「治療目標」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2016年11月4日ファイザーフィードバック数:0ライフスタイル

「痛み治療」に対する医師と患者の意識比較調査

...現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2016年度 > ≪「痛み治療」に対する医師と患者の意識比較調査≫慢性疼痛患者の7割が「自身の痛みをどのように伝えたらよいかわからない」 一方で、医師が患者から聞き出しにくい情報 第1位は「治療目標」 痛みの軽減以外の治療目標の設定と診療の満足度について、医師と患者間で認識差≪「痛み治療」に対する医師と患者の意識比較調査≫慢性疼痛*1患者の7割が「自身の痛みをどのように伝えたらよいかわからない」一方で、医師...

2015年6月8日ファイザー★フィードバック数:0ライフスタイル

ファイザーのグローバル調査です。

世界の成人関節リウマチ患者さんを対象に調査

... Lewis-Hall(MD)は、次のように述べています。「世界では2,300万人以上の人々が関節リウマチを患っています。その多くは、この消耗性の疾患と日々闘っています。RA NarRAtiveの調査結果は、患者支援団体とのつながりに加え、医療従事者とオープンに対話し治療目標を設定できることが患者さんにとって重要であることを示唆しています。関節リウマチ患者さんのより快適な暮らしをサポートするために必要なことを日々追究している当社にとって、RA NarRAtiveは重要な取り組みです。」ファ...

2016年5月31日ファイザーフィードバック数:0ライフスタイル

世界的なアンケート調査により、医師と関節リウマチ(RA)患者さんにコミュニケーションギャップが存在することが判明

...じていると述べていることが明らかになったことです1。調査結果から、患者さんとともに治療目標を設定し(78%)、治療計画を立てる(74%)ことが関節リウマチの適切な管理に不可欠だと医師の大部分が考えていることがわかります。しかし、同様の質問をした患者さんに対するアンケート調査によると、治療目標を共有している医師は少数であり、治療計画を立てていることさえ認識していない例もありました1。ニューヨーク州ニューヨークのHospital for Special Surgeryのリウマチ専門医であり、RA NarRAtiveアド...

2015年12月11日ファイザーフィードバック数:0ライフスタイル

痛み止め薬の使用実態と患者意識に関する全国調査

...的に全ての痛み止めに対しても同様な危惧が生じたのかもしれません。痛みの種類、強さ、痛み止め薬の効き方も患者さんにより様々なため、必要とされる薬の種類も量も患者さんにより異なります。診療現場では患者さんから痛み止めの効果と副作用の情報を取集し、痛み止めの種類に限らず個々の患者さんに適した痛み止めの選択と維持量を決定することが基本となります。このために医師に求められることは、痛み止めを処方する際は、患者さんに目的、作用機序と役割、治療目標の設定、具体的な副作用とその対応法、維持量の決め方などを説明すること。さらには、痛みは目に見えない苦痛であり、血液...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ