「牽引力」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年4月1日JETROフィードバック数:0ビジネス海外

中国浙江省の産地 靴・自動車部品・アパレル

...浙江省の産地 靴・自動車部品・アパレル(2014年3月) 浙江省は、中小企業が製造業の牽引力となっている地域である。しかし、現在、欧米の長引く景気低迷や元高、国内の賃金高等で輸出が鈍化し、新たな市場開拓や生産拠点の移転などに直面している。本報告書では、こうした事業環境の変化に対して浙江省の中小企業が、変化にどのように対応しているのか、早くから民間企業が力をつけて、海外市場開拓や西部進出に積極的な浙江省の企業・産地(靴、自動車製品、紡績・アパレル)を取り上げ、事業モデルの転換、事業...

アジア新興国・地域の経済見通し~成長率は冴えない状況、注目は政策実行力

...政策については、今年に入って高インフレに見舞われているインドが1月に利上げを実施した。同じくインフレ率が高いインドネシアでは通貨の安定などを背景に、今年は政策金利を据え置いている。一方、タイでは景気減速が深刻になってきたことから、3月に利下げに踏み切っている。今後については、外需の牽引力が弱く、それぞれ国内にも課題を抱えていることから、短期的に成長率が大幅改善するとは想定していない。国内の課題解決や長期的な成長率を高める政策を実行できるのか、政策実行力が注目される時期と言える。リスク要因としては、経常...

アジア新興国・地域の経済見通し-先進国向け輸出を牽引役に緩やかに回復

...国の景気回復を背景に輸出が牽引役となり、新興国・地域の景気は緩やかに回復すると見ている。特に韓国・台湾・マレーシアのような経済の輸出依存度が高い国・地域ではその傾向が表れやすい。ただし、先進国の回復ペースは緩慢であるほか、主要な貿易相手国である中国経済もソフトランディングを目指しており、輸出が以前ほどの牽引力を発揮するとは考えにくい。国内の政治の動向を見ると、これまでは総じて改善が見込めない国・地域が多かったが、政治が新たなスタートを切るタイ・インド・インドネシア、財政健全化など中期的な経済の安定性が増しているマレーシア・フィ...

中国経済見通し:15年は7.1%、16年は6.9%~リスクは住宅市場に在り

...%増で、うち工業は同7.0%増と2年連続で全体の伸びを下回り、牽引力は徐々に弱まってきている。代わって存在感を高めてきたのが第三次産業で、12年以降3年連続で全体の伸びを上回っており、産業構造の転換は着実に進んでいる(下左表)。需要面を見ると、輸出は欧米経済の復調を受けて緩やかながら拡大傾向と思われる。消費は堅調な実質所得の伸びなどに支えられて底堅いと思われる。投資は過剰生産設備を抱える製造業では引き続き減速し、不動産業でも前年の伸びをやや下回るものの、新型...

アジア新興国・地域の経済見通し~資源安の恩恵が内需を支え、底堅い成長へ

...別に見ると、インド・タイが上昇、韓国・台湾・マレーシア・インドネシア・フィリピンが低下と、景気減速した国が多い。総じて、資源安を背景に内需が堅調に推移したが、輸出の減速が下押し圧力となって成長率は伸び悩む傾向が見られた。先行きについては、先進国経済が米国を中心に回復に向かう一方で中国・資源国経済が減速するために輸出の牽引力は乏しいものとなるが、内需は引き続き資源安の恩恵を受けて堅調を維持し、底堅い成長になるだろう。景気を下振れさせるリスク要因としては、外部環境の悪化による輸出の減速や、海外...

アジア新興国・地域の経済見通し~原油安の恩恵で、内需中心の安定成長へ

...ることを踏まえると、回復基調は失われてはいないようだ。国別に見ると、ASEAN4は比較的堅調で、韓国・台湾・インドが鈍化した。総じて、輸出が中国向けを中心に伸び悩むなか、内需の強さで明暗が分かれる傾向が見られた。先行きについては、先進国経済が回復する一方で中国経済が鈍化するために輸出の牽引力は乏しいが、昨年からの原油価格の下落は、エネルギー資源を海外に依存するアジア新興国・地域の内需の回復に繋がる。当面は原油価格が緩やかな上昇に止まるなかで、アジア新興国・地域は内需中心の安定成長が続くと見ている。今後...

2013年8月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【台湾GDP】足もと改善したが、不透明感も強い

...指数の改善が続く一方で、成長を牽引する肝心の出荷指数が伸び悩むなど、先行きの不透明感を払拭しきれずにいる状況である。特に、中国向けの輸出については先行きの不透明感が濃い。中国に以前ほどの牽引力が見られないことに加え、液晶パネル需要の押し上げ材料になっていたと見られる省エネ家電購入補助策が、今年5月で終了したためだ。 レポート研究領域経済 金融・為替 アセットマネジメント 年金 社会保障制度 保険 不動産 経営・ビジネス 暮らし ジェロントロジー(高齢社会総合研究)注目テーマ・キーワード 統計・指標・重要...

中国経済についてのレポートです。

中国経済見通し:2012年GDP統計発表後の改定

...需要の高い不動産分野ではバブル膨張を恐れる中国政府が不動産規制を堅持しており、過剰生産設備を抱える製造業も投資に慎重なことから、資金需要は盛り上がりに欠けている。不動産業や製造業では、今後も投資需要(=資金需要)の盛り上がりは期待できないものの、第18回中国共産党大会の方針と整合的な環境インフラやサービス関連では投資需要(=資金需要)が高まって投資の主役交代が起きる可能性がある。但し、新しい投資の主役である環境インフラやサービス関連は、不動産業・製造業と比べて規模が小さいため、投資全体を加速させるには力不足であり、下支えする程度に留まると見られる。今後の見通しは、投資の牽引力...

【台湾GDP】与党の内紛で国内にも懸念材料

...マホ端末などは低迷から脱せずにいる。また、台湾経済を牽引している半導体やパネルでも、今後の出荷量については減少すると見ている企業もあることから、牽引力として十分に期待できる状況とは言えない。加えて、足もとでは国内の不安要素が強まっている。与党国民党の内紛によって馬総統の支持率が低下しているためである。政局の混乱により立法院が事実上の機能停止に陥ったため、法案の審議が進まないなど、すでに悪影響が生じている。馬政権では、規制改革に向けた取り組みを進めようとしているが、今後の進捗に対する不透明感は強まっている。こう...

アジア新興国・地域の経済見通し ~金融市場が海外投資家に翻弄されるなか、実体経済にも不穏な空気が漂う

...によって異なる。韓国やフィリピン、タイではこれまで自国通貨高トレンドが進んでおり、輸出鈍化という悪い材料となっていたため、自国通貨安に振れることはポジティブな材料でもある。一方、インドやインドネシアは経常赤字国で、これまでも通貨安による輸入インフレの促進が懸念されていたため、一段の自国通貨安は、悪材料を助長するネガティブな材料である。先行きについては、堅調なASEANを含め、やや不穏な空気が漂ってきたと考えられる。海外経済の改善が輸出の伸びに波及しておらず、海外経済のアジア経済の牽引力...

2012年9月11日東京商工リサーチフィードバック数:1ビジネス

地銀、第二地銀103行(2012年3月期連結決算ベース)製造業・建設業向け貸出金残高調査 ~ 製造業向けは前年同期比2.1%増 建設業向けは同3.1%減 ~

...の残高は7兆円台に上昇した。しかし、2009年6月期以降は7兆円を下回り続け、震災後の2011年6月期は2008年3月期以降で最少金額に落ち込み、低迷が続いている。 これは民間投資の減少や公共事業の削減など、建設市場の縮小が背景にある。復興需要が期待されたが、震災地を中心とした本格的な復興事業の遅れもあって牽引力に欠けた。建設業向け貸出比率 震災発生の2011年3月期以降は低迷 地銀、第二地銀103行の2012年3月期連結決算ベースの建設業向け貸出比率は4.2%で、前年同期比0.2ポイ...

2014年7月16日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

今後50年の世界経済展望

...付加価値の高いサービス産業重視のセクターになっていくと思います。とくにインドでは、ビジネスサポートのサービスが大きなシェアを占めるようになるでしょう。すでに日本では70%以上がサービス分野を占めていますが、こうした先進国の産業構造に中国やインドがキャッチアップし、同じようなパターンを示すようになります。 就業者数増加は、もはや成長の主な牽引力とはならないこれまで、新興国を中心に成長の源泉であった就業者数の増加は、もはや成長の主な牽引力とはならず、高齢化が人口増加による経済成長の機会を軽減します。たとえばフランスでは、今後数十年間、1人当たりGDP成長...

2013年9月12日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【新局面の日中韓経済シリーズ No.1】輸出による国内付加価値の誘発構造-日中韓の現状比較と、今後とるべき戦略

...付加価値率を上げたときのマイナス面は、輸出牽引力の低下(1)従来の日中韓3カ国の戦略を整理すると以下の通り。韓国:国内産業の裾野が限定的なもと、輸出を拡大するため、国外製品を積極的に活用中国:「世界の工場」化による経済発展を目指した結果、韓国型に近い構造に日本:国外からの調達には慎重で、国内付加価値を重視(2)では、今後の戦略はどうあるべきか。一見すると、国内付加価値率を高めることが魅力的な選択肢。実際、各国とも、中小企業の育成や、高付加価値産業へのシフトを優先的な政策課題として位置付け。もっとも、今後の針路を決める際には、国内...

2009年1月5日野村総合研究所フィードバック数:11企業情報システム

2013年度までの国内IT主要市場の規模とトレンド(2)

...イルキャリア市場では、低年齢層・高齢者層における携帯電話保有率の増加と、個人による複数台保有の増加、および法人契約の増加が牽引力となって、携帯電話の契約回線数は、2008年度の約1億700万回線から2013年度には約1億1,500万回線へと増加すると予測しています。携帯電話事業者の収入については、台数が増えても現在生じているようなARPU(1契約あたりの平均利用料)の下落傾向が続けば、縮小に向かうことになります。下落傾向が改善され、2009年度までは年率-4%、それ以降は年率-3%となるシナリオの場合で、2013年度...

通販メディアと販売力

...株式会社ブレイン・リサーチ&マーケティングはビジネスやマーケットのレポートを通して、貴社のパートナーである会社です。 〒103-0027 東京都中央区日本橋3丁目2番14号新槇町ビル別館第一2階 2015年4月1日通販メディアと販売力伸びる通販市場/インターネット通販が牽引力の一つに――堅調な伸びを維持する通販市場 ―― テレビ放送というメディアを使った「通販チャンネル/TVショップ」、カタログによる「カタログ通販」、近年はインターネットを介した「インターネット販売」など...

2013年8月1日日本産業機械工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

米国における鉄鋼産業の動向について

...ーコアヤマトスチール社)ニューコア社は、非住宅建設向けの I 型鋼を生産しており、その市場が戻ってくるときには、鉄鋼業界の主要な牽引力となるであろう。ニューコア社は、開発すべき新しいプロジェクトの方向性を掴んでいる。問:人材確保や従業員のスキル向上に向けてどのように考えているか。(マリオ・ロンギ US スチール社)鉄鋼関連企業は、地域社会や一般市民との対話や繋がりを維持・強化するための努力をする必要があり、特に、彼ら自身が数十年前に行ったように、学生に対して、テレビ番組のスポンサーや教育、アウ...

「第2回企業魅力度調査」続報

...び生活者が企業に積極的に取り組んでほしい社会課題について分析しています。① 今、生活者の期待に応えきれていない企業活動は、1位「リスク&ガバナンス対応」、2位「コストパフォーマンス」、3位「市場対話・適時開示力」「今、生活者の期待に応えきれていない企業活動」について把握するため、まず、生活者が魅力的だと回答した企業に対して、今後さらに期待したい魅力について聞きました<グラフ1参照>。1位は“優れた機能・効果を持つ商品・サービスの提供”といった「ソリューション力」、2位は“経営者の魅力、成長戦略提示、業界牽引力”といった「リーダーシップ」、3位は「安全性・アフ...

2015年6月17日アスタミューゼフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「MEMS・マイクロマシン・組込システム」市場

...-on-a-Chip)等の組込み技術を駆使した高機能デバイスのスマートシステムや都市・交通インフラへの搭載が牽引力を担っていくと考えられる。これらの考察を踏まえ、2025年時点でのグローバル市場規模を、450億米ドル(≒5.4兆円)と予想する。 MEMS・マイクロマシン・組込システムとの連携により発展していくと予想される事業分野ビッグデータ・データマイニング・ データセンター ファクトリーオートメーション・ 工作機械・産業ロボット スマートモビリティ・ パーソナルモビリティ この...

2015年6月15日第一生命保険★フィードバック数:0ライフスタイル

シニアの消費についてのレポートです。

115兆円のシニア消費 ~商機だけではなく暮らし向きの課題への目配りも~

...ア消費が魅力的な市場という点は認めるが、すべてのシニア層が優雅に暮らしているというイメージの流布には懐疑的である。先にも述べたが、シニア消費の規模は大きいが、1 人 1 人の消費の単位は小さく、成長分野として大きな牽引力は感じられないからである。シニア層の日常は、日々、無駄な消費を切り詰めて、質素に生活するという平凡なものである。例えば、年金生活者の人数に注目すると、過去 5 年間で 2%ずつ増加している。年金生活者は、勤労者のように、収入の増加が期待できないので、その購買力が急増していくということは見込みにくい。一方、高齢...

2015年2月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2015年2月9日~) ~米国経済の牽引力にはまだ期待できないか~

...Market Watching市場レポートテーマ:Weekly Market Report(2015年2月9日~)~米国経済の牽引力にはまだ期待できないか~発表日:2015年2月9日(月)担当第一生命経済研究所 経済調査部嶌峰 義清 (03-5221-4521)今週のスケジュール今週の経済指標・イベント・注目材料発表日2月9日(月)2月10日(火)2月11日(水)2月12日(木)2月13日(金)2月14日(土)2月15日(日)国指標・イベント日本 国際収支(12月)・経常収支消費動向調査(1月...

2013年8月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

平成25年8月(中南米経済の見通し)

...率の低下傾向が続いていたが、こうした傾向は一服した。今年上半期の新規雇用者数は、過去 4 年間で最も低い水準となっており、雇用情勢は悪化している。低成長下におけるインフレ加速により足元では実質賃金が低下していることもあり、雇用情勢の一段の悪化は、購買力低下を通じて、消費への下押し圧力となろう。(2)今後の見通し消費にこれまでのような牽引力は期待できない世界経済に明るさが徐々に戻ってきているとはいえ、中国を中心とした新興国の成長ペース鈍化を背景に資源需要の回復は鈍く、今後も輸出の回復は緩やかにとどまる公算が大きい。他方、これ...

2013年12月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

平成25年11月(中南米経済の見通し)

...れは回 追加刺激策の実施余地は乏しくなっていることから、消費にこれまでのような牽引力は期待できない。一方、ルセフ大統領は 2014 年の大統領選挙避において再選を目指していることを考えると、財政収支改善に大きく舵を切り、自ら消費の腰折れを招く選択も採りづらい。消費マインドの改善もあり、来年の大統領選挙まで現状の消費刺激策が概ね継続されることにより、消費は底割れを回避しよう。需要項目別にみると、投資は、昨年は 4 四半期連続で前年割れとなり、消費と投資の両輪で成長を分担する 成長の下押し要因となった。この...

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2017‐2021

...ートフォンのデータトラフィックは2020年に、固定ブロードバンドのデータトラフィックを超えると見込まれます。モバイル利用はデータトラフィック全体の主な牽引力となっていますが、本調査で予測を行った19市場では、引き続き固定ブロードバンドが大部分を占めると思われます。多くの消費者は依然として、高画質ビデオなどデータ容量の重いコンテンツへアクセスする際、モバイルデバイスではなく固定ブロードバンドを選んでいます。しかし、特にインドやインドネシアといった発展途上国の市場では、スマートフォンへの移行が続くとみられるため、2020年には、19市場...

2014年11月3日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

26年都道府県地価調査の結果について ~地価、バラツキが拡大?~

...水準が既に相当に低くなっており、下落の余地も少ないところも少なくない、というようなことが背景にあるのではないか。地方においても、万遍なく土地需要を高めていくことには限界がある中、地域の経済社会の中心であるはずの県庁所在市に牽引力が乏しいということの表れなのかも知れない。なお、(2)(3)のような、ミニバブルとリーマン・ショックによる影響というものは、ここでは感じられない。一般財団法人 土地総合研究所8秋田県内の市町村(住宅地)の平均価格の変動係数0.6400.6200.6150.6110.6000.6000.5940.5880...

2015年3月11日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済見通し:2015年3月(全体版)

...平成 27 年(2015 年)3 月 11 日見通しの概要~世界経済の回復ペースは依然緩やかにとどまる見通し~日本~好循環の回転を原油価格の下落等がサポートし、景気は緩やかな回復が続く見通し~米国~家計需要の拡大を牽引力に、緩やかな回復基調を維持する見通し~西欧~ユーロ圏は原油安・ユーロ安が景気を下支えするも、1%弱の低成長が続く~ア ジ ア~資源安が内需拡大の支えとなるも、輸出の伸び悩みが成長ペースを抑制~オーストラリア~資源価格下落の影響で、景気は減速傾向が続く~中南米~ブラ...

2015年4月9日太陽光発電協会★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

太陽光発電協会のレポートです。

太陽光発電産業ビジョン“JPEA PV OUTLOOK 2030”「2030年に向けた確かな歩み」

...きく変えることとなった。国内総出荷に占める非住宅用の割合は、2012 年度で(国内総出荷量 3.8GWに対し)50%、2013 年度で(同 8.4GW に対し)73%、2014 年度上半期で(上期国内総出荷量 4.3GW に対し)77%と大幅に伸張し、住宅用を大きく上回る市場拡大の牽引力となった。FIT 制度の最大の成果は、「ボランタリー導入に依存していた太陽光発電産業にとって、事業経済性が確保されさえすれば導入への障壁は低く、ポテンシャルは非常に高い」ことを証明したことである。従来は、太陽...

2015年3月4日アクセンチュア★フィードバック数:0デジタル家電

アクセンチュアのレポートです。

「Digital Consumer」調査レポート~デジタル消費者と向き合うために

...て新製品へのアーリーアダプター率が高かった市場は様変わりしつつあるようです。 【図1 購入計画:以下の製品カテゴリーについて、向こう1年間での消費者の購入計画】(画像をクリックすると拡大画像が開きます)次世代のインテリジェントなデジタル機器、そしてネットワーク機器は、より成熟したデジタル機器に比べると所有率および購入計画が依然として低いものの、市場を拡大する牽引力があります(図2を参照)。既に保有している製品群にこうした新たな製品を加えたいという消費者ニーズは確実に存在し、製品カテゴリーによっては消費者の暮らしの身近な必需品になり得ると考えられます。来年...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ