「生産コスト」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年4月25日JETROフィードバック数:0ビジネス海外

【パラグアイ】「ブラジル+1」が動き出す

...グアイ】「ブラジル+1」が動き出す(2014年4月) 南米では、「ブラジル・プラスワン」への模索が始まっている。ブラジルでの生産コスト増を回避しようと、生産拠点をブラジルの周辺国に設置する動きだ。各国企業は生産体制の見直しを図っている。パラグアイは労働コストの低廉さ、人材の確保しやすさなどから、そのプラスワン設置先の一つとして有力視されている。(本レポートは、「ジェトロセンサー」2014年5月号エリアリポートにも掲載)→ 「ジェトロセンサー2014年5月号」の詳細はこちら 発行年月:2014...

Exploring reporting‐投資専門家が石油およびガス会社による報告に求めているものは何か?‐

...ュアルレポートに代表される石油およびガス会社のコーポレートレポーティングを基本的には評価しています。また、コーポレートレポーティングの質と会社の評価との間に、関連性があると考えていることが示唆されました。投資家やアナリストは、監査対象である財務諸表以外に、会社が自主的に開示しているものを含む業界特有の業績指標(埋蔵量や生産量、生産コストや販売価格など)が重要であると回答しており、そのような業界特有の業績指標について、より詳細なセグメンテーション、過年度や同業他社との比較可能性、アシュアランスを求めていることが明らかになりました。 © 2004-2017 PwC. All rights...

Extracting value‐投資専門家が鉱業会社による報告に求めているものは何か?‐

...ポレートレポーティングの質と会社の評価との間に、関連性があると考えていることが示唆されました。投資家やアナリストは、監査対象である財務諸表以外に、会社が自主的に開示しているものを含む業界特有の業績指標(埋蔵量や生産量、生産コストや販売価格など)が重要であると回答しており、そのような業界特有の業績指標について、より詳細なセグメンテーション、過年度や同業他社との比較可能性、アシュアランスを求めていることが明らかになりました。 © 2004-2017 PwC. All rights reserved. PwC refers to the PwC...

2013年5月28日矢野経済研究所フィードバック数:4製造業/エレクトロニクス

医薬品製造受託市場に関する調査結果 2013

...の医薬品製造受託市場規模は、前年度比9.7%増の5,100億円と推計した。医薬品製造受託市場は改正薬事法施行の2005年度には前年度比30%増の伸長を示し、その後も拡大基調にある。2012年度以降も市場は拡大基調を予測するが、参入企業の増加に伴う価格競争が一段と激化することが予測されるため、今後は成長率の鈍化が見込まれる。◆ 大手製薬企業の製造委託ニーズは拡大、製造受託企業の設備投資の継続と生産コストの削減がキー大手製薬企業を中心とした製造部門の外部委託ニーズの拡大を背景に、中堅新薬系企業、ジェネリック系企業、OTC※企業...

2013年3月16日JETRO★フィードバック数:1ビジネス

ビジネス面からの分析です。

イタリア小物家電産業 デロンギ社(2013年3月)

...市場での比率が低いことが、最近5年間の国内需要の急激な落ち込みや欧州市場での需要減速から守る形となった。将来的な懸念材料としてあげられるのはユーロ安、エネルギーなどの生産コストの上昇、コーヒービジネス業界などへの競合メーカーの新規参入である。一方、さらなる発展が期待されるのは、ブラウンの普及も含めたブランド力の強化、デザインと研究開発への注力、中国、ロシア、ウクライナ、ブラジル、チリなどの国を中心とした流通ルートの強化である。 発行年月:2013年3月 作成部署:ジェトロ調査企画課 総ページ数:33ペー...

2013年3月31日JETROフィードバック数:0ビジネス海外

米国企業のアジア展開・アジア企業の米国展開(2013年3月)

...企業のアジア展開・アジア企業の米国展開(2013年3月) 本報告は、2012年5月に作成された「米国企業のアジア展開事例とアジア企業の米国展開事例」の続編である。前回と同様に、主に米国サイドの情報を中心として、米国企業のアジアにおけるビジネスおよびアジア企業の米国でのビジネスについて、事例を取りまとめた。 対ミャンマー経済制裁の緩和を受けて同国へ進出を計画する米企業の例や、中国国内の生産コスト上昇などの事情により第3国へ拠点を移した例、また本格化しつつある中国企業の対米投資の3点が、特に...

OPECの減産見送りとシェール・オイルを巡る今後

...が長く低位にとどまる可能性は高くないとみられます。なお、シェール・オイルについては、油井によって生産コストにかなりばらつきがあるほか、これまでに投じた資金の回収が重視されることなどから、原油価格が一段と低下する場合でも、設備投資や生産ペースが抑えられることはあっても、増産という方向性の修正にまで至るかは定かでありません。一方、一部で2年前の半分以下に時間短縮となった事例もあるように、掘削などの効率化や、生産コスト削減に向けた努力に拍車がかかったり、M&A(合併・買収)が加速するなどして、体力強化が進むことも考えられます。 ※上記...

2013年4月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済/円安はどこまで進むのか~産業平均均衡レートから得られる示唆~

... 日本経済円安はどこまで進むのか─ 産業平均均衡レートから得られる示唆 ─日米の販売物価を基準にした購買力平価と、生産コストを基準にした均衡為替レートは、1990 年代終盤以降大きく乖離した。デフレ下における低価格競争の中、日本企業が利益マージンの圧縮により対応してきたことが背景にある。デフレから脱却し、日本企業が米国企業並みの適正な利益マージンを確保できるようになった環境下においては、1ドル=100円を超える円安水準も正当化されうると考えられる。の物...

中国ビジネスに関する意識・実態調査

...クを感じるのは民族性の違いによるビジネス慣習の違い■約9割の企業が今後中国ビジネスにおいてリスク管理の強化を検討■中国での生産コストの上昇や人件費の高騰が頭を悩ませている■中国以外にリスクを感じる国は韓国、ブラジル、イランなど【調査概要と回答者プロフィール】■調査概要<調査方法>ウェブにより実施。<調査期間>2015年12月18日~2015年12月21日<調査対象>全国の中国企業と取引のある一般企業・団体の経営者および役員、社員、団体役員、職員<有効サンプル数>200名■回答者プロフィール<性別>男性:女性=約9:1<調査対象>合計200名(1...

転落の一途、光ディスク媒体事業が縮小する訳

...発元として名高い太陽誘電だけである。 ただし、その太陽誘電も円高などを理由に、光ディスクの月産量を1億1,000万枚から6,500万枚に減らす見通しだ。同社以外の日本メーカーは、高価なブルーレイディスク(BD)を製造することで日本の工場を維持しているものの、既にその生産委託も始まっている。上昇し続ける生産コスト 生産量が減少した背景には、(1)生産コストの上昇、(2)光ディスクを不要にする異なる種類の記録媒体やWebサービスの発展──がある。(1)の生産コストのうち、初期投資に当たる自動化設備の購入費用は、ディ...

2011年3月25日東京商工リサーチフィードバック数:16ビジネス

「東日本大震災」関連調査「上場企業の被害状況」調査

...業を中心に電力供給が安定している関西以西への移転や新興国など大消費地に近く、生産コストの安い海外への移転も懸念される。また、流通業、サービス業などでは国内市場への戦略再考を迫られる可能性もあり、震災後の復旧は厳しい前途が待ち受けている。 2008年10月のリーマン・ショックからようやく立ち直りかけた日本経済。自動車産業などの集積地として経済基盤を固め始めていた時期の大震災だけに、東北地区の受けたショックは生産から雇用まで計り知れない。今後は政府、自治体、民間が協力し、力強く復興に立ち向かうことが必要だ。 禁・転載・複写株式会社東京商工リサーチ 情報部/TEL:03...

2013年11月20日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル

2013/14年度主要穀物の生産状況等調査結果(第2回)を公表(ブラジル)

...)と見込まれている。大豆作付けとの競合では、米ドルに対してレアル安で推移する為替相場や、大豆に比べてトウモロコシの生産コストが高いことから、トウモロコシに不利な状況となっている。南部では8月から作付が始まり、作付面積の約95%では種が終了し、現在は発芽・生育段階にある。9月下旬の降雨と低温が生育の妨げとなり、局地的に遅れが出ていたが、現在ではこの状況は回避されている。作付面積の減少は、パラナ州が際立っており、前年度比18%から20%の減少が見込まれている。また、全国的に見て、第1期作...

アジア新興国・地域の経済見通し~緩やかな輸出拡大と原油安を追い風に景気回復が続く

...-12月期以降、概ね4%台前半で推移してきたことを踏まえると、回復基調は維持したと言える。国別に見ると、タイを除く国・地域が鈍化した。総じて、内需は堅調さを維持する一方で、輸出が日本・中国向けを中心に鈍化し、輸入が増加基調で推移したことが成長率の下押しとなる傾向が見られた。先行きについては、輸出は米国主導の世界景気の回復を受けて拡大に転じ、内需は足元の原油安が消費・投資のサポート要因となることから成長率は上向くだろう。原油安の継続は、家計の購買力の増加を通じて消費の拡大に繋がり、企業にとっては生産コスト...

2013年12月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

物価は経済の体温計

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 物価は経済の体温計アメリカ経済を知る! 第8回 2013年12月5日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平上野 まな美消費者が購入する商品やサービスの価格は常に変動しており、日常生活と密接な関係があります。たとえば、ガソリンの値段が下がれば、値段が下がったことで余ったお金を他の消費に回すこともできます。企業にとっても、原材料の価格が下がれば生産コスト...

2015年に生産高100億米ドルを目指す、台湾の工作機械産業

...機械メーカーは、台湾に約300社ある。その取引先を含めた工作機械関連メーカーは1000社を超えている。そのうち従業員数が30人以下の企業は8割以上であり、そうした企業はキー・コンポーネントをほとんど自社生産できない。社外から購入することが一般的だ。1台の工作機械に必要な部品は1000種類以上といわれている。このため、工作機械関連メーカーの多くは台中市周辺に集中立地することで、生産コストの削減や納期の短縮に努めている。 台湾メーカーが得意とするのは低・中価格帯の汎用的な工作機械である。航空...

2014年4月20日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル

2013/14年度主要穀物の生産状況等調査結果(第7回)を公表(ブラジル)

...要因としてCONABは、前回同様にトウモロコシよりも生産コストが安く収益性の高い大豆の作付面積が拡大したことを挙げている。なお、第1期作の生産量は3152万トン(同6.4%減)と見込まれている。地域別に見ると、北東部地域以外の生産量は前年度から軒並み減産が見込まれている。主要生産州の中では、南東部のサンパウロ州や南部のパラナ州での第1期作の作付面積の減少幅が大きく、それぞれ同23%を超える減少とされている。一方、北東部の作付面積は同24.1%の大幅な増加としており、今年度は、南部、南東部に次ぐ第1期作...

2014年11月18日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2014年9月のフィードロット飼養頭数は、史上3度目となる90万頭台(豪州)

...、飼料用小麦の平均価格(QLD州南部ダーリングダウン)は、キログラム当たり320豪ドル(3万1400円)と、前年同期比4%高を維持しているものの、例年、収穫を直前に控えて価格が下落する時期であることから、前期(2014年4〜6月期)から12%下落している。これが、肥育もと牛価格の上昇による生産コスト増の影響を緩和したとみられる。 2014年7〜9月のグレインフェッド牛肉輸出量は日本向けも好調  MLAによると、2014年7〜9月の穀物肥育(グレインフェッド)牛肉輸出量(船積重量ベース)は5万9581...

2008年10月21日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境ITシステム市場に関する調査結果 2008

...は多様なニーズへの柔軟な対応、環境規制の即時対応など環境ITシステムに対するニーズは高いものの、ユーザーに適切なシステムが行き渡っている状況ではない。課題は、各企業がもつ多様なニーズへの柔軟な対応、環境規制の即時対応が十分でないことが挙げられる。さらに、具体的な数字で見える改善効果、経営や生産コストの改善に直結するような戦略的提案が不十分な点も課題となっている。環境ITシステム国内市場は2010年度には73,850百万円に拡大市場規模は、2007年度51,100百万円(前年度比107.2%)、2010年度73,850百万...

2014年9月18日日本銀行フィードバック数:0ビジネス

(論文)企業の海外進出と収益力

...が海外進出の程度を高めることは連結ベースの収益力や企業価値にプラスの効果を与えており、さらに、その効果は近年高まっていることが確認された。このことは「収益力や企業価値の高い企業ほど海外進出を行う」という逆の因果関係に起因するバイアスを取り除いた上でも見てとれた。また、企業の海外事業と国内事業の間には補完的な関係があることが示唆された。すなわち、企業は、国内事業を維持しつつ海外事業を拡大させることで、より高い収益性を得ることができる。企業の海外進出による収益力や企業価値へのプラス効果が近年高まっている背景には、海外での経験蓄積、現地需要の取り込み、生産コスト...

2013年12月26日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013/14年度主要穀物の生産状況等調査結果(第3回)(ブラジル)

...の国際相場が堅調に推移する一方、トウモロコシの生産コストが上昇していることを受け、トウモロコシよりも収益性の高い大豆の作付意欲が高まっていることを挙げている。特に南部のパラナ州での作付面積の減少が際立っており、同23.3%の減少を見込んでいる。また、地域的には、中西部の作付面積の減少幅が最も大きく、同20.2%減としている。この結果、ブラジル全体の第1期作トウモロコシの生産量は、3260万400トン(同6.4%減)を見込んでいる。 大豆:生産量は過去最高の9000万トン超えの見込み  大豆の作付面積は、前年度比6.2%増の...

2015年1月21日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2014/15年度主要穀物の生産状況等調査結果(第4回)を公表(ブラジル)

...面積が拡大したことに加え、作付けが順調に進展したことで、単収が前回報告から大幅に改善したことを挙げている。 一方、大豆は、引き続き増産が予測されており、2014/15年度は、前年度比11.4%増の9592万トンと過去最高を更新する見込みである。この要因として、国際価格は下落しているものの、生産コストが低く、他の作物よりも収益性が高いことが挙げられている。例年、大豆の作付けは、9月頃から順次開始され、12月までにほぼ終了する。今年度は、10月中旬頃まで乾燥傾向が続き、主要生産地でも作付けが遅れたところが見られたものの、11...

2014年3月27日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013/14年度主要穀物の生産状況等調査結果(第6回)を公表(ブラジル)

...計されており、その減少要因としてCONABは、トウモロコシよりも生産コストが安く収益性の高い大豆の作付けが拡大したことを挙げている。地域別で見ると、北東部地域以外の生産量は前年度から軒並み減産と見込んでいる。特に、中西部のゴイアス州や南部のパラナ州での第1期作の作付面積減少幅が大きく、それぞれ同23%を超える減少としている。一方、北東部の作付面積は同6.8%の増加としており、今年度は、南部、南東部に次ぐ第1期作トウモロコシ生産地域に躍進するとみられている。 昨年12月頃より、ブラ...

2015年2月26日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

米国農務省、2015/16年度トウモロコシ等の需給見通しを公表-2015年農業アウトルックフォーラム-

...、EUやメキシコからの需要も拡大するとみられる。期末在庫は、前年からの在庫の繰り越し(期首在庫)が多いものの、消費増などにより取り崩され、同7.7%減の4300万トンと見込まれるが、在庫率は同1.1ポイント減の12.3%と依然として高水準となる。また、生産者平均販売価格は、1ブッシェル当たり3.5米ドル(417円:1米ドル=119円)となり、前年を同0.15米ドル(18円)下回るとみられる。  大豆の作付面積は、価格が安値で推移しているものの、綿花やトウモロコシなどに比べて生産コスト...

2014年6月22日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル

2013/14年度主要穀物の生産状況等調査結果(第9回)を公表(ブラジル)

...ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は6月10日、2013/14年度(10月〜翌9月)第9回目となる主要穀物の作付状況調査報告を発表した。これによると、トウモロコシ生産量は7789万トン(前年度比4.4%減)、大豆は8605万トン(同5.6%増)となった。 トウモロコシ:2013/14年度の生産量、前年度比4.4%減の7789万トン 第1期作のトウモロコシの作付面積は、670万ヘクタール(前年同期比1.3%減)と推計されており、作付面積減少の要因としてCONABは、生産コスト...

【マレーシアGDP】1-3月期は前年同期比+6.2%

...も引き続き、良好な労働環境を受けて個人消費が牽引役となり、先進国主導の世界経済の緩やかな回復がマレーシアの輸出を押し上げる構図は続きそうだ。ただし、成長率が更に加速するとの期待は持てない。政府は、昨年から財政緊縮を進めており、消費者の景況感が急速に低下、企業の景況感も生産コスト増を背景に停滞しており、個人消費・投資は鈍化する公算が大きい。輸出についても、先進国向けが緩やかに拡大しているものの目立った勢いはない。総評すると、マレーシアは飛躍的な経済成長への期待は低いが、内需...

2014年6月2日大和総研★フィードバック数:0社会/政治海外

シェールガスについてのレポートです。

発現し始めた米国におけるシェール革命の影響

...は利用するエネルギー源が相対的に安価である天然ガスにシフトすることで、家計や企業が使用するエネルギーコストが低減する可能性がある。原材料として利用できる化学業界だけでなく、今後は発電にも天然ガスが用いられる可能性が高く、幅広い業種でのエネルギーコストの低下が期待されよう。生産コストの低下、エネルギー関連以外の支出増という需要拡大などを通じて、製造業の国内回帰を促し、雇用環境の改善、個人消費の増加といった好循環が生じることで米国経済の持続的成長に寄与する波及効果が見込まれる。こうした米国内の構造変化を通じ、世界の貿易構造にも変化が生じることが考えられる。シェ...

2014年5月18日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013/14年度主要穀物の生産状況等調査結果(第8回)を公表(ブラジル)

...ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は5月8日、2013/14年度(10月〜翌9月)第8回目となる主要穀物の作付状況調査報告を発表した。これによると、トウモロコシ生産量は7519万トン(前年度比7.7%減)、大豆は8657万トン(同6.2%増)となった。 トウモロコシ:2013/14年度の生産量、前年度比7.7%減の7519万トン  第1期作のトウモロコシの作付面積は、661万ヘクタール(前年同期比2.5%減)と推計されており、作付面積減少の要因としてCONABは、生産コスト...

2017年8月3日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

2017年上半期における玩具の販売動向

...パンマン」、「ベイブレードバースト」、「仮面ライダーシリーズ」で、いずれの販売も前年実績を上回った。「それいけ!アンパンマン」は、定番商品が引き続き販売を下支えし、2015年下半期以降首位を堅持している。また、2016年4月からテレビアニメの放映がはじまった「ベイブレードバースト」は、金額前年比157%増(2.57倍)と大きく伸長した。 【平均価格の動向】純玩具の税抜き平均価格は、基礎玩具を除く全ての分類で上昇し、全体では前年同期から7%上昇した(図2)。生産コスト...

2014年9月19日日本政策金融公庫★フィードバック数:0ライフスタイル

農業の景況です。分野別のデータも含まれます。

平成26年上半期農業景況調査

...ニュースリリース平 成 26 年 9月 18 日株式会社日本政策金融公 庫農業景況:景況農業景況DIが低下、生産コスト上昇響く~設備投資見込みDIは上昇し先行きに明るさ~<日本公庫・平成26年上半期農業景況調査>日本政策金融公庫(略称:日本公庫)農林水産事業が、スーパーL資金又は農業改良資金(注)の融資先を対象に7月に実施した平成 26 年上半期農業景況調査で、肉用牛をはじめほとんどの業種で景況判断を示す景況DIが低下し、農業全体の景況DIはマイナス幅が拡大しました。販売単価DIがプ...

2015年5月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0ビジネス

15年みずほアジアビジネスアンケート、アジアの賃上げに懸念

...中国WTO加盟40日中関係緊張NIESインド30米国20欧州中南米1001999 200001020405060708091011121314(年度)(資料)みずほ総合研究所今回も日本企業のASEAN重視、中国離れが続いたが、そもそも中国の首位陥落の要因は、人件費を中心とした生産コスト上昇、景気減速が影響したことであり、今年もその流れは続いている。ただし、今回は中国だけでなく、ASEANでも人件費の上昇が日本企業のASEAN拠点における課題のトップとなっている。そうした状況が反映されて、先の...

2016年11月24日JETRO★★フィードバック数:0社会/政治

「2016年度 米国進出日系企業実態調査」の結果(一次速報)

...な競合品の米国への流入によって米国市場での競争が激化していることを指摘する企業もいた。 通商政策:経済連携などの新政権による方針に注目集まる。通商分野の関心内容としては、TPP(298社、42.2%)への関心が高く、NAFTA(109社、15.4%)、アンチ・ダンピング税、相殺関税(104社、14.7%)が続いた(図表3)。TPPへの関心については、発効見通しと新政権による方針に関心が集まった。「コスト競争も激しいため、関税削減による生産コストの削減効果を期待している」(電気/電子部品など多数)、「米国とメキシコで生産工程を分担し、米州としてひとまとめに生産管理を行っているため、トラ...

ニュージーランドの利下げについて

...金融緩和策が今後も継続される見通しであることなどから、NZドルの対円での下落は限定的となっています。なお、乳製品については、足元の価格水準が多くの国における平均生産コストを下回っているとみられることから、今後、供給増加ペースが鈍化すると見込まれ、価格面への好影響が期待されます。 信頼できると判断したデータをもとに日興アセットマネジメントが作成※上記は過去のものであり、将来を約束するものではありません。 当資料は、日興アセットマネジメントが市況等についてお伝えすることを目的として作成したものであり、特定ファンドの勧誘資料ではありません。また、弊社...

2014年12月21日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル

2014/15年度主要穀物の生産状況等調査結果(第3回)を公表(ブラジル)

...農業開発地域である北東部を中心としたマトピバ地域について、2014/15年度第1期作のトウモロコシ生産量は、大豆生産の拡大による作付面積の縮小や単収の減少により生産量が減少する州が多い中、バイーア州の生産が良好であることを受け、前年度から増加と見込んでいる。  大豆の生産は、引き続き増産が見込まれている。この背景として、国際価格は下落しているものの、生産コストが低く、他の作物よりも収益性が高いことを挙げている。大豆の作付けは12月までにほぼ終了することとなるが、本年10月までは不安定な天候により作付けが遅れていた。しかし、11月以降は天候が回復し、適度...

2014年11月23日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2014/15年度主要穀物の生産状況等調査結果(第2回)を公表(ブラジル)

...、大豆が増産見込みとなる背景には、国際価格は下落しているものの、生産コストが低く、他の作物よりも収益性が高いことを挙げている。また、為替相場は米ドルに対してレアル安で推移しており、輸出向けの先物契約が進むなど、生産者の大豆生産意欲をさらに後押ししている。昨今、同国では2期作が主流となっているが、大豆は主に第1期作に作付が行われ、9月頃に南部からは種が開始される(なお、大豆のは種から収穫までに要する期間は、トウモロコシより短く約4カ月程度となる)。2014/15年度は、中西...

2014年11月2日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2014/15年度主要穀物の生産状況等調査結果(第1回)を公表(ブラジル)

...例年よりも多くの降雨を記録して適度な土壌水分が確保できたため、単収は良好と見込まれている(トウモロコシの播種から収穫までに要す期間は、約5カ月程度である)。また、CONABは、新興農業開発地域である北東部を中心としたマトピバ地域の2014/15年度第1期作のトウモロコシ生産量について、大豆生産の拡大により作付面積が縮小し、前年度から減少する可能性があるとしている。 一方、大豆を増産見込みとする背景には、国際価格は下落しているものの、生産コストが低く、他の作物よりも収益性が高いことを挙げている。昨今、同国では2期作が主流となっているが、大豆は主に第1期作...

原油を取り巻く環境は複雑多岐

...盟国での原油生産の伸びが鈍化するとして、需給の均衡が見込まれる今年後半に原油価格が回復するとの見通しを発表しました。ただし、米国では、技術の進化などに伴ない、シェール・オイルの生産コストの低下が続いており、原油安に伴なう生産への影響は限定的との見方もあります。一方、OPECについては、昨年11月の総会で減産見送りを決定したものの、例えばベネズエラの場合、外貨準備の減少などに伴ない、債務不履行の可能性を懸念されるほど厳しい状況にあり、暴動の発生によって原油生産に影響が及ぶ恐れがあります。また、原油価格の下落は、産油国には痛手でも、原油...

2011年11月10日MM総研★フィードバック数:12ビジネス

PCの市場動向です。

2011年度上期国内パソコン出荷概要

...台数は前年並みの750万台と予測した。ただし、HDDの供給不足問題は、前述のシナリオ通りとなるか不透明な点も多く、HDDの代替増産が進まない場合は、さらに減速する可能性もある。一方で、供給不足によるHDD価格の上昇は、パソコンメーカーが、自社生産コストで吸収しなければならず、採算面で悪影響を与える点も懸念材料だ。また欧州に端を発する世界経済の不透明感は、製造業を中心に企業のIT設備投資にも歯止めをかけており、あまり良い材料の見込めない半期となりそうだ。 本件に関するお問い合わせ先株式会社MM総研担 当 : 中村...

2014年7月30日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013/14年度主要穀物の生産状況等調査結果(第10回)を公表(ブラジル)

...ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は7月9日、2013/14年度(10月〜翌9月)第10回目となる主要穀物の作付状況調査報告を発表した。これによると、トウモロコシ生産量は7820万トン(前年度比4.1%減)、大豆は8627万トン(同5.9%増)となった。 トウモロコシ:2013/14年度の生産量、前年度比4.1%減の7820万トン CONABは、第1期作のトウモロコシの作付面積を668万ヘクタール(前年同期比1.5%減)と推計しており、この作付面積減少の要因を、生産コスト...

2015年2月20日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル

2014/15年度主要穀物の生産状況等調査結果(第5回)を公表(ブラジル)

...価格は下落しているものの、生産コストや生育リスクが低く、他の作物よりも収益性が高いことが挙げている。例年、大豆の作付けは、9月頃から順次開始され、12 月までにほぼ終了する。今年度は、10 月中旬頃まで乾燥傾向が続き、主要生産地の一部でも作付けが遅れたものの、11 月以降は天候が回復し、その後の生育は良好とされていた。しかしながら、今回の報告では、中西部においては11 月後半から1 月にかけて高温乾燥の影響で生産性が低下して生産量が落ち込み、国内の大豆生産量も前回報告から134.2 万トン下方修正された。CONAB は...

2014年9月23日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013/14年度主要穀物の生産状況等調査結果(第12回)を公表(ブラジル)

...年度の生産量、前年度比3.6%減の7855万トン  CONABは、第1期作のトウモロコシの作付面積を662万ヘクタール(前年同期比2.4%減)と推計しており、この作付面積減少の要因として、生産コストが安く収益性の高い大豆にシフトしたことを挙げている。また、昨年末から今年の2月中旬にかけて、南部、南東部を中心に高温・乾燥による生育被害の発生により単収減となったことから、第1期作の生産量を3165万トン(同8.5%減:前回報告から3万トン減)と見込んでいる。地域別に見ると、北東...

2015年2月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【台湾10-12月期GDP】前年同期比+3.2%~輸出主導の安定成長は継続~

...統一地方選における与党敗北を受けて政治の不確実性が高まったことから、個人消費・民間投資が鈍化したと見られる。先行きは、米国向けを中心とする輸出主導の安定成長が続くと見ている。海外は米国の景気回復が見込まれるほか、中国の景気減速のペースがごく緩やかなものであることから輸出が大きく下振れる可能性は低いだろう。主力のIT関連製品の製造業は米国・中国企業に対する新型スマートフォン・ウェアラブル端末の製造や部品供給が好調で、企業の設備投資意欲は衰えておらず、雇用環境も改善が続いている。また、足元の資源価格の下落は、インフレ率の低下を通じて実質所得を向上させるほか、企業の生産コスト...

2014年8月20日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013/14年度主要穀物の生産状況等調査結果(第11回)を公表(ブラジル)

...ン CONABは、第1期作のトウモロコシの作付面積を664万ヘクタール(前年同期比2.1%減)と推計しており、この作付面積減少の要因として、生産コストが安く収益性の高い大豆にシフトしたことを挙げている。また、昨年末から今年の2月中旬にかけて、南部、南東部を中心に高温乾燥による生育被害が発生して単収も減少したことから、第1期作の生産量を前回報告から下方修正し3168万トン(同8.4%減)と見込んでいる。地域別に見ると、北東部地域以外の生産量は前年度から軒並み減産が見込まれ、主要生産州の中では、南部...

2013年4月2日大和総研フィードバック数:6社会/政治

注目されない輸出価格の上昇

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 昨年末以降の円安の進展にもかかわらず、輸出数量は依然緩やかな減少が続いている。しかし一方で、輸出金額は昨年10月を底に持ち直しており、それは取りも直さず、輸出価格が大幅に上昇しているためである。景気を考える上では実質ベースの動きが重視され、輸出価格への注目度はそれほど高くないが、足下の円建て輸出価格の動向を見てみると、急激な円安を背景に、実は過去最高水準まで上昇している。円安によって国内における相対的な生産コスト...

2013年10月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「日本は投資過小、中国は投資過剰」の落とし穴

...ナロジーから、同様の成長シナリオを描くことは難しい。日本企業が事業活動の国際化を進展させている結果、外部要因の改善に合わせて国内の設備投資や雇用を増加させる比率は低下している。日本企業の新規設備投資に対する海外直接投資の割合が、現地の産業蓄積等を背景として上昇トレンドを描き続けるとすれば、国内生産・設備投資・雇用の取り分はさらに低下する。◆資本ストック循環図を用いてアジア地域の設備投資の動向を確認すると、日本とNIEsは投資過小、中国とASEANは投資過剰との示唆が得られる。しかしこの背景に「生産コスト...

2015年4月3日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

炭素価格の導入における中国輸出貿易コストへの影響分析(その1)

...連合域内排出量取引制度)の運用実績からもわかる通り、化石燃料を電気エネルギーとする産業は、通常、二酸化炭素の排出量に応じコストを負うこととなるが、一般的にはそのコストが生産コストに上乗せされることが多いため、川下にあたる最終消費者に価格転嫁され、結果、価格変動をもたらしている。すなわち、炭素価格制度の導入は、経済の発展に一定の影響を及ぼすことになる。現在、中国の貿易は輸出が輸入を上回っている状況であり、必然的に、炭素価格は輸出製品のコストに波及していく。 本稿は、主に中国の2005年と2007年の投入産出表を用いて、輸出...

2015年4月15日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2014/15年度主要穀物の生産状況等調査結果(第7回)を公表(ブラジル)

...報告から下方修正した要因として、マトピバ地域を牽引するバイーア州で、第1期作の作付適期に高温乾燥が続いたことを挙げている。なお、マトピバ地域では大豆の生産が拡大する中、輪作作物としてトウモロコシが選択されており、トウモロコシの生産も年々拡大してきたが、今年度はついに前年から減少に転じる見込みとなった。  一方、2014/15年度の大豆生産量は、前年度比9.5%増の9428万トンと過去最高を更新する見込みである。この要因として、国際価格は下落しているものの、生産コストや生育リスクが低く、他の...

2013年11月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本企業のチャイナ・プラスワン戦略は加速

...リサーチ TODAY2013 年 11 月 22 日日本企業のチャイナ・プラスワン戦略は加速常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所が今年2月に実施したアジアビジネスアンケート 1 では、従来の中国への関心からASEANへの急なシフトが示された。中国の地位の低下には、生産コスト上昇、成長率低下、日中関係の緊張が影響した。一方、ASEANの上昇には、中国の代替先としての位置付けに加え、人口増、経済共同体発足(2015年)が魅力となった。下記の図表は財務省の「国際収支統計」によ...

2013年5月16日大和総研フィードバック数:3社会/政治

賃金格差と物価格差

...年1月)。ミャンマーの価格が高くなっているが、これは同国でコカ・コーラが生産されておらず、他国での生産コストに輸送費が上乗せされているためである。そこで今回は、日系ビジネスマンが出張で使うことのあるホテルのラウンドリー価格を比較してみた(図表2)。ホテルでの洗濯であれば、タイでもCLMV諸国でも、ほぼ同じクオリティーで提供される価格であると考えたためである。また、図表3では、タイ(バンコク)を100として指数化し、ラウンドリーとドライクリーニングで、それぞれ平均値を算出した。これによると、サン...

2015年3月20日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2014/15年度主要穀物の生産状況等調査結果(第6回)を公表(ブラジル)

...万トン下方修正 一方、2014/15年度の大豆生産量は、前年度比8.3%増の9326万トンと過去最高を更新する見込みである。この要因として、国際価格は下落しているものの、生産コストや生育リスクが低く、他の作物よりも収益性が高いことが挙げられている。例年、大豆の作付けは、9月頃から順次開始され、12月までにほぼ終了する。今年度は、10月中旬頃まで天候が不安定で、主要生産地の一部でも作付けが遅れたものの、11月以降は天候が回復し、その後の生育は良好とされていた。しかしながら、主に...

2015年4月2日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2030年の電源構成 過大な省エネは国民負担

...い省エネ技術は緩やかに経済体系に組み込まれていく。市場経済において、省エネを加速するためには、企業や家計において合理的な投資機会となるよう、その背景に電力価格の上昇が必要となる。言い換えれば、将来の電力価格水準をターゲットとすれば、それに対応して実現可能な省エネ量の水準はおのずと定まる。政府は電力消費者の負担とせずに、補助金や直接規制により省エネを推進してきた。しかし、そうした安易な政策手段による隠れた費用も結局は国民の負担となる。省エネヘの負担を余儀なくされた企業では、生産コストはトータルで上昇し、国際競争力を喪失していく。家計...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ