「税率引き上げ」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

けいざい早わかり 2013年度第8号:消費税率引き上げと経済対策

...Q1.どうして消費税率を引き上げる必要があるのですか? Q2.消費税率引き上げによって、景気にどのような影響が出ますか? Q3.消費税率引き上げに対して、どのような対策が検討されていますか? Q4.消費税率引き上げ後の景気腰折れは回避できますか?...

来年の経済です。

けいざい早わかり 2013年度第11号:2014年の日本経済

...Q1.日本経済は順調に持ち直していますね?Q2.消費税率引き上げは、景気にどのような影響を及ぼしますか?Q3.消費税率引き上げ後、景気が後退期に入るリスクはありますか?Q4.2014年度の経済成長率は、どの程度になりそうですか?...

けいざい早わかり 2013年度第14号:個人消費の動向と消費税率引き上げの影響

...Q1.個人消費が増えているというのは本当ですか? Q2.なぜ消費が好調なのですか? Q3.消費税率引き上げによって私たちの負担はどのくらい増えますか?Q4.増税後、個人消費は底割れしませんか?...

けいざい早わかり 2014年度第9号:消費税率引き上げ後の景気の現状と展望

...Q1.消費税率引き上げ後、個人消費が落ち込んでいますね? Q2.個人消費はいつ回復するのでしょうか? Q3.景気は後退局面に入りますか? Q4.消費税率は予定通り10%に引き上げられますか?...

けいざい早わかり 2014年度第11号:追加緩和に踏み切った日本銀行の金融政策

...Q1.円どうして日本銀行は追加緩和を行ったのですか? Q2.追加緩和により政策運営はどのように変わるのですか? Q3.追加緩和により物価が上昇するのでしょうか? Q4.今後も追加緩和が行われる可能性はありますか? Q5.追加緩和は消費税率引き上げ判断に影響しますか?...

弱含む鉱工業生産

...1.今月のグラフ ~生活実感に近い物価上昇率はもっと高い2.景気概況 ~景気は弱含んでいる3.今月のトピック:弱含む鉱工業生産~生産の回復が大幅に遅れるリスクも (1)消費税率引き上げ前後の生産動向~1月をピークに急速に悪化(2)今後の生産の行方~弱い動きが続く懸念...

最近の経常収支の動向について

...1.今月のグラフ ~消費税率引き上げ後の消費者物価(東京都区部)2.景気概況 ~景気は一時的に悪化へ3.今月のトピック:最近の経常収支の動向について (1)経常収支の動向(2)通関収支の赤字拡大要因~構造的な要因(3)通関収支の赤字拡大要因~短期的な要因(4)経常収支の赤字は一時的となる見込み...

企業業績についてのレポートです。

消費税率引き上げ後の企業業績~現状と今後の展望

...1.今月のグラフ ~インフレ期待は高まっているのか?2.景気概況 ~景気は弱含んでいる3.今月のトピック:消費税率引き上げ後の企業業績~現状と今後の展望 (1)悪化した企業業績~経常利益は減少へ(2)企業を取り巻く環境(3)企業業績の先行き~今年度中は弱い動きが続く...

消費者物価(全国14年3月、東京14年4月)~消費税率引き上げ分はほぼフル転嫁

...消費者物価(全国14年3月、東京14年4月)~消費税率引き上げ分はほぼフル転嫁 | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年3月、東京14年4月)~消費税率引き上げ分はほぼフル転嫁 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは4ヵ月連続で前年比1.3%・4月の東京都区部では消費税率引き上げ分がほぼフル転嫁・4月の...

消費者物価(全国14年4月)~消費税率引き上げ分を上回る価格転嫁

...消費者物価(全国14年4月)~消費税率引き上げ分を上回る価格転嫁 | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年4月)~消費税率引き上げ分を上回る価格転嫁 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・消費税率引き上げ分以上に上昇幅が拡大・約6割の品目が100%以上の価格転嫁率に・コアCPI上昇率は夏場以降鈍化へ総務省が5月30日に...

グラフで見る関西経済(2014年5月)

...2014年05月28日【今月の景気判断】関西経済は、消費税率引き上げの反動により一部でこれまでの増勢が一服しているものの、緩やかに持ち直している。生産は消費税率引き上げ前の駆け込みが影響して増加したが、足下では高水準で横ばいとなっている。輸出入は月次の振幅はあるものの、均して見ると横ばいで推移している。雇用環境をみると、完全失業率、有効求人倍率などが緩やかに持ち直している。賃金は緩やかに減少している。個人消費は消費税率引き上げ前の駆け込みの後、一部に反動減がみられる。住宅投資は、消費税率引き上げ...

2014年7月7日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2014年7月)

...日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2014年7月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2014年7月7日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(14年4月)と比較すると、全地域が、景気の改善度合いに関する基調的な判断に変化はないとしている。各地域からは、消費税率引き上げ...

グラフで見る関西経済(2014年6月)

...2014年06月25日【今月の景気判断】関西経済は、消費税率引き上げの反動により一部でこれまでの増勢が一服しているものの、緩やかに持ち直している。消費税引き上げ前の駆け込みで増加していた生産は、4月も高水準で推移している。輸出入は月次の振幅はあるものの、均して見ると底堅く推移している。雇用環境をみると、完全失業率、有効求人倍率などの持ち直しが一服しているが、賃金は現金給与総額が前年比で増加となり、下げ止まりつつある。そのような中、個人消費は緩やかに持ち直しているが、消費税率引き上げ...

2016年9月22日日本自動車工業会フィードバック数:0大型消費/投資

『2016年度自動車国内需要見通し』見直し

...ニュースリリース- 2016年09月15日『2016年度自動車国内需要見通し』見直しについて一般社団法人 日本自動車工業会(会長:西川 人、以下 自工会)は、前提としていた消費税率引き上げ時期を延期するとの政府方針が示されたこと等から『2016年度自動車国内需要見通し』の見直しを行った。見直しの結果は別紙のとおり。以上...

個人消費が堅調を維持することは可能なのか?

...1.今月のグラフ ~なぜ個人消費は堅調なのか2.景気概況 ~緩やかに持ち直している3.今月のトピック:個人消費が堅調を維持することは可能なのか? ~消費税率引き上げ前にいったん伸びは鈍化へ (1)景気を牽引する個人消費~歴史的にみても力強さ(2)消費は行き過ぎか~所得が伸び悩む中、消費性向が急上昇(3)デフレの押し上げ効果がなくなる~物価は徐々に上昇へ...

トピックとして企業業績についての分析が行われています。

なぜ企業業績の改善が続いているのか?

...1.今月のグラフ ~消費税率引き上げ後の個人消費に関するリスク2.景気概況 ~景気は一時的に悪化へ3.今月のトピック:なぜ企業業績の改善が続いているのか? ~史上最高をうかがう企業利益の背景にあるもの (1)順調に拡大する経常利益~2013年度は過去最高額を更新へ(2)売上高要因の動向~なぜ、製造業と非製造業で効果が異なるのか?(3)限界利益率要因の動向~なぜ、製造業で悪化しないのか?(4)まとめ...

グラフで見る関西経済(2014年4月)

...2014年04月25日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は消費税率引き上げ前の駆け込みとその反動も見受けられるが、緩やかな持ち直しが続いている。輸出は金額ベースでの前年比伸び率が鈍化し、実質ベースの水準では横ばいで推移している。雇用環境をみると、完全失業率、有効求人倍率などが緩やかに持ち直している。賃金は緩やかに減少しているが、個人消費は消費税率引き上げ前の駆け込み需要もあり持ち直している。設備投資は、大企業の実績が足下で前年比増加となるなど、非製...

消費税増税の影響です。

消費税率引き上げによる家計への影響

...1.今月のグラフ ~慎重な設備投資の背景にある売上高の伸び悩み2.景気概況 ~緩やかに持ち直している3.今月のトピック:消費税率引き上げによる家計への影響(1)消費へのマイナス効果(2)世帯主の年収階級別にみた消費への影響(3)世帯構成および各世帯の消費構成の変化(4)より負担感が高まりやすい物価上昇...

日本経済ウォッチです。

消費税率引き上げ後の個人消費の動向

...1.今月のグラフ ~変化する世帯の貯蓄構成2.景気概況 ~景気は一時的に悪化している3.今月のトピック:消費税率引き上げ後の個人消費の動向 ~実質賃金の落ち込みを背景に調整が長期化するリスク (1)雇用情勢の改善に遅れる所得~実質所得は減少幅が拡大(2)反動減の影響はいつまで残るのか(3)調整が長期化する可能性がある...

2014年1~3月期のGDP(1次速報)予測

...5月15日に公表予定の2014年1~3月期の実質GDP成長率は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要などによって前期比+1.0%(年率換算+4.2%)と高い伸びとなったと見込まれる。1~3月期の高い伸びを主導したのが、消費税率引き上げ前の駆け込み需要によって急増した個人消費である。また、これまで緩やかな伸びにとどまっていた設備投資も、企業業績の改善を背景に力強く増加した可能性がある。このため、公共投資は減少に転じたものの、内需の寄与度は前期比+1.6%まで高まったと予想される。一方、輸出...

2014年3月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ

...家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年12月の消費者物価(生鮮...

2014年3月23日日本自動車工業会★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

2014年度(平成26年度)自動車国内需要見通し

...でも前年度を上回ると見込まれる。 2014年度については、世界経済の緩やかな回復を背景とする輸出の増加や、企業収益の改善等による設備投資の増加、経済対策による公共投資が景気を下支えするものの、消費税率引き上げによる消費者マインドの低下が懸念される。また、2013年度の後半に発生した駆け込み需要の反動減も予想され、四輪車総需要は4,750千台・前年度比84.4%と見込まれる。内訳は、登録車が2,940千台・前年度比86.5%、軽四輪車が1,810千台・前年度比81.2%。2.普通・小型四輪乗用車2013年度の普通・小型四輪乗用車需要は2...

2014年1月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済フローチャート ~日本経済の現状と6ヶ月見通し~

...経済フローチャート~日本経済の現状と6ヶ月見通し(12 月 6 日時点)~国内景況感内需が好調に推移していることに加え、輸出が持ち直しており、景気は回復局面にある。当面、消費税率引き上げ前の駆け込み需要や設備投資の増加などを背景として景気回復感が強まるとみられるが、14 年4月の消費税率引き上げ後は一時的に景気が落ち込む可能性が高い。現状①海外経済6ヶ月後(2013 年 10‐12 月期) (2014 年4‐6月期)⑨公共投資②輸出⑤設備投資③生産④企業収益国内需要⑦個人消費⑥雇用・賃金⑧住宅...

2014年4月18日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2014年4月)

...日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2014年4月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2014年4月17日日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢をみると、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要とその反動の影響を受けつつも、基調的には、「回復を続けている」、「緩やかに回復している」等の報告があった。この背景としては、国内...

景況感は9割超が楽観、見通しも上向き ~消費税率引き上げ懸念は限定的~ 第10回不動産市況アンケート結果

...景況感は9割超が楽観、見通しも上向き ~消費税率引き上げ懸念は限定的~ 第10回不動産市況アンケート結果 | ニッセイ基礎研究所 景況感は9割超が楽観、見通しも上向き ~消費税率引き上げ懸念は限定的~ 第10回不動産市況アンケート結果 金融研究部 主任研究員 増宮 守基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 不動産分野の実務家・専門家に対する市況アンケート(第10回...

2014~2015年度 関西経済見通し~緩やかに回復する企業部門と出遅れる家計~

...○関西経済 は2012年秋以降、緩やかに持ち直している。足下の経済指標を見ると、輸出はこれまでの横ばい圏の動きから緩やかに持ち直してきており、全国と対比しても良好な動きとなっている。生産は、消費税率引き上げ前の駆け込み対応などにより2014年に入って水準が高まっている。出荷が減少して在庫が増加という懸念材料もあるが、4月の引き上げ以降もこれまでのところ生産は高い水準を維持している。設備投資は13年度以降、非製造業を中心にようやく持ち直してきている。個人消費は、消費税率引き上げ...

2013/2014年度経済見通し(2013年12月)

...2013/2014年度経済見通し(2013年12月)(2次QE反映後)~消費税率引き上げ後も景気持ち直しは維持される~ 2013年12月10日○2013年7~9月期の実質GDP成長率(2次速報値)は前期比+0.3%(年率換算+1.1%)に下方修正された。4四半期連続でのプラスであり、景気が緩やかに持ち直していることは確認されたが、2013年上期と比べると回復ペースは鈍化している。○2013年度後半は、実質GDP成長率の前期比プラス幅が拡大する。海外...

家計が直面する物価上昇率はほぼ2%、消費税率引き上げ後には4%台へ

...家計が直面する物価上昇率はほぼ2%、消費税率引き上げ後には4%台へ | ニッセイ基礎研究所 家計が直面する物価上昇率はほぼ2%、消費税率引き上げ後には4%台へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年11月の消費者物価(生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比1.2%となったが、家計...

経済見通しです。

2014・2015年度経済見通し

...需要は堅調だったが、外需が成長率を大きく押し下げたため、7-9月期に続き年率1%程度の成長にとどまった。2014年1-3月期は消費税率引き上げ前の駆け込み需要が本格化することから成長ペースが大きく高まるが、2014年度は駆け込み需要の反動に物価上昇に伴う実質所得低下の影響が加わるため、成長率は低下する可能性が高い。反動減は消費税率引き上げ直後が最も大きく、その後は押し下げ幅が縮小するため、マイナス成長は1四半期で終了し、景気の回復基調は維持されるだろう。実質GDP成長率は2013年度が2.3%、2014年度が0.5...

グラフで見る関西経済(2014年12月)

...2014年12月26日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は、4月の消費税率引き上げ後も高水準で推移してきた後、8月に減少、年初の水準を下回ったが、その後再び増加している。輸出は月次の振幅はあるものの、均して見ると緩やかに持ち直している。雇用環境をみると、失業率、有効求人倍率などは横ばい圏で推移しているが、賃金は現金給与総額が7ヶ月連続で前年比増加となり、所定内給与が小幅ながら5ヶ月連続で増加となるなど、持ち直している。そのような中、個人消費は、駆け...

2014~2016年度経済見通し

...2014~2016年度経済見通し | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 消費税率引き上げ後の物価高が家計を大きく圧迫している。消費者物価のうち、注目度が最も高い「生鮮食品を除く総合(以下、コアCPI)」は2014年4月以降、前年比で3%台前半の伸びを続けている。このうち2...

グラフで見る関西経済(2014年3月)

...2014年03月25日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は緩やかに持ち直しており、消費税率引き上げ前の駆け込みも出ている。輸出は、アジア向け、米国向けなどを中心に金額ベースで伸びているが、実質ベースでは横ばいで推移している。また、完全失業率、有効求人倍率など雇用環境が緩やかに持ち直し、賃金が下げ止まりつつある中、個人消費は緩やかに持ち直している。設備投資は、大企業の実績が足下で前年比増加となるなど、非製造業を中心に持ち直してきている。住宅投資は、4月の...

グラフで見る関西経済(2014年11月)

...2014年11月27日【今月の景気判断】関西経済は持ち直しが一服している。生産は、4月の消費税率引き上げ後も高水準で推移してきた後、8月に減少、年初の水準を下回ったが、9月に再び増加した。輸出は月次の振幅はあるものの、均して見ると緩やかに持ち直している。雇用環境をみると、失業率、有効求人倍率などは横ばい圏で推移しているが、賃金は現金給与総額が6ヶ月連続で前年比増加となり、所定内給与が小幅ながら4ヶ月連続で増加となるなど、持ち直している。そのような中、個人消費は、駆け...

2014年8月3日岩手経済研究所★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税の影響です。

消費税率引き上げの岩手県内経済へ影響 ― 企業と個人を対象したアンケート調査 ―

...=プレスリリース平成 26 年 7 月 23 日=消費税率引き上げの県内経済への影響-企業と個人を対象としたアンケート調査-標記について概要を取りまとめましたので公表いたします。なお、詳細は機関誌「岩手経済研究」26 年 8 月号に掲載予定です。盛 岡 市 中 ノ 橋 通 一 丁 目 2 番 16 号一般財団法人理事長岩手経済研究所高橋真裕地域経済調査部・経営相談部( 担 当T E L畠 山 ・ 佐 藤 )0 1 9 - 6 2 2 - 1 2 1 2<調査結果の概要><要 約>○企業...

2014年10月21日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2014年10月)

...の改善度合いに関する基調的な判断に変化はないとしている。各地域からの報告をみると、東北を含め全地域で、基調的には、「回復を続けている」、「緩やかに回復している」等としている。この背景として、生産面において一部に弱めの動きがみられるものの、国内需要が堅調に推移し、雇用・所得環境が着実に改善していることが挙げられている。この間、個人消費については、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動の影響は、ばらつきを伴いつつも全体として和らいできている等の報告があった。 表 地域からみた景気情勢 消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動が一部にみられているが、基調...

2015年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀の追加緩和、消費増税先送りの物価連動国債、BEIへの影響

...日銀の追加緩和、消費増税先送りの物価連動国債、BEIへの影響 | ニッセイ基礎研究所 日銀の追加緩和、消費増税先送りの物価連動国債、BEIへの影響 新美 隆宏基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 消費税率引き上げ後の景気後退や原油価格の大幅な下落など、消費者物価を取り巻く環境は変わった。これに対し、日銀は追加の金融緩和を決定し、政府は今年10月に予定していた消費税率引き上げ...

2014年4~6月期のGDP(1次速報)予測

...2014年07月31日8月13日に公表予定の2014年4~6月期の実質GDP成長率は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要の反動減によって前期比-2.4%(年率換算-9.2%)と大きく落ち込んだと見込まれる。個人消費は、駆け込み需要の反動減に、実質賃金の減少による落ち込みも加わって急減した可能性がある。設備投資も、1~3月期の急増の反動に加え、増税後の業績改善の一服や企業の設備投資姿勢の慎重化により、大幅な減少に転じたと考えられる。このため、公需はプラスを維持したものの、内需の寄与度は前期比-3...

2015年6月12日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

経済・金融データ集(2015年6月号)

...-68資金需要DI39図-69利ざや設定DI39(2)株  価(3)金  利(4)企業金融1  経 済(1)景  気表-1 景気動向に関する基調判断内閣府「月例経済報告」2013年6月着実に持ち直している7月着実に持ち直しており、自律的回復に向けた動きもみられる8月着実に持ち直しており、自律的回復に向けた動きもみられる緩やかに回復しつつある9月内閣府「景気動向指数」↗↗↗緩やかに回復している。また、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要が強まっている4月緩やかな回復基調が続いているが、消費...

景気の現状を評価する

...齋藤潤の経済バーズアイ2014年10月16日 景気の現状を評価する 【予想を超える景気の低迷】景気の現状は、4月の消費税率引き上げ前に予想されていたのに比べ、下振れをしています。消費税率引き上げのマイナスの影響は、それが実質購買力を削ぐ効果だけでなく、その後に駆け込み需要の反動が訪れることを含め、かなりの程度予想されていました。消費税率引き上げの幅からして、そのマイナスの影響が前例よりも(1997年の消費税率引き上げ時よりも)大きくなるとも予想されていました。しかし、消費税率引き上げ...

2015年1月15日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2015年1月)

...の改善度合いに関する基調的な判断に変化はないとしている。各地域からの報告をみると、国内需要が堅調に推移し、海外需要に持ち直しの動きがみられる中で、雇用・所得環境が着実な改善を続けていること等を背景に、北海道を含め全地域で、基調的には、「回復している」、「緩やかに回復している」等としている。この間、個人消費については、多くの地域で消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動の影響が全体として和らいでいるとの報告があった。また、生産については、なお一部に弱めの動きがみられているものの、下げ止まりの動きを指摘する報告もあった。 表 地域からみた景気情勢 基調...

2014年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

どこに注目?2014年度!

...よく分かる!経済のツボどこに注目?2014 年度!経済調査部2014 年度の景気は?資料1高橋 大輝2014 年度の景気見通し2014 年度が始まりました。今年度の日本経済は一体どうなるのでしょうか。民間エコノミスト約 40 人の経済予測を集計している「ESPフォーキャスト調査」をみると、景気は4-6月期に大きく落ち込むことが予想されています(資料1)。これは4月の消費税率引き上げの影響です。消費税増税前には、税負...

2014・2015年度経済見通し~13年10-12月期GDP2次速報後改定

...の実質GDP(2次速報値)は設備投資の下方修正などから1次速報の前期比0.3%(年率1.0%)から前期比0.2%(年率0.7%)へと下方修正された。GDP2次速報の結果を受けて、2月に発表した経済見通しの改定を行った。実質GDP成長率は2013年度が2.3%、2014年度が0.5%、2015年度が1.1%と予想する。成長率の見通しは2月時点から変更していない。2014年1-3月期は消費税率引き上げ前の駆け込み需要が本格化することから成長ペースが大きく高まるが、2014年度...

2013年11月15日富士通フィードバック数:0社会/政治

2013・2014年度経済見通し(2013年11月改訂)

...PRESS RELEASE2013年11月14日株式会社富士通総研2013・2014年度経済見通し(2013年11月改訂)-消費税率引き上げ後も好循環は持続- 当社は、2013年7~9月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、各国それぞれが大きな国内問題を抱えていますが、緩やかな拡大を続けています。日本経済は、消費が高水準を維持する中、生産、雇用の回復が続いています。消費税率引き上げは、景気の撹乱要因にはなりますが、景気...

2013年7月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度経済見通し-2%の物価目標達成の可能性を探る

...の実質GDPは前期比年率4.1%の高成長となり、景気が底入れから明確な回復軌道に乗りつつあることを示すものとなった。円安、緊急経済対策の効果、消費税率引き上げ前の駆け込み需要などから、2013年度中は高めの成長が続くが、2014年度は駆け込み需要の反動に物価上昇に伴う実質所得低下の影響が加わることから成長率は大きく低下する可能性が高い。実質GDP成長率は2013年度が2.6%、2014年度が0.0%、2015年度が0.8%と予想する。消費者物価上昇率(生鮮食品を除く総合)は需給バランスの改善、円安...

2015年3月18日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(1) ~想定以上の消費の減速

...シリーズ:個人消費の論点①~想定以上の消費の減速 ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 日本経済の先行きを見通す上で、国内総生産(GDP)の約6割を占める個人消費の動向が重要だ。2014年の消費税率引き上げ後、消費の伸び悩みが経済成長の足を引っ張ってきた。しかし、15年には、その重しが外れて、個人消費の回復に向かう可能性が高い。新年度が始まるのに先立ち、本シリーズでは今後の個人消費を見通す上でのポイントを整理する。 新日...

経済見通しです。

2014/2015年度経済見通し(2014年2月)

...【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年2月)~消費税率引き上げ後も景気持ち直しは維持される~ 2014年02月19日○2013年10~12月期の実質GDP成長率は前期比+0.3%(年率換算+1.0%)と4四半期連続でプラスとなり、景気が引き続き緩やかに持ち直していることが確認された。民需全体では前期比+0.8%と伸びが強まっており、消費税率引き上げ前の駆け込み需要の動きが一部で強まりつつあることがうかがえる。一方、外需の前期比寄与度は2四半期連続でマイナスとなり、マイ...

2016年6月13日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査(全国)― 2016年5月調査―

...2016/06/03TDB景気動向調査 −2016年5月調査結果−2016年6月3日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。■TDB景気動向調査(全国・概要)−2016年5月調査− 消費停滞に加え、燃費不正や熊本地震が景気下押し 〜 消費税率引き上げ延期の効果に期待 〜※次回発表予定 「TDB景気動向調査2016年6月調査結果」の発表は、7月5日を予定しています。お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 顧客サービス統括部 情報企画課107-8680 東京...

2013~2015年度経済見通し~2%の物価目標達成の可能性を探る

...期比年率3.5%の高成長となり、景気が底入れから明確な回復軌道に乗りつつあることを示すものとなった。円安、緊急経済対策の効果、消費税率引き上げ前の駆け込み需要などから、2013年度中は高めの成長が続くが、2014年度は駆け込み需要の反動に物価上昇に伴う実質所得低下の影響が加わることから成長率は大きく低下する可能性が高い。実質GDP成長率は2013年度が2.6%、2014年度が0.0%、2015年度が0.8%と予想する。消費者物価上昇率(生鮮食品を除く総合)は需給バランスの改善、円安...

2013/2014年度経済見通し(2013年11月)

...2013年11月18日○2013年7~9月期の実質GDP成長率は前期比+0.5%(年率換算+1.9%)と4四半期連続でプラスとなった。景気が緩やかに持ち直していることは確認されたが、中身をみていくと、公共投資や在庫投資によって大きく押し上げられており、見た目ほど回復力に力強さはない。○2013年度後半は、実質GDP成長率の前期比プラス幅が年度末にかけて拡大する。海外景気の持ち直しを受けて輸出が前期比プラスに転じ、年度末にかけて消費税率引き上げ...

2014/2015年度経済見通し(2014年11月)

...【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年11月)~景気は底打ち後も、緩慢な回復ペースにとどまる~ 2014年11月19日○17日に公表された2014年7~9月期の実質GDP成長率は、前期比-0.4%(年率換算-1.6%)と2四半期連続でマイナスとなった。消費税率引き上げ後も落ち込みに歯止めがかかっておらず、景気は弱含んだままの状態にある。消費税率引き上げ後の反動減の影響が長引いているほか、実質所得の減少が家計の購買力を落ち込ませており、個人...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ