「消費水準」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年4月21日東京都フィードバック数:0社会/政治

「東京の物価」平成27年3月分(中旬速報値)

...27年3月の東京都区部消費者物価指数(中旬速報値)は、平成22年平均を100とした「総合指数」で102.1となり、前月比で0.4%の上昇、前年同月比で2.3%の上昇となった。(2) 平成27年3月の「生鮮食品を除く総合指数」は101.9となり、前月比で0.5%の上昇、前年同月比で2.2%の上昇となった。参考 参考指標の最近の動向 「東京の物価」参考表にて掲載している消費水準指数及び実質賃金指数について、平成26年4月の消費税率改定前後の動きを中心に最近の動向を確認する。○詳しい内容・デー...

家計調査14年4月~駆け込み需要の反動の影響は5月以降も残る可能性

...分反動減も大きくなった。前回の消費税率引き上げ時(97年3月:前年比5.8%→4月:同▲1.0%)と比べると、増税直前の増加幅、増税直後の減少幅がともに大きくなった。実質消費水準指数(除く住居等)で見ても、同様の結果で、14年3月に前月比10.8%と急増した後、4月は同▲14.2%の急減となった。個人消費に関しては駆け込み需要、反動減の規模が前回よりも大きかったことを示している。駆け込み需要の反動減の状況を「家計調査」の日別消費支出から確認すると、4月末にかけては減少幅が縮小する兆しが見られるものの、反動...

2013年6月9日内閣府フィードバック数:4社会/政治

予期された所得変化に消費は反応するか?-公的年金の支給開始を事例とする分析-

...年金の支給開始のタイミングは年金の受給者に正確に予想されていると考えられるため,世帯が恒常所得仮説に従って行動するなら,年金の支給開始による所得変化に消費は反応しないはずである。分析には『農業経営統計調査』の個票を用いるが,年次パネルデータという性質を活かすことで,年金支給開始時点及びその後の消費の動きを分析できる。分析の結果,消費は年金の支給開始時に一時的に増加するが,その後は元の消費水準へと回帰していくことが分かった。消費の一時的な増加は,可処分所得に占める年金給付額の割合が小さい世帯で主に見られる。この結果は,たとえ所得の変化が予期されていても,その...

家計調査14年10月~個人消費は底這い圏の動きが続く

...は減少幅が拡大しており、個人消費が全体として回復に向かっているとはいえない内容となっている。実質消費水準指数(除く住居等、季節調整値)は前月比▲0.1%(9月:同0.2%)と3ヵ月ぶりの低下となり、駆け込み需要が本格化する前の水準を依然として大きく下回っている。ただし、10月の指数水準は7-9月期を0.9%上回っている。7-9月期のGDP統計の個人消費は前期比0.4%の低い伸びにとどまったが、10-12月期は伸びを高めることが予想される。なお、家計調査の消費支出はサンプル要因から弱めの動きとなっており、このことがGDP...

家計調査15年2月~個人消費は底這い圏を脱せず

...家計調査15年2月~個人消費は底這い圏を脱せず | ニッセイ基礎研究所 家計調査15年2月~個人消費は底這い圏を脱せず 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費水準指数は3ヵ月連続で低下・実質所得の改善から15年度入り後には回復へ総務省が3月27日に公表した家計調査によると、15年2月の実質消費支出は前年比▲2.9%とな...

2015年5月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

家計調査15年3月~駆け込み需要の反動で前年比大幅減も実勢は持ち直し

...家計調査15年3月~駆け込み需要の反動で前年比大幅減も実勢は持ち直し | ニッセイ基礎研究所 家計調査15年3月~駆け込み需要の反動で前年比大幅減も実勢は持ち直し 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費水準指数は4ヵ月ぶりの上昇・15年度入り後の賃金の伸びに過度の期待は禁物か総務省が5月1日に...

家計調査14年5月~駆け込み需要の反動以上に落ち込む個人消費

...実質消費支出は前年比▲8.0%(4月:同▲4.6%)となった。減少幅は前月を上回り、事前の市場予想(QUICK集計:前年比▲2.1%、当社予想は同▲2.2%)を大きく下回る結果となった。月々の振れが大きい住居、自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)は前年比▲6.4%(4月:同▲6.6%)となり、減少幅は前月とほぼ変わらなかった。実質消費水準指数(除く住居等、季節調整値)は14年3月に前月比10.8%と急増した後、4月が同▲14.2%、5月が同▲1.1%となった。消費税率引き上げ直後の4月に急速に落ち込んだ後、5...

個人の資産形成を見直す契機に

...に反して投資元本を割り込むリスクのあるリスク性金融商品に過大な投資をする場合、マイナス面も大きいためです。下の図は、退職時に100の金融資産を保有しているとし、毎年5の資産を取り崩して消費水準を20年間維持していくことを想定したとき、株式などのリスク性金融商品への投資割合によって、金融資産が枯渇する確率を5%未満に抑えられる年数に、どの程度の違いがあるかを見たものです。言い換えれば、借入れに頼らなくても消費水準を95%以上の確率で維持できる年数がどのくらいかを、簡単な数値計算によって試算した結果です。投資対象を預金と株式とし、預金の利率は0%、株式...

2014~2015年度 関西経済見通し~緩やかに回復する企業部門と出遅れる家計~

...税率引き上げに伴う駆け込み増、反動減を経て、足下では反動減からの持ち直しの動きが出ている。短期的な変動を均してみると、消費水準が落ち込んだわけではなく、緩やかな持ち直しが続いている。名目ベースでは賃金がようやく下げ止まってきた中で、消費者マインドも持ち直している。しかし、消費税率引き上げにより、4月以降、物価が一段と上昇しており、実質賃金が大幅に減少している。○2013年度の関西経済の実質域内総生産(GRP)伸び率は、前年比+2.2%と、ここ数年では比較的高めの成長となったと見込まれる。景気の緩やかな回復が続く中で、14年4...

2014年5月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

家計調査14年3月~駆け込み需要は前回の増税前を上回る大きさに

...の駆け込み需要の大きさを前回の消費税率引き上げ時(97年4月)と比較すると、「家計調査」の実質消費水準指数(除く住居等)は14年2月までは月々の振れを伴いながら概ね前回と同様の動きとなっていたが、3月の伸びは前回を大きく上回った。品目別には、自動車、エアコン、電気冷蔵庫、パソコン、寝具類などの耐久財の駆け込み需要が大きかったことに加え、一定期間、保管もしくは利用することが可能なたばこ、トイレットペーパー、ポリ袋・ラップなどの家事用消耗品でも一定の駆け込み需要が見られた。駆け込み需要の状況を「家計調査」の日別消費支出から確認すると、3月中...

家計調査15年5月~前年比では高い伸びも、個人消費の基調は弱い

...%と14ヵ月ぶりの増加となった。ただし、14年5月が駆け込み需要の反動などから前年比▲8.0%の大幅減少となっていたため、今月はその裏が出る形で前年比の伸びは高めになりやすいことを考えるとそれほど強い結果とはいえない。季節調整済・前月比は2.4%の増加となったが、4月の大幅な落ち込み(前月比▲5.5%)の半分も取り戻していない。実質消費水準指数(除く住居等、季節調整値)は前月比1.5%と2ヵ月ぶりに上昇したが、4月の落ち込み(前月比▲3.7%)を考えると戻りは弱い。4、5月の指数平均は1-3月期...

家計調査14年6月~駆け込み需要の反動の影響が和らぐ

...▲8.0%)となった。減少幅は前月から大きく縮小した。月々の振れが大きい住居、自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)も前年比▲3.7%(5月:同▲6.4%)と減少幅が前月から縮小した。実質消費水準指数(除く住居等、季節調整値)は14年3月に前月比10.8%と急増した後、4月が同▲14.2%、5月が同▲1.1%、6月が同3.5%となった。消費税率引き上げ後の4月、5月に水準を大きく切り下げた後、6月に持ち直すというパターンは前回の消費増税時(97年度)と同様だが、直前...

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

もう一度、消費税増税の検証 ~所得増えないと実質消費は大きく減少したまま~

...で、次に、実質負担増の影響が何だったのかを改めて分析してみたい。まず、消費税増税の前後で、消費支出がどのように変わったのかを確認しておこう。家計最終消費(除く帰属家賃)の名目値と実質値の推移は、名目よりも実質で大きく落ち込んでいる(図表2)。名目・家計消費も、消費税増税の前後では、消費水準が少し低下していることもわかる。同じような変化は、総務省「家計調査」でも起こっている(トレンドには世帯数の増加要因を含んでいない、図表3)。消費水準の低下は、一見すると意外なことだと感じられる。なぜならば、「消費...

家計調査14年11月~個人消費は緩やかな持ち直しが続く

...%となった。減少幅は10月の同▲4.0%から縮小し、事前の市場予想(QUICK集計:前年比▲3.6%、当社予想は同▲2.9%)を上回る結果となった。前月比では0.4%と3ヵ月連続で増加した。実質消費水準指数(除く住居等、季節調整値)は前月比1.1%(10月:同▲0.1%)と高めの伸びとなった。依然として駆け込み需要が本格化する前の水準を下回っているが、10、11月の指数水準の平均は7-9月期を1.5%上回っている。GDP統計の個人消費は駆け込み需要の反動を主因として14年4-6月期に前期比▲5.1...

家計調査14年8月~夏場の個人消費は低調に終わる

...消費の減少の主因が消費増税直後の駆け込み需要の反動からそれ以外の要因に変わっていることを示している。実質消費水準指数(除く住居等、季節調整値)は前月比2.8%と持ち直したが、7月の落ち込み(前月比▲3.4%)を取り戻すまでには至っておらず、消費税率引き上げ前の駆け込み需要が本格化する前の水準を依然として大きく下回っている。8月の消費関連統計は、駆け込み需要の反動の影響が和らぎ回復に向かうとみられていた夏場の個人消費が引き続き低調な動きとなっていることを示すものとなった。この背景には、台風や豪雨などの天候不順によって外出が控えられたこともあるが、それ...

家計調査15年4月~消費支出は消費増税直後の水準をさらに下回る

...実質消費支出は前年比▲1.3%と13ヵ月連続の減少となり、事前の市場予想(QUICK集計:前年比3.0%、当社予想は同1.3%)を大きく下回る結果となった。14年4月が駆け込み需要の反動で前年比▲4.6%の大幅減少となっていたため、今月はその裏が出る形で前年比の伸びは高めになりやすかったにもかかわらず、予想外のマイナスとなった。前月比では▲5.5%(3月:同2.4%)の大幅減少であった。実質消費水準指数(除く住居等、季節調整値)は前月比▲3.7%(3月:同3.3%)の低下となった。3月が...

家計調査14年7月~駆け込み需要の反動の影響縮小後も個人消費は低迷

...比▲4.0%→7月:同▲5.8%)の減少幅が拡大し、駆け込み需要がほとんど見られなかったサービスが外食、旅行の減少などから6月の前年比1.7%から同▲5.0%と減少に転じた。このことは、個人消費の減少の主因が消費増税直後の駆け込み需要の反動からそれ以外の要因に変わっていることを示している。実質消費水準指数(除く住居等、季節調整値)は14年4月に前月比▲14.2%、5月に同▲1.1%と落ち込んだ後、6月には同3.5%と持ち直したが、7月は同▲3.4%となり、5月の水準に逆戻りした。消費...

家計調査14年9月~個人消費の持ち直しは依然として緩慢

...%と3ヵ月ぶりに増加した。実質消費水準指数(除く住居等、季節調整値)は前月比0.2%(8月:同2.8%)と2ヵ月連続で上昇したが、持ち直しのペースは極めて緩やかなものにとどまっており、駆け込み需要が本格化する前の水準を依然として大きく下回っている。10月28日に経済産業省から公表された商業販売統計によると、14年9月の小売業販売額は前年比2.3%(8月:同1.2%)と3ヵ月連続で増加し、前月から伸びを高めた。季節調整済指数でも前月比2.7%と8月の同1.9%に続き高い伸びとなった。家計...

家計調査15年1月~個人消費の持ち直しは依然として緩慢

...家計調査15年1月~個人消費の持ち直しは依然として緩慢 | ニッセイ基礎研究所 家計調査15年1月~個人消費の持ち直しは依然として緩慢 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・実質消費支出は減少幅が拡大・先行きは実質所得の増加が個人消費の回復を後押し総務省が2月27日に公表した家計調査によると、15年1月の実質消費支出は前年比▲5.1%となった。減少幅は12月の同▲3.4%から拡大し、事前の市場予想(QUICK集計:前年比▲4.1%、当社予想は同▲4.3%)を下回る結果となった。実質消費水準...

2014年4月1日ユーラシア研究所フィードバック数:0ライフスタイル海外

ロシアの反アルコール政策と消費動向の変化

...内暴力や親権剥奪、離婚、養育拒否から生み出される孤児の増加など、 さまざまな問題を引き起こす要因となっていると明言している。『コンセプト』によれば、第1段階(2010~2012年)では、アルコー ルに関連する死亡率の低下が最優先事項とされ、アルコール製品の1人当たり消費水準を15%削減し、アルコール製品の消費におけるスピリッツ(アルコール 度数の高い蒸留酒)の消費割合を低下させる。第2段階(2013~2020年)では、健康的なライフスタイルの伝統を生み出すプログラムを実施し、非合法 アルコール市場の撲滅、アル...

2014年8月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

反動減にとどまらない消費増税の影響は、なぜ「想定外」だったのか

...率を引き下げることである。もちろん実際の家計はこれら2つを組み合わせて実質所得の低下に対応する。そして貯蓄率を決定する上で重要になるのが、家計による賃金の見通しである。消費者物価の上方シフトによって一時的に実質所得が低下しても、将来的に実質賃金の回復・上昇が見込まれるのであれば家計は貯蓄率を低下させ、消費水準を維持する。これが結果的に経済全体への悪影響を緩和し、自己実現的に将来の実質賃金の回復・上昇期待を維持する可能性は存在する。おそらく政府・日銀は希望を込めて、あるいは口先介入に多少の効果を期待して、この...

2012年6月19日日本銀行フィードバック数:14社会/政治

金融経済月報(6月)

...側の統計について、家計調査の消費水準指数(二人以上の世帯、実質)を、GDPの推計に利用される品目に近づけた「除く住居等」のベースでみると(図表 15(1))、1~3月まで3四半期連続で小幅の前期比増加となったあと、4月の1~3月対比は大幅に増加した3。家計消費状況調査の支出総額(二人以上の世帯、実質)は、1~3月まで3四半期連続で前期比増加となったあと、4月の1~3月対比は概ね横ばいとなった。消費者コンフィデンス関連指標は、株価に連動して低下しているものもあるが、雇用...

2013年9月9日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融経済月報(2013年9月)

...的には輸入品や高額品を中心に、引き続き堅調に推移していると考えられる。一方、全国スーパー売上高は、やや弱めの動きを続けてきたが、4~6月の前期比、7月の4~6月対比は、いずれも若干の増加となった。この間、コンビニエンスストア売上高は、緩やかな増加傾向を続けている。サービスの消費動向をみると(図表 16(2))、旅行取扱額や外食産業売上高は、全体として底堅く推移している。需要側の統計について、家計調査の消費水準指数(二人以上の世帯、実質)を、GDPの推計に利用される品目に近づけた「除く住居等」のベースでみると(図表 15(1...

2014年2月26日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

各社の見通しのまとめです。

民間調査機関の経済見通し(2014年2月) ~消費税増税後も回復基調は途切れず~

...伸びが実現しそうだ。一方、14 年度は「4~6 月期に消費税率引き上げの反動が出ることで消費水準が押-1.02013年11月時点見通し-2.02014年2月時点見通し-3.0-4.010-12し下げられるほか、家計の実質購買力の低下による影響も加わる」(みずほ総合研究所)ことから低迷は避けられないようだ。15 年度も、21-34-67-91310-121-34-6147-910-121-315(※)四半期毎見通しを発表している11社の予測値の平均。白抜きは実績値(出所)各機...

2013年4月11日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

[みずほ日本経済情報]2013年4月号

...ンド 消費者態度指数%%Pt景気ウォッチャー調査DI(家計関連)前 期比、%個人消費 消費総合指数家計消費水準指数(除く住居等)前 期比、%実質小売業販売額前 年比、%前 年比、%百貨店売上高(既存店)年 率、万台新車販売台数広義対個人サービス 活動指数前 期比、%住宅着工 合計年 率、万戸年 率、万戸持家年 率、万戸貸家分譲住宅年 率、万戸156510091011121309(注) 2013年第1四半期は1~2月平均。(資料) 国土交通省10111213(年/四半期)家計部門の主要統計FY2011...

2015年5月25日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融経済月報(2015年5月)

...の販売促進策が奏功したこともあって、2四半期振りの前期比増加に転じている。コンビニエンスストア売上高は、緩やかな増加傾向を続けている。この間、サービスの消費動向をみると(図表 14(2))、旅行取扱額は、為替相場の動きの影響などから海外旅行が減少しているものの、国内旅行の堅調さに支えられて、全体としては底堅く推移している。外食産業売上高も、異物混入問題などの影響を除いた基調としては、底堅い動きを続けている。需要側の統計について、家計調査の消費水準指数(二人以上の世帯、実質)を、GDPの推計に利用される品目に近づけた「除く...

2015年1月28日財務省★フィードバック数:0ライフスタイル

シニア、介護についての研究会資料です。

持続可能な介護に関する研究会 第4回会合

...者夫婦世帯のうち200万円未満の世帯が約14%もいる状況であり、貯蓄状況にもよるがこれらの世帯の生活状況はかなり厳しいものと推測される。高齢者世帯の貯蓄状況には大きな格差があり、単独世帯で貯蓄残高が1,000万円未満の世帯が74%、夫婦世帯で2,000万円未満の世帯が73%を占めており、貯蓄が不十分な世帯が多い。なお、夫婦世帯の平均貯蓄額は2,400万円となっているが、一部の富裕層が平均をかなり引き上げている。高齢者世帯について平均値で見ると、貯蓄を取り崩しながら一定の消費水準を維持し、さら...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ