「燃料輸入」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年5月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2015年1~3月期1次QE概要

...Q E 解 説2015 年 5 月 20 日2015 年 1~3 月期 1 次QE概要経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 1~3月期の実質GDP(1次速報)は前期比+0.6%(年率+2.4%)と2四半期連続のプラス成長。燃料輸入の増加が成長率を押し下げたものの、個人消費や輸出が回復基調を維持○ 燃料輸入の増加で外需(前期比寄与度▲0.2%Pt)がマイナス寄与となったほか、公共投資の減少から公需(同▲0.0...

インドネシア新大統領による経済改革と中央銀行による利上げ

...ドド大統領により選挙公約として掲げられていたもので、新大統領による初の大規模な経済改革といえます。これまで燃料価格を抑えるために使われていた補助金を削減し、燃料価格を引き上げたことで、財政の負担が減り、インフラ整備や医療、教育へより多くの予算を充てることが可能になることに加え、国内の燃料消費を抑えることで燃料輸入の増加を抑制し、経常赤字の削減にも寄与すると見られています。また、新興国景気が全般的に弱含む中、海外投資家による新興国資産の売り圧力が強まる局面もあることから、今回の利上げは、マネーの海外流出を防ぎ、足元...

2014年3月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

貿易収支赤字の要因(1)~原発停止で4兆円赤字拡大

...ット取引の増加を通じてLNG価格を上昇させることになった。仮に原発が停止していなければ、鉱物性燃料輸入量は10%程度少なく、LNG輸入価格は20~30%程度低かった可能性がある。結果として、原発が停止していなければ、輸入金額は4兆円程度少なかったと考えられる。これは裏を返せば、原発が再稼働しても、貿易収支赤字幅は4兆円程度しか縮小しないということを意味する。◆貿易収支赤字幅の拡大には空洞化の影響が大きく、円安によるJカーブ効果の発現に時間がかかっていることも影響している(空洞化、円安が貿易収支に与える影響については、貿易...

2015年4月12日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力需給の短期予測です。

2016年度までの日本経済と電力需要の短期予測-原油価格変動と原子力稼働のシミュレーション分析-

...,原油価格が標準予測よりも 30 ドル低下する場合の標準予測への影響である.その場合,実質 GDP は,実質所得の拡大と輸出価格の低下により内外需ともに増加し,前年度比 1.4 % 増から同 1.8 % 増まで上方修正される.第 2 は,原子力発電量が 1,300 億kWh 増加する場合の標準予測への影響である.その場合,実質 GDP は,発電用鉱物性燃料輸入の減少を主因に,同 1.4 % 増から同 1.6 % 増に上方修正される.Japanese business condition has...

2013年4月15日内閣府★フィードバック数:13製造業/エレクトロニクス

日本の貿易収支とそこに大きな影響を持つ化石燃料についてのデータです。

鉱物性燃料の輸入動向

...製品や通信機は増加した。(注2) 2012年9月及び10月の鉱物性燃料輸入金額の変動については、10月からの環境税(地球温暖化対策税)導入を控えた駆け込み需要とその反動減と見られる。問合せ先参事官(経済財政分析-総括担当)付中島 岳人 直通:03-3581-9527 本レポートの内容や意見は執筆者個人のものであり、必ずしも内閣府の見解を示すものではない。 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)Copyright©2014 Cabinet Office...

2014年1月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

内需主導の景気拡大と貿易赤字

...て換算の輸入価格が上昇するため、一旦は貿易赤字が拡大する。しかし、価格競争力の向上が輸出数量を押し上げる効果が徐々に顕在化することで貿易赤字は縮小へ向かうと考えられてきた。この、いわゆる「Jカーブ効果」がなかなか発現しない(もしくは弱い)ことが、このところの貿易赤字拡大の主因であると言える。しかし、貿易赤字の拡大が続く理由は、輸出数量の伸びが鈍いことだけではない。輸出数量が伸び悩む一方で、輸入数量の増加が続いていることにも注目すべきであろう。過去の推移を見ると、輸出数量と輸入数量は非常に高い連動性を持っていた。この連動性は、東日本大震災以降の原子力発電所の稼働停止に伴う燃料輸入...

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

日本経済 ~アベノミクスに対する誤解~

...輸入価格も国際相場の値下がりが円安を相しろ、そうした局面でデフレ下にある中でも、殺しており、ガソリン価格も3月から 13 週連2005 年に基本給は一時的に上昇している。し続で下がっている。たがって、肝心の基本給については、過去の一方、3ヶ月平均の化石燃料輸入価格が3厳しい経験を踏まえても遅くとも3年、むしヶ月後の燃料費に反映される電気料金についろ高すぎる賃金の調整が片付いている現状をても、これまでの値上げの半分以上はLNG踏まえれば、早くて再来年ぐらいには増加がそのものの上昇によるものである。したがっ期待できる。て、年明...

2014年6月12日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済と電力需要の予測です。

2014・2015年度 日本経済と電力需要の短期予測(2014年6月)

...増税後の実質所得の落ち込みによる民間消費の減少(−要因)内需堅調の輸入増 + 原子力発電停止による燃料輸入増(−要因)<2015年度>(寄与度:内需+0.8%ポイント、外需+0.1%ポイント)震災復興関連公共事業の一巡による公共投資の大幅な減少(−要因)雇用所得環境の改善による民間消費の持ち直し(+要因)世界経済回復持続による外需のプラス寄与(+要因) 2. 電力需要の短期予測(本文P2)上記日本経済の標準予測と、2013年度並みの気温、至近の電力各社の料金改定状況を前提とすると、販売電力量(10社計)は、【販売電力量】 2013年度は前年度比0...

2013年3月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

主要な経済指標の発表予定と予測(3月18日~3月22日)

...は貿易統計や全産業活動指数が発表される。貿易収支は大幅な赤字21日に発表される2月の貿易統計は、貿易収支が8,781億円の赤字(1月1兆6,309億円の赤字)、輸出金額が前年比+1.8%(1月同+6.4%)、輸入金額が同+18.5%(1月同+7.3%)と予測する。中国の春節休暇の影響で輸出金額の伸びは1月から鈍化する見通しである。他方、輸入金額は円安による輸入価格上昇と燃料輸入の増加を受けて前年比二桁増が見込まれる。輸出金額の増加幅を輸入金額の増加幅が上回り、貿易収支は大幅な赤字が続く見通しである。1全産業活動指数は2カ月...

2014年1月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国際収支(2013年11月) ~経常赤字が過去最大。季節調整値でも3ヶ月連続の赤字に~

...の実質輸出は、7-9月期に低迷した ASEAN 向けの持ち直しや中国向けの緩やかな増加を主因に増加傾向での推移となっている。一方、輸出も燃料輸入の高止まりや堅調な内需に伴って増加基調が続いている。○所得収支黒字は引き続き高水準で推移貿易外収支(季節調整値)の動きをみると、所得収支は 12,840 億円の黒字(10 月:13,154 億円黒字)と黒字幅が小幅縮小した。2ヶ月連続の黒字額縮小となったが、後述するように所得収支の黒字は緩やかな拡大局面にあるとみて良いだろう。所得収支の内訳をみると、直接投資収益(10...

エネルギー基本計画を巡る議論(前編)

...先<>, (参照2014年6月).(注1)2013年の原発停止分を代替する火力発電燃料輸入費が3.6兆円と推計された(需給委2013)。ただし茂木経産大臣はこの二割が化石燃料の国際価格の上昇分、一割が為替の変動分と説明(国会答弁2014)。...

2013年9月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2013年8月) ~8月輸出はリバウンド。輸出は持ち直し傾向にある~

...された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。が背景にある。もっとも、燃料輸入の高止まりなど背景に赤字幅は依然大きく、貿易赤字の解消は当面見込めない。○輸出は先進国経済の牽引や円安効果で持ち直しが継続する見込み先行きの輸出も、持ち直しが続くだろう。足元では、北米向け自動車などにおいて輸出物価(契約通貨建)に下落の動きがみられており、円安による価格競争力の向上が今後の実質輸出を押し上げることが見込まれる。さらに米国経済の回復継続も、輸出の追い風となろう。これ...

2014年2月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2014年1月) ~輸出は春節による下押しもあり減少~

...%)がコンセンサスを下回る一方、輸入金額(同+25.0%)が予想を上回ったことで、貿易赤字は予想対比で大きなものとなった。季節調整値でみても、1兆 8,188 億円の大幅な赤字である。輸出が伸び悩む一方で、輸入は燃料輸入や消費税率引き上げ前の駆け込み需要などを背景に高い伸びが続いており、貿易赤字は高水準での推移が続いている。○輸出は春節による下押し圧力が影響物価変動の影響を除いた 2014 年1月の実質輸出(実質化、季節調整は第一生命経済研究所試算)は、前月比▲1.9%と2ヶ月ぶりに減少した。輸出...

2014年3月10日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「電気・ガス・熱供給・水道業」向け貸出金総額は震災前からほぼ倍増

...行が14.5%増、中国9行が11.4%増、九州21行が6.2%増、関東(東京を除く)17行が5.6%増、東北15行が5.44%増、北陸6行が5.41%増、北海道2行が5.1%増、中部14行が0.3%減だった。電力会社の資金需要に対して、大手銀行と地元の地域銀行が対応した様子がうかがえる。 銀行の「電気・ガス・熱供給・水道業」向け貸出が増加したのは、原発停止で社債発行が難しくなったほか、電力会社の火力発電の比率が高まり、液化天然ガスや石油などの燃料費が膨らんだことがある。さらに、円安で燃料輸入...

2014年2月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2013年10~12月期1次QE概要

...%Pt国内需要が高い伸びを維持する一方、10~12月期は外需が引き続き大幅なマイナス寄与となり、成長率の下押し要因となった。輸出は前期比+0.4%(7~9月期同▲0.7%)と2四半期ぶりに増加した。自動車関連や一般機械を中心に夏場の低迷から持ち直したが、東南アジア向けの弱さが続いたことなどから、輸出の伸びは小幅にとどまった。他方、建設需要の増加や駆け込み需要の顕在化、電力用の燃料輸入の拡大などに伴って輸入の伸びが前期比+3.5%(7~9月期同+2.4%)に一段と高まったため、外需...

日米の物価上昇率逆転をどうみるか

...が進んでいるためドルベースの原油価格下落の影響が薄まっていること、(2)ガソリン価格に占める税金の割合が高いため、原油価格下落の影響を受けにくいこと、(3)エネルギーに含まれる電気代、ガス代の燃料費調整は過去3ヵ月平均の燃料輸入価格をもとに2ヵ月後の料金を決める仕組みとなっているため、原油価格の反映が遅れること(LNGは調達価格が原油連動型の長期契約になっているため料金への反映がさらに遅れる)、などである。このうち(3)については、日本では電気代、ガス代は既往の原油価格下落の影響がこれから本格的に表れることになる。しかし、原油価格は15年初...

2014年3月31日日本総研フィードバック数:0社会/政治

経常収支赤字化圧力にどう対処すべきか

...上回る巨額の政府債務残高を抱えていることである。経常収支が構造的に赤字に陥り、海外投資家に最終的な国債のファイナンスを頼らざるを得なくなった場合、高い利回りを要求されるようになり、長期金利が上昇して経済に打撃が及ぶ恐れがある。 このところの経常収支の悪化は貿易収支赤字の拡大が主因であり、それは原発稼働停止による化石燃料輸入の増加に加え、国内生産基盤の縮小に伴って輸出数量が伸びにくくなる一方輸入が増えやすくなるという構造的要因が影響している。2014年度については、消費増税の影響により年度でみた個人消費伸び率はマイナスとなる公算であり、輸入...

2014年3月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

貿易収支・経常収支の短期見通し~経常赤字は定着するか~

...財の輸入浸透度が顕著に上昇している(図表 9)。リーマン・ショック後の円高局面で日本企業の海外生産シフトが進んだ結果として逆輸入が増加したほか、日本メーカーのシェアが低下したIT製品(スマートフォン・タブレットPC等)の輸入が急増した。最終需要財の輸入浸透度が上昇している事実は、個人消費・設備投資などの国内需要回復に対して輸入が構造的に増加しやすくなっていることを示唆している。(2)足元の輸入増には二つの特殊要因もっとも、この半年ほどの輸入は特殊要因によって押し上げられていた面もある。一つは、LNG輸入の一時的増加である。上述の通り原発停止に伴って燃料輸入...

日本のシェールガスの輸入 ~米国とカナダからの輸入可能性~

...には米国の製造業に安価えていく方針を固めている注 7。このため、今なガスを供給したいとの意図がある。米国は後権益の拡大等に乗り出していくことが考え巨大消費地が採掘場の近くにあり、米国製られる。造業にガスを提供するインセンティブもあるシェールガスの輸入は、燃料輸入先の多ため、今後輸出の認可は政治的な動きに左様化を意味し、既存の輸入先との価格交渉右される可能性が高いと言える。しかし、充力を高める他、日本のエネルギー安全保障実したパイプライン網等のインフラがあるたにとって望ましいことであると考えられる。ため、輸出...

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円安でも復元しない貿易赤字 ~製品輸入が増えるとJカーブ効果は働きにくい~

...機械は黒字から赤字に転嫁する可能性がある。改めて、産業競争力の問題を考えさせられる。ずるずると拡大する貿易赤字2013 年 11 月の貿易赤字(季節調整値)は過去最大になっている。これから円安がどのくらい進めば貿易赤字は縮小するのか。これまで「安泰だ」とエコノミストたちが言い続けてきた経常収支ですら、ここ 3 か月連続(2013 年 9・10・11 月)は赤字に転落している。筆者を含めて、2011 年の震災以来の火力発電の稼働によって「燃料輸入を増えたから貿易赤字なのだ」と信じていた。そして、エネルギー政策の立て直しと、円安...

ICT産業の貿易収支とサービス収支が示す課題

...輸入の増加のために大幅な赤字計上となっていることに最近の大きな変化を感じます。さらに、直近2014年上半期の貿易収支も7.6兆円の赤字となっていて、半期ベースで過去最大の赤字規模となっています。この要因でしばしば論評されることは、原発停止による原油やLNG等鉱物性燃料輸入の増加で4兆円規模の赤字拡大がみられたということです。しかし、逆からみれば2013年の貿易収支赤字11.5兆円のうち、4兆円しか影響していないということでもあります。原発停止の影響が約4兆円とすると黒字から赤字への変化の残りの要因としては、短期的には急激な円安による輸入価格の上昇の影響が約3兆円、加え...

2014年9月26日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【円安の影響をどうみるか(2)】円安進行の景気への影響をどうみるか-貿易面では100 円台前半が最適、全体では株価動向が左右

...果が低下していると考えられる。海外生産シフトや日本製品の競争力低下によりそもそも国内製造基盤が縮小し、円安でも輸出数量が伸びなくなっているからである。さらに、原発稼働停止に伴う化石燃料輸入の増加、輸入浸透度上昇による輸入増の結果、輸入量が輸出量を上回るようになっていることで、かつてのように円安=景気にプラスとは言えなくなっている。もちろん部門別に影響は異なる。大企業製造業を中心とした輸出部門では円安は収益にプラスに働く。一方、非製造業や中小企業に多い輸入部門にとっては輸入コスト増を通じてマイナスに作用する。したがって、マク...

2014年3月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度総合調査研究我が国及び主要国における中長期的な産業構造変化調査事業最終報告書

...レーターの主な変動要因) 円安による輸出増:平均約+0.4%5.2010年始~2012年第2 四半期 (GDPデフレーターの主な変動 要因) 賃金デフレによる消費減:平 均約▲0.7% 円高による輸出減:平均約▲ 0.3% 燃料輸入増:平均約▲0.6%1.1999年始~2005年末 (GDPデフレーターの主な変動要因)不良債 権処理、企業のバランスシート調整による設 備投資減:平均約▲0.3%3.2005年始~2008年第3四半期 (GDPデフレーターの主な変動要因) 原油高による輸入増:平均約 ▲1.5%※GDPデフ...

2014年1月16日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

内外景気動向13-14年度経済見通し

...点合経済の緩やかな回復が続くという前提のも計1.4兆円程度0.3兆円程度3.1兆円程度1.9兆円程度1.2兆円程度5.5兆円程度(注)内閣府ウェブサイト掲載資料より作成と、円安効果の顕在化もあり、輸出は増加基調を辿るものと予想される。この間、輸入の動きをみると、貿易赤字拡大再び赤字拡大要因となりつつある(第26図)。に対する燃料輸入額の影響度は昨年年央からこれは主として価格上昇によるものであり、今年年央まではやや弱まっていたが、足元は数量ベースでみた燃料輸入の増加は比較的緩17共済総研レポート 2013.12一般社団法人 JA共済...

2015年1月20日経済産業研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

セミナー資料です。

2014年版ものづくり白書 ―ものづくりの現状と方向性―

...業における雇用や人材活用」、文科省は「製造業を支える教育・研究」を担当しています。現状認識・課題として、為替の円安方向への推移もあり、製造業企業の業績改善の動きが見られるものの、我が国の経常収支は3年連続で黒字幅が縮小し、少子高齢化と生産年齢人口の減少という問題も抱えています。貿易赤字については、燃料輸入増大やエレクトロニクス産業の黒字縮小が主因であるものの、生産拠点の海外移転による影響もあり、円安下においても輸出(特に輸出数量)が回復しにくい状況にあります。そこで、今後の対応の方向性として、主力産業の自動車、電気機器、一般...

2014年7月23日経済産業研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

セミナー資料です。

最近のエネルギー情勢とエネルギー基本計画の概要

...力を推進することで化石燃料依存度を2010年に62%まで下げてきたわけですが、原発がすべて止まり、火力で代替することで、2013年には88%まで上昇しました。わが国のエネルギー自給率は、OECD34カ国中、2番目に低い水準となっています。貿易収支は震災以降18.1兆円悪化しましたが、最大の要因は、化石燃料輸入額の10兆円増です。電気料金は、電力自由化や設備投資の抑制によって継続的に低下していましたが、震災発生以降の平成25年度は22年度と比べ、電灯(おもに一般家庭)で19.4%増、電力(おもに工場、オフィス)で28.4%増と...

経済と物流の動向 2015年5月 No.89

... 貿易動向の推移(前年同月比伸び率)表 3-13 月の貿易動向の推移(前年同月比伸び率)品目別の貿易動向品 名輸出地域別の貿易動向輸入地域名食料品27.8%7.2%原料品5.7%▲3.4%▲37.6%▲36.5%鉱物性燃料輸入6.7%▲10.7%3.9%▲19.6%▲13.6%▲9.4%22.1%20.2%21.3%23.9%2.0%6.7%7.0%▲4.4%9.1%▲5.2%中東15.5%▲42.6%アフリカ29.1%▲31.2%8.5%▲14.5%アジア中華人民共和国大洋州北米化学製品5.4%7...

2013年6月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2013年6月10日~6月14日)

...収支は、これまで急ピッチで進んできた円安には足元一服感があるものの、豊富な対外純資産を背景に高水準の黒字を維持する公算が大きい。燃料輸入の高止まりにより貿易収支の黒字復帰はしばらく見込めないが、総じて経常収支の黒字は緩やかな拡大基調となるとみている。(エコノミスト:大塚 崇広)4月機械受注・船舶電力除く民需当社予想:前月比 ▲9.8%中央値:同 ▲8.4%4月の機械受注(船電除く民需)は前月比▲9.8%、前年比▲2.5%を予想する。前月比で減少を見込んでいるが、これは前月の大幅上昇の反動の面が大きい。先行...

2014年12月29日JETROフィードバック数:0社会/政治海外

踊り場にさしかかったアフリカ経済

...まで両者の経済関係を支えてきたのが自動車産業である。一番重要だったのが、車の排ガス浄化触媒に使うプラチナの輸入だ。世界のプラチナの70%は南アフリカで産出されているため、日本とアフリカの貿易関係はどうしても南アフリカに集中してきた。一方、日本の対アフリカ輸出の6割近くが自動車で、その最大市場も南アフリカだ。それが東日本大震災で激変した。急速に伸びたのが天然ガス輸入で、おもに赤道ギニアとナイジェリアから購入している。福島原発の事故後、発電燃料輸入によって日本全体の貿易収支が赤字化したが、アフリカとの貿易収支も史上初めて赤字が続いている。いま...

2015年3月19日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

資源エネルギー庁のレポートです。

平成26年度化石燃料を中心としたエネルギー安全保障評価調査

...資源エネルギー庁 御中平成26年度石油産業体制等調査研究(化石燃料を中心としたエネルギー安全保障評価調査)報告書2015 年 2 月環境・エネルギー研究本部はじめに化石燃料の大半を輸入に依存する我が国にとって、エネルギー安全保障は、原発再稼働や再エネ導入拡大の動向によらず、極めて重要な課題である。しかしながら、化石燃料輸入の主要な調達先である中東や輸送経路であるアジアの一部では引き続き不安定な情勢が続いている他、米国シェール革命やウクライナ問題を契機とした欧露関係や中露関係変化等、世界...

2014年1月19日日本貿易会フィードバック数:0社会/政治

2013年の通商関連の主な動き(暫定版)

...,036億円(前年比▲50.8%)と2年連続で黒字が縮小。欧州や中国の景気低迷を受けた輸出の減速と燃料輸入の拡大で貿易収支の赤字が過去最大になったことが影響。債務残高総額997兆2,181億円、前回公表の12年9月末に比べ13兆9,230億円増え、過去最大を更新。28 米、12年貿易収支▲5,404億ドル(前年比▲3.5%)。212 米オバマ大統領、一般教書演説「核なき世界」など理想をちりばめ、米国の「変革」を内外に発信した1期目就任直後とは変わり、外交が影を薄め、経済など内政問題が全体の約8割を...

2015年2月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

下振れリスク高まるブラジル経済~2015年はマイナス成長転落へ~

...価格の引き上げを実施した。国営石油会社ペトロブラスの経営問題(詳細は後述)が製油所建設の中止や操業縮小につながる等の供給制約が生じているほか、レアル安の進行により原油安に伴う燃料輸入価格の抑制効果が減殺されているため、今後3も燃料価格の引き下げは難しいとみられる。加えて、前述のとおり、財政緊縮措置の一環として燃料税の引き上げが実施されることも、燃料価格の押し上げ要因である。原油安のインフレ抑制効果が限定的であることを踏まえると、インフレ率は 2015 年前半を中心に上昇ペースが加速する可能性が高い。このため、2015 年中...

2013年10月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

アジアマンスリー2013年10月号

...にはエネルギー補助金の一層の削減が求められるところであるが、来年 4 月に総選挙、7 月に大統領選挙を控えているため、その実現は容易ではない。経常収支は貿易黒字の大幅な減少によって 7 四半期連続の赤字となった。政府は、8 月末、①労働集約的輸出産業に対する減税、②バイオ燃料の利用による燃料輸入の削減、③ぜいたく品の関税引き上げ、④鉱物資源の輸出拡大を柱とする赤字削減策を発表した。しかし、貿易黒字の減少は中国とインドの成長鈍化に伴うパーム油、ゴム、石炭の価格下落によるところが大きく、上の対策による効果は限定的なものにとどまるであろう。「双子の赤字」解消...

2013年9月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度電源立地推進調整等事業(諸外国における電力自由化等による電力料金への影響調査報告書

...電気事業者の供給費用の推移と変化.....................................................................................116図 8-9 日本卸電力取引所スポット価格と燃料費の推移.............................................................................116図 8-10 日本の化石燃料輸入価格の推移.................................................................................................117vii図 8-11 日本...

Weekly金融市場 2013年11月15日号

...での経済見通しが発表される見込みだが、「2 年で2%」の物価目標を達成できないとする見方が強まろう。もっとも、来週開催の日銀会合では政策の現状維持を決定するとの見方が大勢を占めるが、追加緩和をめぐる思惑が徐々に強まるであろう。※当総研では 11 月 18 日(月)に 2013∼2015 年経済見通しを発表予定です。主な経済指標日本では、20 日に「貿易統計(10 月)」が発表される。円安定着で、米国向け自動車を中心に輸出が増加しているものの、火力発電用の燃料輸入...

2013年4月11日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

[みずほ日本経済情報]2013年4月号

...収支の赤字が大幅に拡大したことや、経常移転収支における特殊要因が剥落したことで、経常収支は▲0.0 兆円(季節調整済み年率換算値)と赤字に転じた。当面、所得収支は円安の影響で黒字幅が拡大しやすい一方、燃料輸入が高止まりする中で円安による輸入価格の上昇が貿易収支を一時的に悪化させるため、経常収支黒字は低水準で推移する見通しである。4みずほ日本経済情報(2013 年 4 月号)図表 1米欧中の業況感(製造業)の推移60図表 215米ISM指数交易条件の推移(前年比、%)輸入物価輸出物価交易条件1055550045▲ 5中国PMI指数...

2013年6月9日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治海外

BTMU Focus London:アラブ首長国連邦(UAE)経済の現状とリスク分析

...で震災による原発停止に伴い、火力発電用の燃料需要が高まったことも、UAE の輸出を押し上げる要因となった。2011 年の輸出増加額 54.4 億ドルのうち、10.3 億ドルは対日輸出の増加分が占めた(注 2)。また、いわゆる「アラブの春」によるリビアの産油量減少(2011 年)や、経済制裁に伴うイランの産油量減少(2012 年)を補うため、UAE が増産を実施したことも輸出の増加に繋がっている(第 4 図)。(注 2)2011 年の日本の UAE からの鉱物性燃料輸入量は、原油等が前年比+359 万キロリットル(同+8.1...

2013年2月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

みずほ日本経済情報 2013年2月号

...天然ガス(LNG)の輸入が増加した。今後は、国内の生産活動が持ち直してくることが、素原材料輸入の増加要因となる。また、復興事業向けや景気対策で追加された公共事業の執行に伴う資材需要の増加も見込まれる。当面の輸入は、緩やかに増加するだろう。経常収支経常収支は減少している(図表 4)。12 月は所得収支の黒字が小幅に増加する一方、貿易収支の赤字が拡大したことから、経常収支は+1.2 兆円(季節調整済み年率換算値)と黒字を維持したものの前月比で減少した。当面、所得収支は高水準の黒字を維持するものの、燃料輸入...

2015年1月15日日本貿易会フィードバック数:0ビジネス

2014年の通商関連の主な動き(暫定版)

...選手団は金1、銀4、銅3と計8個のメダルを獲得。29 日ロ首脳会談(ロシア・ソチ郊外)プーチン大統領の訪日を今秋実施することで一致。29 東京都知事選挙元厚生労働大臣の舛添要一氏が初当選。投票率は46.14%と、過去3番目の低さ。210 13年国際収支統計(速報)経常黒字3兆3,061億円(前年比▲31.5%)と3年連続で黒字が縮小、黒字額は比較可能な1985年以降で最小。燃料輸入額の増加などにより、過去最大の貿易赤字となったことが影響。210 13年末時点の国の借金債務残高総額1,017兆9,459億円...

2013年10月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2013~20年度 中期経済見通し

...などの資産価格上昇により成長率がかさ上げされていたほか、中国が2 ケタ成長を続けるなど、新興国の成長率も全般に高かった。2015~2020 年度は欧米経済がリーマン・ショック後の調整から持ち直す一方、中国経済の減速が続くなど新興国の成長ペースはやや落ち着いたものとなろう。こうした条件のもと、2015~2020 年度にかけて日本の輸出(実質)は、年4~6%程度のペースで緩やかに増加すると予測している。経常収支黒字は所得収支を中心に拡大リーマン・ショック後の輸出低迷、東日本大震災後の原子力発電所停止に伴う燃料輸入...

2013年9月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

タイ・マレーシアの経常収支悪化は続くのか

...景気が低迷したこともあって、政府が3年間(2009年10月~2012年9月)で1兆4千億バーツの大型インフラ投資を開始したことが主因とみられる。2012年以降をみると、資本財輸入の急増が顕著である。この主因は、2011年9月の大洪水後の復興需要で、被害を受けた現地企業による設備投資が増加したことであろう。b.マレーシア2010年以降、一貫して燃料輸入が急増しており、これが輸入増加の主因である。この背景には、2009年以降に原油の国内生産低迷が顕著となったことがある(図表 5)。世界金融危機の悪影響を受けた同年は、需要...

2015年6月26日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度 経済見通し(1次改訂)

...る。輸入15 年度前年度比+4.6%16 年度同+2.4%輸入は、1-3 月期に伸びが拡大したものの、輸入金額は資源価格の下落により減少している。今後の原油価格は小幅上昇が見込まれ、数量ベースでの燃料輸入の増加ペースは減速していく。一方で、国内消費など内需の回復が実質輸入の増加につながり、15 年度は前年度比+4.6%となる。16 年度は、年度末に生じる駆け込み需要による個人消費の拡大に伴って輸入も増加し、前年度比+2.4%と小幅の増加が続く。(%)([図表B-17] 輸出金額の地域別寄与度(前年...

太陽光発電についてのレポートです。

太陽光発電導入の現状と今後の大量導入に向けた課題

...,424112,4128.412.2れた区域で再生可能エネルギーの導入が進まなくなることであり,また制約区域が今後も増えていくと懸念されるこ<エネルギー自給率の向上>国内総発電電力量に占める割合至っている。問題は,制約さ%<化石燃料輸入コスト削減効果>とである。接続が制限される要因とし石油火力(熱効率39%)代替えケース*2億円/年12,57418,255LNG火力(熱効率45%)代替えケース*2億円/年9,68914,067ては,接続申込みが特定の地<地球温暖化ガス削減効果 LNG火力代替えケース(ライ...

2014年6月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度 経済連携促進のための産業高度化推進事業(アジア大洋州各国に関する基礎的情報の網羅的整備)調査報告書

...づく20122011201020092008200720062005001990199119921993199419951996199719981999200020012002200320042005200620072008200920102011201250出所:CEIC注: IMFに基づく22ブルネイ・ダルサラーム国貿易(2) インドンシアにとって日本は最大の輸出相手国だが、中国向けの鉱物性燃料の輸出が急増し伴って輸出シェアも増加している。輸入は2010年発効のACFTAの後押しもあり中国が最も多く機械・部品の輸入増が特に顕著であった。シンガポールからの鉱物性燃料輸入も大幅に増加している。主要品目(ブルネイ全体)主要貿易相手国輸出主要品目(2012)主要品目(対日本)輸出相手国(2012)日本への輸出品目(2012)鉱物性燃料14%その他46...

2013年10月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシアが通貨危機に陥る可能性は極めて低い-財政収支と経常収支からみた経済見通し

...、為替介入によるルピア防衛にも限界がある。このため、政府と中央銀行は、8 月下旬、①貿易収支の改善(労働集約的輸出産業に対する減税、バイオ燃料の利用による燃料輸入の削減、ぜいたく品の関税引き上げ、鉱物資源の輸出拡大など)②外国直接投資の促進(優遇税制の拡大や出資規制の緩和など)、③流動性の向上(短期ドル建て預金の拡充や輸出業者による外貨購入手続きの規制緩和など)を柱とする緊急経済対策を発表した。しかし、いずれも即効性がないことから市場の反応は鈍く、発表後もルピア安に歯止めがっかっていない(図表 10...

2015年3月29日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度 経済見通し

...経済の回復が輸出の追い風となる。円安の輸出誘発効果は低下しているものの、現状の為替水準が継続すると見込まれ、輸出環境は良好な状態が維持されることから、15 年度は前年度比+5.0%と増加する。16 年度も、海外経済の拡大基調から、輸出は増加が続き、前年度比+2.9%となる。輸入15 年度前年度比+2.9%16 年度同+2.2%輸入は、エネルギー資源輸入が一巡し、10-12 月期は小幅の増加にとどまった。数量ベースでの燃料輸入の増加ペースは低下し、今後の原油価格は底這い状態での推移が見込まれる。実質...

2014年4月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2014年4月号

... 月期は液化天然ガス(LNG)を中心に鉱物性燃料の輸入が増加したが、足元で燃料輸入は一服している(図表 3)。一方、駆け込み需要に対応するため、耐久消費財など燃料以外の輸入は 3月まで増勢が続いた模様である。駆け込み輸入の反動で 4 月の輸入は減少に転じているとみられる。消費税率引き上げ後の個人消費の落ち込み、鉱工業生産の弱含みを受け、当面の輸入は減少するとみられる。経常収支経常収支(季節調整値)は黒字に戻っているとみられる。2 月は、貿易収支の赤字が縮小したものの、経常収支は▲0.5 兆円(季節...

2014年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

Weekly金融市場 2014年5月2日号

...のユーロ圏消費者物価指数(4 月速報)は前年比 0.7%と、3 月(同 0.5%)から小幅な伸び拡大となったが、インフレ参照値(2%未満かつそれに近い水準)を下回っている。経済指標など日本では、12 日に「国際収支(3 月速報)」が発表される。依然高止まりする発電向け燃料輸入に加え、消費税増税に伴う駆け込み需要で輸入が増加し、経常収支の黒字幅は大幅に圧縮される見通しである。米国では、13 日に「小売売上高(4 月)」が発表される。3 月が好調であったことや、4 月の新車販売台数が 3 月か...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ