「減価償却」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2010年3月30日環境省★★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省が企業の投資に関する調査結果を発表しました。

環境投資等実態調査

...,223億円と推計され、環境保全設備のリース費用や減価償却費、検査・分析費、廃棄物処理委託費、排出権購入費等により構成されています。分野別の内訳は、環境保全を主な目的とする研究開分野が42.8%(2兆3,638億円)、資源循環分野が24.9% (1兆3,747億円)、公害防止の分野が21.0%(1兆1,614億円)、地球環境保全の分野が6.6%(3,620億円)などとなっています。 (環境保全費用額の内訳、%) ※「環境保全のための設備投資額」とは、平成20年度における減価償却...

2014年3月19日日本政策金融公庫フィードバック数:0ライフスタイル

高収益畜産経営の要因分析調査

...)が上位 20%(酪農は北海道と都府県を分けて決算を分析)<養豚一貫、採卵鶏の抽出条件>③~⑤のいずれか③ 利益(経常利益+役員報酬)が上位 15%④ 規模当たりの利益(同上)が上位 15%⑤ 償却前利益(経常利益+役員報酬+減価償却費)が上位 15%現地調査について・ 「高収益」の中から、地域や経営規模等を勘案して各業種(酪農は北海道・都府県別)5 先程度を選定し、以下のロジックツリーに基づき、収益を生み出す要因ごとに具体的な工夫や改善方法等について経営者からヒアリングを行った。収益...

2013年12月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

余裕の出てきた資金をどう将来の成長に振り向けるか

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 余裕の出てきた資金をどう将来の成長に振り向けるか 円安・株高等により企業の利益が改善する中、政府サイドからは賃上げや設備投資拡大などのための環境整備が行われている。企業にとっては、将来の成長に向けて、資金を設備投資、人的投資、R&D、配当などにどう戦略的に振り向けるかが課題である。下図は、2012年度において、主な業種ごとに、付加価値等がどういった項目に振り向けられたかを見るとともに、実物投資額と減価償却...

業界別財務分析(キャッシュ・フロー計算書中心)‐テレビ業界

...キャッシュ・フローと営業利益の差異の主な要因は、売上債権、棚卸資産、仕入債務の増減といった、資金と収益・費用計上のタイミングにより生じる差の他、資金の流出を伴わない減価償却費などの非資金損益項目、法人税などの支払であるといわれています。従って、これらの会社は、非現金支出である減価償却費などによる営業キャッシュ・フローへのプラスの影響に対し、各社増収基調による売掛金や棚卸資産などの営業に関連する勘定残高の増加や法人税等の支払による営業キャッシュ・フローへのマイナスの影響で相殺されたため、概ね...

2012年1月30日環境省★フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

企業の環境関連の投資状況です。

平成22年度「環境投資等実態調査」

...業、郵便業」における省エネルギー関する設備投資額が増加した他、「CDMプロジェクトへの出資」や「将来償却するCER等のクレジット購入」を新規調査項目として追加し、調査範囲を拡大したことによるものと考えられます。  また、従業員300名以上(一部業種については100名以上)の事業者による本年度の環境保全費用額の合計は、5兆4,067億円(昨年度5兆1,036億円)と推計され、環境保全設備のリース費用や減価償却費、調査・分析費、廃棄物処理委託費、排出権購入費等により構成されています。その内訳は、環境...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度再生可能エネルギーに係る税制措置による政策効果に関する調査報告書

...可能エネルギー発電設備における投資促進額の経済波及効果 ........... 77表 2.4-3再生可能エネルギー熱利用設備導入実績およびに導入計画(件数内訳). 78表 2.4-4現状ケース及び投資促進ケース(▲33%)の場合の期待投資額(2 年分)............................................................................................................................... 79表 2.4-5国税と地方税における減価償却...

2016年5月11日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

最新!「設備投資を増やす会社」ランキング

...最新!「設備投資を増やす会社」ランキング上位に目立つのは「内需系」の企業 ランキング上位はいわゆる「内需系」の企業が目立つ 設備投資は企業の成長の源泉。新規投資がなければ一段の飛躍は望み薄だ。設備稼働後に発生する減価償却費は固定費であり、償却費を上回る投資は他の経費が一定だとすれば、売上高が大幅に増えないかぎり、目先の利益を圧迫する。それでも巨額の投資に踏み切るのは、トップが業績の先行きに対して自信を持っている表れと受け止めることもできるだろう。足元の収益環境は不透明感が極めて強い。世界...

2014年6月24日厚生労働省フィードバック数:0ライフスタイル

電子レセプト請求への移行確認調査

...電子レセプト請求への移行確認調査結果概要:「療養の給付及び公費負担医療に関する費用の請求に関する省令」(昭和年厚生省令第号。以下「請求省令」という。)の規定により、レセプトコンピュータ(以下「レセコン」という。)を使用して書面で請求している保険医療機関(常勤の医師等が基準日において全員歳以上であることにより、電子レセプト請求への移行が免除されたものを除く。)については、審査支払機関への届出により、当該レセコンの減価償却期間(保守管理契約期間)又はリース契約期間が終了するまでの間(最長...

2013年6月20日中小企業庁★★フィードバック数:17社会/政治

中小企業についてのまとまった調査です。

平成24年中小企業実態基本調査(平成23年度決算実績)の結果(確報)

...原価+販売費及び一般管理費売上原価 商品仕入原価+材料費+労務費+外注費+減価償却費+その他の原価商品仕入原価 商品期首棚卸高に当期商品純仕入高を加え、商品期末棚卸高を控除して計算されたもの。材料費 製造工程又は業務の直接部門で使用する素材費(原料費)、買入部品費、燃料費、工場消耗品費、消耗工具器具備品費などの総額。労務費 製造工程又は業務の直接部門に属する従業者の賃金(基本給のほか割増賃金を含む)、給料、雑給、従業員賞与手当、退職給付費用などの総額。外注費 製造工程の一部(外注加工など)又は...

2014年3月27日中小企業庁★フィードバック数:0ビジネス

中小企業の実態です。

平成25年中小企業実態基本調査(平成24年度決算実績)の結果(速報)

...原価+販売費及び一般管理費売上原価 商品仕入原価+材料費+労務費+外注費+減価償却費+その他の原価商品仕入原価 商品期首棚卸高に当期商品純仕入高を加え、商品期末棚卸高を控除して計算されたもの。材料費 製造工程又は業務の直接部門で使用する素材費(原料費)、買入部品費、燃料費、工場消耗品費、消耗工具器具備品費などの総額。労務費 製造工程又は業務の直接部門に属する従業者の賃金(基本給のほか割増賃金を含む)、給料、雑給、従業員賞与手当、退職給付費用などの総額。外注費 製造工程の一部(外注加工など)又は...

2012年6月4日財務省フィードバック数:18社会/政治

法人企業統計調査(平成24年1-3月期)の結果

...中の臨時従業員(総従事時間数を常用者の1か月平均労働時間数で除したもの)との合計である。給与額は、それぞれの人員に対して当期中に支払うべき総額であり、売上原価及び販売費・一般管理費に含まれるものの合計額である。 法定福利費、厚生費、福利施設負担額、退職給与引当金額等、給与以外で人件費とみなされるものの総額である。 調査対象年度中の有形固定資産(土地を除く)増減額+ソフトウェア増減額+減価償却費+特別減価償却費平成13年度調査から「無形固定資産」を「ソフトウェアを除く無形固定資産」と「ソフトウェア」に分...

2012年12月4日財務省フィードバック数:19社会/政治

法人企業統計調査(平成24年7-9月期)

...中の臨時従業員(総従事時間数を常用者の1か月平均労働時間数で除したもの)との合計である。給与額は、それぞれの人員に対して当期中に支払うべき総額であり、売上原価及び販売費・一般管理費に含まれるものの合計額である。 法定福利費、厚生費、福利施設負担額、退職給与引当金額等、給与以外で人件費とみなされるものの総額である。 調査対象年度中の有形固定資産(土地を除く)増減額+ソフトウェア増減額+減価償却費+特別減価償却費平成13年度調査から「無形固定資産」を「ソフトウェアを除く無形固定資産」と「ソフトウェア」に分...

2011年11月1日財務省フィードバック数:18社会/政治

法人企業統計調査(平成22年度 年次別調査)の結果

...管理費に含まれるものの合計額である。 法定福利費、厚生費、福利施設負担額、退職給与引当金額等、給与以外で人件費とみなされるものの総額である。 調査対象年度中の有形固定資産(土地を除く)増減額+ソフトウェア増減額+減価償却費+特別減価償却費平成13年度調査から「無形固定資産」を「ソフトウェアを除く無形固定資産」と「ソフトウェア」に分割して調査を行っている。 固定資産に新たに付加された額。例えば建物の新築・増築や、他企業で新たに生産された機械装置等を購入した場合の増加額。四半期別法人企業統計調査では固定資産のうち、土地(購入...

2012年9月4日財務省フィードバック数:18社会/政治

法人企業統計調査(平成24年4-6月期、平成23年度 年次別調査)

...管理費に含まれるものの合計額である。 法定福利費、厚生費、福利施設負担額、退職給与引当金額等、給与以外で人件費とみなされるものの総額である。 調査対象年度中の有形固定資産(土地を除く)増減額+ソフトウェア増減額+減価償却費+特別減価償却費平成13年度調査から「無形固定資産」を「ソフトウェアを除く無形固定資産」と「ソフトウェア」に分割して調査を行っている。 固定資産に新たに付加された額。例えば建物の新築・増築や、他企業で新たに生産された機械装置等を購入した場合の増加額。四半期別法人企業統計調査では固定資産のうち、土地(購入...

2011年9月4日財務省フィードバック数:18社会/政治

法人企業統計調査(平成23年4-6月期)の結果

...管理費に含まれるものの合計額である。 法定福利費、厚生費、福利施設負担額、退職給与引当金額等、給与以外で人件費とみなされるものの総額である。 調査対象年度中の有形固定資産(土地を除く)増減額+ソフトウェア増減額+減価償却費+特別減価償却費平成13年度調査から「無形固定資産」を「ソフトウェアを除く無形固定資産」と「ソフトウェア」に分割して調査を行っている。 固定資産に新たに付加された額。例えば建物の新築・増築や、他企業で新たに生産された機械装置等を購入した場合の増加額。四半期別法人企業統計調査では固定資産のうち、土地(購入...

2013年3月4日財務省フィードバック数:18社会/政治

法人企業統計調査(平成24年10-12月期)

...管理費に含まれるものの合計額である。 法定福利費、厚生費、福利施設負担額、退職給与引当金額等、給与以外で人件費とみなされるものの総額である。 調査対象年度中の有形固定資産(土地を除く)増減額+ソフトウェア増減額+減価償却費+特別減価償却費平成13年度調査から「無形固定資産」を「ソフトウェアを除く無形固定資産」と「ソフトウェア」に分割して調査を行っている。 固定資産に新たに付加された額。例えば建物の新築・増築や、他企業で新たに生産された機械装置等を購入した場合の増加額。四半期別法人企業統計調査では固定資産のうち、土地(購入...

2013年6月4日財務省フィードバック数:18社会/政治

法人企業統計調査(平成25年1-3月期)

...管理費に含まれるものの合計額である。 法定福利費、厚生費、福利施設負担額、退職給与引当金額等、給与以外で人件費とみなされるものの総額である。 調査対象年度中の有形固定資産(土地を除く)増減額+ソフトウェア増減額+減価償却費+特別減価償却費平成13年度調査から「無形固定資産」を「ソフトウェアを除く無形固定資産」と「ソフトウェア」に分割して調査を行っている。 固定資産に新たに付加された額。例えば建物の新築・増築や、他企業で新たに生産された機械装置等を購入した場合の増加額。四半期別法人企業統計調査では固定資産のうち、土地(購入...

2014年8月27日建設経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

MONTHLYNo.306(2014年8月号)

...活動及び投融資活動に伴う資金需要と利益留保等(企業活動による収益及び減価償却費等)及び増資等による自己資金並びに借入金等の外部負債による資金調達との差異を手元の現金・預金等で調整している。本稿では、図表 4 に例示した法人企業統計の限定された勘定科目等の増減額をもって資金需要・資金調達と見做す3こととした。図表 4 主な勘定科目の増減と資金需要・調達資金需要・製品又は商品、仕掛品、原材料・貯蔵品の増減企業間信用差額 4営業活動資金その他流動資産負債投融資活動資金・売上債権(受取手形、割引手形、売掛金)の増加・買入債務(支払手形、買掛金)の減...

2013年4月5日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

産業界の資金ニーズを把握するための統計の検討及び個人金融資産の世代間移転に係る実態調査

... 月調査のみ)の 4 種類の頄目を調査している(いずれも調査対象企業の単体ベースでの調査)。企業金融に関する設問については、図表 8 のようになっている。四半期頄目においては、金融機関借入金、CP、社債、現金・預金、短期所有有価証券、投資有価証券のストックデータが把握できる。年度計画では、売上高、減価償却費、各種の利益、設備投資額等のフローデータが把握できる。図表 8企業金融関連の調査頄目判断項目生産・営業用設備四半期項目負債計年度計画売上高資金繰り金融機関借入金減価償却費金融機関の貸出態度CP営業...

2016年7月8日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

「この5年でガッツリ稼いだ会社」ランキング

...したものがフリーキャッシュフロー(CF)だ。フリーCFは、通常の営業活動から生じた現金収支を表す営業CFと、資産の取得や売却によって生じた現金収支である投資CFを足すことで算出する。経常利益や純利益といった損益計算書(PL)の利益は減価償却費やのれん代、税金など見積もりによって変動する部分が多い。「積極的な投資をしていない会社」が上位に一方、CFは単純な現金の出入りを表している。すなわち、フリーCFは余剰資金であり、借入金の返済や株主への配当の支払いに充当することができる。経常利益が赤字であっても、フリーCFで見...

2012年9月14日内閣府フィードバック数:20社会/政治

社会資本ストック推計(平成24年9月13日公表)

...資本の新設改良に係る投資額を累計し、供用年数の経過による除却及び減価を控除する手法により行った。投資額の累計から除却額を控除したものが粗資本ストックであり、さらに減価額を控除したものが純資本ストックとなる。推計の基礎となる投資額は2005年暦年を基準とした実質値で計算した。 2)除却の方法社会資本の部門ごとに「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」(財務省)等より平均耐用年数を設定し、平均耐用年数を中心とした釣鐘型分布(ワイブル分布)で除却が行われるという前提で除却額を推計した。 3)減価の方法本推計では、4つの...

法人企業統計13年7-9月期~企業収益は堅調、設備投資は伸び悩み

...期連続で減少しており、企業収益の堅調にもかかわらず設備投資は回復の遅れが顕著となっている。足もとの設備投資の水準はキャッシュフローを大きく下回り、減価償却費並みとなっており、企業の設備投資意欲の弱さを示している。設備投資の先行指標である機械受注統計の動きなどから考えれば、10-12月期以降は製造業を中心に設備投資の回復ペースが高まることが予想されるが、企業の中長期的な成長期待が高まることによって設備投資の回復が本格化するまでには時間を要するだろう。本日の法人企業統計の結果等を受けて、12/9公表予定の13年7-9月期...

2015年2月25日内閣府フィードバック数:0ビジネス

企業の貯蓄投資バランスの動向

...今週の指標 No.1115 企業の貯蓄投資バランスの動向 ポイント2015年2月23日企業収益は、2013年度は円安等を追い風に一部製造業が過去最高益を更新する等、増加しており、2014年度に入ってからも高水準で推移している。(図1)SNA(国民経済計算)のデータを用いて、企業の貯蓄投資バランスを実物取引面からみると、2000年頃から企業の当期純利益(税引き後、配当支払い後)を原資とした内部留保と減価償却費の積み上がりが設備投資、在庫投資等の実物投資を上回り、企業...

2013年12月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

企業の借入需要は増えるのか~現預金の取り崩しを考慮した借入増加額の試算~

...まっているようにもみえる0が、仔細にみると大企業が中心で▲50あり、企業の前向きな借入需要が企業部門の貯蓄・投資バランス(資金過不足)内部留保固定資産投資(-)資金過不足減価償却運転資金(-)資金余剰資金不足▲100顕在化しているとまでは言い難▲150い1。過去、低成長・デフレ経済下で1980 1982 1984 1986 1988 1990 1992 1994 1996 1998 2000 2002 2004 2006 2008 2010 2012(年度)(注)1.全 規模・全産業 ベース(金 融・保険・純 粋持...

2013年11月2日全日本病院協会★フィードバック数:0ライフスタイル

病院経営についてのレポートです。

平成25年度 病院経営調査報告

...キャッシュフロー率を下記の方法で計算した。推計キャッシュフロー額=総収支差額-(総収支差額×0.4) (注1)+減価償却額(注2) +借入金収入額(注3) -借入金返済額(注4)(注1)所得税推計額であり、総収支差額が赤字の場合は0とした。(注2~4)平成24年度実績の1/12とした。推計キャッシュフロー率=キャッシュフロー額/総収入額推計キャッシュフロー率は0%未満が総数で18.5%であった。- 7 -100.019.980.1表13収支率、病院種別回答数医業収支率平成25年 平成24年平成25年総収支率平成24年平成25年平成24年総...

2016年2月8日ウェブクルーフィードバック数:0大型消費/投資

車の買い替え、一番お得なのはいつ? 年式・走行距離別の売却金額をインフォグラフィックで大公開

...タイミングで車の買い替えをしている人が多いのかがひと目でわかるようになっています。年式・走行距離別 平均売却金額の詳細以下に、年式・走行距離と平均売却金額・売却台数の関係をより詳細に示した表を掲載しています。より詳しく知りたい人は確認してみてください。車種やグレードによって異なるものの、各距離帯や年式ごとの平均売却金額を確認すれば、車の減価償却の傾向がつかめてくるはずです。マイカーの状態と照らし合わせてみて、車の買い替えのタイミングを計ってみてはいかがでしょうか。また、売却台数の推移を見れば、世間...

2009年6月1日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

2009年度IT予算は前年度比20%以上の減少 インフラ系の減少率が12月調査より拡大

....2%減→同6.5%減)。「経営戦略・意思決定支援系」も約15ポイント(同30.9%減→同16.4%減)、「会計」「物流」も5ポイント前後縮小しており、この3カ月間で投資意欲がやや回復傾向にあることが明らかになった。*1 「予算額」「予算増減率」は、IT予算の執行・承認権限を持つ回答者を対象に、自身が執行・承認の権限を持つ分野のシステム予算を聞いた。新規購入や開発中の案件がなく、該当期のIT関連支出(予算)が継続運用費やリース料の支払いや減価償却費のみの場合、それ...

2014年3月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計13年10-12月期~力強さに欠ける設備投資

...期ぶりの増加、非製造業が前年比5.7%(7-9月期:同6.6%)と3四半期連続の増加となった。一方、季節調整済の設備投資(ソフトウェアを除く)は前期比▲0.3%(7-9月期:同▲0.2%)と2四半期連続の減少となった。非製造業が前期比▲0.4%(7-9月期:同▲0.1%)と2四半期連続の減少、製造業は前期比+0.0%(7-9月期:同▲0.4%)と7四半期ぶりの増加となったが、極めて低い伸びにとどまった。企業収益が急回復を続けているにもかかわらず、設備投資は依然として力強さに欠けるものとなっている。足もとの設備投資の水準は減価償却...

2013年6月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

法人企業統計13年1-3月期 ~5四半期連続の増益も、企業の設備投資意欲は高まらず

...トウェアを除く)は前期比▲0.9%と2四半期ぶりの減少となった。製造業が前期比▲1.1%(10-12月期:同▲4.3%)と3四半期連続の減少、非製造業が前期比▲0.9%(10-12月期:同3.7%)と2四半期ぶりの減少となった。アベノミクスへの期待、円安、株高の進展などから、企業の景況感は大きく改善し、企業収益も回復基調が続いているが、企業の設備投資意欲は依然として弱い。足もとの設備投資の水準はキャッシュフローを大きく下回り、減価償却費並みとなっている。4-6月期...

2013年9月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計13年4-6月期 ~企業収益の急回復に伴い設備投資も持ち直し、4-6月期の成長率は大幅上方修正へ

...造業(1-3月期:前年比▲1.5%→4-6月期:同5.6%)が3四半期ぶりの増加となったことが、全体を押し上げた。設備投資は小幅ながらもようやく増加に転じたが、企業収益が急回復していることからすれば、企業の設備投資意欲は依然として弱い。足もとの設備投資の水準はキャッシュフローを大きく下回り、減価償却費並みとなっている。7-9月期はこれまで出遅れが目立っている製造業の設備投資が持ち直しに向かうことで設備投資全体の伸びも高まることが予想されるが、企業...

2015年6月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計15年1-3月期~増益率は大幅鈍化も、設備投資に明るさ

...価格下落の影響で石油・石炭が前年比▲27.0%の大幅減少となったことなどから、全体では前年比▲3.9%の減少となった。売上高経常利益率は14年1-3月期の5.2%から5.4%へと若干改善したが売上高の落ち込みをカバーするには至らなかった。原油価格下落の効果から変動費要因は利益率を押し上げたが、人件費、減価償却費要因がマイナスとなったため、売上高経常利益率の改善は小幅にとどまった。非製造業の売上高は情報通信業(前年比9.0%)、運輸・郵便業(同17.8%)が高い伸びとなったものの、個人...

平成24年度の自動車部品工業の経営動向

...ント高い水準にある。(P.6)設備投資の動向を見ると、有形固定資産取得のための支出は前年度比32.6%となり増加した。減価償却費については、-0.5%となった。(P.6)平成 25 年 度 通 期 の 各 社 の 業 績 見 通 し に つ い て は 、 年 度 全 体 で は 24 年度に対して増収・増益の予測である。国内では原材料価格や電力コストの上昇を懸念する声もあるが、グローバルベースでは米国経済の堅調な回復や、新興国での所得増加による自動車需要の増加等を見込んでいる企業が多い。リーマン・ショック以降、外部...

2014年8月31日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

平成25年度我が国情報経済社会における基盤整備(情報処理実態調査の分析及び調査設計等事業)調査報告書

...して生じた経費合計を表す。このため、情報処理関係諸経費には費用として計上されるハードウェア及びソフトウェアの当期減価償却費は含まれるが、費用として計上されないハードウェア及びソフトウェアの資産計上分の買取額は含まれない。注2. 平成 16 年度から、キャッシュフローベースの情報処理関係支出を中心の調査項目に変更しており、過去のデータと時系列比較を行うためには、従来ベースの情報処理関係諸経費(資産計上された買取額が含まれない一方、当期減価償却費が含まれる)を求める必要がある。注3. 平成 18 年度より、米国や韓国、デン...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度総合調査研究「マクロ経済モデルに関する調査研究」,報告書

...や所得の変化に応じて給付や負担の状況が決まるしくみとしていることである。また、医療、介護については、今後の医療制度・介護制度改革に応じて、給付水準の対名目 GDP 比率が一定規模になると想定している。最後に、財政ブロックにおける特徴としては、SNA ベースでの財政バランスが、マクロブロック、社会保障ブロックと整合的に分析できるように設定している。2マクロ(支出)実質GDP名目GDP実質民間最終消費国民総所得交易利得海外からの要素所得の純受取実質家計可処分所得実質最適資本ストック実質民間企業設備投資タイムトレンド対外純資産減価償却...

2015年6月23日笹川平和財団フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

わが国内航船舶の国際的な中古船売買の展望

...の建造にあたって民間の金融機関からの資金調達が難しいケースが多い。JRTTは、低金利、長期の船舶建造資金の支援などを行っている。具体的には、船舶共有建造、つまり、船主とJRTTが共同で船舶を建造・保有するという仕組みである。同時に技術面の支援も行う。建造された船舶は船主が使用・管理し、JRTTには使用料を支払う形で、JRTTが分担した建造費用を弁済する。こうして建造された建造船は減価償却後、残存簿価でJRTTの持分を船主が買い取ることで船主の100%所有船になる。船主にとっては、担保が必要でない。低金利で長期(7~15年)の返済が可能であり、技術...

2013年9月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(9月21日〆週)、連邦政府職員向け失業保険申請件数(9月14日〆週)、実質GDP成長率(第2四半期、確報値)

... 億ドル、同+3.5%の 1 兆 6,692 億ドルと、いずれも速報値から下方修正された。前年比では税引前が+4.5%、税引後は同+6.4%。内部留保に減価償却費を加えたキャッシュフローも、前期比▲2,053億ドル、同▲9.1%と、速報値から下方修正となった。前年比では▲6.6%。産業別の税引前利益をみると、国内産業は前期比+3.8%へ小幅下方修正された。うち、非金融部門は同+3.2%へ下方修正となった一方、金融部門は同+5.7%へ上方修正された。また、海外部門は同+1.2%へ大...

転落の一途、光ディスク媒体事業が縮小する訳

...械設備回転率(設備/売上高)は、0.36と0.4と低水準である。 こうした中、両社をはじめ業界各社は太陽電池の生産など事業の多角化推進を図っている(表3)。既存設備と技術を新規事業に生かすと各社は説明しているが、実態は必ずしもそうではない。光ディスク事業に向けて購入した設備のローン返済および減価償却はまだ終っていないからだ。斜陽となった光ディスク産業から、ともかく逃げ出そうという意図が各社の説明からは感じられる。単層BDも道険し 光ディスク事業を放棄したメーカーもある。2010年1月、達信(Daxson、ダク...

2015年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

企業収益好調とマイナス成長が並存する理由

...、10-12月期は売上数量減少によるマイナスを交易条件改善によるプラスが上回ることで増益を確保する形となった。また、人件費、その他費用(金融費用+減価償却費)の減少も収益の押し上げ要因となっている[図表3]。非製造業については投入・産出物価指数が存在しないが、簡便的に「売上数量(産出量)=非製造業(第3次産業+建設業)の活動指数」、「売上価格=売上高/非製造業の活動指数」、「投入物価=変動費/投入量」、「投入量=産出量」とした上で、経常利益の要因分解を行った。製造...

2014年5月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

新陳代謝による経済成長 ~付加価値の4割は設立20年以内の事業所で生じている~

...価値=売上高―費用総額(減価償却費)+給与総額+租税公課事業所の付加価値の創出状況がわかるのは統計データでは初めてだ。2011 年の名目 GDP が 471.3兆円であったことを考えると、新しく設置された事業所が生み出した 10.0 兆円の付加価値は、対名目GDP で 2.4%の成長寄与だったことになる。1995 年以降に設立された事業所の付加価値新しい事業所が付加価値創出の牽引役であるとするならば、設立年数の新しい事業所が、より多くの付加価値を稼ぎ出していることになるはずだ。それを調べると、経済...

2016年10月28日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2015年度 全国第三セクター鉄道63社 経営動向調査

...赤字額が大きかった三セク鉄道では、えちごトキめき鉄道が18億9,300万円で最大だった。これは車庫などの新設設備にかかる減価償却費を計上したことによる。2位の肥薩おれんじ鉄道は九州新幹線の運用開始で発足したが、2014年度(5億4,000万円)に続き連続赤字を計上した。経常赤字は63社中、35社(構成比55.5%)と半数を超えた。3分類の比較では、旧国鉄転換型(26社、構成比83.8%)、私鉄・新幹線転換型(6社、同50.0%)がそれぞれ50%以上だったが、都市型(3社、同15.0%)は3社にとどまり対照的となった。旧国...

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

強くなる企業収益体質 ~労働コストに対する耐久力~

...データを調べてみると、今のところは価格転嫁が進んでいて、売上原価/売上の比率も落ち着いている。同じように素材価格、エネルギー価格が高騰した 2008 年に比べても、現在の方が原価率は低くなっているのが実情である。これは、最近は、デフレ環境が改善してコストプッシュ圧力を価格に転嫁できているため、売上・経常利益といった名目値がスライドして押し上げられているためだ。価格転嫁ができていることは、変動利益の圧縮を回避して、売上が増えるほど利益を出しやすい構造をつくっていると理解できる。また、固定費に関しても、人件費、減価償却...

2015年12月11日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「2014年度 空港ターミナルビル経営動向」調査

...の収支状況を試算した。一般会計財源非配分型(一般会計受入を各空港の歳入に含めず、空港整備事業費などを歳出計上)に基づく試算では、航空系事業と非航空系事業を単純合算すると、経常黒字は新千歳、福岡、広島、松山、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、小松の10空港(構成比37.0%)に過ぎず、17空港(同63.0%)は経常赤字に転落することがわかった。経常赤字額が多額の羽田は、設備投資に伴う減価償却費(393億4,200万円)の負担や支払利息(107億9,100万円)の営業外費用が重荷になる。例年、地権...

自動車部品業界の動向です。

2014(平成26)年度 自動車部品工業の経営動向

...高が25兆円を超えるのは、調査対象企業82社としての比較が可能な2008年度以降初めて。このような状況のなか、営業利益は前年比で5.8%、経常利益は6.6%の増益となったが当期利益は0.4%の増益にとどまった。各社の増益・減益要因を分析すると、営業利益の増益要因としては「好調な海外需要」や「為替換算の影響」、「生産合理化などの収益改善策の効果」が、減益要因としては「製品構成の変動」、「労務費・減価償却費・研究開発費の増加」、「円安による輸入原材料費高」、「一部...

2013年8月21日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年7月分不動産業業況等調査

... 社(14.3%)千代田区1 社(14.3%)5%後半6%台4 社(57.1%)2 社(28.6%)3 社(42.9%)2 社(28.6%)7%台8%以上(注) 純収益利回り=税引き前・金利控除前・減価償却前純収益(NOI)(5)代表的商業地における6ヶ月後(平成 25 年 1 月1日現在)の地価見通し上昇下落横ばい日本橋・八重洲など16 社( 76.2%)0社 (0.0%)5社( 23.8%)銀座・有楽町など14 社( 66.7%)1社 (4.8%)6社( 28.6%)青山・六本木・赤坂など14...

有価証券報告書・経営上の重要な契約等の分析‐ホスピタリティ&レジャー業界

...するホテルの営業終了に伴う固定資産譲渡契約や、所有するビルの建て替えに係る不動産開発契約であり、自社所有の固定資産に係る契約です。資産を自社で所有することは、賃借した場合の利息費用やマージン部分の負担が無いため一般的に毎期の費用計上額(減価償却額)は賃借した場合の賃借費用よりも低くすることができると考えられます。その一方で、仮に企業の収益力が低くなった場合には減損会計に基づき一時に大きな資産評価損を計上するリスクがあると言えます。すなわち両業界に係る重要な契約の開示からは、企業がどのような契約・賃借資産を重要視しているのかだけでなく、企業...

2010年2月8日ガートナーフィードバック数:8企業情報システム

日本のIT市場予測:2009年度に引き続き2010年度も縮小、本格回復は2013年度に

...担当社員) 人件費などが対象となる。キャッシュが中心で、減価償却費は含まない。本記事は著作権法により保護されています。無断転載、複製、複写は損害賠償の対象となることがあります。本記事の内容は信頼し得る情報源によるものですが、事象・出来事の極めて初動段階にあるものが含まれています。このため、結論、予測、推薦などにつきましては、ガートナーの初期分析に相当します。したがい、本記事における見解は、その後の情報収集や詳細な分析により調整や変更が生じることがあります。ガートナーの解釈、分析...

2013年11月12日秋田経済研究所フィードバック数:0社会/政治

国際教養大学が地域に及ぼす経済波及効果~経済波及効果は約40億円~

...費用並びに科学研究費補助金等の競争的資金の合計額は2,050百万円となり、このうち人件費に相当する費用1,242百万円は教職員・学生の消費の対象費用へ、それ以外の奨学費、租税公課、減価償却費等を除いた費用719百万円が教育・研究活動の対象費用となる。次に国際教養大学の教育・研究活動の対象費用719百万円について、大学からの支払状況調べにより県内・県外支払の別を整理すると、県内支払分が561百万円となり、これが県内最終需要増加額(直接効果)となる。この直接効果561百万円を産業連関表に投入し、生産誘発額を算出すると、一次波及効果が179百万...

2014年10月5日貿易研修センターフィードバック数:0ライフスタイル

東日本大震災から3年が経過した東北沿岸部の復興を担う水産加工業の現状と、復興・再生に向けた取組み

...補助、無償の事業用仮設施設提供等により、加工施設等は概ね8割方復旧したものゝ、嘗てのような従業員の確保が儘ならない状況にあり、建築制限規制によって今でも再建し得ない施設・事業所が見受けられる一方では、運良く国の復興支援事業を受けてハード施設・設備が整備されても従来の取り引きが再現できず、低稼働率を強いられているのが実態だ。もうひとつ、今から大きく立ちはだかって来る課題が固定費の増大であろう。人件費、減価償却、金利、水道光熱費..。大型化された工場でこれらの経費を吸収し、利益...

日本のシンガポールへの著作権料支払い額は約2000億円

...ガポール政府の知的財産権ビジネスの支援策である。シンガポール政府は知的財産権のビジネス拠点について企業立地優遇策を採り、研究開発や特許登録等を行う多国籍企業の進出に対し税法上の特典を与えている。特に、シンガポールで取得した知的財産をシンガポール法人に属することを条件に、税務上の減価償却による減税、研究開発事業資金免税、特許登録費用の所得控除などを認めている。シンガポールは、コンテンツの開発だけではなく、ITインフラを活用しコンテンツの“流通のハブ”“アジアの首都”を目指している。シンガポール国内で開発されるコンテンツの量には限りがあるから、外国...

2015年5月1日経済産業省★フィードバック数:0キャリアとスキル

役員報酬についての国際調査です。

日本と海外の役員報酬の実態及び制度等に関する調査報告書

...義を以下の表に示す。11役員報酬に関連付けられる各種経営指標の定義略字日本名称計算式・説明ROE自己資本利益率ROAEVA国内海外当期純利益÷自己資本○○総資産利益率当期純利益÷総資産○○経済的付加価値支払利息控除前税引後営業利益−資本○コスト額(株主資本に対する自己資本コストと借入金等に対する負債資本コストを加重平均したもの)EBITDA利払前・税引前・償税引前利益+減価償却費+支払利息○○却前利益EPS一株あたり利益当期利益÷発行済株式数○TSR株主総利益(配当+キャピタルゲイン)÷投資額○ROCE使用...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ