「歳出強制」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 底堅い消費と企業活動鈍化

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 底堅い消費と企業活動鈍化緊縮財政の影響が顕在化し始めたが財政問題は先送り ◆1-3月期の米GDPは底堅い民間部門に対し、政府支出が足を引っ張る構図が確認された。3月から始まった連邦政府の歳出強制削減のネガティブ・インパクトが、民間部門の随所に顕在化してきているとみられる。◆財政緊縮は、防衛関連支出の減少などにつながり、政策不透明感は、企業活動の動きを鈍らせている可能性がある。歳入...

2013年7月19日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

米国経済見通し QE3縮小とイベントの関係

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し QE3縮小とイベントの関係金利上昇後の経済動向の確認と財政論議の必要性 ◆FRBの金融政策の先行きが注目されるが、金利上昇後の米国経済がどうなるかの動向確認のほか、財政問題などの政策イベントが控える。10月以降の新たな会計年度の予算、歳出強制削減への対応、債務上限問題などの議論が行われなければならない。◆雇用者数の過去分が上方修正され、量的な拡大ペースは速かったことが確認された。さら...

2014年3月5日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー 2014年2月(米国)

... QE を導入した 2009 年以降、株には引き続き留意 価は約 2 倍の水準に上昇、株高は資産効果を通じ個人消費の押し上げ要因が必要となってきた。今後、一本調子での株高は見込み難く、資産効果の剥落は、目先の成長ペースを抑制する公算が高い。加えて、大幅な金融緩和状態から始まる出口戦略の実施に伴う、国内外の金融市場や新興国経済の反応などには予断を許さない部分が多く、注視が求められる。第2図:実質GDPと最終需要の推移6第3図:歳出強制削減額と実質GDP成長率への影響(前期比年率、%)1,200見通し4...

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年3月4日~) ~イタリア問題+米歳出強制カットで冴えない動き

...Market Watching市場レポートテーマ:Weekly Market Report(2013年3月4日~)~イタリア問題+米歳出強制カットで冴えない動き~発表日:2013年3月4日(月)担当第一生命経済研究所 経済調査部嶌峰 義清 (03-5221-4521)今週のスケジュール今週の経済指標・イベント・注目材料発表日3月4日(月)3月5日(火)3月6日(水)3月7日(木)3月8日(金)3月9日(土)3月10日(日)国指標・イベント日本 岩田規久男学習院大学教授講演欧州 ユー...

2013年2月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年2月25日~) ~TPP、FRB議会証言は株にとってプラスも、見えない財政の崖

...ソフトウェア)新車販売台数・乗用車(2月)欧州 欧失業率(1月)欧消費者物価(2月):速報値米国 個人支出(1月) PCEデフレーター(1月)・コア自動車販売台数(2月)ISM製造業景気指数(2月)ミシガン大学消費者センチメント(2月確報)歳出強制削減発動期限他 中国製造業PMI(2月)--注目度コンセンサスレンジ前回備考52.351.9~53.052.3+6.7%+0.6%61.2+6.5~+6.9%+0.5~+0.9%58.0~68.0+5.5% 前年比+0.6% 前月比58.6▲1.6%▲2.8...

2013年2月24日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済情報:米国の歳出強制削減措置の行方

...平成 25 年(2013 年)2 月 22 日NO.2013-4米国の歳出強制削減措置の行方【要旨】— 歳出の強制削減措置は、発動期限の 3 月 1 日が迫るなか、代替案で回避すべく与野党協議が続いている。— 歳出の強制削減措置は、①2013~21 会計年度に渡る義務的支出の一律削減、②2013 会計年度の裁量的支出の一律削減、③2014~21 会計年度に渡る裁量的支出の上限引き下げ、の 3 つの項目で構成。— 現会計年度における強制削減額は、「歳出権限」ベースでは 853 億ドル、「支出...

2013年6月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:容易ではないQE出口の前倒し

....23.03502.83002.62502.42002.21502.0QE 出口政策の前倒しは容易でない1.8このように、米国経済は FRB の量的緩和に伴501.6う株高に支えられた個人消費が底堅さを維持し01.400 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13ている一方、歳出強制削減の動きが続いている(年)(注)直近は4月データ。ほか、その影響は企業セクターに及びつつある(資料)Bloomberg、NYSEより三菱東京UFJ銀行経済調査室作成とみられる。ここ...

最近の米国経済について 平成25年8月号

...購買意欲と消費を促進した。しかし、所得の伸び悩みがさらなる景気の拡大を抑制し続けている。実質増税や連邦政府の歳出強制削減は第 1 四半期の売上高の伸びを押し下げたが、景気はダメージの大部分を吸収し、持ちこたえたようだ」と述べている(同協会プレスリリース 6 月 13 日)。<自動車・同部品の売上高が大幅増>5 月の小売売上高は、13 業種中 8 業種で増加した。特に増加が目立った自動車・同部品は前月比 1.8%増(前年同月比 8.5%増)の 791 億ドルと、2012 年 11 月(前月比 2.6%増)以来...

2013年8月1日日本産業機械工業会フィードバック数:0社会/政治海外

最近の米国経済について

...帰した。<消費者マインド指数は上昇>コンファレンスボードの消費者信頼感指数をみると、4 月は 68.1 と 3 月の 61.9 から大幅に改善した。現況指数は 60.4 と 3 月の 59.2 からわずかに上昇、6 ヵ月先の景況見通しを示す期待指数は 73.3 と前月の 63.7 から大きく上昇した。コンファレンスボードのリン・フランコ氏は「4 月の消費者信頼感指数は、景況感と所得に対する短期的な見通しの改善によって上昇した。しかし、消費者マインドはここ数ヵ月の間、財政の崖問題、給与税の上昇、連邦政府の歳出強制...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ