「生産要素」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

賃金上昇を伴う物価上昇は実現するか? ~「サービス価格」上昇を通じた所得増・需要拡大が前提に~

...者物価=国産財価格+輸入財価格つぎに、国産財から輸入原材料の影響を除く。国内で生産された財(国産材)でもあっても、その生産工程で輸入原材料を用いていることが多いためだ。たとえば、原油や天然ガスなどの原材料の多くは輸入財であり、生産工程で投入される部品(中間財)でも輸入財は少なくない。<生産工程>国産財価格=国産原材料価格+輸入原材料価格+賃金+企業利益などこれらをまとめると、消費者物価には大別して輸入価格要因と生産要素価格要因(賃金や企業利益)の影響がある。以下では、この考え方に従って経済産業省『簡易...

関西の高生産性企業のイノベーションの源泉 -組織・人事への取組-

...2013年度の報告書 関西の高生産性企業のイノベーションの源泉 -組織・人事への取組- が完成しました。 2014-05-21 本プロジェクトでは、高い生産性の伸びを維持している関西企業を抽出して、ヒアリング調査を通じて高生産性の秘訣を探りました。この調査の大きな特徴は2つあります。第1に、生産性の指標として全要素生産性(TFP; Total factor productivity 付加価値に対する労働や資本といった生産要素の貢献以外の部分)を取り上げ、個別...

2014年10月22日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

生産性データです。

JIPデータベース2014

...表されると見込まれる2016年頃に再検討する予定で ある。推計方法の変更点の詳細は「推計方法」を参照されたい。2011年は、3月の東日本大震災とその後の電力不足、秋のタイ大洪水によるグローバルな生産ネットワークの停滞等により、日本経済が危機に直面した時期であった。今回公開するJIP 2014は、この危機の年をカバーすることになる。自然災害やグローバルサプライチェーンの寸断が、TFPや雇用、貿易にどのように影響するかは世界の多くの研究者の関心を集めているが、JIP 2014がこの時期の生産要素...

「日本経済研究」No72

...業部門からなるパネルデータを用いて、各産業の生産シェアが産業の生産性(TFP)、生産要素賦存、電力供給に依存するモデルを推計した。推計の結果、電力供給能力低下の影響は産業によって異なり、電気機器、輸送機器、一般機械を含むいくつかの産業ついては負の影響が見られた。電気機器、輸送機器、一般機械などは日本が相対的に高い生産シェアを有しており、推計結果は発電容量ないし電力産業の生産性低下が比較優位を弱める方向に働くことを示唆している。また、電力供給に関する各産業の生産の弾力性と産業自身のTFPの生産の弾力性を試算したところ、その...

APIR Commentary No.45<グローバル化における地域志向のすすめ>

...中で中小企業をどのように位置づけ具体的な戦略を立案することが枢要となる。本プロジェクトはそのための重要な情報を提供する。 関西企業におけるイノベーションと人材 [ 2013年度/イノベーション ]Abstract/Keywords研究成果概要 本プロジェクトでは、高い生産性の伸びを維持している関西企業を抽出して、ヒアリング調査を通じて高生産性の秘訣を探りました。この調査の大きな特徴は2つあります。第1に、生産性の指標として全要素生産性(TFP; Total factor productivity 付加価値に対する労働や資本といった生産要素の貢献以外の部分)を取...

2012年8月31日日本銀行★フィードバック数:1社会/政治

経済の観点からの少子高齢化についての考察です。

(論文)日本の人口動態と中長期的な成長力:事実と論点の整理

...基盤となる財政の持続可能性を損なわない工夫が必要となるほか、制度改革などを通じ医薬品・医療機械など関連産業を含めた生産性の向上を促すことが重要である。第2に、中小を含め企業が国内の他地域や海外との「つながり」を持つことである。先端の技術やアイデア、情報に触れ、経営革新につなげていくことは、グローバルな需要を取り込む上で鍵となる。実際、グローバル化への取り組みが進んでいる企業は、取り組みが遅れている企業と比べて労働生産性が高く、その格差は拡大傾向にある。わが国の対内・対外直接投資残高は、他の主要国対比低く、引き上げの余地が残っている。第3に、生産要素...

2013年3月1日大和総研フィードバック数:4社会/政治海外

中国都市化の鍵を握る土地改革

...確保のため森林伐採等を行い、環境破壊をもたらしている。 社会主義市場経済を標榜する中国にとって、本源的生産要素のひとつである土地の完全市場化は、おそらく最も抵抗のある分野として最後まで市場化されずに残る可能性は高い。しかし現実社会では、農地転用を巡る問題が経済非効率の問題に留まらず、大きな社会不安要因にもなってきている。社会科学院青皮書(2012年12月)によると、2012年1-8月のスト・暴動の約半分は土地の収用や住宅の取り壊しに起因するものであると報告されている。毎年少なくとも250万人の農民が土地を失い、土地...

2017年7月14日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

2035年には人工知能によって16業界で平均38%の増収が可能

...他サービスアクセンチュアの最高技術責任者(CTO)兼最高イノベーション責任者(CIO)であるポール・ドーアティ(Paul Daugherty)は次のように述べています。「AIは、企業の競争環境や成長手段を根本的に変えるものであり、収益性を高める可能性を秘めた、まったく新しい生産要素です。企業は、この重要な機会を活かすために、“ひと”を最優先に据えたAI戦略を策定するほか、成果の創出や、“ひと”の想像力、クリエイティビティ、イノベーション力の向上に繋がる倫理的・道徳的価値観に基づいたAIシステムを開発することが急務です。」アクセンチュア・リサ...

2015年5月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度地球温暖化問題等対策調査(我が国気候技術の移転に係る現状調査及び技術交渉への対応支援業務)

...国で用いられている技術がそのままの形で途上国においても導入できるとは限らず、受入国の技術レベルや気候・土地・風土に適した技術開発、現地で得られる資源を活用した応用技術開発など、技術をローカライズするための研究開発が必要となる。また、途上国は相対的に資本よりも労働が豊富であり、資本集約的な技術を持ち込んでも豊富に存在する労働者を有効に活用できない。相対的に受け入れ国側に豊富に存在する生産要素を多く用いた技術の方が適合しやすいことを指摘する研究 2), 3)も多い。技術を取り扱う人間や組織の能力、社会制度や投資環境なども技術移転の促進に重要である。IPCC 特別報告書 1...

2014年4月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

潜在成長力が高まらずに起こること ~投資・雇用の停滞が貿易赤字の遠因~

...しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。-1-(参考)潜在成長力とは、設備・雇用といった生産要素をフル活用して稼げるパフォーマンスのことを指す。経済成長率は、そうした概念に基づき、①資本ストックの増加(資本投入量)、②就業者数・労働時間の増加(労働投入量)、そして③技術進歩の進展、という 3 要素によって高まると考えられている。停滞する設備・雇用拡大アベノミクスの三本の矢は、最初の二本(金融緩和、財政出動)で需要支援を行って、最後の一本(成長...

2014年11月29日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治

土地の資産額と県内総生産等の関係について

...活動は労働など様々な要素の投入によってなされるものであり、その意味では一面的なものにはなろうが、土地が重要な生産要素であることには間違いはないところであり、両者の関係をみるには一定の意義があると思われる(なお、意見に関する部分は当方の私見である。)。1全国におけるフロー(総生産額)とストック(資産額)の動向まず、名目 GDP というフローの統計データと総資産額・土地資産額というストックの統計データの推移をみてみる。ここでは昭和 44 年(年末)からデータを拾ってある。なお、昭和 44 年は、地価公示法が制定された年でもある。①名目 GDP と総...

2015年5月7日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2015年4月、全文)

...や設備の稼働状況を表すマクロ的な需給バランスは、着実に改善傾向をたどっている8。すなわち、失業率が緩やかに低下し3%台半ばになっているなど9、労働需給は引き締まり傾向が続いている。こうしたもとで、所定内給く、相当な幅をもってみる必要がある。8マクロ的な需給バランスの推計については、①潜在GDPを推計のうえ、実際のGDPとの乖離を計測するアプローチと、②生産要素(労働と設備)の稼働状況を直接計測するアプローチがある。展望レポートにおけるマクロ的な需給バランスは、従来から、後者のアプローチを採用しているため、GDP成長...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ