調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 知的財産権戦略

「知的財産権戦略」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2012年7月23日アイティメディア★フィードバック数:75製造業/エレクトロニクス

中国の特許出願の状況です。

中国は特許大国になり得る? 日本企業が採るべき対応は

...においては多くのことが政治主導で行われるので、これらの問題を検討するにはまず中国における知財政策を把握する必要があります。「自主創新」と「国家知的財産権戦略綱領」 中国は2006年から「自主創新」をスローガンにイノベーション型国家への移行を急いでおり、2008年6月には知的財産権の創造・活用・保護・管理の能力を向上などを盛り込んだ総合的な知的財産戦略である「国家知的財産権戦略綱要(以下、「綱要」といいます)」が公布されています。2008年の第三次特許法改正も「綱要」の方針に基づいて制定されたもので、特許法以外にも「綱要」に基づいた政策が、近年...

2013年10月3日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国の大学の特許出願と実施状況についての分析(その1)

...キング上位の大学と外国企業の出願件数や特許権取得件数は接近している。増加率が急速に伸びており、2006年を除いて平均20%以上の伸びを維持している。特許に偏重している。清華大学を含む北京市所在の26大学が2005年~2010年の期間に行った特許出願を分析すると、特許88.2%、実用新案11.5%、意匠0.3%となっている。  また、2013年7月までに中国国内の特許で維持されているのは54万3000件で、うち大学が保有する維持特許は10万9000件で約20%を占めている。 中国の大学で特許出願が急速に伸びている理由は、中国の国家知的財産権戦略...

2013年10月3日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国の大学の特許出願と実施状況についての分析(その2)

...ほかの特許技術の実用化のモデルとしては、次のようなケースがあげられる。①企業とのコラボレーションによる研究するモデル②独立した企業設立するモデル③業界の連合会へ参加するモデル④教授個人が会社を起業するモデル⑤大学が技術市場や仲介機構を通して実用化するモデル7、まとめ 中国の国家的知的財産権戦略要綱がさらに進展すれば、中国の特許出願はさらに増加し速度を速めるだろう。中国の大学の特許出願にかける熱意も持続すると考えられる。しかし、どのようにして特許出願の質を上げ、有効に実施していくかには「特許のための特許」を排...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ