「燃料輸入」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年4月15日内閣府★フィードバック数:13製造業/エレクトロニクス

日本の貿易収支とそこに大きな影響を持つ化石燃料についてのデータです。

鉱物性燃料の輸入動向

...製品や通信機は増加した。(注2) 2012年9月及び10月の鉱物性燃料輸入金額の変動については、10月からの環境税(地球温暖化対策税)導入を控えた駆け込み需要とその反動減と見られる。問合せ先参事官(経済財政分析-総括担当)付中島 岳人 直通:03-3581-9527 本レポートの内容や意見は執筆者個人のものであり、必ずしも内閣府の見解を示すものではない。 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)Copyright©2014 Cabinet Office...

インドネシア新大統領による経済改革と中央銀行による利上げ

...ドド大統領により選挙公約として掲げられていたもので、新大統領による初の大規模な経済改革といえます。これまで燃料価格を抑えるために使われていた補助金を削減し、燃料価格を引き上げたことで、財政の負担が減り、インフラ整備や医療、教育へより多くの予算を充てることが可能になることに加え、国内の燃料消費を抑えることで燃料輸入の増加を抑制し、経常赤字の削減にも寄与すると見られています。また、新興国景気が全般的に弱含む中、海外投資家による新興国資産の売り圧力が強まる局面もあることから、今回の利上げは、マネーの海外流出を防ぎ、足元...

2014年3月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

貿易収支赤字の要因(1)~原発停止で4兆円赤字拡大

...ット取引の増加を通じてLNG価格を上昇させることになった。仮に原発が停止していなければ、鉱物性燃料輸入量は10%程度少なく、LNG輸入価格は20~30%程度低かった可能性がある。結果として、原発が停止していなければ、輸入金額は4兆円程度少なかったと考えられる。これは裏を返せば、原発が再稼働しても、貿易収支赤字幅は4兆円程度しか縮小しないということを意味する。◆貿易収支赤字幅の拡大には空洞化の影響が大きく、円安によるJカーブ効果の発現に時間がかかっていることも影響している(空洞化、円安が貿易収支に与える影響については、貿易...

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

日本経済 ~アベノミクスに対する誤解~

...輸入価格も国際相場の値下がりが円安を相しろ、そうした局面でデフレ下にある中でも、殺しており、ガソリン価格も3月から 13 週連2005 年に基本給は一時的に上昇している。し続で下がっている。たがって、肝心の基本給については、過去の一方、3ヶ月平均の化石燃料輸入価格が3厳しい経験を踏まえても遅くとも3年、むしヶ月後の燃料費に反映される電気料金についろ高すぎる賃金の調整が片付いている現状をても、これまでの値上げの半分以上はLNG踏まえれば、早くて再来年ぐらいには増加がそのものの上昇によるものである。したがっ期待できる。て、年明...

2014年1月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

内需主導の景気拡大と貿易赤字

...て換算の輸入価格が上昇するため、一旦は貿易赤字が拡大する。しかし、価格競争力の向上が輸出数量を押し上げる効果が徐々に顕在化することで貿易赤字は縮小へ向かうと考えられてきた。この、いわゆる「Jカーブ効果」がなかなか発現しない(もしくは弱い)ことが、このところの貿易赤字拡大の主因であると言える。しかし、貿易赤字の拡大が続く理由は、輸出数量の伸びが鈍いことだけではない。輸出数量が伸び悩む一方で、輸入数量の増加が続いていることにも注目すべきであろう。過去の推移を見ると、輸出数量と輸入数量は非常に高い連動性を持っていた。この連動性は、東日本大震災以降の原子力発電所の稼働停止に伴う燃料輸入...

2015年4月12日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力需給の短期予測です。

2016年度までの日本経済と電力需要の短期予測-原油価格変動と原子力稼働のシミュレーション分析-

...,原油価格が標準予測よりも 30 ドル低下する場合の標準予測への影響である.その場合,実質 GDP は,実質所得の拡大と輸出価格の低下により内外需ともに増加し,前年度比 1.4 % 増から同 1.8 % 増まで上方修正される.第 2 は,原子力発電量が 1,300 億kWh 増加する場合の標準予測への影響である.その場合,実質 GDP は,発電用鉱物性燃料輸入の減少を主因に,同 1.4 % 増から同 1.6 % 増に上方修正される.Japanese business condition has...

2014年1月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国際収支(2013年11月) ~経常赤字が過去最大。季節調整値でも3ヶ月連続の赤字に~

...の実質輸出は、7-9月期に低迷した ASEAN 向けの持ち直しや中国向けの緩やかな増加を主因に増加傾向での推移となっている。一方、輸出も燃料輸入の高止まりや堅調な内需に伴って増加基調が続いている。○所得収支黒字は引き続き高水準で推移貿易外収支(季節調整値)の動きをみると、所得収支は 12,840 億円の黒字(10 月:13,154 億円黒字)と黒字幅が小幅縮小した。2ヶ月連続の黒字額縮小となったが、後述するように所得収支の黒字は緩やかな拡大局面にあるとみて良いだろう。所得収支の内訳をみると、直接投資収益(10...

2013年3月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

主要な経済指標の発表予定と予測(3月18日~3月22日)

...は貿易統計や全産業活動指数が発表される。貿易収支は大幅な赤字21日に発表される2月の貿易統計は、貿易収支が8,781億円の赤字(1月1兆6,309億円の赤字)、輸出金額が前年比+1.8%(1月同+6.4%)、輸入金額が同+18.5%(1月同+7.3%)と予測する。中国の春節休暇の影響で輸出金額の伸びは1月から鈍化する見通しである。他方、輸入金額は円安による輸入価格上昇と燃料輸入の増加を受けて前年比二桁増が見込まれる。輸出金額の増加幅を輸入金額の増加幅が上回り、貿易収支は大幅な赤字が続く見通しである。1全産業活動指数は2カ月...

2014年6月12日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済と電力需要の予測です。

2014・2015年度 日本経済と電力需要の短期予測(2014年6月)

...増税後の実質所得の落ち込みによる民間消費の減少(−要因)内需堅調の輸入増 + 原子力発電停止による燃料輸入増(−要因)<2015年度>(寄与度:内需+0.8%ポイント、外需+0.1%ポイント)震災復興関連公共事業の一巡による公共投資の大幅な減少(−要因)雇用所得環境の改善による民間消費の持ち直し(+要因)世界経済回復持続による外需のプラス寄与(+要因) 2. 電力需要の短期予測(本文P2)上記日本経済の標準予測と、2013年度並みの気温、至近の電力各社の料金改定状況を前提とすると、販売電力量(10社計)は、【販売電力量】 2013年度は前年度比0...

2013年9月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2013年8月) ~8月輸出はリバウンド。輸出は持ち直し傾向にある~

...された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。が背景にある。もっとも、燃料輸入の高止まりなど背景に赤字幅は依然大きく、貿易赤字の解消は当面見込めない。○輸出は先進国経済の牽引や円安効果で持ち直しが継続する見込み先行きの輸出も、持ち直しが続くだろう。足元では、北米向け自動車などにおいて輸出物価(契約通貨建)に下落の動きがみられており、円安による価格競争力の向上が今後の実質輸出を押し上げることが見込まれる。さらに米国経済の回復継続も、輸出の追い風となろう。これ...

2014年2月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2014年1月) ~輸出は春節による下押しもあり減少~

...%)がコンセンサスを下回る一方、輸入金額(同+25.0%)が予想を上回ったことで、貿易赤字は予想対比で大きなものとなった。季節調整値でみても、1兆 8,188 億円の大幅な赤字である。輸出が伸び悩む一方で、輸入は燃料輸入や消費税率引き上げ前の駆け込み需要などを背景に高い伸びが続いており、貿易赤字は高水準での推移が続いている。○輸出は春節による下押し圧力が影響物価変動の影響を除いた 2014 年1月の実質輸出(実質化、季節調整は第一生命経済研究所試算)は、前月比▲1.9%と2ヶ月ぶりに減少した。輸出...

エネルギー基本計画を巡る議論(前編)

...先<>, (参照2014年6月).(注1)2013年の原発停止分を代替する火力発電燃料輸入費が3.6兆円と推計された(需給委2013)。ただし茂木経産大臣はこの二割が化石燃料の国際価格の上昇分、一割が為替の変動分と説明(国会答弁2014)。...

2014年2月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2013年10~12月期1次QE概要

...%Pt国内需要が高い伸びを維持する一方、10~12月期は外需が引き続き大幅なマイナス寄与となり、成長率の下押し要因となった。輸出は前期比+0.4%(7~9月期同▲0.7%)と2四半期ぶりに増加した。自動車関連や一般機械を中心に夏場の低迷から持ち直したが、東南アジア向けの弱さが続いたことなどから、輸出の伸びは小幅にとどまった。他方、建設需要の増加や駆け込み需要の顕在化、電力用の燃料輸入の拡大などに伴って輸入の伸びが前期比+3.5%(7~9月期同+2.4%)に一段と高まったため、外需...

日米の物価上昇率逆転をどうみるか

...が進んでいるためドルベースの原油価格下落の影響が薄まっていること、(2)ガソリン価格に占める税金の割合が高いため、原油価格下落の影響を受けにくいこと、(3)エネルギーに含まれる電気代、ガス代の燃料費調整は過去3ヵ月平均の燃料輸入価格をもとに2ヵ月後の料金を決める仕組みとなっているため、原油価格の反映が遅れること(LNGは調達価格が原油連動型の長期契約になっているため料金への反映がさらに遅れる)、などである。このうち(3)については、日本では電気代、ガス代は既往の原油価格下落の影響がこれから本格的に表れることになる。しかし、原油価格は15年初...

2014年3月10日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「電気・ガス・熱供給・水道業」向け貸出金総額は震災前からほぼ倍増

...行が14.5%増、中国9行が11.4%増、九州21行が6.2%増、関東(東京を除く)17行が5.6%増、東北15行が5.44%増、北陸6行が5.41%増、北海道2行が5.1%増、中部14行が0.3%減だった。電力会社の資金需要に対して、大手銀行と地元の地域銀行が対応した様子がうかがえる。 銀行の「電気・ガス・熱供給・水道業」向け貸出が増加したのは、原発停止で社債発行が難しくなったほか、電力会社の火力発電の比率が高まり、液化天然ガスや石油などの燃料費が膨らんだことがある。さらに、円安で燃料輸入...

Co2削減、エネルギーについてのレポートです。

2050年、05年比でCO2、6割削減は可能

...燃料価格の上昇を前提に考えると、CO 2 削減は化石燃料輸入を削減し、経済的にhttp://www.jcer.or.jp/1日本経済研究センターエネルギー環境選択の未来「2014 年度報告」巨額な利益になる。50 年度までに年平均4兆円のメリットをもたらす。ただし化石燃料価格が実質横ばいで推移すると、逆に4兆円弱の削減費用が生じる。6.確実に削減を実現するためには、排出量に上限を設けるか、CO 2 排出量に炭素価格をつける大型の環境税や排出量取引制度などの措置が必要になる。燃料価格が上がらない状況で環境税を導入し 50 年に 6...

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円安でも復元しない貿易赤字 ~製品輸入が増えるとJカーブ効果は働きにくい~

...機械は黒字から赤字に転嫁する可能性がある。改めて、産業競争力の問題を考えさせられる。ずるずると拡大する貿易赤字2013 年 11 月の貿易赤字(季節調整値)は過去最大になっている。これから円安がどのくらい進めば貿易赤字は縮小するのか。これまで「安泰だ」とエコノミストたちが言い続けてきた経常収支ですら、ここ 3 か月連続(2013 年 9・10・11 月)は赤字に転落している。筆者を含めて、2011 年の震災以来の火力発電の稼働によって「燃料輸入を増えたから貿易赤字なのだ」と信じていた。そして、エネルギー政策の立て直しと、円安...

ICT産業の貿易収支とサービス収支が示す課題

...輸入の増加のために大幅な赤字計上となっていることに最近の大きな変化を感じます。さらに、直近2014年上半期の貿易収支も7.6兆円の赤字となっていて、半期ベースで過去最大の赤字規模となっています。この要因でしばしば論評されることは、原発停止による原油やLNG等鉱物性燃料輸入の増加で4兆円規模の赤字拡大がみられたということです。しかし、逆からみれば2013年の貿易収支赤字11.5兆円のうち、4兆円しか影響していないということでもあります。原発停止の影響が約4兆円とすると黒字から赤字への変化の残りの要因としては、短期的には急激な円安による輸入価格の上昇の影響が約3兆円、加え...

2014年9月26日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【円安の影響をどうみるか(2)】円安進行の景気への影響をどうみるか-貿易面では100 円台前半が最適、全体では株価動向が左右

...果が低下していると考えられる。海外生産シフトや日本製品の競争力低下によりそもそも国内製造基盤が縮小し、円安でも輸出数量が伸びなくなっているからである。さらに、原発稼働停止に伴う化石燃料輸入の増加、輸入浸透度上昇による輸入増の結果、輸入量が輸出量を上回るようになっていることで、かつてのように円安=景気にプラスとは言えなくなっている。もちろん部門別に影響は異なる。大企業製造業を中心とした輸出部門では円安は収益にプラスに働く。一方、非製造業や中小企業に多い輸入部門にとっては輸入コスト増を通じてマイナスに作用する。したがって、マク...

2013年6月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2013年6月10日~6月14日)

...収支は、これまで急ピッチで進んできた円安には足元一服感があるものの、豊富な対外純資産を背景に高水準の黒字を維持する公算が大きい。燃料輸入の高止まりにより貿易収支の黒字復帰はしばらく見込めないが、総じて経常収支の黒字は緩やかな拡大基調となるとみている。(エコノミスト:大塚 崇広)4月機械受注・船舶電力除く民需当社予想:前月比 ▲9.8%中央値:同 ▲8.4%4月の機械受注(船電除く民需)は前月比▲9.8%、前年比▲2.5%を予想する。前月比で減少を見込んでいるが、これは前月の大幅上昇の反動の面が大きい。先行...

2015年1月20日経済産業研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

セミナー資料です。

2014年版ものづくり白書 ―ものづくりの現状と方向性―

...業における雇用や人材活用」、文科省は「製造業を支える教育・研究」を担当しています。現状認識・課題として、為替の円安方向への推移もあり、製造業企業の業績改善の動きが見られるものの、我が国の経常収支は3年連続で黒字幅が縮小し、少子高齢化と生産年齢人口の減少という問題も抱えています。貿易赤字については、燃料輸入増大やエレクトロニクス産業の黒字縮小が主因であるものの、生産拠点の海外移転による影響もあり、円安下においても輸出(特に輸出数量)が回復しにくい状況にあります。そこで、今後の対応の方向性として、主力産業の自動車、電気機器、一般...

2014年7月23日経済産業研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

セミナー資料です。

最近のエネルギー情勢とエネルギー基本計画の概要

...力を推進することで化石燃料依存度を2010年に62%まで下げてきたわけですが、原発がすべて止まり、火力で代替することで、2013年には88%まで上昇しました。わが国のエネルギー自給率は、OECD34カ国中、2番目に低い水準となっています。貿易収支は震災以降18.1兆円悪化しましたが、最大の要因は、化石燃料輸入額の10兆円増です。電気料金は、電力自由化や設備投資の抑制によって継続的に低下していましたが、震災発生以降の平成25年度は22年度と比べ、電灯(おもに一般家庭)で19.4%増、電力(おもに工場、オフィス)で28.4%増と...

2014年12月29日JETROフィードバック数:0社会/政治海外

踊り場にさしかかったアフリカ経済

...まで両者の経済関係を支えてきたのが自動車産業である。一番重要だったのが、車の排ガス浄化触媒に使うプラチナの輸入だ。世界のプラチナの70%は南アフリカで産出されているため、日本とアフリカの貿易関係はどうしても南アフリカに集中してきた。一方、日本の対アフリカ輸出の6割近くが自動車で、その最大市場も南アフリカだ。それが東日本大震災で激変した。急速に伸びたのが天然ガス輸入で、おもに赤道ギニアとナイジェリアから購入している。福島原発の事故後、発電燃料輸入によって日本全体の貿易収支が赤字化したが、アフリカとの貿易収支も史上初めて赤字が続いている。いま...

2014年6月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度 経済連携促進のための産業高度化推進事業(アジア大洋州各国に関する基礎的情報の網羅的整備)調査報告書

...づく20122011201020092008200720062005001990199119921993199419951996199719981999200020012002200320042005200620072008200920102011201250出所:CEIC注: IMFに基づく22ブルネイ・ダルサラーム国貿易(2) インドンシアにとって日本は最大の輸出相手国だが、中国向けの鉱物性燃料の輸出が急増し伴って輸出シェアも増加している。輸入は2010年発効のACFTAの後押しもあり中国が最も多く機械・部品の輸入増が特に顕著であった。シンガポールからの鉱物性燃料輸入も大幅に増加している。主要品目(ブルネイ全体)主要貿易相手国輸出主要品目(2012)主要品目(対日本)輸出相手国(2012)日本への輸出品目(2012)鉱物性燃料14%その他46...

2013年4月11日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

[みずほ日本経済情報]2013年4月号

...収支の赤字が大幅に拡大したことや、経常移転収支における特殊要因が剥落したことで、経常収支は▲0.0 兆円(季節調整済み年率換算値)と赤字に転じた。当面、所得収支は円安の影響で黒字幅が拡大しやすい一方、燃料輸入が高止まりする中で円安による輸入価格の上昇が貿易収支を一時的に悪化させるため、経常収支黒字は低水準で推移する見通しである。4みずほ日本経済情報(2013 年 4 月号)図表 1米欧中の業況感(製造業)の推移60図表 215米ISM指数交易条件の推移(前年比、%)輸入物価輸出物価交易条件1055550045▲ 5中国PMI指数...

台湾についてのレポートです。

台湾の石油・ガス産業

...削減行動方案」を可決した。これに 2009 年の「全国エネルギー会議の結論行動方案」を統合して「永続的エネルギー政策行動方案」を策定した。また、2010 年には「国家省エネ・CO2 削減総行動方案」が可決されている。永続的エネルギー政策の骨子は、「二高二低」として表現されており、エネルギー使用効率の向上とエネルギー利用の付加価値拡大が「二高」、低炭素・低汚染と化石燃料輸入依存の低減が「二低」となる。具体的には以下のような方針が打ち出されている。1) 2006 年から 2015 年にかけて、エネルギー効率を年 2...

2030年までの予測です。

低原燃料価格の下での日本経済・産業~2030年までの長期予測~

...にシェアは増大している(表 2、図 5)。貿易収支は輸入の伸びが輸出を上回るため、赤字で推移するが、赤字幅は小さい。交易条件は 1995 年以降、原油価格の急激な下落のあった 2015 年にかなりの向上をみるが、その後は徐々に低下が続いている(図 1-6)。本モデルでは為替レートは 2014年値で固定し、原燃料輸入価格は 2015 年初頭に対前年比 53%の急落、それ以降ゆるやかに上昇(年率 2.0%の上昇)すると仮定しているが、これらを変化させることにより、為替、原燃...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ