「米ドル為替」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

南アフリカ経済の現状と今後の展望~ サブサハラ・アフリカ市場攻略拠点として注目される南アフリカ ~

...情勢の停滞や家計負債残高の拡大などの影響もあって、弱含んでいる。また、主要輸出先である欧州の景気低迷や南アフリカ国内のストライキ激化などにより、企業マインドは低調で、投資も盛り上がっていない。○米国の金融量的緩和縮小や南アフリカ経済の鈍化などを背景に、通貨ランドの対米ドル為替相場は下落を続けている。ランド安によって物価上昇圧力が高まることを警戒し、南アフリカ中央銀行は、2014年1月に1年半ぶりの利上げを実施した。○他方、南アフリカの財政・金融部門は、他の新興国に比べて健全であり、また、国際収支も、大幅...

2014年3月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:人民元変動幅拡大の効果は?

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:人民元変動幅拡大の効果は?当日のボラティリティの増大 ◆中国人民銀行は2014年3月15日、人民元の対米ドル為替レートの変動幅を当日朝当局が発表する基準レートの±1.0%から±2.0%に拡大すると発表した。しかし、基準レートの決定は当局の思惑次第となっており、基準レートに対するその日一日の変動幅拡大によってもたらされるのは、当日のボラティリティの増大である。◆人民...

2014年10月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 意外な輸入の伸びとその実態 ~内需の弱さは変わらず、外需が景気を押し上げる姿は変わらず~

...人民元相場の上昇も重なったことで輸出競争力が急速に低下する状況が続いてきた。しかし、年明け直後に中国景気に対する不透明感などを材料に人民元の対米ドル為替相場は下落トレンドを強め、韓国や台湾など周辺国に比べて輸出競争力が向上する状況となったことは、世界経済の底入れと相俟って輸出の底離れを促した。なお、人民元の対米ドル為替レートは5月末頃を底に上昇に転じているものの、足下では米国Fedによる金融政策の正常化が予想外に早く開始されるとの見方が強まるなかで国際金融市場では『米ドル高』が図 3 人民元の対ドル為替レートの推移意識される状況となっており、人民...

2014年7月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 政策『微修正』が奏功して景気底入れ ~リスク要因がくすぶるなか、今後も構造改革は先送りされるのか~

... 2 人民元の対米ドル為替レートの推移現地報道などでは不動産市況の低迷が顕著な地方都市を中心に不動産取引の規制緩和の実施や検討を進める動きが出ており、さらなる市況悪化が景気への逆資産効果を招くことや資金不足による関連業界における連鎖的な倒産などを防ぐ意味合いが強いと考えられる。他方、4月末と6月初めに実施された中小金融機関を対象とする預金準備率引き下げについても、業績が不安視される地方部の中小金融機関に限定することにより地方部を中心に消費喚起を図るほ(出所)CEIC より...

2014年11月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 景気減速によるディスインフレ圧力が高まる ~構造転換の道筋がつかないなか、一党支配色がより濃くなる可能性も~

...経済の緩やかな拡大が輸出を押し上げる構図は続いている。この動きは輸入にも現れており、10 月の輸入額は前年同月比+4.6%と輸出に比べて伸びに勢いはなく内需が力強さに欠ける状況を反映し(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成図 4 人民元の対米ドル為替レートの推移ている一方、輸出財の生産に関連する経済特区における輸入額は前年比二桁%の高い伸びをみせている。輸入額に下押し圧力が掛かっている一因には内需の勢いが乏しいことに加え、国際金融市場における「ドル高」圧力...

2013年4月5日第一生命保険フィードバック数:2社会/政治海外

韓国を巡るリスクの高まり ~内需低迷が続く中で有事リスクも重なり、景気の不透明感は一段と高まる~

...した状況を受けて中銀や政府は、特に多くの輸出産業が競合する日本円との関係に神経質になっており、口先介入やトービン税の導入を示唆するなどウォン高をけん制する姿勢を強めた結果、年明け以降のウォンの対米ドル為替レートの上昇に一服感が出つつある。 同国経済を巡っては、過去数年に亘り政府が度重なる景気刺激策を図ってきたにも拘らず、国内の市場規模が小さいことに加えて、産業構造は財閥を中心とする少数のグローバル企業に占有されており、設備投資や生産、雇用などは輸出との連動性が極めて高く、公共...

2013年9月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド、金融市場の混乱は実体経済を着実に侵食 ~景気は最悪期を過ぎつつあるが、年度の成長率を再度下方修正へ~

...市場が求めるスピード感にも届いておらず、反って海外投資家からの「失望売り」がさらなる海外資金の流出を招く悪循環に陥っている。 一方、金融市場では海外資金の流出に伴う通貨ルピー安基調が続いていることから、準備銀は度々米ドル売り(ルピー買い)の為替介入を通じて為替相場の安定化を図 3 ルピー相場(対ドル、日本円)の推移図る姿勢を強めているが、足下ではルピーの対米ドル為替レートは史上最安値を更新するなど、金融市場の売り圧力に完全に押される展開が続いている。この背景には、同国...

2013年6月14日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

金融市場の混乱でアジアの実体経済は悪化するのか ~資金流出入の影響に懸念はあるが、実体経済の緩やかな拡大は変わらず~

...戦略は市場の特性に留意した対応が必要》 先進諸国を中心とする量的金融緩和による世界的な「カネ余り」に加えて、米国や日本における景気回復期待の高まりなどを追い風に投資家のリスク許容度に改善の動きがみられ、海外からの資金流入圧力が強まってきたアジア新興国だが、ここにきてその動向は大きく変化している様子がうかがえる。投資家のリスク選好の改善を受けて、依然高い経済成長が期待されるアジア新興国には資金流入圧力が強まり、結果、昨年秋以降の各国通貨の対米ドル為替レートは上昇基調を強めたほか、株式...

2015年1月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシアの格付が10年ぶりに『ジャンク(投機的)』に転落 ~民間部門を中心に資金調達環境の急速な悪化は避けられず~

...大統領選でプーチン氏は軍事費や社会保障費の充実を訴えることで当選を果たした経緯があり、これらは予算上の『聖域』とされてきたが、今後はこの動きが財政悪化のスピードを予想以上に早め、外貨準備の利用余地を狭める可能性も懸念される。そうした場合、最も懸念されるのが民間企業などの債務返済能力図 4 ルーブルの対米ドル為替レートの推移が急速に低下することであろう。同国では元々、国内金融機関の与信能力が乏しいなか、民間企業などは欧州系をはじめとする海外の金融機関に資金調達を依存してきたほか、近年は家計部門の低金利の外貨建でローンを借り入れる動きも活発化させてきた。しかし、昨年...

2014年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ベトナム景気に光が射すも、不良債権問題が足かせに ~外需を中心に底入れの一方、内需の重石は当面抜けられず~

...債権処理の本格化に時間を要する状況は変わっておらず、内需を取り巻く環境は引き続き厳しいものになることは避けられないであろう。 足下において輸出に底入れ感が出ている一因としては、米図 2 輸出額の推移国をはじめ先進国を中心とする景気回復が追い風になっていることに加え、中銀が今年6月に通貨ドンの対米ドル為替レートの切り下げに動いたことも影響している。他方、近年は隣国である中国経済の高い経済成長に伴い中国向け輸出の割合は拡大する傾向が続いてきたが、歴史的に両国は敵対関係にあったことから、一連...

2013年9月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

「資源ブーム」後の青写真が描けない豪経済 ~政府・準備銀ともに当面は豪ドル安への依存を強める可能性~

...見方を示している。その上で、一昨年秋以降実施してきた金融緩和について「金利動向に敏感な消費や資産価格を支援しており、今後は市中金利の抑制などを通じてさらなる効果が期待出来る」とみている。国際金融市場の混乱で4月初め以降に豪ドル図 3 豪ドル相場(対米ドル、日本円)の推移の対米ドル為替レートは約 15%下落したが、先行きは「さらに下落する可能性があり、経済のリバランスに寄与する」との考えを示しており、中銀として景気下支えの観点からさらなる豪ドル安を容認している姿勢もうかがえる。足下...

2014年7月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

シンガポール、一時的な要因での景気判断は早計か(Asia Weekly (7/14~7/18)) ~インドのインフレは一服も、先行きはモンスーンの影響に懸念~

...究所が試算した季節調整値に基づく前月比も2ヶ月連続で拡大しており、米国の景気回復を背景に全体の約半分を占める米国からの流入が堅調に推移しているほか、原油価格の上昇を追い風に中東からの流入も増加しており、全般的に堅調さがうかがえる。一方、足下では国際金融市場の落ち着きを背景に世界的なリスクマネーの動きが再び活発化しており、通貨ペソの対米ドル為替レートは上昇基調に転じており、ペソ建でみた海外送金流入額を目減りさせる。足下の水準は大きな下押しには繋がっていないものの、こう...

2013年2月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外資金がアジア経済に与える功と罪 ~年末にかけて再び景気維持と物価安定の舵取りを困難にする種になろう~

...でも旺盛な建設需要を追い風に不動産価格は上昇基調を強めている。 アジア新興国においては、その国の経済構造やファンダメンタルズ、国内金融市場の状況などが海外投資家の動きに影響を与えており、国ごとに違いは生じているものの、足下の底堅い景気を背景とする海外資金の流入によって幅広く資産市場は活況を呈している。図 1 アジア新興国の株価動向の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成図 2 アジア新興国の対米ドル為替動向の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成《資金流入は成長を促す一方、インフレを助長する可能性もあり、政府・中銀...

2014年6月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

タイ、政治混乱の「爪痕」は輸出にも(Asia Weekly (6/23~6/27)) ~韓国では中国景気の不透明感やウォン高が生産の足かせに~

...第一生命経済研究所作成[香港]~物価は落ち着いた推移が続くなか、世界経済の底入れなどを背景に外需に改善の兆しが出る~23 日に発表された5月の消費者物価は前年同月比+3.7%となり、前月(同+3.6%)から加速した。ただし、前月比は+0.08%と前月(同+0.42%)から上昇ペースが鈍化しており、食料品価格が7ヶ月ぶりに下落に転じたほか、このところの人民元の対米ドル為替レートの下落に伴い輸入物価に下押し圧力が掛かりやすくなっていることから、消費財全般で物価が落ち着いていることも影響している。本土...

2014年4月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国景気、「7.5%前後」へのアプローチは上々 ~潜在的リスクは多いが、現状は政府が目指す方向に徐々に進んでいる~

...生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。2/3示唆する発言をしたほか、人民元相場の変動幅の拡大を図 1 人民元の対米ドル為替レートの推移決定するなど、金融市場の期待するスピードには必ずしも沿ったものではないが、徐々に金融市場改革に踏み出す意思をみせている。こうしたことから、全人代終了直後には年初来安値を付けた株式相場はその後上昇基調を強める一方、人民元の対米ドル相場は金融市場で変動幅の拡大観測が強まって以降下落基調を強めており、足下でもその傾向は続いている。なお、足下で人民元安が続いている背景には、変動幅拡大によって「相場...

2013年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪州、内需の弱さが利下げを後押し(Asia Weekly (8/5~8/9)) ~韓国銀行は過去の利下げや経済対策の効果を様子見する姿勢~

...上昇ペースが鈍化しており、エネルギー価格に上昇圧力が掛かっているにも拘らず、食料品価格が下落したほか、景気の先行き不透明感を背景に消費財全般で物価下落が進んでおり、サービス価格も低調に推移している。食料品やエネルギーなど生活必需品を除いたコア物価も前年同月比+0.51%と前月(同+0.60%)から減速しており、前月比も横這いで推移するなど物価上昇圧力は後退している。足下では、国際金融市場の混乱により海外マネーが動揺している影響で、通貨台湾ドルの対米ドル為替レートは下落トレンドを強めており、輸入...

2015年6月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドでインフレリスク再燃の兆候(Asia Weekly (6/12~6/19)) ~インドネシア中銀、金利据え置きも景気にも配慮の姿勢~

...経済は依然として回復基調を強めているものの、雇用環境の改善の裾野が広がっていることが重石になっている可能性が考えられる。さらに、2割以上を占める中東からの流入も鈍化しており、年明け以降の原油相場は底入れが進んでいるものの、足下では頭打ちの様相が強まっていることが足かせになったと考えられる。なお、通貨ペソの対米ドル為替レートが上昇基調を強めたことから、ペソ建でみた送金額にも下押し圧力が掛かっており、個人消費などにとっては一時的に重石となったものと考えられる。図 9 PH 海外送金流入額の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成[香港...

2014年4月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

NZ準備銀、今後も利上げ継続の方針(Asia Weekly (4/21~4/25)) ~中国、景気下支えへ中小金融機関向け預金準備率を引き下げ~

...、2007 年以降定期的に実施されてきた公営住宅の賃料減免措置をはじめとする景気下支え策の影響を除いたベースでも、前年同月比+3.6%と前月(同+3.6%)と同じ伸びに留まっている。足下では、人民元の対米ドル為替レートが下落基調を強めており、これに伴って通貨HKドルの対人民元為替レートは上昇していることも輸入物価の抑制に繋がっている。したがって、当面のインフレ率は引き続き低水準での推移が続くと見込まれる。同日発表された3月の失業率(季調済)は 3.1%と前月(3.1%)から同じとなるなど、3ヶ月...

2015年4月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

...後の利上げペースも速まる懸念も高まりかねないことから、利回り低下余地も限定されそうであり、当面はレンジ相場が続きそうです。4.54.03.53.02.52.01.51.00.50.0【チェックポイント】債券価格上昇要因(金利低下要因)インフレの沈静世界的な利回りの低位安定債券価格下落要因(金利上昇要因)賃金上昇の可能性利上継続ペースの速まり政策金利と10年国債利回り(%)米国 政策金利米国 10年国債利回り10/3【米ドル為替】 上昇基調継続11/312/313/3(出所)各種資料より大和投資信託作成円/ 米ドル相場14/315/3(年/月末...

2013年7月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、製造業の景況感は11 ヶ月ぶりの低水準(Asia Weekly (7/22~7/26)) ~豪州、インフレ率の低下で追加利下げのハードルは低下~

...上昇ペースが加速しており、食料品価格は鈍化しているほか、足下の景気の不透明感を反映して消費財全般で価格は落ち着いているものの、エネルギー価格の上昇などの影響で物価全体が押し上げられた。国際金融市場の混乱に伴い通貨SGドルの対米ドル為替レートは下落しており、輸入物価を通じてインフレ圧力の上昇に繋がる可能性はあるが、景気が重石となることでしばらくは低水準での推移が続くと見込まれる。26 日に発表された6月の鉱工業生産は前年同月比▲5.9%となり、前月(同+2.3%)から3ヶ月ぶりに前年を下回る伸びに留まった。前月比も▲3.07...

2014年2月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

...の調整局面継続債券価格下落要因(金利上昇要因)量的金融緩和の縮小継続順調な景気回復米国 政策金利米国 10年国債利回り3.53.02.52.01.51.00.50.009/110/111/112/1(出所)各種資料より大和投資信託作成【米ドル為替】 米国への資金回帰が継続円/米ドル相場1月末102.8613/114/1(年/月末)前月末比-2.40%※表中の数値は投信評価に用いる為替であり、文中の数値とは異なる場合があります。【先月の回顧】1月の米ドル相場は、多くの通貨に対して上昇しましたが、対円では、月初に2008年10...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ