比10.1%増と増収率トップで、増減収企業の割合でも建設業の増収企業は61.1%と10産業中、最も高かった。公共工事の前倒し発注などで活況を呈する業界環境が反映された格好で、受注増が中小の建設業者にも売上増となって波及している。 産業別の利益合計は10産業中、サービス業を除く9産業で増益となった。サービス業は2013年9月期(前期比1.7%減)、2013年12月期(同17.4%減)と10産業中、唯一減益が続いている。赤字企業の割合も26.7%と10産業中、最も高い。飲食業、小売...

2015年2月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年9月期「中小企業の業績」動向調査

...面では、資本金1億円未満の中小企業の増益率が49.0%と、2014年3月期(50.1%)を下回り5割を割り込んだ。横ばいが11.8%と4.6ポイントアップし、減益企業比率が39.2%(2014年3月期42.8%)に縮小したが、ここにきて中小企業の利益の伸び悩みもうかがえる。産業別売上高 建設業が2決算期連続で増収額トップ  産業別の売上高合計は、10産業のうち金融・保険業を除く9産業で前期比増収だった。とりわけ建設業は、前期比10.6%増と全産業で唯一2ケタの伸びを示し、活況を呈する業界環境...

2016年1月29日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年「アパレル販売業」の倒産状況

...(365件)以来、8年ぶりに前年を上回った。負債総額も2010年(530億4,500万円)以来、5年ぶりに増加に転じた。卸・小売の合計は件数が474件(前年比4.6%増)、負債総額742億9,200万円(同27.9%増)で、件数、負債総額ともに2年連続で前年を上回った。全体の企業倒産の件数(8,812件、前年比9.4%減)が7年連続で前年を下回り、バブル期並みの低水準にとどまるなか、アパレル販売業の倒産は増勢に転じており、厳しい業界環境を反映した格好となっている。 取扱...

Industry Eye 第10回 メディア(前編)

...について分析しています。 Ⅰ. はじめにインターネットの発達を背景としたWEBメディアの登場により、メディア業界は大きく変化してきている。メディア各社はM&Aを活用しながら生き残りをかけた厳しい競争を行っている。本稿では、まず「メディア業界」が如何に変容し、またどのようなプレイヤーが参入するに至ったかを整理する。次に激変する業界環境のなかでメディア企業が直面する課題とその対応策としてのM&A戦略をまとめる。 II. 拡大する「メディア」業界1 WEBメディアの登場「メディア」を辞書で調べると「情報の記録、伝達、保管...

2013年1月15日三菱東京UFJ銀行★フィードバック数:0社会/政治

業界ごとの景況見通しです。

2013年度業界見通し

...証券報告書などをもとに三菱東京 UFJ 銀行企業調査部作成72. 今後の動向(1) 2013 年度の見通し① 業界環境◇ 2013 年度は復興需要の一服等を背景に小幅な回復にとどまる¾ 2013 年度の需要・生産動向は、国内では消費増税に伴う駆け込み需要、海外では米国や中国の景気持ち直しが見込まれるが、震災からの復興需要の一服に加え、欧州も景気低迷が続くとみられるため、全体としては小幅な回復にとどまろう(図表 3)。¾ 外需型産業では、主要な業種の多くで市場環境が回復する見通し。具体的にみると、産業...

2016年9月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2016年8月報

...不足や資材高といったコスト増などの要因がのしかかり、建設業の大幅な減少傾向に変化の兆しが表れている。■銀行が消費者ローン分野を強化、貸金業を取り巻く事業環境の厳しさ増す8月15日、一般個人や小規模事業者を主な顧客としていた消費者金融業者の栄光(横浜市)が、破産手続き開始決定を受けた。同社は毎月一定数のダイレクトメールを発送する方法で全国に営業を展開し、自社ビルを保有するなど相応の財務基盤も有していた。しかし、2010年の改正貸金業法の施行以来、業界環境が急速に悪化するなか同社の業績も過払金返還債務の負担などで大幅縮小を余儀なくされ、今年2番目...

2014年「インターネットIR表彰」

...ゼンテーション ⑨サイト使用時の留意事項 ⑩コンタクト ⑪ユーザビリティ ⑫ICT利活用の促進 トップページがサイト内の情報へ投資家を適切にナビゲートできているか。 自社のビジネスモデル、強みのみならず業界環境などを説明しているか。 IRに対する基本的な考え方、方針、体制等ならびに事業計画や経営戦略が説 明されているか。 法制度やトレンドを意識し、対話に必要な ESG 情報を提供できているか。 株式情報、株主還元情報など投資に必要な情報を提供できているか。 主要...

2015年1月4日みずほ銀行フィードバック数:0ライフスタイル

国分と丸紅の食品卸事業に関わる提携に伴う影響 -食品卸業界は新たな再編のステージへ-

...第 126 号(2014037)2014 年 12 月 29 日みずほ銀行 産業調査部Mizuho Short Industry Focus国分と丸紅の食品卸事業に関わる提携に伴う影響~食品卸業界は新たな再編のステージへ~【要旨】小売からの激しい見積もり合わせによる価格競争の激化や物流費の高騰などを背景に、食品卸売企業の足元の収益性は低下している。このような厳しい業界環境の中で、国分と丸紅が資本参画にまで踏み込んだ提携に向けた検討を開始したことを発表した。本提携により、国分...

Industry Eye 第11回 メディア(後編)M&Aが切り拓く日本のメディア企業の未来

...について分析しています。 Ⅰ. はじめにインターネットの発達を背景としたWEBメディアの登場により、メディア業界は大きく変化してきている。メディア各社はM&Aを活用しながら生き残りをかけた厳しい競争を行っている。前回の「メディア(前編) M&Aが切り拓く日本のメディア企業の未来」では「メディア業界」が如何に変容し、またどのようなプレイヤーが参入するに至ったかを整理したうえで、激変する業界環境のなかでメディア企業が直面する課題とその対応策としてのM&A戦略をまとめた。後編である本稿では過去15年間のメディア業界におけるM&Aの推...

2014年12月4日NetSuiteフィードバック数:0企業情報システム

日本国内79%のビジネスユーザーがクラウド導入後に市場における競争優位性を実感

...すべての業界で変化の速度が加速していることは疑いようがありませんが、革新の影響は予想できません。どのような状況においても、企業には、変化する業界環境に素早く適応できる柔軟性が求められるのです」とJoffe氏は述べます。クラウドコンピューティング - 引き金であるとともに必要な対処措置フロスト&サリバンは、クラウドコンピューティングは業界の変化の引き金であり、企業の生き残りに必要な対処措置でもあると考えています。本調査から、クラウド採用の主な理由が、業界変化への適応を可能とすることであって、4年前...

2015年6月16日みずほ銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

みずほのレポートです。

需給動向レポート(2015年6月)(8)不動産・住宅 ~良好な業界環境が継続~

...第 135 号⑧(2015009⑧)2015 年 6 月 15 日みずほ銀行 産業調査部Mizuho Short Industry Focus需給動向レポート(2015 年 6 月)⑧不動産・住宅 ∼良好な業界環境が継続∼【要旨】不動産地価は商業地で下げ止まり。三大都市圏は 2 年連続でプラスとなり、地方圏もマイナス幅が縮小している。大型ハイスペックビルを中心にオフィスビル需要は底堅く、大阪・名古屋でも賃料反転の兆しが見られる。住宅...

2014年11月18日みずほ銀行★フィードバック数:0大型消費/投資

市場分析です。

需給動向レポート(2014年11月)(8)不動産・住宅 -概ね良好な業界環境なるも、マンション分譲各社は案件の確保に苦戦-

...第 121 号⑧(2014032⑧)2014 年 11 月 17 日みずほ銀行 産業調査部Mizuho Short Industry Focus需給動向レポート(2014 年 11 月)⑧不動産・住宅 ~概ね良好な業界環境なるも、マンション分譲各社は案件の確保に苦戦~【要旨】三大都市圏の基準地価は 2 年連続でプラス。地方圏もマイナス幅が縮小。オフィスビルの空室率は改善トレンドが継続。東京では賃料も上昇傾向。2014 年の住宅着工戸数、及び分譲マンション販売は、好調...

2014年2月6日三菱東京UFJ銀行★フィードバック数:0社会/政治

産業ごとの見通しです。

業界見通し 2014年度:全文(総論・各論)

...態等との競合を背景に市場の伸び率は鈍化する見通し。大手5社の業績は、市場を上回るピッチで増収が続くも、好立地確保に向けた地代家賃等の増嵩が響いて、2015年度以降の営業利益は横這いで推移する見通し。(注)1.各セクターの景況感は、需要・生産動向や企業業績の増減率・水準をもとに総合的に判断したもの。2.業界環境が異なる複数の業態を抱えた機械(産業機械は上、工作機械は下)、エレクトロニクス(総合家電は上、2.総合電機は下)には複数の天気マークを併記。12景況感業  種16. 陸2015~16年度(見込)(予想)(予想)19. 住動テコメント<輸送...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ