「研究部不動産」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年4月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:4ビジネス

福岡オフィス市場の現況と見通し(2013年版)

...ビル別稼動状況6― 福岡のエリア別新築・既存ビル別稼動状況7― 福岡の人口動向8― 福岡における最近の特徴的なビル需要・不動産需要9― 福岡のオフィス賃料見通しおわりに福岡は人口の転入超過数が全国で最も多い都市のひとつである。人口増加や景気回復に加え、オフィスの新規供給の少なさから空室率の低下が進んでいるが、他の主要都市と比べると改善に遅れが見られる。本稿では、福岡オフィス市場の現況把握とともにオフィス賃料の将来予測を行う。 金融研究部不動産市場調査室長 研究・専門分野 レポ...

東京都心部Aクラスビルのオフィス賃料予測(2013年度版)

...のオフィスビル新規供給とオフィスワーカー見通し5― オフィス賃料見通し6― おわりに東京のオフィス市況は、Aクラスビルを中心に回復を始めた。三幸エステートとニッセイ基礎研究所が共同で公表しているオフィスレント・インデックスでは、2013年第1四半期の東京Aクラスビルの賃料は、前年比で27%という大幅な上昇となった。本稿では東京のオフィス市況を概観した上で、今後の東京都心部Aクラスビルの賃料予測を行う。 金融研究部不動産市場調査室長 研究・専門分野 レポート研究領域経済金融・為替...

2013年6月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:5ビジネス

大幅上昇となった東京都心Aクラスオフィス賃料-不動産クォータリー・レビュー2013年第1四半期

...ルの客室稼働率はリーマンショック前と同等の高い水準で推移し、大型物流施設は需給の逼迫が続いている。東証REIT指数は2013年第1四半期に前期比47.4%の大幅上昇となった。昨年末のGLPに加え、コンフォリア・レジデンシャルと日本プロロジスリートの新規上場もあり、第1四半期のJ-REITによる物件取得は8,610億円に達し、昨年1年間の実績を上回った。円安・株高・景気回復期待に東京都心部のオフィス市場の回復が加わり、不動産投資市況は当面、堅調に推移すると考えられる。 金融研究部不動産市場調査室長 研究・専門分野 レポ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ