「甲信南部」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2016年3月11日ウェザーニューズフィードバック数:0ライフスタイル

第二回桜開花予想

...と同じスピードでつぼみが順調に生長しています。3月の気温が平年より高い予想で、つぼみの生長が早まるため、桜の開花は平年並〜やや早めの見込みです。3月21日頃になると全国に先駆けて東京から開花が始まり、3月末には開花前線は関東北部へ北上する予想です。都心周辺の桜は、早い所では25日頃から、その他も3月末に見頃を迎えます。お花見の時期は早めがおすすめです。関東北部では入学式の頃に満開〜桜吹雪を迎える所がありそうです。 東海・甲信南部から開花スタート! 中部は、3月の気温が平年より高い予想で、つぼみの生長が早まるため、桜の開花は平年並〜やや...

2016年3月17日ウェザーニューズフィードバック数:0大型消費/投資

2016年第三回桜開花予想

...は、昨年と同じスピードでつぼみが順調に生長しています。3月後半の気温が平年並〜高めの予想で、つぼみの生長が早まるため、桜の開花は平年並〜やや早めの見込みです。3月21日頃になると全国に先駆けて東京から開花が始まり、3月末には開花前線は関東北部へ北上する予想です。都心周辺の桜は、早い所では25日頃から、その他も3月末に見頃を迎えます。お花見の時期は早めがおすすめです。関東北部では入学式の頃に満開〜桜吹雪を迎える所がありそうです。 【中部】東海・甲信南部から開花スタート! 中部は、昨年...

2016年3月7日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

2016年第一回桜開花予想

...めには花びらが舞い始めそうです。お花見の時期は早めがおすすめです。関東北部では入学式の頃に満開〜桜吹雪を迎える所がありそうです。東海・甲信南部から開花スタート! 中部は、3月の気温が平年より高い予想で、つぼみの生長が早まるため、桜の開花は平年並〜早めの見込みです。3月22日過ぎに東海や甲信南部から桜の開花が始まり、北陸も4月上旬には開花時期を迎える予想です。名古屋市周辺など東海では3月末に見頃を迎え、4月初めの入学式の頃には桜吹雪となる所もありそうです。北陸でも4月上旬〜中旬に見頃を迎える所が多く、新潟市や長野市周辺も、4月中...

2016年3月31日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

2016年第四回桜開花予想

...月末まで花冷えとなるため、関東南部では桜の生長がゆっくり進み、お花見を長く楽しめそうです。都心周辺の桜も、広い範囲で週末から見頃を迎え、3月末には満開になりそうです。関東北部の桜は入学式の頃に見頃を迎えそうです。 【中部】名古屋は来週からお花見シーズン! 東海西部や甲信南部は、先週後半の暖かさでつぼみが順調に生長しました。名古屋市や岐阜市、甲府市周辺で平年よりやや早く咲き始めています。今週後半から3月末まで寒の戻りが予想されるため、開花への歩みは全体的にやや足踏みし、東海...

2014年10月8日ウェザーニューズ★フィードバック数:0ライフスタイル

来年の花粉飛散予測です。

2015年の花粉飛散傾向

...や多くなる見通しです。また、2014年シーズンと比べると、北陸東部や長野県では140%程度、北陸西部では180~200%となる予想です。近年の表年である2013年よりやや少なくなるものの、2014年や平年以上の飛散量となる見込みで、十分な対策が必要です。なお、特に北陸で春に飛散するのは、例年スギ花粉がメインで、ヒノキ花粉は少ない傾向にあります。 東海・甲信南部甲信南部は、 長野県南部と 山梨県全域) 2014年の夏は、近年の夏(2013年や2012年など)に比べると雲が広がる日が多くなりましたが、静岡...

2012年10月30日ウェザーニューズフィードバック数:11ライフスタイル

2013年の花粉飛散傾向

...な対策が必要になりそうです。 東海・甲信南部甲信南部は、長野県南部と山梨県全域)210% スギ・ヒノキ花粉の飛散量は前年の夏の天候によって決まると考えられており、晴れて暑い夏である程、花粉のもととなる雄花の生育がよくなり、花粉の飛散量が多くなります。2012年の夏はお盆の頃を中心に市街地でもゲリラ雷雨になることがありましたが、全般に晴れて暑い夏でした。さらに、9月になってもなかなか暑さが収まらず、記録的な残暑になりました。このため、雄花の生育には適した条件であったと考えられます。また、花粉の飛散量は多い年(表年)、少な...

2013年11月4日ウェザーニューズ★フィードバック数:0ライフスタイル

来年の予報です。

2014年の花粉飛散傾向

...散量になる見通しで、少ない県では約50%、多い県では約80%となる予想です。また、新潟県では平年の90%前後、その他では平年並み(100%)~120%の飛散量となる予想です。飛散量は2013年より少なくなりますが、平年並みまたは平年より多い飛散量になる予想なので、十分な対策が必要になりそうです。 東海・甲信南部甲信南部は、長野県南部と山梨県全域2013年の夏は全般に晴れて暑くなる日が多くなり、さらに2012年の夏よりも晴れて暑くなる日が多かったため、雄花の生育に適した天候となりました。また、花粉...

2016年10月11日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

2017年の花粉飛散傾向

...県で平年の1.10倍、福井県で1.41倍など、平年よりやや多い〜多い予想です。なお、北陸で春に飛散するのは、例年スギ花粉がメインで、ヒノキ花粉は少ない傾向にあります。【東海・甲信南部(長野県中南部と山梨県)】 2017年は“表年”の傾向となります。さらに2016年の夏は、8月は高気圧に覆われて、東海の西側のエリアほどよく晴れて暑くなりました。一方、山梨県など東側のエリアは湿った空気や台風の影響を受けて、8月後半は曇りや雨の日が多く、ひと夏を通じてみると平年並の天候でした。このため2017年シ...

2016年4月14日ウェザーニューズフィードバック数:0ライフスタイル

第五回花粉飛散傾向

...キ花粉がまもなく飛散ピークに、4月下旬までは対策を <飛散時期>東海・甲信南部は、寒さが緩んだ2月中旬に各地で花粉シーズンに突入しました。その後、2月下旬に本格的な花粉シーズンに入り、風が強い日を中心にスギ花粉が多く飛散しました。現在、スギ花粉は減少し、まもなくヒノキ花粉が飛散ピークを迎えつつあります。4月下旬まではヒノキ花粉が本格的に飛散するため、引き続き注意が必要です。 <飛散量>今シーズンのスギ・ヒノキ花粉の総飛散量は昨年の約0.4〜0.6倍になる見込みです。平年の約0.4倍となる見込みです。 総飛...

2017年4月19日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

2017年「第七回桜開花予想」

...圧の通過により雨や風が強まり、一時的に寒の戻りがあるものの、その先、天気は周期的に変化し、平年より暖かい日が多くなる見込みのため、桜の開花時期は、これまでの見解と大きく変わらず、昨年より遅いものの、例年並の予想です。今週後半には山形市や盛岡市で咲き始め、来週には、秋田市内や青森市内でも桜の季節がスタートします。弘前公園(青森県)は、22日開花、27日満開の予想で、GW初め頃までが見頃のピークとなりそうです。【中部】北陸は今週がお花見ウイーク!高遠城址公園も週末には満開に先々週から東海や甲信南部で咲き始めたものの、気温...

2015年4月9日ウェザーニューズフィードバック数:0ライフスタイル

花粉の中間まとめと今後の飛散傾向

...シーズンは昨シーズンより1週間早く終了する予想です。なお、飛散開始から3月下旬までの飛散量は、昨シーズンの同時期より多くなり、今シーズン通してのスギ・ヒノキ花粉の総飛散量は、昨シーズンの1.5~2.5倍となる予想です。当初の予想よりもやや少ない飛散量となる見通しですが、引き続き注意が必要です。 飛散量は昨シーズンの1.2〜2.3倍、花粉シーズンは1週間早く終了 東海・甲信南部は、寒さが緩んだ2月中旬に各地で花粉シーズンに突入しました。その後、2月下旬には季節外れの暖かさになる日もあり、この...

2017年4月9日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

第五回花粉飛散傾向

...い所でも昨年の2倍前後、多い所では4倍程度を観測しており、症状は昨年より重い傾向です。今後はヒノキ花粉の飛散量が増えて、スギ・ヒノキ花粉を合わせると少ない所でも昨年と同程度、多い所では昨年の2倍以上の花粉が飛散する予想です。平年より少ない飛散量となる見通しですが、昨年より多くの花粉が予想されるため、引き続き注意が必要です。東海・甲信南部:多い所で昨年比9倍を観測<飛散時期>1月終わりに寒さが緩み、特に気温が上がった静岡県では2月初めにいち早く花粉シーズンに入りました。ただ、その...

2017年6月30日ウェザーニューズフィードバック数:0ライフスタイル

花粉まとめ2017

...り低めだったことにより本格的な飛散が長引きました。また、4月になるとヒノキ花粉も増え始め、4月中旬にピークを迎えました。東海以西に比べるとヒノキ花粉の飛散量が少ない傾向にある関東ですが、ピーク時は一時的に1日あたりの飛散量がスギ花粉に匹敵するくらい多くなった日も見られました。(この時期は雨が降る日が多かったため、花粉の飛散が少ない日もあった一方で、天気が回復してくると一気に飛散量が増えたようです。)飛散量は2016年の1.4~5.5倍、ダラダラと飛散続きつらいシーズンに東海・甲信南部の2017年のスギ・ヒノキ花粉の飛散量は、平年の0.6~0.9倍...

2016年12月17日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

2017年花粉飛散傾向(第二回)

...旬〜下旬にスギ花粉、4月中旬にヒノキ花粉のピークを迎えるとみています。また、夏の天候や年ごとの飛散量傾向、森林の活性度、『雄花リポート』をもとに飛散量を予想すると、平年並〜1.41倍、2016年シーズンの3.01~5.45倍と多く、特にピーク時は大量飛散の恐れがあり、昨シーズンよりつらく感じられる可能性があります。なお、例年、北陸で春に飛散するのは主にスギ花粉で、ヒノキ花粉は少ない傾向にあります。 ◆東海・甲信南部(山梨県・長野県中南部) この...

2014年11月27日ウェザーニューズフィードバック数:0ライフスタイル

第二回花粉飛散傾向

...キ花粉は少ない傾向にあります。 東海・甲信南部(静岡・愛知・岐阜・三重、長野南部・山梨)  2月に入る頃になると、一時的に寒さが緩むタイミングがあり、飛散開始時期が例年早い傾向にある東海は、2月はじめから静岡県、三重県などからスギ花粉の飛散が始まります。その後、2月中旬にかけて徐々に内陸の地域でも飛散が開始する予想です。飛散開始後7~10日間程で本格的な花粉飛散シーズンに突入し、3月中旬にスギ花粉の飛散量はピークとなる見通しです。スギ花粉のピークが過ぎた後は徐々にヒノキ花粉が飛び始め、4月上...

2015年6月17日ウェザーニューズ★フィードバック数:0ライフスタイル

今年の振り返りです。

2015年のスギ・ヒノキ花粉飛散傾向

...と比べて、飛散ピークが早まったことで、花粉シーズン前半(2月、3月)に症状が重くなった方が多く、後半(4月、5月)は比較的軽い症状で過ごせた方が多かったと考えられます。 静岡県は全国で最も早く飛散ピークに突入!花粉飛散量は昨年の2倍に 東海・甲信南部は、寒さが緩んだ2月中旬に各地で花粉シーズンに突入しました。その後、2月下旬には季節外れの暖かさで本格的な花粉シーズンに突入し、急激に飛散量が増加しました。2月下旬には静岡県でいち早くスギ花粉の飛散ピークを迎え、その他のエリアでも3月上...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ