「税制調査」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

主婦対象の調査です。

【主婦】「配偶者控除についてのアンケート」(2014年/全国)

...)●現在年収の調整をしている方、「103万円の壁」「130万円の壁」がなかったら、もっと働きたいと思いますか?...(SA)●【全体&働き方別】全員にお聞きします。政府税制調査会は、専業主婦がいる世帯の所得税を軽減する「配偶者控除」の見直しに向けた議論を始めました。あなたは配偶者控除についてどのように思いますか。...(SA)●【全体&働き方別】配偶者控除について、そう思う理由を教えてください。(複数回答可)...(MA)<調査概要> ◆調査時期 :2014.04.24~04.30 ◆調査...

2014年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

法人税改革議論の動向~第2弾成長戦略でどこまで道筋を示せるか~

...税体系を国際相場に照らして競争的なものにしなければならない」「本年、さらなる法人税改革に着手する」と述べ、法人実効税率引き下げを国際公約とした。政府は6月にとりまとめる骨太の方針・成長戦略第2弾に法人実効税率引き下げをその目玉として盛り込む意向であり、政府税制調査会の法人課税ディスカッショングループでは本格的に議論が行われている。本稿では、法人税改革の財源問題を中心に論点を整理し、今後の税制改革の目指すべき道筋を探りたい。 レポート研究領域経済 金融・為替 アセットマネジメント 年金 社会保障制度 保険 不動産 経営・ビジネス 暮らし ジェ...

2015年1月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

軽減税率は欧州で失敗の歴史、日本が導入する必要はあるか

...消費実態調査」(平成 21 年調査)よりみずほ総合研究所作成筆者も委員の一人として参加する政府税制調査会では、昨年6月11日に軽減税率に関する検討状況が示され、そこで軽減税率に関する意見交換も行われた。そのなかで印象的だったのは、数名の軽減税率導入に賛成の委員を除き、学識経験者を中心に圧倒的多数が軽減税率の導入に反対で、逆進性の是正には給付付き税額控除の導入が望ましいとの見方をしていたことだ。参加した過去1年半の税制調査会でここまで意見が集約されたことも珍しい。こうしたなか、日本...

2014年3月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治

法人税率引き下げと代替財源の議論(1)

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 法人税率引き下げと代替財源の議論(1)課税ベース拡大編―受取配当益金不算入、繰越控除の縮小も視野に ◆2014年3月12日に、政府税制調査会に法人課税ディスカッショングループ(以下、法人課税DG)が設置され、初会合が行われた。◆法人課税DGでは、法人税の税率引き下げを行う一方、その代替財源を法人税の課税ベース拡大、地方法人税改革、他税目から求めることの検討が行われている。◆法人...

2014年4月28日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

配偶者控除の改正で女性の働き方は変わるか

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 配偶者控除の改正で女性の働き方は変わるか「103万円の壁」を取り除くために必要なこととは ◆年間の給与収入が「103万円」または「130万円」の範囲に収まるよう就労調整を行っている女性は多く、これが女性の活躍推進を妨げているとされ、「103万円の壁」、「130万円の壁」と言われている。安倍首相は税・社会保障上のこうした問題について見直すよう指示し、2014年4月14日の政府税制調査...

2014年3月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本企業の「六重苦」問題はまだまだ残る

...税の実効税率引下げについては、3月から政府税制調査会で引下げに向けた検討が開始された。当議論も新たな成長戦略の一つとして位置付けられている。法人税の実効税率の引下げに関しては、代替財源をどう確保するかが政府税制調査会でも大きな論点になっている。筆者も同調査会に委員として参加しているが、実効税率引下げ論は単に法人税のなかだけで、しかも単年度での均衡論に止めるべきで1リサーチTODAY2014 年 3 月 18 日ないと考えている。下記の図表に示されるように、日本の法人税の実効税率は世界の中でも高い水準である一方、消費...

2015年1月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

法人税改革の評価と今後の課題

...層優遇のイメージを払拭できず政治的に実施が困難であることから、今回の法人税改革は早い段階から税収中立を前提とした改革が想定されていた。このため、今回の法人税改革では既に国際公約となっている法人税率引き下げを前提として、課税ベース拡大をいつどのような方法で行うかに焦点が当てられてきた。一般に、法人税率が引き下げられてもその分だけ課税ベースが広げられれば、実質的な税負担は変わらず、企業行動も変化しない。今回の法人税改革がこうした性質を持つとの印象を避けるためか、最後の段階では官邸が与党税制調査会を押し切る形でネット減税となる法人税改革が実現した。一時.は、税収...

2013年12月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

税制改正大綱で真に重要なものを見落としてないか

...うるべき社会保障の像を示すことも不可欠だ。アベノミクスとしてこうした財政規律が「第四の矢」として示される必要がある。123「消費税率引き上げと個人消費」(みずほ総合研究所 『みずほインサイト』 2012 年 6 月 27 日)筆者も委員である政府税制調査会における中長期的な課題としてマイナンバー制度も論議されている。大和香織 「消費税増税に伴う低所得者対策のあり方」(みずほ総合研究所 『みずほインサイト』 2012 年 6 月 7 日)当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり、商品の勧誘を目的としたものではありません。本資...

130万円の「壁」と30時間の「深い河」

...保険者)ではなくなり、妻本人分の年金保険料・医療保険料・介護保険料を自ら納付することになる。妻の給与が 130 万円以上になった途端に手取りの給与が減り、目先だけに限定すると、働き損になってしまう。そこで妻は 130万円の手前で就労を抑制しがちとなる。これが 130 万円の壁にほかならない(図1)。図1いわゆる 130 万円の壁出所) 財務省「“働き方の選択に対して中立的な税制”を中心とした所得税のあり方」税制調査会参考資料、2014 年 11 月 7 日、35 ページ1多数の第3号被...

2013年4月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【特集 社会保障と経済成長をどう両立するか】相続税の課税方式に関する理論的考察

...3)正確な名称は、それぞれ遺産課税方式、遺産取得税方式である。 (注4)もっとも、故人が納税することは現実的に不可能なため、被相続人に代わって遺言執行人または遺産管理人が納税義務者と されることが多い。 (注5)税制調査会答申のなかにこのような考えが登場したのは、2000年の答申「わが国税制の現状と課題」からであろう。そこで は、以下のように述べられている。 「公的な社会保障が充実してきているなかで、老後扶養が社会化されることによって次世 代に引き継がれる資産が従来ほど減少しない分、資産...

2013年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

成長率をみて消費税をどう判断するか ~4-6月のGDP速報を参考に考える~

...があるとすれば、実質設備投資の前期比伸び率が、もう 6 四半期も連続してマイナスである点だ。これまでの円高が企業の投資マインドを下押ししてきた悪影響がまだ尾を引いている(図表 5)。国内雇用の創出力は、やはり企業の投資拡大に伴って高まっていくと考えられるので、政策的には企業の設備投資需要をなるべく後押しすることが好ましい。その点、自民党の税制調査会が 7 月末から投資減税の議論を始めていることは、その先にある結論が期待されるところである。消費税の増税を政治判断として決断するのならば、景気...

2013年7月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

参議院選挙後のアベノミクス(後編) ~過半数を獲得して成長戦略は実行段階へ~

...の賛成派からの賛意の声よりも、反対派からの批判の声が表面的には大きくなると予想される。また、成長戦略の実行については、投資減税や法人税減税といった未確定の内容に関しては秋から年末にかけて、アベノミクスの次なる展開として新しく追加されることになる。7 月下旬までには自民党の税制調査会が減税の検討に着手する。そうした流れの中では、期待に比べて成長加速のための施策の進捗が遅いといった批判も出てこよう。すでに発表した日本再興戦略の内容も、8 月の概算要求における議論として予算案に盛り込んでいけそうなものが見えてくるだろう。TPPと成...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成23年度海外主要国の研究開発税制に関する実態を踏まえた国内事業環境整備等調査

....S.Government (February 2011)13海外主要国の研究開発税制に関する実態を踏まえた国内事業環境整備等調査第 2 章 調査結果第 1 節 研究開発税制に関する調査結果第 2 款 米国7. 政策評価等のレポートによる情報13現行の研究開発税額控除制度に対する最も大きな批判は、制度が時限立法であるということである(それゆえに、税制調査会発行のレポートでは、研究開発税額控除制度の恒久化が提案されている。)。研究活動は何年にもわたって行われることが多く、納税...

2014年1月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[緊急リポート]アベノミクス1年間の評価は70点~ビジネス環境No.1に向けた10の政策提言~

.../1 「経済政策パッケー 10/1 成長戦略の当面のジ」を閣議決定実行方針10/1 「民間投資活性化等のための税制改正大綱」を決定(与党税制調査会)10/1 消費税率引き上げ10/7~8 APEC首脳会議(2014年4月)を決定 10/7 日インドネシア首脳会談日露首脳会談日メキシコ首脳会談10/9~10 ASEAN関連首脳会議10/9 日豪首脳会談日フィリピン首脳会談11月12月12/13 金融・資本市場活 12/5 「好循環実現のため 12/4性化に向けての提言の経済対策」を閣議(政府...

2015年1月29日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日本総研主催シンポジウム 税制抜本改革を考える】第2部 パネルディスカッション

...かり原点に返って議論しておくことが必要じゃないかと思います。[湯元] ありがとうございました。佐藤先生、先ほどのプレゼンでは、広く薄い課税が雇用や投資、立地条件、新規参入といった点でのインセンティブになるというお話をしていただいたと思うのですが、税収中立という形で本当にそういう効果が期待できるのかどうか。ヨーロッパの法人税パラドックスの本当の原因といいますか、そういうところも含めて教えていただければと思います。[佐藤] 政府税制調査会の議論にも私は参加させていただいておりましたが、そのなかにおいても、まず...

2014年6月8日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

Weekly金融市場 2014年6月6日号

...増資で最大 114 億円を調達すると発表・日銀:金融研究所長に渡辺審議役を充てる人事を発表・政府・与党:現在 35%の法人実効税率を 15 年度から引き下げることを経済財政運営の基本方針に明記する方針を固める・安倍首相:経団連総会で「思い切った前向きな投資を」と発言・政府:日銀で金融政策の立案を担当する雨宮正圭理事を再任する人事を決定・黒田日銀総裁:追加の金融緩和が必要になった場合、手段に限りがあるとは考えていない・JR 東日本:品川∼田町駅間に新駅を建設すると発表6 月 4 日(水)・自民党税制調査会:生活...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度中小企業支援調査(諸外国における石油化学製品原料用ナフサ等に係る税制調査)

...平成23年度中小企業支援調査 (諸外国におけ る石油化学製品原料用ナフサ等に係る税制調査)調査報告書平成24年3月株式会社野村総合研究所調査の背景と目的我が国においては、石油化学製品製造に用いるナフサや、鉄鋼等を製造する際に用いられ る原料炭は、 長きにわたり、 租税特別措置法による期間限定等の特例措置として、 課税 (揮 発油税、石油石炭税等)が免除されてきている。 平成24年度税制改正大綱においては、かかる期間限定の規定を改め、事実上、恒久的 な免税措置とする旨が盛り込まれたものの、これ...

2013年4月23日日本総研フィードバック数:1社会/政治

【特集 地域からの日本再生】今後のインフラ投資の在り方を考える

...後政権を担った民主党により公共投資予算が絞り込まれたこともあり、国、地方自治体ともに進捗に遅れが出ている道路敷設計画を抱えた状態となっている。また、安倍首相が打ち出した経済財政政策の「3本の矢」のうちの1本として、「機動的な財政出動」が示され、公共事業の財源が比較的確保しやすいことから、道路の新設誘導が生じやすい状況にあるといえよう。すでに、自民党税制調査会による2013年度の税制改正大綱策定の議論において、2009年4月に廃止された道路特定財源の復活を示唆する動きもあった(注3)。 道路新設への回帰を期す動きは他にもある。例えば、東日本大震災の際、道路...

2013年7月18日経済産業省フィードバック数:6ビジネス

平成24年度アジア拠点化立地推進調査等事業(国際租税問題に関する調査(タックスヘイブン対策税制及び無形資産の取扱いについて))調査報告書

...国が直面している国際課税の問題の分析・整理実施に当たっては、主に文献調査や必要に応じて関係企業・機関等へのヒアリング等を行ったが、特に諸外国の税制調査の部分についてはプライスウォーターハウスクーパース(PwC)のグローバルネットワークを活用し、当該国の主たる事務所に所属するプロフェッショナルから専門的情報を入手した。(1) タックスヘイブン対策税制米国、英国、ドイツ、フランスにおけるタックスヘイブン対策税制の詳細内容及び改正に向けた議論・動向については、PwC のグローバルネットワークを活用して、PwC 海外...

消費再増税「1%ずつ」検討を

...の配偶者控除に代え、夫婦間で融通できる「家族控除」に切り替えるべきとの提案もある(森信、2014)。同案では、妻の収入が少なく控除できる所得がないうちは、夫がそれを使えるように控除を移転する。妻の収入が増えたら、妻が自分の所得を控除する。こうすると、常に 2 人分の控除が使えるようになり、就業を調整する誘因がなくなる。内閣府「雇用システムに関するアンケート調査」2002 年 3 月(調査は 01 年)政府税制調査会・基礎問題小委員会(2014 年 5 月 12 日)資料この場合、健康保険・介護...

2013年10月7日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【税・社会保障改革シリーズ No.15】租税特別措置の実態と分析-租特による減収額は国・地方で最大1.2兆円

...特別措置法に盛り込まれた措置のうち税負担に係るものがある。次に、②国税の本則の中にも、①と同じ意味合いを持つ特例措置も少なからず存在する。①と②は国税における措置だが、地方税においては、③地方税法に定められた特例措置があり、そのうち税負担に係るものがある2。政府は、後述する租特透明化法の成文化に際し、①を「租特」、③を「地方税における税負担軽減措置等」という整理をおこなった。本稿では、概念上、①~③のすべてを租特と捉えるものの、分析の対象は①と③に絞る。1 この定義は、主に金子[2012]によっている。ほかに代表的なものとして、政府税制調査...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ