「生産水準」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年6月21日全国地方銀行協会フィードバック数:0社会/政治

地方経済天気図2015年6月分

...村が減少し、減少傾向。輸出は、魚介類および調整品が増加したものの、輸送用機器、鉄鋼が減少し、弱含み。生産活動は、鉄鋼、金属製品が減少したものの、パルプ・紙・紙加工品が増加し、持ち直しの兆し。・鉄鋼は、生産水準が低下。特殊鋼棒鋼が減産。・金属製品は、生産水準が低下。食缶が減産。・一般機械は、生産水準が低下。化学機械(石油化学リアクター)が減産。・電気機械は、生産水準が上昇。無線通信装置、集積回路が増産。・輸送機械は、生産水準が上昇。自動車駆動伝導装置が増産。・窯業・土石製品は、生産水準が低下。生コ...

2015年2月22日全国地方銀行協会フィードバック数:0社会/政治

地方経済天気図2015年2月分

...機械が増加したものの、鉄鋼、窯業・土石製品が減少し、横這い圏内の動き。・鉄鋼は、生産水準が低下。特殊鋼線材、普通鋼棒鋼が減産。・金属製品は、生産水準が低下。缶コーヒー用食缶(スチール)、電力会社向け鉄塔が減産。・一般機械は、生産水準が上昇。タイ向け収穫機械が増産。・電気機械は、生産水準が上昇。集積回路、電子回路基板が増産。・輸送機械は、生産水準が上昇。・窯業・土石製品は、生産水準が低下。セメント、生コンクリートが減産。・石油・石炭は、生産水準が低下。C重油が減産。・パルプ・紙・紙製品は、生産水準が低下。雑種...

2014年9月21日全国地方銀行協会フィードバック数:0社会/政治

地方経済天気図2014年9月分

...製品が減少したものの、米国向けの自動車部品が増加し、拡大基調。生産活動は、電気機械、輸送機械が減少し、弱含み。・鉄鋼は、生産水準が上昇。自動車向け特殊鋼が増産。・金属製品は、生産水準が低下。鉄骨・橋梁が減産。・電気機械は、生産水準が低下。・輸送機械は、生産水準が低下。自動車駆動伝導装置が減産。・窯業・土石製品は、生産水準が低下。復興関連を中心とする工事の遅れから、コンクリート2次製品が減産。・石油・石炭は、生産水準が低下。一部製油所の定期修理に伴いガソリン、軽油が減産。・パルプ・紙は、生産水準が低下。・食料品は、生産水準...

2015年4月19日全国地方銀行協会フィードバック数:0社会/政治

地方経済天気図2015年4月分

...村が増加したものの、道、高速道路会社などの独立行政法人等が減少し、減速傾向。輸出は、米国向けの輸送用機器、台湾向けの化学製品が減少したものの、ベトナム向けの一般機械が増加し、好調に推移。生産活動は、電気機械、輸送機械が増加したものの、鉄鋼が減少し、横這い圏内。・鉄鋼は、生産水準が低下。普通鋼棒鋼が減産。・金属製品は、生産水準が上昇。海外向け生産機械部品が増産。・一般機械は、生産水準が上昇。収穫機械が増産。・電気機械は、生産水準が上昇。変圧器が増産。・輸送機械は、生産水準が上昇。自動車駆動伝導装置、鋼船が増産。・窯業...

2014年11月16日日本銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

九州・沖縄の生産動向~横ばい圏内からの脱却に向けて~

...横ばい圏内となっている(図表1-①) 。 ── 最近1年の生産の動きを財別にみると、最終需要財1では、2014 年4 月の消費税率引き上げ前の駆け込み需要とその反動減による影響等に 伴い、一時的に振幅が大きくなったものの、そうした要因を除けば、横 ばい圏内の動きとなっている(図表1-②) 。生産財2についても、駆け 込み需要とその反動減による影響等を受けてやや増減したものの、 そう した要因を除くと、 概ね横ばい圏内の動きとなっている (図表1-③) 。2.生産水準の主な変動要因 最近1年の生産水準...

2014年3月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年2月鉱工業生産

...の製造工業生産予測調査では減少が見込まれていたが、2月の生産水準が下振れしたことを受けて上方修正された格好である。一方、4月については、3月に増産を見込んでいる情報通信機械工業が全体を下押しする見込みとなっていることに加えて、多くの業種が生産の減少を見込んでおり、総じて生産水準はピークアウトする計画となっている。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでない方は、アドビ シス...

グラフで見る東海経済(2013年10月)

...2013年10月24日【今月の景気判断】東海経済は持ち直しが一服している。スマートフォン向けの電子部品・デバイスの生産が増加しているが、主力の自動車の増産が一服している。海外景気の回復を背景に輸出は持ち直しが続くが、設備投資は伸び悩んでいる。個人消費は、消費者マインドが高水準で推移し高額品消費が好調だが、所得環境の改善が緩やかで消費全体では緩やかな持ち直しに止まっている。公共投資は国の発注を中心に増加基調が続いている。今後は、輸出の緩やかな持ち直しが続くとみられる一方で、自動車の生産水準...

グラフで見る東海経済(2013年9月)

...経済の回復とともに輸出の緩やかな持ち直しが続くとみられる一方で、自動車の生産水準が 低下すると見込まれる。高額消費は好調だが、消費者マインドは低下しており、消費全体では頭打ちも懸念さ れる。雇用・所得環境への波及も鈍く、景気持ち直しの一服が続く可能性が高い。【当面の注目材料】世界景気~米中景気の先行き、米国の金融緩和縮小の模索にともなう株価の先行き、TPP交渉の行方企業活動~設備投資の企業規模や業種における広がり、消費税率引き上げと追加経済対策、米中向け輸出家計~雇用・所得環境改善の広がり、食品・エネルギー等の物価上昇、株価...

グラフで見る東海経済(2013年1月)

...地域でも補正予算の執行による公共投資の増加が見込まれるほか、トヨタが13年1月以降の生産水準を切り上げる計画で、消費者マインドの好転も期待できる。13年度内の販売を想定したアパート・マンション住宅建設も増加傾向が続くほか、海外景気の持ち直しによる輸出の反転によって、東海地域の景気は持ち直し傾向を徐々に強めていくだろう。【当面の注目材料】世界景気~米中景気の先行き、世界的な追加金融緩和による株高の持続力、米歳出の強制削減の行方企業活動~新政権の政策期待による円安・株高の影響、大型の補正予算、中国などアジア向け輸出の動向家計~雇用・所得環境の先行き、株高...

グラフで見る東海経済(2013年8月)

...全体では緩やかな持ち直しにとどまっている。今後は、世界経済の回復とともに輸出は緩やかな持ち直しが続く一方、自動車を中心に生産水準の低下が見込まれる。高額消費は好調だが消費者マインドは低下し、消費全体では頭打ちが懸念される。公共投資と住宅投資は増加が見込まれるが、雇用・所得環境への波及が鈍く、景気の持ち直しが一服する懸念がある。【当面の注目材料】世界景気~米中景気の先行き、米国の金融緩和縮小の模索にともなう株価の先行き、TPP交渉の行方企業活動~設備投資の企業規模や業種における広がり、大型の補正予算の執行、中国向け輸出の動向家計~雇用・所得...

2014年6月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

増税後の在庫調整は回避できるか~1997年増税時との比較~

...落ち込みは反動減の範囲内といえるだろう。消費の内訳を家計調査でみると、4月は非耐久財(主に食料)の減少幅が前回に比べて特に大きくなっている。非耐久財は保存が困難であるため、反動減が薄れるペースは他の財やサービスよりも速いだろう。したがって、5月以降の消費の持ち直しは前回を上回るペースになるとみられる。ただし、増税後の景気動向を見通すためには、最終需要としての個人消費の動きだけでなく、企業の生産計画も踏まえて在庫調整圧力の大きさを見極める必要がある。消費の落ち込みが反動減の範囲内に収まり、今後夏場にかけて持ち直したとしても、生産水準...

2013年12月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経常赤字に接近、産業空洞化リスク ~わが国の生産水準はまだピーク比▲15%減~

...Economic Trends経常赤字に接近、産業空洞化リスク~ わが国の生産水準はまだピーク比▲15%減~経済関連レポート発表日:2013年12月11日(水)第一生命経済研究所 経済調査部 担当 熊野英生(℡:03-5221-5223) 経常収支が 2 か月連続で赤字になったのは初めてである。経常収支には、円安によって輸出数量が増 える J カーブ効果が鈍く、経常黒字に戻りにくくなっている。背景は、原油・LNG の燃料輸入増がある が、電気機械、一般機械では産業空洞化が進み、製品...

2015年1月30日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年12月鉱工業生産

...月の計画の強さに鑑みれば生産水準は高く、増加基調が続く見通しと言える。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイトをご覧ください。 大和...

日銀短観(3月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は5改善の▲7を予想

...調査以降、海外では米中経済が回復を見せ、輸出に底打ち感が出ている。また国内では復興需要が続いているうえ、エコカー補助金終了に伴う自動車販売の反動減も緩和、株高による消費者マインド回復もあって消費に改善がみられる。この結果、生産は持ち直しつつある。生産水準はまだかなり低いとはいえ、急速に進んだ円安の効果で輸出企業の採算は改善しているはず。従って、今回の景況感は企業規模を問わず、製造・非製造業ともに改善するだろう。先行きについては、海外経済の回復期待は従来よりも高まっているうえ、金融緩和強化に伴う円安や12年度...

ブラジルの2013年の鉱物資源生産および探査開発動向

... Financeira por Exploração de Recursos Minerais、鉱物資源採掘のための財務補償)および鉱区税(TAH:Taxa Anual por Hectare)の徴収状況、探査・採掘に係る許認可件数等についてとりまとめられている。 本稿では、ブラジルの鉱物資源生産および探査開発動向の理解の一助とすべく、同レポートの情報をもとにその概況を報告する。 1. 鉱物資源の生産水準 2013 年のIPMは、2012 年に比較して3.4%低下し、2011 年にDNPMがIPMによ...

2012年9月4日内閣府★フィードバック数:14デジタル家電

内閣府によるレポートです。

我が国におけるデジタル家電の生産動向

...ク時と比べるとほぼゼロといった状態であるが、パソコンや携帯電話、デジタルカメラの生産は減少してはいるがある程度持ちこたえている状態にある(図2,表4)。この背景には、タブレット端末やスマートフォン、ミラーレスカメラなどの登場・普及があるものと考えられ、新商品・新技術の開発により生産水準を確保することが出来る可能性があると言えよう。 (注)ここでいうデジタル家電とは、カラーテレビ、ビデオテープレコーダ、DVDビデオ、ビデオカメラ、携帯電話・PHS、パソコン、液晶テレビ、デジタルカメラ、ファクシミリを指す。これらの品目を選んだ理由は、鉱工...

2013年4月2日大和総研フィードバック数:6社会/政治

注目されない輸出価格の上昇

...に好影響を与えているといえる。輸出金額の増加は、輸出関連企業にとっては売上の増加に他ならず、利益を押し上げる。昨年末以降、円安と同時に進んだ株高は、こうした円建て価格上昇による利益の増加を織り込んだものであるとみられるし、政府による賃上げ要請に応える企業が増えているのも、利益の増加があってこそであろう。むしろ、極めて議論を単純化して考えると、価格上昇によってのみ利益が増加し、数量ベースの生産水準が変化しないのであれば、企業が追加的に労働者を雇う必要性は低く、一人あたり賃金への上昇圧力が高まりやすいのではないか。ただし、こう...

鉱工業生産15年1月~輸出の持ち直しを反映し幅広い業種で回復

...計画は全体として慎重なものとなっている。ただし、1月の実績が高い伸びとなったこともあり、2月、3月が予測指数通りの伸びとなった場合、3月の生産水準は14年夏場以降の水準を大きく上回るため、それほど心配する必要はないだろう。一方、消費税率引き上げ後の在庫調整から大幅減産が続いてきた輸送機械は、在庫調整の進捗に伴い生産も持ち直しつつあるが、在庫水準は軽乗用車を中心に依然として高めとなっている。輸送機械が生産の牽引役となることは当面期待できないだろう。15年1月の生産指数を2月、3月の予測指数で先延ばしすると、15年1-3月期は前期比3.4...

2014年度大分県経済見通し

...は為替環境の改善から輸出関連産出は好調に推移したが、生産活動は需要の低迷から生業に持ち直しの動きが見られ、国内需要が高まってい産水準を落とす業種が一部にみられ、一進一退の動きる窯業・土石製品工業では高水準の生産が続いた。しが続いた。設備投資も調整局面から脱せず低水準の推かし、情報通信機械工業では欧州や中国といった海外移となった。一方、住宅投資は消費増税前の駆け込み需要の低迷から生産水準を大きく引き下げ、電子部需要により増加基調で推移し、公共投資も東九州自動品・デバイス工業も伸び悩むなど、生産活動は一進一車道、大分...

2015年12月18日JEITAフィードバック数:0社会/政治

電子情報産業の世界生産見通し2015

...数のさらなる増加が期待できる。また企業増益からIT投資も拡大、サーバやパソコンの需要増加も見込めることから2016年はプラス成長を見通した。日系企業の国内生産比率は35%となり、「ディスプレイデバイス」(日系国内生産比率92%)、「サーバ・ストレージ」(同77%)、「医用電子機器」(同70%)、「電気計測器」(同68%)、「半導体」(同66%)など、高度な信頼性や品質を要求される分野では、引き続き高い国内生産水準が維持される。 ■無償公開の数字/グラフ/分析コメントはこちら【概要PDF】・日本語版・英語版 ※本無...

2013年7月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

主要な経済指標の発表予定と予測(7月1日~7月5日)

...鉱工業生産指数は前月比+2.0%(4月同+0.9%)と4カ月連続で上昇した。輸送用機械工業が減産となったが、蒸気タービンなど火力発電設備の部品が増加したはん用・生産用・業務用機械工業、国内向けの産業用・住宅用太陽電池モジュールが伸びた電気機械工業を中心に、15業種中12業種の生産が増加した。生産予測指数は、6月(前月比▲2.4%)がマイナスとなるものの、7月(同+3.3%)は上昇が見込まれている。予測指数通りなら、4~6月期の生産水準は1~3月期比+1.8%、7月の水準は4~6月期を2.4%上回る計算になる。小売...

2014年9月1日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産指数(2014年7月) ~7-9月期も前期比マイナスに~

...-○ 2ヶ月連続で失望的な結果に終わる経済産業省より発表された 2014 年7月の鉱工業生産は前月比+0.2%となり、生産予測指数(前月比+2.5%)や事前の市場予想(前月比+1.0%)を明確に下回った。6月に前月比▲3.4%と大幅低下していたため7月は反発が期待されたが、結果はほぼ横ばいにとどまっており、非常に弱い。生産水準で見ても、7月は増税直前の3月と比べて 5.3%Pt 下回っていることに加え、駆け込み生産が始まる前の 13 年 10-12 月期と比べても 2.8%Pt 下回る。駆け...

2014年9月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(9月1日~9月5日)

...ぶりの増産も、力強さに欠ける結果8 月 29 日に発表された 7 月の鉱工業生産指数は前月比+0.2%(6 月同▲3.4%)と 2 カ月ぶりに上昇したが、事前の予測指数(同+2.5%)を大きく下回った。はん用・生産用・業務用機械(同+6.3%)、石油・石炭製品(同+3.1%)などが増産したが、自動車など輸送機械(同▲2.5%)は減産となった。自動車などの業種では、消費増税に伴う駆け込み需要の反動が大きかったことから在庫が大きく積み上がり、生産水準を抑制する動きが続いている。製造工業の生産予測指数をみると、8 月...

2012年10月22日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2012年10月)

...経済減速の影響などを背景に、6地域(北海道、関東甲信越、東海、近畿、中国、九州・沖縄)から、「減少している」、「弱めの動き」との報告があった。また、東北からは「横ばい圏内の動き」、四国からは「持ち直しのテンポが緩やかになっている」との報告があった。この間、北陸からは、「全体としては高操業を続けている」との報告があった。業種別の主な動きをみると輸送機械は、5地域(北海道、関東甲信越、東海、中国、四国)から、「減少している」、「生産水準を引き下げている」等の報告があった。一般機械、電子部品・デバイスでも、多くの地域から、「弱い...

2012年4月13日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2012年4月)

...、鉄鋼は多くの地域から、「増加している」、「高い生産水準を維持している」との報告があった一方、北陸や中国から、「横ばい圏内の動き」との報告があった。こうした中、電子部品・デバイスについては、東海から、「持ち直しつつある」、九州・沖縄から、「下げ止まりつつある」との報告があった。雇用・所得動向については、多くの地域から、「引き続き厳しい状況にあるが、改善の動きがみられる」との報告があった。雇用情勢については、ほとんどの地域から、「改善傾向」との報告があった。また、雇用者所得についても、多く...

2017年1月10日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子情報産業の世界生産見通し2016

...体」(同69%)、「医用電子機器」(同68%)、「電気計測器」(同66%)、など、高度な信頼性や品質を要求される分野では、引き続き高い国内生産水準が維持される。■無償公開の数字/グラフ/分析コメントはこちら【概要PDF】・日本語版・英語版 ※上記の無償公開の範囲内においては、出典を明記していただければ、転載自由と致します。広くご活用いただければ幸いです。以上...

2015年2月22日財務省★フィードバック数:0ビジネス

近畿財務局のレポートです。

「近畿地区の輸出動向」を検証する -数量増加のプラス効果により輸出をけん引-

...る主として内需要因や夏以降の外需要因により振れを伴いつつも 25 年と比較すると生産水準が 上昇している。 足下の状況は、短期間での円安進行の環境下、輸出 は増加基調を維持しているとみられる。【図表 1-1 】 近畿地区 鉱工業生産指数と輸出額の推移(単位:指数 、円)(月次・ 3 ヵ月移動平均)平 成 22 年 =100 輸出 額 推移 は J カーブ 効果 発 現か(単位:億円)← 円 安円 高 →24 年 10 月 、円 安 基調へ転 換(注) 1 .生 産 、輸 出 額は 12 月 速 報値 にて作 成 2 .輸 出 額は 3 ヵ月移 動 平 均...

日本経済(週次)予測(2014年11月24日)<10-12月期、純輸出拡大の兆し>

...は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫水準拡大のスピードは想定を上回っている。 ▶公共工事の先行指標である請負金額は、4月に1-3月平均比+10.0%と大幅増加した。1-3...

関西経済月次分析(2013年12月-2014年1月)

...日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫水準拡大のスピードは想定を上回っている。 ▶公共工事の先行指標である請負金額は、4月に1-3月平均比+10.0%と大幅増加した。1-3月期に続き、4-6月期も好調のようである。 ▶4月の貿易統計を1-3月期...

2014年2月9日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年1月)<純輸出は2期連続でマイナスとなるが内需は加速するため、10-12月期成長率は前期より加速>

...成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫水準拡大のスピードは想定を上回っている。 ▶公共工事の先行指標である請負金額は、4月に1-3月平...

関西経済月次分析(2013年10月、11月)

...日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫水準拡大のスピードは想定を上回っている。 ▶公共工事の先行指標である請負金額は、4月に1-3月平均比+10.0%と大幅増加した。1-3月期に続き、4-6月期も好調のようである。 ▶4月の貿易統計を1-3月期...

2015年3月8日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2015年2月)<1-3月期の民間企業設備、拡大幅広がる>

...は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫水準拡大のスピードは想定を上回っている。 ▶公共工事の先行指標である請負金額は、4月に1-3月平均比+10.0%と大幅増加した。1-3...

日本経済(週次)予測(2014年2 月11 日)<10-12月期実質GDP成長率の最終予測は前期比年率+3.6%と前期より加速>

...成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫水準拡大のスピードは想定を上回っている。 ▶公共工事の先行指標である請負金額は、4月に1-3月平...

日本経済(週次)予測(2013年8月13日)<4-6 月期成長率は+2.6%と下振れたが年前半は3%超の成長、7-9 月期も4%近い成長が期待できる>

...期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫水準拡大のスピードは想定を上回っている。 ▶公共...

日本経済(週次)予測(2013年10月28日)<低調にとどまった9月貿易統計により、7-9月期実質GDP成長率は2%台に減速。>

...成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫水準拡大のスピードは想定を上回っている。 ▶公共工事の先行指標である請負金額は、4月に1-3月平...

2015年4月5日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2015年3月)<足下雇用改善は著しいが、民間消費の拡大は4-6月期から>

...成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫水準拡大のスピードは想定を上回っている。 ▶公共工事の先行指標である請負金額は、4月に1-3月平...

日本経済(週次)予測(2014年12月9日)<純輸出、10-12月期の成長率を押し上げる>

...は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫水準拡大のスピードは想定を上回っている。 ▶公共工事の先行指標である請負金額は、4月に1-3月平均比+10.0%と大幅増加した。1-3...

日米経済(週次)予測(2015年5月18日)<日本:1-3月期実質GDP成長率は2期連続のプラスだが、中身に乏しい結果><米国:Charles Evansシカゴ連銀総裁 vs. John Williamsサンフランシスコ連銀総裁>

...レポート ▶1-3月期実質GDP成長率(1次速報値)は前期比年率+2.2%と5四半期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の...

2013年9月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第19回 関西エコノミックインサイト<足下の好調を持続可能とするために ― 成長戦略の加速による設備投資の拡大が必須―>

...期予測, 日本経済, 月次レポート ▶1-3月期実質GDP成長率(1次速報値)は前期比年率+2.2%と5四半期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の...

日本経済(週次)予測(2014年10月20日)<7-9月期実質成長の半分超を公的需要が説明>

...は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫水準拡大のスピードは想定を上回っている。 ▶公共工事の先行指標である請負金額は、4月に1-3月平均比+10.0%と大幅増加した。1-3...

日本経済(週次)予測(2014年5月5日)<駆け込み需要の影響が本格化し、生産サイドの1-3月期実質成長率予測は 6%台に急上昇>

...成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫水準拡大のスピードは想定を上回っている。 ▶公共工事の先行指標である請負金額は、4月に1-3月平...

日本経済(週次)予測(2014年3月17日)<円安効果が薄まるにつれ、1-3月期純輸出は成長率をさらに押し下げる>

...成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫水準拡大のスピードは想定を上回っている。 ▶公共工事の先行指標である請負金額は、4月に1-3月平...

2013年6月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2013年5月27日)

...成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫水準拡大のスピードは想定を上回っている。 ▶公共工事の先行指標である請負金額は、4月に1-3月平...

日本経済(週次)予測(2013年5月20日)

...期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫水準拡大のスピードは想定を上回っている。 ▶公共...

日本経済(週次)予測(2013年12月10日)<2012 年度 GDP 確報値は大幅に下方改訂。 成長ドライバーは公共投資ではなく民間需要であることが判明>

...5四半期連続のプラス。潜在成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫...

日本経済(週次)予測(2014年8月5日)<気になる民間企業在庫品増加の上方修正>

...は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫水準拡大のスピードは想定を上回っている。 ▶公共工事の先行指標である請負金額は、4月に1-3月平均比+10.0%と大幅増加した。1-3...

日本経済(週次)予測(2014年5月19日)<4-6 月期は-5%近くのマイナス成長を予測>

...は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫水準拡大のスピードは想定を上回っている。 ▶公共工事の先行指標である請負金額は、4月に1-3月平均比+10.0%と大幅増加した。1-3...

2013年8月4日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2013 年7 月)<4-6月期にデフレから脱却するがその中身が問題>

...は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫水準拡大のスピードは想定を上回っている。 ▶公共工事の先行指標である請負金額は、4月に1-3月平均比+10.0%と大幅増加した。1-3...

日本経済(週次)予測(2014年6月10日)<4 月の消費総合指数の大幅低下で、4-6 月期のマイナス成長は更に下方修正>

...成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫水準拡大のスピードは想定を上回っている。 ▶公共工事の先行指標である請負金額は、4月に1-3月平...

日本経済(週次)予測(2013年10月14日)<超短期予測は7-9月期実質成長率をコンセンサス予測より高く見る>

...成長率を上回る成長が続いている。実績は市場コンセンサスから上振れ、CQM支出サイド予測より下振れ、ほぼ支出・生産サイド平均予測と等しくなった。 ▶6月2日までに発表された基礎月次データは、4-6月期GDPの約1/3を説明する。 ▶4月の生産指数は前月比+4.0%上昇し、1-3月平均比+3.8%上昇した。結果、生産水準は消費増税前の駆け込み需要が発生した14年1月の水準を超えた。 ▶4月の生産者在庫指数は前月比5カ月連続のプラス。在庫水準拡大のスピードは想定を上回っている。 ▶公共工事の先行指標である請負金額は、4月に1-3月平...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ