「炭素排出係数」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年4月14日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経産省のまとめです。

平成25年度(2013年度)エネルギー需給実績(確報)

...ルギー源別では、原子力が96.8%減と大きく減少し、一方、天然ガスが19.8%増、石炭が5.9%増、石油が1.8%増と増加しました。 (3)エネルギー起源二酸化炭素排出量エネルギー起源の二酸化炭素排出量は、化石燃料消費量増加等により前年度比1.1%増の増加となりました。東日本大震災前の2010年度と比較すると8.4%増、2005年度と比較すると1.3%増となりました。 (注1)エネルギー需給実績の基礎となる総合エネルギー統計を改訂し、また、総合エネルギー統計に適用するエネルギー源別標準発熱量及び炭素排出係数...

2014年11月14日経済産業省★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度のまとめです。

平成25年度(2013年度)エネルギー需給実績(速報)

...%の減少となりました。エネルギー源別では、原子力が▲96.8%と大きく減少し、一方、天然ガスが+20.2%、石炭が+5.4%、石油が+2.2%、再生可能・未活用エネルギーが+9.1%と増加しました。(3)エネルギー起源二酸化炭素排出量エネルギー起源の二酸化炭素排出量は、化石燃料消費量増加等により前年度比+1.4%で増加しました。東日本大震災前の2010年度と比較すると、2012年度は8千5百万トン増えていましたが、2013年度は更に1千6百万トン増加し、1億1百万トンの増加となりました。(注1)固有単位からエネルギー単位に換算する時の標準発熱量及びエネルギー単位から炭素単位に換算する時の炭素排出...

2015年3月11日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度改訂版「総合エネルギー統計」の開発について

...次産業などのエネルギー消費構造を精緻に把握すべく開始された大規模な一般統計調査であるものの、在来手法の集計処理を行っただけでは精度が不十分であり「総合エネルギー統計」に使用できない状況が継続していたところである。当該問題を解決するため、供給側では、石油精製部門において原油発熱量・炭素排出係数の銘柄別算定化などの精度改善方策を、需要側では、第三次産業部分においてエネルギー消費統計の個票を2013年度に筆者が開発した再集計方法を適用し、運輸部門では2010年度に開始された自動車燃料消費調査の結果を適用するなど各種の精度改善措置を講じることにより、1990年度から2013年度迄の改訂版「総合...

2015年6月24日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー需給の調査です。

平成26年度エネルギー環境総合戦略調査(エネルギー需給動向調査)

...・業務他の各部門毎に各種要因に分解し、原因となる因子を抽出し、増減の原因を説明しながらエネルギー需給動向を分析するよう配慮した。また、エネルギー起源二酸化炭素(CO2)の排出量の増減にも要因分析を適用し、上記部門毎に活動因子、省エネルギー因子、脱炭素因子に分解し、CO2排出量の動向を分析した。平成25年度速報版から標準発熱量および炭素排出係数の改訂値が適用されたことを受け、現行の標準発熱量および炭素排出係数を使用した場合と改訂値を使用した場合を比較し、改訂の影響を分析した。一方、平成25年度...

2014年12月4日資源エネルギー庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

見やすくまとまっています。

「日本のエネルギー2014」(簡易リーフレット版)

...率石炭火力の導入磯子火力発電所・2002年に新1号機、2009年に新2号機が運転開始。・総出力:120万 kW(1号機、2号機総計)・熱効率(発電端、LHV):約45%(世界の平均:約35%)・二酸化炭素排出係数:約0.75kg-CO2/kWh(世界の平均:約0.96kg-CO2/kWh)・硫黄酸化物(SOx)排出:10ppm(旧 1・2号機 60ppm)、 窒素酸化物(NOx)排出:13ppm(同 159ppm)写真提供:電源開発石炭火力発電は安定供給と経済性に優れていますが、CO2 の排出量が大きいのが問題点です。日本...

2015年1月9日埼玉県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

県内全市町村の2012年度の温室効果ガス排出量を推計

...プロセス部門が大きな割合を占める、横瀬町、日高市、熊谷市はその他の部門の排出割合が相対的に小さくなっています。 ※市町村別の温室効果ガス排出量の詳細は、報告書をご覧ください。 リンク切れのためURLを削除しました。 <備考>・ 温室効果ガス排出量の算定について 環境省「地球温暖化対策地方公共団体実行計画(区域施策編)策定マニュアル」に記載されている方法を参考として推計。 電力の二酸化炭素排出係数は、各年の東京電力の排出係数を使用。・ 各部門の主な排出源 産業部門 :製造業、鉱業、農業、建設業における動力、熱等の使用 家庭...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ