「炭素排出」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年10月8日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー源別標準発熱量・炭素排出係数の改訂案について - 2013年度改訂標準発熱量・炭素排出係数表(案) -

...エネルギー源別標準発熱量・炭素排出係数の改訂案について - 2013年度改訂標準発熱量・炭素排出係数表 -概要経済産業省資源エネルギー庁・環境省地球環境局からの依頼により、資源エネルギー庁・環境省地球環境局が関連諸団体の協力を得て収集した各種エネルギー源の2013年度における成分組成・物性値や発熱量の実測値を用いて、標準発熱量・炭素排出係数を算定した。現行標準値と比較して今次の新たな算定値は以下の特徴を有するものである。 - 国内で使用されている各エネルギー源について、2013年度...

炭素予算の破綻 低炭素経済指標2013

...PwCが2013年に調査した第5回目の「低炭素経済指標」の結果、世界の気温上昇を2100年時点で平均2度以下に抑えるためには世界全体のGDP当たり炭素排出量を毎年6%削減する必要があることがわかりました。しかし2007年から2012年の5年間における炭素削減率は平均0.7%に過ぎず、このままでは2100年までの許容炭素排出量、すなわち炭素予算を2034年までに使い果たしてしまう計算となります。この毎年6%という炭素削減率は極めて大きな数字ですが、一部...

2014年3月31日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査試験調査

...家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査試験調査の結果について(お知らせ) 我が国の家庭部門の二酸化炭素排出量は、2012年度には1990年度比約6割増加しており、より実態に即した効果的な対策の導入が喫緊の課題となっています。一方、我が国では、機器の使用状況を始めとする、家庭からの二酸化炭素の排出構造や排出削減の可能性を把握するための情報が十分に整備されておらず、こうした情報を精緻に把握する仕組みの必要性が指摘されてきました。こうした背景を踏まえ、環境省では、統計...

2014年11月14日経済産業省★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度のまとめです。

平成25年度(2013年度)エネルギー需給実績(速報)

...%の減少となりました。エネルギー源別では、原子力が▲96.8%と大きく減少し、一方、天然ガスが+20.2%、石炭が+5.4%、石油が+2.2%、再生可能・未活用エネルギーが+9.1%と増加しました。(3)エネルギー起源二酸化炭素排出量エネルギー起源の二酸化炭素排出量は、化石燃料消費量増加等により前年度比+1.4%で増加しました。東日本大震災前の2010年度と比較すると、2012年度は8千5百万トン増えていましたが、2013年度は更に1千6百万トン増加し、1億1百万トンの増加となりました。(注1)固有単位からエネルギー単位に換算する時の標準発熱量及びエネルギー単位から炭素単位に換算する時の炭素排出...

2015年4月14日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経産省のまとめです。

平成25年度(2013年度)エネルギー需給実績(確報)

...ルギー源別では、原子力が96.8%減と大きく減少し、一方、天然ガスが19.8%増、石炭が5.9%増、石油が1.8%増と増加しました。 (3)エネルギー起源二酸化炭素排出量エネルギー起源の二酸化炭素排出量は、化石燃料消費量増加等により前年度比1.1%増の増加となりました。東日本大震災前の2010年度と比較すると8.4%増、2005年度と比較すると1.3%増となりました。 (注1)エネルギー需給実績の基礎となる総合エネルギー統計を改訂し、また、総合エネルギー統計に適用するエネルギー源別標準発熱量及び炭素排出...

2015年1月9日埼玉県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

県内全市町村の2012年度の温室効果ガス排出量を推計

...:千t-CO2) 1 東秩父村(16.1) 2 長瀞町(43.8) 3 越生町(57.9)(3)減少率の大きい市町村(2011年度比) 1 越生町(▲32.3%) 2 皆野町(▲18.4%) 3 上里町(▲8.9%)(4)増加率の大きい市町村(2011年度比) 1 蓮田市(+27.5%) 2 ときがわ町(+27.5%) 3 滑川町(+26.7%) ※ 二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、ハイドロフルオロカーボン(HFC)、 パーフルオロカーボン(PFC)、六フッ化硫黄の6物質2 市町村別・部門別の二酸化炭素排出...

2015年4月1日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(ASSET)第1期(2012年度採択・2013年度排出削減実施)の排出削減実績と取引結果

...ホーム報道・広報報道発表資料先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(ASSET)第1期(2012年度採択・2013年度排出削減実施)の排出削減実績と取引結果について (お知らせ) 先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(ASSET)第1期(2012年度採択・2013年度排出削減実施)の排出削減実績と取引結果について (お知らせ)環境省では、業務部門・産業部門における温室効果ガス排出量の大幅削減のため、事業場・工場を対象に、エネルギー起源二酸化炭素排出...

2015年5月28日埼玉県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度の県内の温室効果ガス排出量(需要側)

...%の削減。 前年度比33万トン、0.8%の増加。(2) 二酸化炭素二酸化炭素の排出量は、3,680万トン(温室効果ガス全体に占める割合:94.1%)。 基準年度比466万トン、11.2%の削減。 前年度比24万トン、0.6%の増加。(3) その他ガスその他ガスの排出量は、233万トン。 基準年度比82万トン、54.6%の増加。 前年度比10万トン、4.1%の増加。2 部門別の二酸化炭素排出量(需要側)の概要(電力排出係数2005年度値固定) ・産業部門(工業プロセス部門含む) 1,328万ト...

2016年7月8日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

高額企業激増!「年間賞与が多い」トップ200

...う企業も数社存在している。2位には、JFEホールディングス傘下のJFEエンジニアリングが入った。支給額は355万円で、基準月数は7.4カ月分になる。次いで3位に新日鐵住金(348万円)が入った。トップ3は順位を含め、昨年と同じ顔ぶれになった。また、4、5位にも鉄鋼メーカーである神戸製鋼所(338万円)、JFEスチール(316万円)がそれぞれランクインした。 トヨタやリコーが「脱炭素経営」の先陣を切る一方、日本の政府の対応は遅れている。二酸化炭素排出抑制の仕組み「カーボンプライシング」で、環境省と経済産業省が対立。覚悟...

2015年3月11日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度改訂版「総合エネルギー統計」の開発について

...次産業などのエネルギー消費構造を精緻に把握すべく開始された大規模な一般統計調査であるものの、在来手法の集計処理を行っただけでは精度が不十分であり「総合エネルギー統計」に使用できない状況が継続していたところである。当該問題を解決するため、供給側では、石油精製部門において原油発熱量・炭素排出係数の銘柄別算定化などの精度改善方策を、需要側では、第三次産業部分においてエネルギー消費統計の個票を2013年度に筆者が開発した再集計方法を適用し、運輸部門では2010年度に開始された自動車燃料消費調査の結果を適用するなど各種の精度改善措置を講じることにより、1990年度から2013年度迄の改訂版「総合...

2014年4月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度(2012年度)エネルギー需給実績

...%と原子力が大きく減少し、天然ガスが+20.4%、石油が+4.5%と増加して、全体として▲5.5%と減少ました。エネルギー起源の二酸化炭素排出量は、原子力発電の順次停止、化石燃料消費量増加等により前年度比+2.9%で増加しました(1990年度比+14.0%)。東日本大震災前の2010年度と比較すると+7.5%と増加しました。(注1)本確報は各種一次統計等の確報値を基に作成しましたが、一部の統計等で確報未発表の部分があること等から今後一次統計値が修正されることがあります。このため、次年...

2015年3月22日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギーミックスと今後のシステム改革

...リオ7)、最大で49.8%(シナリオ2)となる。発電費用や二酸化炭素排出量の違いも顕著である。たとえば40年廃炉での原子力再稼働を仮定した場合、再稼働がない場合と比べると年間の発電費用(燃料費の他、年間固定費と再エネ賦課金を含む)は2兆円弱の減少、そして発電用燃料に係る二酸化炭素排出量(注3)の減少量は8千万トン強になる。この後者の数字は、わが国の二酸化炭素排出総量(2014年での13億1000万トン)の約6%に相当する。なお...

2016年11月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成27年度(2015年度)エネルギー需給実績(速報)

...、同0.9%p減となりました。なお、石炭は、発電用消費は減少するも、発電所や工場で在庫が積み増され、一次エネルギーの供給においては同0.7%p増となりました。・発電電力量の構成は、再生可能エネルギーで約13%(同1.0%p増)、原子力で約1%(同0.9%p増)、火力で約86%(同1.9%p減)となりました。 (3)CO2排出動向 エネルギー起源二酸化炭素排出量は、前年度比3.5%減と2年連続減少。 減少は、エネルギー需要減や電力の低炭素化等が要因。・CO2は東...

2013年10月21日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

排出量取引マーケットレポート 2013.10.18

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 排出量取引マーケットレポート 2013.10.18米国で発電所のCO₂規制案 ━実施までには曲折が予想される━ ◆マーケットサマリー(2013/9/20~2013/10/17)EUA価格は € 5の水準を挟んで一進一退◆関連トピック■米国で発電所のCO₂規制案 ━実施までには曲折が予想される━米国環境保護庁(EPA)から、火力発電所に対する二酸化炭素排出基準の見直し案が公表された。当初案 から...

2015年1月28日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のまとめです。

地中熱利用ヒートポンプシステムの設置状況調査

...地中熱利用ヒートポンプシステムの設置状況調査の結果について(お知らせ)地中熱を利用したヒートポンプは、年間を通じて温度変化の少ない地中を熱源とし、省エネルギー・二酸化炭素排出抑制・ヒートアイランド緩和に寄与します。環境省では、平成22年度から2年毎に全国の地中熱利用ヒートポンプシステム設置状況を調査しています。今般、本年度実施した調査の結果をとりまとめました。年間設置件数は年々増加傾向にあり、2012年と2013年には250件を超え、累計設置件数は、前回調査(2011年まで)の990件から2...

2015年3月11日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

総合エネルギー統計における石油精製部門のエネルギー・炭素収支の改善について

...出源となっている部分が存在する可能性が環境省の関連検討会において指摘されており、石油精製部門についてのエネルギー・炭素収支の統計精度の向上が課題となっていた。本稿においては、関連する各種の公的統計値を基礎に2013年度から適用される新たな標準発熱量および炭素排出係数など最新の知見を用いて過去の石油精製部門のエネルギー・炭素収支を正確に再計測し、重質油分解触媒の再生時の排出などと推定される部分と、なお誤差と推定される部分を分離して推計する手法を開発した。当該結果から、総合エネルギー統計において当該手法を用いて算定される石油精製部門における重質油分解触媒の再生時のエネルギー...

2014年7月3日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

グローバルでの政策課題についてのレポートです。

今後数十年で所得格差の拡大により世界の成長は鈍化する

...OECDによると、今後数十年で所得格差の拡大により世界の成長は鈍化する2014年7月2日最新のOECD報告(「今後50年間の政策課題」)は、2060年の世界展望を示しており、それによると、今後世界経済成長の鈍化や所得格差の拡大が予測されます。高齢化及び新興国の緩やかな失速により、世界の成長率は2010~2020年の3.6%から2050~2060年には2.4%へと鈍化し、イノベーションや技能投資に益々牽引されるようになります。「今後50年間の政策課題」によると、二酸化炭素排出...

電源構成等の情報開示に関するアンケート調査

...2016 年 5 月 30 日電源構成等の情報開示に関するアンケート調査結果報告全国消費者団体連絡会2016 年 4 月 1 日より電気小売事業の全面自由化がスタートしました。消費者が主体的で合理的な選択をするためには、購入する電気の電源構成(再生可能エネルギーや化石燃料、原子力といった発電源に関する情報)や二酸化炭素排出係数に関する情報提供が重要です。そこで、家庭向けの電気小売事業を行っている(予定している、あるいは検討している)事業者に向けて、電源...

2013年7月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

オバマ政権の気候変動対策

...は中国やインドとの調整を進めて、今後、国際的な取組みを主導していくことを宣言した。「大統領気候行動計画」は、1)国内の炭素汚染削減策、2)国内の気候変動影響への適応策、3)国際的な取組みの主導、の3本柱から構成されている。1)の炭素汚染削減策では、最初に最大排出セクターの発電所の規制策について記述されている(図表1)。新設発電所に対しては、炭素排出基準を設けるよう環境保護庁(EPA)に指示している。一部の議員は経済活動を後退させると反発しているが、現行の大気浄化法の下で規制が進む見通しである。また、既設...

2013年9月19日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国際輸送部門における環境政策に関する経済分析

...戦略に関わる経済分析」プロジェクト世界的な貿易と直接投資の拡大が続く中、資源、中間財および最終財といった物品の国際輸送、さらにビジネスや観光目的の国際旅客輸送も増加の一途である。この結果、国際海運と国際航空からの温室効果ガスの排出量が急増している。経済協力開発機構(OECD)によると、1990年と2008年の二酸化炭素排出量を比べると、国際海運については63%増、国際航空については76%増である。今後も排出量は増加することが予想されており、何らかの対策が求められている。しかし、国際海運と国際航空(以下では国際輸送)の性...

2013年11月20日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

京都議定書の目標達成見込みとのことです。

2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(速報値)

...年度)の5カ年平均で基準年比8.2%減(注5)となり、京都議定書の目標(基準年比6%減)を達成する見込みとなりました。 2012年度の我が国の温室効果ガスの総排出量(速報値)は、13億4,100万トン(二酸化炭素換算)でした。これは、京都議定書の規定による基準年(CO2、CH4、N2Oは1990年度、HFCs、PFCs、SF6は1995年)の総排出量と比べると、6.3%(7,980万トン)の増加となっています。また、2011年度の総排出量(13億800万トン)と比べると、発電に伴う二酸化炭素排出...

2015年6月24日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー需給の調査です。

平成26年度エネルギー環境総合戦略調査(エネルギー需給動向調査)

...・業務他の各部門毎に各種要因に分解し、原因となる因子を抽出し、増減の原因を説明しながらエネルギー需給動向を分析するよう配慮した。また、エネルギー起源二酸化炭素(CO2)の排出量の増減にも要因分析を適用し、上記部門毎に活動因子、省エネルギー因子、脱炭素因子に分解し、CO2排出量の動向を分析した。平成25年度速報版から標準発熱量および炭素排出係数の改訂値が適用されたことを受け、現行の標準発熱量および炭素排出係数を使用した場合と改訂値を使用した場合を比較し、改訂の影響を分析した。一方、平成25年度...

2015年4月3日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

炭素価格の導入における中国輸出貿易コストへの影響分析(その1)

...の上昇による地球温暖化は持続可能な発展に直面する重要な課題となっている。今や、二酸化炭素の排出と気候変動への対応は、各国政府、国際社会が注目する環境問題の重大なテーマである。 二酸化炭素排出量を制限するには、規制的手法と経済的手法がある。前者は、個々の二酸化炭素大量排出者が自ら行動をコントロールできるような一定の排出基準を設定し、政府が制定する法律法規のもと、その遵守を強制するものであり、後者は税金や補助金制度、排出量取引制度など、市場メカニズムの機能を前提として、経済的なインセンティブを与えることにより政策目的を達成しようとするものである。たとえば、炭素...

47都道府県の再生可能エネルギー設備導入状況

...は再生可能エネルギーの固定価格買取制度がスタートし、太陽光発電を中心に再生可能エネルギーの導入が急速に進んでいます。 2016年11月には、2015年のCOP21で採択された地球温暖化対策の新しい国際ルール「パリ協定」が発効しました。これにより、日本政府並びに産業界では二酸化炭素排出削減に向け一層の努力が必要とされています。石油由来の化石燃料等に代わり、再生可能エネルギーの導入拡大が、温暖化防止の大きなファクターとなるものと期待されます。 こうした再生可能エネルギーを取り巻く状況を踏まえ、全国47都道府県の再生可能エネルギーの導入状況、先進...

2014年4月15日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温室効果ガス排出量です。

2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(確定値)

...。以下「基準年」という。)の総排出量と比べると、6.5%(8,180万トン)の増加となっています(注2)。2011年度の総排出量(13億700万トン)と比べると、発電に伴う二酸化炭素排出量が増加したことなどにより、2.8%(3,660万トン)増加しています。その要因としては、製造業の生産量が減少するとともに、家庭部門で節電が更に進む一方で、東日本大震災以降の火力発電の増加によって化石燃料消費量が増加したことなどが挙げられます。京都議定書第一約束期間(2008〜2012年度)の5カ年...

市場データです。

日本の燃料電池自動車の販売台数予測

...世代の発売を可能な限り早期かつ大規模なものにしていくことが求められる。水素ステーションについても、2015年の設置目標100箇所に対し現時点での設置決定は42箇所に留まっている状況から、市場本格化に備えた整備の着実な推進が必要だ。また同時に、当面高額なFCVの初期需要を喚起し、FCV需要が限定される当面のステーション事業を支えるためには、政府および地方自治体による支援が不可欠となる。さらに、将来のエネルギーセキュリティや環境対応といった効果を実現するためには、FCV以外の水素活用製品普及による水素需要の拡大、製造過程での二酸化炭素排出...

2014年12月4日資源エネルギー庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

見やすくまとまっています。

「日本のエネルギー2014」(簡易リーフレット版)

...率石炭火力の導入磯子火力発電所・2002年に新1号機、2009年に新2号機が運転開始。・総出力:120万 kW(1号機、2号機総計)・熱効率(発電端、LHV):約45%(世界の平均:約35%)・二酸化炭素排出係数:約0.75kg-CO2/kWh(世界の平均:約0.96kg-CO2/kWh)・硫黄酸化物(SOx)排出:10ppm(旧 1・2号機 60ppm)、 窒素酸化物(NOx)排出:13ppm(同 159ppm)写真提供:電源開発石炭火力発電は安定供給と経済性に優れていますが、CO2 の排出量が大きいのが問題点です。日本...

2014年2月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

「石油小国(?)」インドネシア

...率の石炭火力発電や、地熱をはじめとする自然エネルギーに転換されつつある。一般家庭燃料でも、より安価で自給可能なLPガスの普及活動が進められており、2012年半ばには全土で5千万世帯以上へのLPガスボンベと簡易コンロの無償配布が完了している。世界的にも、今後はより二酸化炭素排出量の少ないエネルギーへの転換が進むことは間違いないと思われ、もはやインドネシアが「石油大国」の肩書に固執する必要はないのかもしれない。幸いインドネシアは、上記の天然ガスに加え、アブラヤシ等から採取する生物燃料、地熱...

2013年6月21日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成24年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(円借款・民活インフラ案件形成等調査及び評価・フォローアップ事業に係る事業管理支援業務)案件要約表

...酸性雨の観点から貴陽市以外の主要都市への技術導入も併せて検討する。(2)事業効果:環境改善便益①貴陽市都市ガス拡張計画:年間石炭削減量445(103ton/year)、年間二酸化炭素削減量464.9(103ton/year)=54%、二酸化炭素排出削減のための費用6300(Yen/(CO2ton/year))、二酸化硫黄排出削減量37.5(103ton/year)=91%②安順市都市ガス計画:年間石炭削減量151(103ton/year)、年間二酸化炭素削減量202.9(103ton/year)=69%、二酸化炭素排出削 減のための費用9200(Yen...

2014年5月6日日本産業機械工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

欧州のCCSの状況について(その1)

...セージを伝えられていないことを理解すべきである。我々のコミュニケーション・プログラムは資金不足で不十分である。明確な焦点または特定の目的を持ちあわせていないように見える。ロビイストは権力のあるところにそっと近づくが、彼らは CCS を支持していない。再生可能エネルギー支持者と CCS 支持者の間には、緊張や競争の両方が存在する。この緊張の全てが、CCS への投資の原動力として期待された EUの炭素排出権取引制度(EU-ETS)以降により大きくなった。CCS を発展させるには、直接的な財政支援が必要である。我々は、再生可能エネルギーと CCS...

2015年4月2日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2030年の電源構成 過大な省エネは国民負担

...が中長期の事業計画を構築しやすいよう現実性の高いシナリオであり、経済合理性を度外視した積算ではノイズでしかない。電力需要の過小推計のもとに電力供給が計画され、もし将来に想定を上回る需要が現実化したとき、コインの表面(数量側)から見れば電気使用制限か停電、あるいは老朽火力の発電増加などでCO₂排出量が膨らんで海外から排出枠を購入するという負担を余儀なくされる。コインの裏面(価格側)から見れば、需要を大幅に減少させるため、筆者の試算では電力価格の倍増が必要となる。その結果、日米の需給見通しに基づけば、日本の電力および炭素排出の価格は30年にはともに米国の5倍も...

2015年4月3日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

炭素価格の導入における中国輸出貿易コストへの影響分析(その2)

...国内エネルギーコスト比率分布図(2007年)Fig.5 Sector export proportion and domestic energy cost proportion scatter diagram (2007)  現在、国内での二酸化炭素排出量取引制度の導入はまだ実験段階であるが、必然的に、企業と輸出入貿易、ひいては経済全体に影響が波及することになるであろう。特に、電力コストに顕著な影響が出るはずである。国内の排出量取引制度の構築にはさまざまな課題があり、中でも電力企業にとって、炭素...

2014年4月16日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

研究開発の俯瞰報告書 環境・エネルギー分野(2013年)第2版

...制約下で持続可能な社会を構築していくために必要なさまざまな技術が組み合わされた、課題駆動の科学技術分野である。対象となる範囲は広く、さまざまな科学技術知識の動員が必要である。本書は、独立行政法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター(JST-CRDS)が、第一線で活躍する研究者あるいは当該領域の有識者の協力を得て、諸外国の研究動向も含めて、環境・エネルギー分野を俯瞰し調査した結果をまとめたものである。俯瞰を行うにあたり、東日本大震災や福島原発事故など昨今の国内情勢を踏まえ、エネルギー分野を中心に俯瞰を行った。まず、我が国のエネルギー・フローならびに資源輸入額と二酸化炭素排出...

テクノロジー企業成長率ランキング 2015年 第14回「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」

...年の13社から2015年は48社と大幅に増加した。デロイト中国 TMTインダストリーのマネージングパートナー Po Houは、「中国政府は2030年を期限とした新たな気候目標の達成に向けて努力しており、今後はさらなる炭素排出削減策だけでなく、再生可能エネルギーの開発支援策も講じられると予想されます。サブセクターに関しては、廃棄物処理や生物処理の展望は上向きですが、太陽光発電や風力発電の従来型企業は供給過剰により苦戦が予想されます」と述べた。バイオテクノロジー、医薬品、医療...

2015年2月8日浜銀総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

今後の成長が見込まれる水素関連産業

...社会の実現を目指す大きな目的のひとつは、資源の枯渇や利用時の二酸化炭素排出といった課題がある化石資源に対する依存度を低減することである。現状、国内の水素供給体制には環境面やコスト面の課題があるが、課題解決を進めることで水素の利用が本格的に拡大していくと見込まれる。わ が 国 で は 、 水 素 を 燃 料 と す る 燃 料 電 池 車 ( 注 )( 以 下 「 F C V ( Fuel CellVehicle)」)の市販開始に代表されるように、水素関連のビジネスがすでに立ち上がり始めている。今後、国が...

2015年3月17日トレンダーズ★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

意識調査です。

「電力・エネルギー問題」に関するレポート

...期間(2008年~2012年)において、温室効果ガスの排出量を、目標値である6%を大きく上回り、1990年比で8%以上削減した日本。景気の低迷による排出量の減少はあったものの、そこには産業界の身を切るような削減努力による寄与が大きかったと言えます。しかし、東日本大震災後には火力発電による化石燃料の消費が急速に拡大。経済の回復も重なり、2013年には、過去最大量の二酸化炭素排出量を記録し、火力発電の原子力発電代替による排出量の増大は1990年比で9%程に値します。それ...

2015年6月4日科学技術振興機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

科学技術振興機構のまとめです。

研究開発の俯瞰報告書2015年 ライフサイエンス・臨床医学分野

...なると考えられる。グリーンバイオ分野、バイオリファイナリー関連では、DOE 主導により、2014 年セルロース系バイオエタノール製造プラントの生産が開始された。これは二酸化炭素排出量年間約 21 万トンの削減につながる。また、DARPA 主導により、1000 分子プロジェクトが開始された。基幹となる化合物 1,000 種類をバイオテクノロジー技術により作製するプロジェクトである。<欧州>英国、独国、仏国を中心に、歴史的に基礎研究は強く、米国と比肩している。英国のサンガー研究所には、50 台以...

2014年3月30日経済産業省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備(東アフリカの無電化地域などにおけるITを活用した送配電網及び課金システム構築に関する事業可能性の調査研究)報告書

...実証事業…………………………………………67ii第Ⅰ部 調査研究の概要11.本調査概要1.1. 本調査の目的背景世界の電力エネルギーを取り巻く状況は、化石資源価格の高騰、二酸化炭素排出量の増加等の問題を受け、太陽光発電や風力発電を中心とした再生可能エネルギーの導入が促進されているが、その発電の不安定性が故に IT を活用して電力をコントロールする送配電網が注目されている。大規模電源からの受電が難しい開発途上国の無電化地域においては、再生可能エネルギーを用いた小規模・自立分散型の送配電網(ミニグリッド)を構...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度「インフラ・システム輸出促進調査等委託事業 (グローバル市場におけるスマートコミュニティ等の事業可能性調査)」調査報告書(株式会社 東芝)

...地域への経済波及 ................................................................................257. まとめ........................................................................................... 261. 調査の背景と目的1.1 調査背景1.1.1 中国における環境保全への取組と低炭素環境都市2011 年 3 月に策定された中国の第 12 次 5 ヶ年計画において、「省エネルギー・環境配慮型社会の構築」が示され、2015 年までに GDP 当たりのエネルギー消費量 16%削減、GDP 当たりの二酸化炭素排出...

2014年7月25日三重銀行フィードバック数:0大型消費/投資

海外からの誘客力強化が期待されるわが国観光~全国・中部・三重の観光産業の現状と今後の課題~

...ンフラの質118位外国人雇用の容易性7( 3 )フ ラ ン ス3位モバイルブロードバンド加入率115位二酸化炭素排出量の少なさ8( 9 )カダ4位国内線航空座席数113位国際交通関連の税・利用料の高さ9( 5 )ス ウェー デ ン5位従業員の研修範囲109位10(10)シン ガ ポ ー ル6位陸上輸送ネットワークの質11(13)オーストラリア7位国際線航空座席数12(19)ニュージーランド7位世界文化遺産の数13(14)オ ラ ン ダ9位国際フェア、展示会の数14(22)日10位世界自然遺産の数ナ本( 注...

2014年3月14日京都大学フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

家電エコポイント制度が消費者の省エネ家電の購入選択に与えた効果

....Key Words: energy-efficient appliance, Eco-point system, subsidy, logit model, questionnaire survey*京都大学経済研究所先端政策分析研究センター**東北大学経済学研究科1はじめに現在の我が国では,地球温暖化対策の必要性に加え,原子力発電所の停止による電力不足からもエネルギー効率性の向上が必要不可欠となっており,産業,業務,家庭,運輸といったあらゆる部門で省エネルギー対策が求められている。この中で,家庭部門は二酸化炭素排出...

2013年9月12日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成24年度経済連携促進のための産業高度化推進事業(インドネシアにおける石油化学産業強化に関するキャパシティービルディング訪日ミッション招聘事業)報告書

...ネルギー概要同事業所で行われている省エネルギー活動の取組みと成果、省エネルギー教育の概要及び導入された省エネルギー設備の説明を行った。省エネルギー活動の成果として、同事業所の二酸化炭素排出量が 1990 年の 210 万トンから 2011 年には 110 万トンにまで削減された。主な省エネルギー設備の導入事例として:Dynamic Matrix Control によるプラント高度制御、流体ポンプのインナーケーシングコーティング、スチームトラップ保全のアウトソー14シング、吸収式冷凍機の高効率化、残存酸素量の高度管理等の紹介があった。その後、プラ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ