「社会融資」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年4月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国の病は「日本病」、デフレとバランスシート問題

...経済が待ち受ける課題に関するリポートを発表している1。中国が今日抱える課題がバランスシート調整にあるとすれば、それはバブル崩壊後に日本が抱えた問題、「日本病」に類似した症状を中国が抱えていることを意味する。具体的には、①過剰債務を中心としたバランスシート問題、②バランスシート調整に伴うデフレ圧力という症状である。第一にバランスシート調整の状況を下記の図表から考える。中国政府が2008年11月に4兆元の景気対策を行い、大量の借り入れや投資が行われた結果、バランスシート調整の原因となる信用拡張が生じた。社会融資規模(非金融機関・家計...

2014年1月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

海外経済フラッシュ:中国:2013年10-12月期GDPは前年比+7.7%へ小幅減速

...来の高水準になったほか、長期金利は 7 月後半以降上昇基調が続いており、企業の資金調達環境は悪化。9 社会融資総量をみても、新規調達額は 10-12 月期に大きく減少。社会融資総量“残高”は高水準に積み上がっているとみられ、新規調達額が抑制される状況は今後も続く可能性が高い。固定資産投資の重石に。9 2013 年を通してみると、依然として成長は投資主導型と言え、政府による構造改革の本格化はこれから。2014 年の成長率は緩やかな低下傾向を見込む。32014 年 1 月 20 日第1図:実質GDPの推移15第2図:寄与...

2013年10月18日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

海外経済フラッシュ:中国~2013年7-9月期GDPは前年比+7.8%へ加速

...価格の上昇を主因に前年比+3.1%と 8 月の同+2.6%から大きく伸びが高まった)。<コメント>9 7-9 月期の実質 GDP 成長率が加速した背景としては、①欧米製造業の循環的な持ち直し、②7 月に発表された景気対策(中小企業向けの付加価値税の免税や鉄道建設加速など)、③新政権による綱紀粛正の消費への悪影響一巡、などが挙げられる。9 しかしながら中国経済は、減速傾向且つ下振れリスクの大きな状態が当面継続する見通し。例えば、社会融資総量は、6 月の短期金利急上昇以降も、問題のある委託・信託...

2014年2月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:中小企業の資金調達難とPMIの低下

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:中小企業の資金調達難とPMIの低下2014年1月の金融統計が示唆するもの ◆2014年1月の社会資金調達額(社会融資規模)は前年同月比1.6%の増加にとどまった。銀行貸出(人民元貸出増加額+外貨貸出増加額)と銀行貸出以外という括りでは、前者は前年同月比18.1%増だったのに対して、後者は同14.0%減と対照的な動きとなった。銀行貸出以外では、銀行引受手形や1月の...

2014年3月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国シャドーバンキング問題は世界のテール・リスク

...兆円)程度となるだろう。同じく過剰債務を考えるうえで、下記の図表に示される社会融資総額の動きを振り返る。2000年代末以降急速に拡大したのが、「銀行貸出以外の資金供給」であり、約30兆元程度ある。この中にはシャドーバンキングの中核とされる信託貸出が含まれるほか、「理財商品」の構成資産も一部含まれているとみられる。なお、「理財商品」や「信託貸出」の残高は、2013年末で合計約12兆元(対GDP比21.6%)まで拡大している可能性がある。■図表:中国の社会融資総額残高(推計値)推移(兆元)120100...

2014年4月30日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー 2014年4月(中国)

...)。金融の量的指標をみても、1-3 月の社会融資総量の新規調達額は前年比▲9%となり、昨年 10-12 月(同▲17%)に続き大きく減少。信用拡大の抑制が進んでいる状況だ。この 4-6 月には(問題含みの)信託商品などの償還も引き続き多いとみられ、不安定な金融環境が継続しよう。②について、直近 3 月の輸出(前年比▲6.6%)は、(前年が水増しされていたとされる)香港向けを除けば前年比プラスながら、輸出先の景況感改善に比べ依然回復が限定されている状況(第 2 図)。輸出...

2015年1月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

海外経済フラッシュ:中国:2014年10-12月期GDPは前年比+7.3%と前期並みの成長を確保

...日用品耐久消費財第10図:7日物レポ金利と人民元相場の推移(前年比、%) 100 168原材料 製造業(資料)中国国家統計局統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成第9図:社会融資総量(新規調達額)の四半期推移9鉱業(人民元/ドル)7日物レポ金利〈左目盛〉銀行貸出以外〈左目盛〉80 14社会融資総量の前年比〈右目盛〉606.5人民元対ドル相場〈右目盛〉6.4126.3106.2086.13-2066.02-4045.91-6025.80-8064052041213140(年)12/1(注)『社会融資総量』は、実体...

2015年3月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

「新常態」移行元年の経済運営~2015年全人代のポイントと中国を待ち受ける課題~

...のバランスシートは大きく膨らんでしまった。例えば、社会融資規模(非金融機関・家計による資金調達残高)の対GDP比率は、2007年末の120%から2014年末には193%に上昇している。また、生産能力の過剰感は原料・素材産業を中心に今なお残っている。住宅在庫も、地方都市を中心にまだ高水準であり、過剰感が完全に払しょくされている状況にはない。こうした状況にもかかわらず、高水準の借入や投資が今後も続けば、これらの問題が更に深刻化し、いずれ景気の急激な冷え込みを余儀なくされかねない。そのような事態に陥るのを避けるため、習政権は「新常態」を旗...

2014年11月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年11月号:不動産開発投資に底入れの兆し

...産開発投資の底割れリスクが後退するなか、政府は構造調整スタンスを堅持する見通し。過剰投資・過剰債務を抑制する一方、規制緩和などによりサービス産業の拡大を促進し、高度化する消費需要に対応。金融政策は状況に応じて微調整が入るものの、基本的には総量規制・資金配分の最適化を重視する見込み。輸出入111.05見通し0.8062008091011121314200815(年/期)(資料)国家統計局を基に日本総研作成不動産開発投資(右目盛)11121314(年/期)社会融資総量の増加率(前年比)(%)70住宅着工床面積10(資料)人力...

2014年2月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年2月号 過剰投資・過剰債務の抑制スタンスが鮮明化

...統計局を基に日本総研作成15(年/期)20096111213(資料)国家統計局、CEICを基に日本総研作成(年/期)経済全体でみた債務の総規模社会融資総額(兆元)710(2012年末)銀行融資銀行融資以外のルート企業部門(除く金融)5政府部門4うち地方政府債務3家計部門2金融機関発行債券残高1合計残高 対GDP比(兆元)(%)58.711327.75319.93816.1319.118111.6215(資料)中国社会科学院02005 060708091011(資料)中国人民銀行を基に日本総研作成1213(年/期)(株...

2014年4月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2014年4月号

... 月号)金利より高金利の理財商品などに預金が流出した可能性にも言及した。銀行貸出残高の伸びは2カ月連続で鈍化3 月の人民元貸出残高の伸びは前年同月比+13.9%(2 月:同+14.2%)と 2 カ月連続で鈍化した。人民元貸出増減額は 1 兆 500 億元の増加と、2 月(6,445 億元増)からは増加幅が大幅に拡大したが、前年同月と比べると概ね同水準となった(図表 10)。銀行以外からの資金調達も含む「社会融資総額」は、2 兆 700 億元と 2 月(9,387 億元)から大幅に増加したが、前年...

2013年11月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2013年10月号

...みずほ中国経済情報2013年10月号[中国経済の概況][景気動向]◆ 2013年7~9月期の実質GDP成長率は前年同期比+7.8%と、4~6月期(同+7.5%)より小幅に改善。◆ ただし、9月の主要経済指標は横ばいないし減速したものも少なくない。CPIは上昇、PPIはマイナス幅縮小。住宅価格は大都市を中心に上昇が続く。◆ 銀行貸出残高の伸びは小幅に加速。一方、銀行以外からの資金調達も含む社会融資総額は小幅に低下。人民銀行は、海外からの資金流入の増加をうけ、公開市場操作により流動性を吸収。[注目...

2013年5月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2013年4月号

...みずほ中国経済情報2013年4月号[中国経済の概況][景気動向]◆ 2013年1~3月期の実質GDP成長率は前年同期比+7.7%と、緩やかな回復持続を見込んでいた市場予想に反して小幅に減速。◆ 3月の主要経済指標をみても、工業生産などから回復力の弱さがうかがえる。◆ 銀行貸出は企業向けを中心に増加。銀行以外からの資金調達を含む「社会融資総額」も大幅に拡大。人民銀行は、春節明け以降、レポを主体とした流動性の調整を継続。[注目点:全国35都市が住宅市場コントロール策の細則を実施]◆ 中国政府は、2...

2015年4月7日経済産業研究所★★フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスについてのレポートです。

内外経済の展望 ―アベノミクスの課題を検証する―

...表するのか、表現が注目されるところです。それによって、中国が7%を下回ることを想定しているかどうかが示されることになります。中国に関しては情報が限られるため、金融面のリスクが不透明といえます。経済全体の流動性を示す社会融資総量は、7月に6年振りの低水準まで低下しました。その後、2015年初めにかけて持ち直しに転じたものの、予断は許さない状況です。当局は、規制緩和によって銀行免許を広く解禁する構造改革を推進する中で、シャドーバンキングはそれまでのつなぎとして、銀行...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ