調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 男女共同参画局

「男女共同参画局」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年4月7日内閣府フィードバック数:0キャリアとスキル

仕事と生活の調和推進のための啓発のあり方に関する調査研究

...仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現に向けて ひとつ「働き方」変えてみよう! 関連資料リスト・調査研究調査研究平成29年度 平成28年度 平成27年度 平成26年度 平成25年度 「ワーク・ライフ・バランスに関する意識調査」結果速報(平成25年11月)平成24年度 平成23年度 平成22年度 平成21年度 平成20年度 平成19年度 平成18年度 平成17年度 関連資料リスト(平成22年まで)外部リンク 内閣府 男女共同参画局 仕事と生活の調和推進室 (C) Office...

2013年4月29日内閣府★フィードバック数:2キャリアとスキル

震災をきっかけとした働き方の変化についての調査です。

東日本大震災後の「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」に関する調査報告書

...仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現に向けて ひとつ「働き方」変えてみよう! 関連資料リスト・調査研究調査研究平成29年度 平成28年度 平成27年度 平成26年度 平成25年度 「ワーク・ライフ・バランスに関する意識調査」結果速報(平成25年11月)平成24年度 平成23年度 平成22年度 平成21年度 平成20年度 平成19年度 平成18年度 平成17年度 関連資料リスト(平成22年まで)外部リンク 内閣府 男女共同参画局 仕事と生活の調和推進室 (C) Office...

2014年1月31日内閣府★★★フィードバック数:0キャリアとスキル

個別企業の状況が数字で見られます。

女性の活躍「見える化」サイト

...別に整理して公表しています。 【調査方法及び調査期間】 1 調査方法: 内閣府男女共同参画局が全上場企業を対象に、郵送によりアンケートを実施(なお、上場企業以外でご了解をいただいた企業は掲載) 2 調査期間: 2014年10月~2015年3月 【公表している情報】 【1】 データの対象(単体ベースか連結ベースか選択)【3】 管理職(合計、うち女性、女性比率)【5】 平均年齢(合計、男性、女性)【7】 新入社員の定着状況(男性、女性)【9】 育休取得者数(合計、うち男性)【11】平均年間給与【13】有休取得率【15】各種...

2013年12月27日内閣府★フィードバック数:0キャリアとスキル

内閣府のレポートです。

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)レポート2013

...プロジェクトにおける取組◇日本学術会議経済学委員会ワーク・ライフ・バランス研究分科会の活動 第3章 仕事と生活の調和実現の状況◇ワーク・ライフ・バランスと結婚・出産~パネル調査による幸福感変動分析~◇夫婦の出生力の低下要因に関する分析~「少子化と夫婦の生活環境に関する意識調査」の個票を用いて~ 内閣府 男女共同参画局 仕事と生活の調和推進室 (C) Office for Work-Life Balance, Gender Equality Bureau, Cabinet Office, Government...

2015年2月20日内閣府★★フィードバック数:0キャリアとスキル

内閣府のレポートです。

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)レポート2014

...多様な子育て支援の推進など育児・介護の社会的基盤づくり職業能力の形成支援に係る労働市場の社会的基盤の整備 ○2014年度地方公共団体におけるワーク・ライフ・バランス推進施策に関する調査結果概要○全国知事会における取組 第3章 仕事と生活の調和実現の状況 内閣府 男女共同参画局 仕事と生活の調和推進室 (C) Office for Work-Life Balance, Gender Equality Bureau, Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved....

2014年8月28日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

理系学部へ入学する女子学生の動向

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本の成長戦略の柱の一つに女性の活躍推進が挙げられ、産官学のさまざまな分野で女性の活躍が期待されている。科学技術の分野でも、多様な視点や発想により研究活動を活性化するなど、女性研究者の活躍が期待されている。そして、女性研究者の人材プールとなる大学等の理系分野に進学する女子学生を増やしていくための施策が実施されている。例えば、内閣府男女共同参画局では「理工チャレンジ」、独立...

2014年2月7日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

さらなる上昇が期待される、科学技術分野の女性研究者比率

...技術分野における女性研究者比率は全ての部門で上昇が続き、女性の活躍推進が進んでいるようである。しかし、直近の女性研究者の比率14.4%は国際的に見るとまだまだ低い水準にある。内閣府の「男女共同参画白書 平成25年版」によると、各国の女性研究者比率は英国が38.3%、米国が34.3%、ドイツが24.9%などとなっており、日本における女性研究者を増やすための方策をより一層進める必要があることがわかる。このような状況を改善するため、女性研究者の人材プールとなる理系分野に進学する女子学生を増やしていくための施策が実施されている。内閣府男女共同参画局...

2015年6月30日日本病児保育協会★フィードバック数:0大型消費/投資

子どもの病気についての調査です。

共働き家庭の子育て事情、『子どもの病気』はワーキングマザーまかせ!

...者それぞれについて質問している。該当する質問については、回答者と配偶者のデータを合計した集計結果(男性580件、女性570件)を掲載している。また既婚者について、同一世帯内の複数回答は不可とした(1世帯につき、父親、母親どちらか一方の回答となっている)。調査時期:2015年5月22日~2015年6月8日実査委託先:楽天リサーチアンケート結果のポイント・アンケートに回答した共働きの母親のうち約8割が「産前産後休暇」や「育児休業」を経験している。「現在育児休業中である」と回答した父親は、わずか1.3%。(参考)内閣府男女共同参画局...

2013年8月26日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

あまりにも少ない、日本企業における女性役員の登用

...等に関する調査結果」で、女性活躍支援・推進のために取り組んでいる内容についてみると、「キャリア支援に関するセミナー、研修等」を行っている企業は55.7%、「女性管理職数・比率を増やす計画的な取り組み」を行っている企業は45.6%となっており、企業内での女性のキャリア形成に関連する取り組みを実施している企業は半数程度にとどまっているようである。キャリアの形成には時間がかかることなどを考えると、女性のキャリア形成を支援する具体的な取り組みは、すぐにでも始める必要があろう。平成15年6月に男女共同参画推進本部(現 内閣府男女共同参画局...

2013年10月4日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

少しずつ増えている、工学系の女子学生

...ような取り組みの効果がでてきているのかもしれない。ただ、その増え方はわずかであり、依然として工学の女子学生比率は非常に低い水準にとどまっている。より一層、理系女子を増やす方策が進められ、科学技術分野における女性研究者の増加につながることが期待される。(※1)内閣府男女共同参画局「男女共同参画白書 平成25年版」(※2)文部科学省「学校基本調査」(※3)独立行政法人科学技術振興機構「理数学習支援センター」の「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」(※4)独立行政法人科学技術振興機構「ロールモデル集 『理系女性のきらめく未来』」 この記事を「お気...

2013年2月8日大和総研フィードバック数:3キャリアとスキル

科学技術分野における男女共同参画の動向

...科学系の女子学生を増やすことなどの教育環境も含めて、科学技術の分野での男女共同参画を推進するための取り組みが進展することを期待したい。(※1)総務省「平成24年科学技術研究調査」(※2)文部科学省「第4期科学技術基本計画」(※3)例えば、内閣府男女共同参画局「諸外国における専門職への女性の参画に関する調査」(平成23年11月)では、各国の女性研究者(大学教授)の割合は、スウェーデン18%(2007年)、韓国13.6%(2009年)、スペイン18.43%(2007年)、アメリカ合衆国17.6%(2009年)、日本11.6%(2008年)とな...

ダイバーシティに関する調査レポート 第一弾

...が働きやすく、最大限のパフォーマンスを発揮できる環境を整えています。また、今回行ったインターネット調査と同じ内容を社内にて実施したところ、「ダイバーシティに取り組むべき」と回答した社員は、90%以上になりました。ショップジャパンでは、社内のダイバーシティの理解を深めるために、制度の導入以外にも様々な取り組みを積極的に行っています。たとえば、内閣府男女共同参画局が支援する「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言への賛同や、「Google Women Will プロジェクト」への...

2016年6月23日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

労働市場の未来推計

...けるベースラインケース)を2025年まで継続した場合の必要な就業者数の推計と、 人口動態から推計した就業者数のギャップ※2:2016年時点の有効求人数248万人 出所:内閣府男女共同参画局「男女共同参画白書 平成27年度版」、OECD Stat, Labour Force Statistics, LFS by sex and age - indicators 2025年、日本の女性の就業状況は、活躍先進国であるスウェーデンの2014年時点に比べ、就職当初は同率であるにもかかわらず、30~40代では10~15%の開...

2017年7月20日CaSyフィードバック数:0ライフスタイル

家事ストレスに関するアンケート調査

...代行や宅配サービス等を利用できる環境だからこそ、ママが職場復帰(就職)できているとも推測されます。 今回のアンケート調査により、手軽な価格と手続きで利用できるカジーの家事代行は、家事に手が回らない共働き子育て夫婦の大きな支えになっていることが確認できました。 内閣府の世論調査によると、平成20年以降「子どもができても、ずっと職業を続ける方がよい」という回答率は45%を超えています。(出典:内閣府男女共同参画局「男女共同参画白書(概要版) 平成28年版」()) 女性の就業を後押しにもなるカジーの家事代行を、より...

国内人口推移が、2030年の「働く」にどのような影響を及ぼすか

...ような労働力人口の減少に対する方策は、すでにさまざまなところで議論されている。最も盛んに議論されているのは、少子化対策、出産・育児で職場を離れる30~40代女性の活用、高齢者の活用、そして外国からの移民の受け入れである。まず少子化対策は、総人口を増やすために今後間違いなく必要だが、出産適齢期の女性が減っていくことが予想されるなか(20~44歳女性人口 2010年/2020万人→2030年/1457万人)、さまざまな施策を講じたとしても、今後数十年で子どもが急速に増えるとは考えにくい。女性の年齢階級別労働力率の推移内閣府男女共同参画局...

2013年12月27日内閣府フィードバック数:0社会/政治

女性の政策・方針決定参画状況調べ

...平成 25 年 12 月 26 日男女共同参画局政策・方針決定過程への女性の参画状況及び地方公共団体における男女共同参画に関する取組の推進状況について男女共同参画社会の形成の促進に関し、社会のあらゆる分野における政策・方針決定過程への女性の参画状況及び地方公共団体における男女共同参画に関する取組の推進状況について、毎年、以下の調査を実施し、その結果を公表しています。このたび、平成25年度の調査結果を取りまとめたので公表いたします。【調査結果のポイント】○ 国の...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ