「穀物貿易」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年12月29日JETROフィードバック数:0社会/政治海外

踊り場にさしかかったアフリカ経済

...、サブサハラ・アフリカ49カ国の合計輸入量が抜いてしまった(図2)。これに北アフリカを足すと7000万トンにもなる。東アジアは5000万トンだ。東アジアは世界一人口密度が高く、コメは自給できても食肉用の飼料穀物をつくりきる面積がない。一方アフリカは人間が食べる食糧穀物の生産性が低すぎて、都市化が進めば進むほど穀物輸入が増える構造だ。世界の穀物貿易は、米国や欧州が輸出して、これを東アジアとアフリカで分け合うという構図になっている。アフリカの穀物輸入増加をどこかで止めないと、東ア...

2014年1月9日日本農業研究所フィードバック数:0ライフスタイル

農業研究 第26号(2013年12月)

...策改革とは何であったか―(佐伯 尚美)地方における環境支払いの試みとその到達点−福岡県「県民と育む『農の恵み』モデル事業」の3年間− (岸康彦)アメリカ2008年農業法―現行制度を維持しつつ、高価格を基準とする収入保障を選択肢として導入―(服部 信司)バイオ燃料の食料・環境への影響に関する諸論点 (大賀 圭治)1990年代以降の世界の食料および穀物貿易動向 (小澤 健二)中山間地域の地域資源管理体制の再編 (山浦 陽一)JA出資農業生産法人の今日的到達点とあり方をめぐる諸問題について(李 侖美・谷口 信和)和牛(黒毛...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ