「研究人材」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

大学・公的研究機関における在籍研究人材に関する情報把握の実態調査

...トップ » 調査研究成果公表 » 「大学・公的研究機関における在籍研究人材に関する情報把握の実態調査 ―博士人材データベース構築のための基礎調査―」[NISTEP NOTE(政策のための科学) No.5]の結果公表について 「大学・公的研究機関における在籍研究人材に関する情報把握の実態調査 ―博士人材データベース構築のための基礎調査―」[NISTEP NOTE(政策のための科学) No.5]の結果公表について科学技術政策研究所では、文部科学省の科学技術イノベーション政策における「政策...

広島県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告

...トップ » 調査研究成果公表 » 「広島県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告」[DISCUSSION PAPER No.101]の結果公表について 「広島県における国立大学等と地域企業の連携に関する調査報告」[DISCUSSION PAPER No.101]の結果公表について当研究所では、広島県を対象に国立大学等と地域企業との連携に関する調査を実施し、分析結果をまとめました。アンケート調査は広島大学 若手研究人材養成センター 川畑弘特任教授が担当し、質問票の設計・分析...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(バイオマスエネルギー研究人材育成事業)調査報告書

...平成23年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(バイオマスエネルギー研究人材育成事業)成果報告書平成 24 年 3 月 30 日財団法人新エネルギー財団はじめに本報告書は、平成 23 年 4 月 1 日付で資源エネルギー庁長官官房総合政策課から、財団法人新エネルギー財団が委託を受けた下記の事業について、その成果をまとめたものである。事業の根拠契約書番号平成 23・03・30 財資第 10 号事業名平成 23 年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(バイオマスエネルギー研究人材育成事業)契約...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成23年度産業技術調査事業・研究人材流動化等促進のための制度等に関する調査

...平成23年度産業技術調査事業研究人材流動化等促進のための制度等に関する調査調査報告書平成24年3月株式会社日本総合研究所目次概要 .................................................................................................................................................................... 1はじ...

2014年4月8日科学技術振興機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

スイス、フィンランド、アイルランド、シンガポール、台湾の調査です。

海外調査報告書 競争力のある小国の科学技術動向(2013年度版)

...ンランドの概要 ………………………………………………………………… 302.1.3 歴史 …………………………………………………………………………………… 312.1.4 イノベーションランキングにおけるフィンランド ……………………………… 312.2 科学技術・イノベーションのインプット・アウトプット・アウトカム ……………2.2.1 研究開発投資 …………………………………………………………………………2.2.2 研究人材 ………………………………………………………………………………2.2.3 科学技術・イノ...

2015年6月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度製造基盤技術実態等調査(機能性素材動向調査)報告書

...&D の大きさとその付加価値の高さで、日本の先端的研究人材を扶養 している産業という一面もある。6機能性素材動向調査 報告書3.2 機能性化学品の特性の把握3.2.1 調査の内容欧米では、1993 年以降の ICI による大規模かつ大胆な事業ポートフォリオの入れ替 えを端緒として、ドラスティックな欧米の機能性化学品メーカーの大型の合併・買収・ 事業再編案件が続いた。 日本勢が目指す分野において先行する欧米大手との競合にいか に勝つか、或いは効果的に競合を回避するか、とい...

2015年6月4日科学技術振興機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

科学技術振興機構のまとめです。

研究開発の俯瞰報告書2015年 ライフサイエンス・臨床医学分野

...医学研究開発のあるべき方向性わが国におけるこれからの重要項目図.調査範囲(計7区分、77領域)図.分野の変遷国際比較、主な動向(概要)日本米国欧州・基礎研究の水準は2位グループ・研究インフラには一定の競争力(SACLA、スパコンなど)・応用研究、成果の産業化が弱い・健康・医療関連のファンディングを担うAMED:日本医療研究開発機構が発足(2015年4月)中国・ほぼ全ての研究開発領域において基礎・応用・産業化が世界一・豊富な資金力と研究人材・ライフサイエンス研究の潮流の多くが米国発・ベンチャー基盤が充実、産学官の活発な連携(AMPほか)、NIHによ...

2015年3月2日日本総研★フィードバック数:0ビジネス

日本総研のレポートです。

わが国におけるベンチャー支援の在り方-既存企業とベンチャー企業のパートナーシップを通じたベンチャー・エコシステムの形成に向けて

...国でも産業界と学界が協力して、①産学に通じた若手研究人材の育成、②起業や再挑戦の受け皿となる仕組みの導入、③産学間の連携や異動にかかるインセンティブの付与、④実践的な起業家・起業支援人材教育の実施、などに取り組むべきと考えられる。68 J R Iレビュー2015 Vol.3, No.22わが国におけるベンチャー支援の在り方1.はじめに わが国では、約20年前より、政府による本格的なベンチャー支援の取り組みが続けられている。ベンチャー企業は、イノベーション創出の担い手であり、その創出・成長を後押しすることで、産業...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ