「物価消費」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年5月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4月全国消費者物価

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月全国消費者物価消費税率引き上げ分以上に物価が上昇 ◆2014年4月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+3.2%と、消費税率引き上げを受けて大幅な上昇となり、市場コンセンサス(同+3.1%)を上回った。4月全国コアCPIの消費税を除くベースの数値を試算すると、前年比+1.4%と前月(同+1.3%)から上昇幅が拡大しており、消費税率引き上げ分以上に、4月のコアCPIは上...

2014年11月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年10月全国消費者物価

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 10月全国消費者物価消費税除くベースで1%割れ、デフレ脱却の動きが足踏み 2014年11月28日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2014年10月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+2.9%と、市場コンセンサス(同+2.9%)通りの結果となった。消費税を除くベース(大和総研による試算値、以下同様)でみると、前年比+0.9%と前月(同+1.0%)から...

2013年6月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し(2013年1-3月期GDP2次速報後改定)

...最終消費支出民間住宅民間企業設備民間在庫品増加政府最終消費支出公的固定資本形成財貨・サービスの輸出財貨・サービスの輸入GDPデフレーター名目GDP鉱工業生産完全失業率新設住宅着工戸数(万戸)経常収支(兆円)名目GDP比率国内企業物価消費者物価(生鮮除く総合)   (消費税要因除く)為替レート(円/ドル)原油価格(ドル/バーレル)1.22.00.91.1▲ 0.81.65.3▲ 1.40.02.215.0▲ 1.33.8▲ 0.90.3▲ 3.44.389.34.30.9▲ 1.1▲ 0.2▲ 0.283.092.02.92.41.60.80.52.29.82.3▲ 0.21...

2013年11月20日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

賃上げへの期待と社会保障負担増への不安 ~本質的な課題は社会保障の長期的な安定と所得の向上~

...省『労働力調査』厚生労働省『一般職業紹介状況』)。労働需給の逼迫は賃上げ圧力になる。均してみれば、名目賃金の押し下げ圧力は低下し、賃上げ環境は整いつつある。資料1 物価上昇率消費者物価消費者物価(除生鮮食品)消費者物価(食料・エネルギー除く)4インフレ率2%2名目賃金労働生産性実質賃金20121992199020132012201120102009(出所)総務省『消費者物価指数』日本銀行『企業物価指数』『企業向けサービス価格指数』-10物価下落2010-8-32008-62006-22004...

2014年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し(2013年10-12月期GDP2次速報後改定)

...民需)(うち公需)(外需寄与度)民間最終消費支出民間住宅民間企業設備民間在庫品増加政府最終消費支出公的固定資本形成財貨・サービスの輸出財貨・サービスの輸入GDPデフレーター名目GDP鉱工業生産完全失業率経常収支(兆円)名目GDP比率国内企業物価消費者物価(生鮮除く総合)   (消費税要因除く)為替レート(円/ドル)原油価格(ドル/バーレル)0.61.41.10.3▲ 0.81.55.30.7▲ 0.11.51.3▲ 1.23.7▲ 0.9▲ 0.2▲ 2.94.34.40.9▲ 1.1▲ 0.2▲ 0...

2013年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日米経済見通し 日本 ~13年度は高成長。14年度も景気後退は避けられる~

...最終消費支出民間住宅民間企業設備民間在庫品増加政府最終消費支出公的固定資本形成財貨・サービスの輸出財貨・サービスの輸入GDPデフレーター名目GDP鉱工業生産完全失業率新設住宅着工戸数(万戸)経常収支(兆円)名目GDP比率国内企業物価消費者物価(生鮮除く総合)   (消費税要因除く)為替レート(円/ドル)原油価格(ドル/バーレル)1.22.00.91.1▲ 0.81.65.3▲ 1.4▲ 0.12.115.0▲ 1.23.8▲ 0.90.3▲ 3.44.389.34.30.9▲ 1.1▲ 0.2▲ 0.283.092.02.92.61.70.90.32.58.02.5▲ 0...

2014年1月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日米経済見通し 日本 ~13年度は高成長。14年度も景気回復が持続~

...民需)(うち公需)(外需寄与度)民間最終消費支出民間住宅民間企業設備民間在庫品増加政府最終消費支出公的固定資本形成財貨・サービスの輸出財貨・サービスの輸入GDPデフレーター名目GDP鉱工業生産完全失業率経常収支(兆円)名目GDP比率国内企業物価消費者物価(生鮮除く総合)   (消費税要因除く)為替レート(円/ドル)原油価格(ドル/バーレル)0.71.51.10.3▲ 0.81.55.30.7▲ 0.11.51.3▲ 1.23.8▲ 0.9▲ 0.2▲ 2.94.34.40.9▲ 1.1▲ 0.2▲ 0...

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日米経済見通し 日本 ~13年度の景気は加速。14年度は減速も、回復基調は維持~

...最終消費支出民間住宅民間企業設備民間在庫品増加政府最終消費支出公的固定資本形成財貨・サービスの輸出財貨・サービスの輸入GDPデフレーター名目GDP完全失業率新設住宅着工戸数(万戸)経常収支(兆円)名目GDP比率国内企業物価消費者物価(生鮮除く総合)   (消費税要因除く)為替レート(円/ドル)原油価格(ドル/バーレル)1.22.00.91.1▲ 0.81.65.3▲ 1.40.02.215.0▲ 1.33.8▲ 0.90.34.389.34.30.9▲ 1.1▲ 0.2▲ 0.283.092.02.92.41.60.80.52.29.82.3▲ 0.21.411.75.52...

2011年12月27日内閣府フィードバック数:4社会/政治

平成24年度の経済見通しと経済財政運営の基本的態度(平成23年12月22日閣議了解)

....3%程度)。③ 鉱工業生産本格的な復興施策による内需の増加のほか、輸出も増加することから、生産は持ち直す(対前年度比 6.1%程度の増)。④ 物価消費者物価(総合)上昇率は、GDPギャップの縮小等を受けて、0.1%程度となる。国内企業物価はわずかに上昇する(対前年度比30.7%程度の上昇)。GDPデフレーターは緩やかに下落する(対前年度比 0.2%程度の下落)。⑤ 国際収支世界経済の緩やかな好転の中で、輸出の増加を反映し貿易収支はわずかな黒字となる。経常収支黒字は緩やかに増加する(経常...

2015年5月28日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2015年5月月例経済報告

... の 、持ち直している。このところ横ばいとなっている。このところ緩やかに上昇している。横ばいとなっている。緩やかに上昇している。国内企業物価消費者物価(注)下線部は先月から変更した部分。月例経済報告平成 27 年5月総論(我が国経済の基調判断)景気は、緩やかな回復基調が続いている。・個人消費は、持ち直しの兆しがみられる。・設備投資は、おおむね横ばいとなっている。・輸出は、おおむね横ばいとなっている。・生産は、このところ一部に弱さがみられるものの、持ち直している。・企業収益は、改善...

2015年1月26日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成27年1月)

...ところ横ばいとなっている。横ばいとなっている。国内企業物価消費者物価(注)下線部は先月から変更した部分。月例経済報告平成 27 年1月総論(我が国経済の基調判断)景気は、個人消費などに弱さがみられるが、緩やかな回復基調が続いている。・個人消費は、消費者マインドに弱さがみられるなかで、底堅い動きとなっている。・設備投資は、おおむね横ばいとなっている。・輸出は、横ばいとなっている。・生産は、持ち直しの動きがみられる。・企業収益は、全体としてはおおむね横ばいとなっているが、大企業製造業では改善の動きもみられる。企業...

2014年10月22日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年10月)

...税率引上げに伴う駆け込み需要の反動の影響もあって、このところ減少している。慎 重 と な っ て い る も の の 、大 企 業 製 造 業 で はやや改善している。このところ上昇テンポが鈍化している。このところ横ばいとなっている。緩やかに上昇している。このところ上昇テンポが鈍化している。物価消費者物価(注)下線部は先月から変更した部分。月例経済報告平成 26 年 10 月総論(我が国経済の基調判断)景気は、このところ弱さがみられるが、緩やかな回復基調が続いている。・個人消費は、持ち直しの動きが続いているものの、この...

2014年4月18日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年4月)

...きと なって いる 。住宅建設消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動もあ って、 増勢が 鈍化して いる。消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動により、 減少し ている 。輸入このとこ ろ増加 してい る。このとこ ろ増勢 が鈍化 している 。消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動の影響も あって 、お お むね横ば いとな っている。個人消費生産業況判断国内企業物価消費税率引上げに伴う駆け込み需要の影響もあ って、 増加し ている。幅広く改 善して いる。幅広く改 善して いる。ただし、先行き に慎...

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し ~消費税率引き上げ後も景気回復は途切れず~

...総括表】【今回予測】2012年度2013年度2014年度実績予測予測(%)2015年度【前回予測値(13年10月4日公表)】2013年度2014年度2015年度日本経済予測予測予測予測実質GDP(内需寄与度)(うち民需)(うち公需)(外需寄与度)民間最終消費支出民間住宅民間企業設備民間在庫品増加政府最終消費支出公的固定資本形成財貨・サービスの輸出財貨・サービスの輸入GDPデフレーター名目GDP鉱工業生産完全失業率経常収支(兆円)名目GDP比率国内企業物価消費者物価(生鮮除く総合)   (消費税要因除く)為替...

2013年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し ~14年、15年に追加経済対策を想定したことで、14年度の成長率見通しを上方修正~

...最終消費支出民間住宅民間企業設備民間在庫品増加政府最終消費支出公的固定資本形成財貨・サービスの輸出財貨・サービスの輸入GDPデフレーター名目GDP鉱工業生産完全失業率新設住宅着工戸数(万戸)経常収支(兆円)名目GDP比率国内企業物価消費者物価(生鮮除く総合)   (消費税要因除く)為替レート(円/ドル)原油価格(ドル/バーレル)1.22.00.91.1▲ 0.81.65.3▲ 1.4▲ 0.12.115.0▲ 1.23.8▲ 0.90.3▲ 3.44.389.34.30.9▲ 1.1▲ 0.2▲ 0.283.092.02.82.41.60.80.52.78.00.8▲ 0...

2015年3月11日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済見通し:2015年3月(全体版)

...投資が、2013 年度補正予算や 2014 年度予算の早期執行が一巡したことを受け、増加幅を大きく縮小させた。今後は、2 月に成立した 2014 年度補正予算の執行が進むことになるが、公共投資は高水準を維持しつつも、ピークアウトへその中身を見ると家計や企業の所得支援に重点が置かれており、公共投資の予算規模は前年度補正予算の半分以下に止められている。先行指標である公共工事の請負額と受注額は既に前年割れに転じており、この先の公共投資は高水準を維持しつつも、減少に転じる公算が大きい。(4)物価消費者物価は、生鮮...

2015年4月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2015年4月号

....7n.a.5.85.75.75.6n.a.n.a.前期比、%0.80.80.5n.a.0.20.10.10.3n.a.n.a.前期比、%0.42.11.0n.a.1.7▲ 0.10.30.5▲ 0.5n.a.n.a.雇用家計失業率民間賃金(賞与除く、3カ月平均)小売数量Nationwide住宅価格指数 前年比、%9.38.25.8n.a.8.57.26.75.75.2物価消費者物価指数前年比、%1.10.90.1n.a.1.00.50.30.0▲ 0.0n.a.金融主要政策金利末値、%0.500...

2013年9月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほリサーチ]2013年9月号

...) (予測)実質 GDP国内需要民間需要個人消費住宅投資設備投資公的需要政府消費公共投資純輸出(寄与度)輸 出輸 入名目 GDPGDP デフレーター鉱工業生産完全失業率経常収支(対GDP 比)国内企業物価消費者物価長期金利(%)日経平均株価(円)為替相場(円/ドル)原油価格(ドル/バレル)0.31.31.41.63.74.10.91.4▲2.2▲1.0▲1.65.3▲1.4▲1.7▲0.74.51.61.40.01.059,18179.097.01.22.01.21.65.3▲1.44.32.115.0...

2013年12月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

平成25年11月(内外経済の見通し/全文)

...パック旅行。   3. 『GDPギャップ』は、実質GDPと潜在実質GDPの差額を潜在実質GDPで除したもの。(資料)総務省、内閣府統計等より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成-10060913 (年)(資料)内閣府統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成6Ⅰ. 日本国債費など既定予算の減額で多くが賄われると想定され、純粋な追加需要は限られる見込み。今後の公的需要は一転、減少基調となりそうである。(4)物価消費者物価は 6 月消費者物価は上昇基調が定着してきている。生鮮食品を除くコアベースから前年比上昇、デ では、6...

2013年8月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

平成25年8月(日本経済の見通し)

...変動の影響を受けやすい品目』はエネルギー、航空運賃、外国パック旅行。(資料)総務省、内閣府統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成(4)物価消費者物価は 6 月に、生鮮食品を除くコアベースで前年比+0.4%と 1 年円安と輸入物価上昇の影響が、消費者 2 ヵ月ぶりの上昇を示した。内訳をみると、価格上昇が目立つのは円安に物価段階まで徐々 伴う輸入物価高の影響を受けやすい品目(第 10 図)。加えて、直近ではに浸透耐久消費財なども下落幅を縮小させている。日本経済の長期停滞の象徴となってきたデフレだが、漸く...

2013年2月6日日本総研フィードバック数:1社会/政治海外

アジアマンスリー2013年2月号

...び率は景気低迷に伴う間接税収入の落ち込みや補助金支出の拡大を背景に依然として悪化傾向に歯止めがかかっておらず、7~9月期は前年同期比+2.8%と7四半期連続の鈍化となった。10 月以降の各種月次経済指標についても伸び率は緩慢な状況が続いており、インド経済は依然として減速基調から脱け出していないと判断されよう。■2013 年 1~3 月期に利下げが行われる可能性景気低迷が続いているにもかかわらず、高いインフ<消費者物価と卸売物価の前年比の推移>(%)レ率を背景に積極的な金融緩和を行えない状況が長期卸売物価消費者物価1816化している。消費者物価・卸売物価の上昇率は 201214年入り後に1次産...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ