「欧米経済」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

中国経済見通し:15年は7.1%、16年は6.9%~リスクは住宅市場に在り

...%増で、うち工業は同7.0%増と2年連続で全体の伸びを下回り、牽引力は徐々に弱まってきている。代わって存在感を高めてきたのが第三次産業で、12年以降3年連続で全体の伸びを上回っており、産業構造の転換は着実に進んでいる(下左表)。需要面を見ると、輸出は欧米経済の復調を受けて緩やかながら拡大傾向と思われる。消費は堅調な実質所得の伸びなどに支えられて底堅いと思われる。投資は過剰生産設備を抱える製造業では引き続き減速し、不動産業でも前年の伸びをやや下回るものの、新型...

中国経済見通し~理財商品に揺れる中国経済の行方

....3ポイントとなった。これで2年連続の8%割れとなったが、今のところ雇用不安は生じていない。今後(2014-15年)は、輸出は欧米経済の回復を背景に2013年の伸び(7.9%)をやや上回り純輸出がプラス寄与へ、消費は良好な雇用環境と所得向上を背景に2013年の伸び(13.1%)と同程度の安定した伸びを維持、投資は消費サービス関連が好調ながらも約3割を占める製造業や約5割のインフラ・不動産関連の鈍化で2013年の伸び(19.6%)を下回ると予想する。2013年の消費者物価上昇率は前年比2.6%上昇...

中国経済見通し~鉄道建設など一連の対策で景気減速は止まるのか?

...%台後半)という極めて低い伸びに留まった。但し、工業生産など4月の生産(供給)面の経済指標は1-3月期よりやや上向いている。4月の輸出は前年同月比0.9%増と1-3月期(同3.4%減)から若干のプラスに転じた。今後の輸出は、欧米経済の回復や人民元安が追い風となって伸びは高まるものの、新規輸出受注が停滞するなど力強さには欠けるため、回復ピッチは緩やかなものに留まるだろう。個人消費の代表指標である小売売上高は、4月は前年同月比11.9%増と1-3月期(同12.0%増)を若干下回った。今後...

中国経済見通し:中国の“明るい成長鈍化”とリスクの所在

...は安定しており、景況感にも深刻な打撃が見られないことから、今までのところ暗さの無い“明るい成長鈍化”といえるだろう。輸出は、今年1-4月期に前年同期比17.4%増と昨年の同7.9%増から大きく伸びを高めた。今後は、海外経済が最悪期を脱することで、輸出の伸びは高まる方向と予想しているものの、欧米経済の回復ピッチは緩やかと見ていることから、改善は小幅に留まるだろう。消費は、今年1-4月期の小売売上高が前年同期比12.5%増と昨年の伸びを下回るなど冴えない。腐敗汚職撲滅を目指す一連の動きは、短期...

中国経済見通し:「比較的高い成長」から「健全な発展」に軸足を移した中国経済の行方

...前四半期の伸びを下回るなど景気下ぶれ懸念が浮上しているが、中国政府からは深刻な懸念は聞こえてこない。その背景には、雇用情勢が良好を保っていること、そして、腐敗汚職の摘発、不動産規制の強化、過剰生産の抑制で「健全な発展」では一定の成果が得られたことが影響していると思われる。輸出は、今年1-3月期に前年同期比18.4%増と昨年の同7.9%増から大きく伸びを高めた。今後は、海外経済が最悪期を脱することで、今年から来年にかけて伸びが高まると予想するが、欧米経済の回復ピッチは緩やかと見ていることから、改善は小幅に留まるだろう。消費は、今年1-3月期...

中国経済見通し~15年は7.0%、16年は6.8%、“3つの景気下押し要因”には注意!

...期の前年比7.4%増より0.4ポイント低下した。第2次産業が前年同期比6.4%増、第3次産業が同7.9%増と、鈍化の主因は第2次産業の不振だった。ここ数年、第3次産業の成長率が第2次産業より高い“3高2低”となっており、第3次産業が成長率を下支えしている(下左図)。需要面を見ると、輸出は欧米経済の復調を受けて回復に向かうとの見方を維持、消費は堅調な個人所得と住宅販売の底打ちに支えられて底堅いと思われる。投資については、製造業と不動産業では昨年より大幅に減速しそうだが、消費...

2013年3月14日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

[みずほアジア・オセアニア経済情報]2013年4月

...車購入が活発化した。フィリピンでは、海外労働者送金の堅調な増加が個人消費の拡大を促した。一方、インド経済は引き続き不振で、実質 GDP 成長率は 2 四半期連続で減速した。内需は底堅い推移となったが、財貨・サービスの輸出が前年比で落ち込んだ。利下げの動きは限定的多くの国で景気が回復傾向となったことを反映し、利下げの動きは限定的で、ベトナム(12 月1%PT)とインド(1 月 0.25%PT)が 1 回ずつ実施したに止まった(図表 3)。2013 年の景気は実態として2013 年を展望すると、欧米経済...

2013年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済はどういう危機なのか?

...は単純に経済成長率を高めることだけを追い求めない方が良いということだった。失われた20年とも言われる経済成長率の長期低迷の中で、日本経済の先行きに危機感を抱いている我々と、第三者として日本経済を見る立場の人たちとの認識の差に驚かされた。欧米経済は我々が思っている以上に深刻な問題を抱えていて、困難な状況にあるのは日本だけではないことも確かだ。日本経済の状況に危機感を持つことは重要だが、悲観的になり過ぎているという側面は否定できない。これまで歴代内閣が次々と成長戦略を打ち出してきたが、そのいずれもが日本経済再生の決定打にはならなかった。アベ...

2013年12月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほアジア・オセアニア経済情報]2014年1月

...可能性は決して否定できない。今後の政情を注視する必要があろう。中国の 2013 年 7~9 月期の今後を展望すると、まず中国経済は、先述の通り 7~9 月期に加速したもの景気加速は一時的、今後はの、持続力はないだろう。なぜなら、企業設備や住宅ストックなどに過剰感緩やかに減速があるため、投資が減速する見通しとなっているからだ。投資減速を受け、所得環境の改善ペースがやや鈍化する見通しとなっているため、個人消費も減速するとみている。NIEs 経済は、先進国向け輸出主導で加速NIEs では、欧米経済の持ち直しを受け、輸出...

2013年12月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook ・インフレ指標以外「データは揃った」(Tapering) ・“独”走状態(PMI)

...%%%%%%%1580015750103.5USD/JPY103.00.88 ㌦9.80 ㌦102.5※は右上記載時刻における直近値。図中の点線は前日終値。102.0(出所)Bloomberg【海外株式市場・経済指標他】~欧州PMIは独走状態~16日の米国株式市場、NYダウ平均株価は続伸。前日比+129.21㌦の15884.57㌦で取引を終了。このところの調整からの自律反発が意識されるなか、好調な欧米経済指標を受けて買いが膨らんだ。12月ユーロ圏PMI(総合)は52.1と前月(51.7)から改善し、4Qもプ...

2015年12月18日JEITAフィードバック数:0社会/政治

電子情報産業の世界生産見通し2015

...無線通信網の拡がりと共にマルチバンド化や省エネ化の進むスマートフォンや、大画面化・高付加価値化が進む薄型テレビが堅調に拡大し、さらに、為替変動による上ぶれもあり、2015年の電子情報産業(電子工業とITソリューション・サービスの合計)の世界生産額は、318兆870億円(対前年13%増)、うち電子工業(電子機器と電子部品・デバイスを合わせたハードウェア)の世界生産額は234兆5,827億円(同14%増)と4年連続のプラス成長を見込んだ。2016年の世界経済は、新興諸国の成長率の鈍化など懸念材料が一部にはあるものの、欧米経済は原油安のメリットから成長持続、イン...

2015年1月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシアの格付が10年ぶりに『ジャンク(投機的)』に転落 ~民間部門を中心に資金調達環境の急速な悪化は避けられず~

...ではウクライナ東部において戦闘が再び激化する動きがみられ、欧米経済制裁を強化する可能性を示唆していること、原油価格の動向も依然として不透明であることを勘案すれば、同国経済の先行きにとって明るい材料は乏しい。上述のように、ロシアの『投機的水準』への転落が直ちに金融市場の混乱の引き金を弾く可能性は低いとみるが、他社も追随する動きに繋がれば、同国金融市場を取り巻く環境は一段と悪化することは避けられないであろう。《公的部門のデフォルトリスクは依然低いが、民間企業を中心に資金調達環境の悪化は避けられないであろう》 同国では昨年来、海外...

2013年10月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2013~20年度 中期経済見通し

...トは 100~110 円/ドル程度の円安水準で推移するとみられる(詳細は「Ⅲ.金融市場の中期見通し概要」で後述)。リーマン・ショックの発生した 2008 年 9 月から 2012 年まで、欧米を中心とする海外経済の低迷、円高という日本の輸出にとって厳しい条件が重なっていたが、2020 年度までは比較的良好な輸出環境が想定される。ただし、海外経済の成長率が 4~5%台に高まっていた 2004~2007 年度ほどまで輸出環境が改善することは見込みにくい。当時の欧米経済は住宅・不動産・株式...

2014年2月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2013・14・15年度 内外経済見通し

...続の異例なマイナス成長から 2014 年は 1%までの回復とした。今年 4 月の消費税率引き上げに伴う一時的減速が予想されるが、日本の 2014 年の見通しは前回と同様、基本的には持続的回復シナリオにある。一方、BRICs諸国を中心とした新興国経済は 2013 年と比べて減速基調にある。ただし、昨今の新興国経済不安はあるものの、2014 年の世界経済は欧米経済を中心に改善が続く、新たな「デカップリング」、「ネオ・デカップリング」が 2014 年の基本シナリオだ。2014 年、米国は昨年までの財政緊縮の足枷がなくなる一方、個人...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

平成23年度産業経済研究委託事業(我が国における中長期的な産業構造変化調査事業)報告書

...長が続くと見込まれる。▪ 中国経済も欧米経済の低迷と共に減速傾向を強めていくと想定される。Copyright(C) 2012 Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved.91.マクロ環境変化と将来シナリオ ①為替レート変動要因と将来シナリオ日本円のポジションとシナリオ(案)日本円のポジション▪ 2005~2008年にかけて、円は実力よりも円安で推移していた。▪ 2009~2010年に実力値に近い水準に調整されたが、その後、軟調な米国経済、欧州...

2013年8月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

明暗分かれる米中向け輸出 ~米中向け輸出動向の違いと今後の展望~

...剥落していくことで増加ペースは鈍化するものとみられるが、中国における自動車販売の増加を背景に 増加基調自体は維持されよう。もっとも、そもそも中国向け輸出に占める輸送用機器の割合は小さいことも あり、中国向け輸出全体に与える影響は大きくないだろう。電気機器は、完成品の輸出先である欧米経済の本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足る と判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通...

2015年2月13日日本海事センターフィードバック数:0大型消費/投資

定期船市場の回顧と展望

...向けての展望 2014 年の荷動きの好調さは欧米経済が回復傾向を見せていることから 2015 年になっても続 くことが見込まれている。 各種調査機関は 2015 年における 5%前後の荷動き増を予想している。 米国経済では雇用情勢の改善、これを受けた個人消費の堅調な推移、住宅市場での持ち直し の動きといったことが、輸入需要の拡大につながり、荷動きを高めると考えられている。2015 年も順調にいけば過去最高の値を更新するとみられる。一つの懸念は、北米西岸各港の動向で あろう。2014 年は北米西岸港湾労組(ILWU...

2013年5月22日日本総研★フィードバック数:0社会/政治

最近の株価上昇についてのレポートです。

数字を追う ~ 最近の株価上昇をどう見るか

... 年 7 月前後 2007 年 7 月の戻り高 値に向かう株価の動き には、 史上最長の景気上 昇(谷:2002 年 1 月、 山:2008 年 2 月)の中 で 1 株当たり利益が増 加したことが寄与した (図表 1-5) 。 この利益増加を一面 で支えた世界的な景気 上昇の背後には、 サブプ ライムローン問題を端 緒とする世界金融危機 や欧州債務危機など、 後 に大きな問題を生む伏 線になった欧米経済の 活況があり、 その意味で は、 利益要因にはバブル 的要素も含まれていた と考...

2014年5月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2014・15年度 内外経済見通し

...し世界経済全体でみれば、新興国経済不安はあるものの、2014 年は欧米経済を中心に改善が続く、新たな「デカップリング」、「ネオ・デカップリング」を基本シナリオとした。その後を振り返れば、日米欧の成長力が年初想定ほどの迫力がなく、予想以上の新興国不安が生じたことが不安定化の主因であった。図表 1は米国のダウ平均と長期金利の関係を示したものだ。2013 年以降、米国はグレート・ローテーション期待がゴルディロッ米国を中心としたグローバルな金融市場においてグレート・ローテーションクスに終わった(大転換)とす...

2013年11月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013・14年度 内外経済見通し

...ロ圏はマイナス成長が続くと予測される。新興国はある程度の成長を維持するものの、中国・インド・ロシアの成長ペースが鈍化するなど、停滞気味の推移が見込まれる。2014 年は中国経済の減速傾向が続くものの、財政緊縮の影響が薄れる先進国を中心に回復感がやや強まると予測している。2014 年の世界経済成長率は+3.3%と、バランスシート調整が進む欧米経済の持ち直しを主因に小幅ながら加速する見通しである。米国の 2013 年の実質GDP成長率は+1.7%と予測している。政府支出削減が成長率を押し下げるものの、家計...

Weekly金融市場 2015年6月12日号

...上げするとの見方が強まっている。また、18∼19 日に日銀金融政策決定会合が開催される。足元の物価上昇率は、主にエネルギー価格の下落を主因として 0%近傍にとどまっているものの、「物価の基調」は改善しているとして、現行の量的・質的金融緩和の継続を決定するとみられる。景気判断は、引き続き堅調な経済指標が多いことを背景に、これまでの判断をおおむね引き継ぐものとみられる。経済指標など日本では、17 日に「貿易統計(5 月)」が発表される。昨年秋以降の原油安で輸入額の減少が続いている一方、輸出額は、欧米経済...

2013年7月19日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済レビュー:人民元国際化の進展と金融改革が広げる可能性

...銀行)が自由化に向けて旗振り役を務め始めた。全国金融工作会議の翌月となる 2012 年 2 月、人民銀行調査統計局の研究チームが、「中国において資本移動自由化を加速する基本的条件が整った」と題する報告書を発表した。とくに、資本移動自由化のタイムスケジュールの提示は政府機関として初の試みとして内外の注目を集めた(第 3 表)。同報告書は、リーマンショック後の欧米経済の退潮を企業買収や人民元の国際的プレゼンス向上に資する資本移動自由化の好機と位置付け、中国における構造調整にも10寄与...

2013年6月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほアジア・オセアニア経済情報]2013年7月

...消費も増加基調が続く見通しである。このように、景気は実態として堅調に拡大する見通しであるものの、個別国の事情から、実質 GDP 成長率が 2012 年対比で低下する国は少なくない。韓国では、ゲタの縮小が成長率低下要因となる見込みである。タイでは、大洪水からの復興需要の一巡と自動車間接税還付の終了が、成長率を押し下げる要因となるだろう。マレーシアでは、2013 年の総選挙を前に拡大していた消費刺激策が縮小されるため、成長率は減速する見通しである。2014 年の景気は欧米経済の持ち直しで加速2014 年の成長率は、多く...

2013年9月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほアジア・オセアニア経済情報]2013年10月

... 10 月号)経済減速の悪影響が当面続くことなどから、輸出増加のテンポは緩やかなものに留まろう。香港をはじめ、NIEs は全般に対中輸出依存度が高いため、中国減速により大きな下押し圧力を受けるであろう。ASEAN でも、化学を主力対中輸出品目とするタイなどには、比較的大きな悪影響が及ぶとみられる。このため、2013 年の実質 GDP 成長率は、総じて前号(7 月号)で考えていたほど高くならないと考えられる。2014 年は、先進国経済の持ち直しがより鮮明になることに加え、中国経済2014 年の景気は欧米経済...

2014年12月23日建設経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

MONTHLYNo.310(2014年12月号)

...ら 2007年までは、中国本土との「経済貿易緊密化協定(CEPA3)」の成果により高水準の経済成長を記録している。2008 年から 2009 年にかけては金融危機の影響を受け実質成長率は大幅に低下したが、2010 年度には好調なアジア経済を背景に 6.8%のプラス成長に転じている。2011 年度は欧米経済の低迷により欧米およびアジア向け輸出が伸び悩んだことから経済は減速し、実質GDP 成長率は 4.8%となり、前年から 1.9%ポイントの低下となった。2012 年度の実質 GDP成長率は、1.5%とな...

2013年8月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013・14年度 内外経済見通し

...低下する見通しである(図表 6)。米国の成長率が前年に比べて低下するほか、ユーロ圏もマイナス成長が続くと予測される。新興国はある程度の成長を維持するものの、中国経済が減速するなど、力強さを欠く展開となりそうだ。2014 年は中国経済の減速が続くものの、財政緊縮の影響が薄れる先進国を中心に景気の持ち直しが見込まれる。2014 年の世界経済成長率は+3.3%と、バランスシート調整が進む欧米経済の持ち直しを主因に 4 年ぶりに加速する見通しである。米国の 2013 年の実質GDP成長率は+1.4%と予測している。政府...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ