「米国サイド」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年3月31日JETROフィードバック数:0ビジネス海外

米国企業のアジア展開・アジア企業の米国展開(2013年3月)

...企業のアジア展開・アジア企業の米国展開(2013年3月) 本報告は、2012年5月に作成された「米国企業のアジア展開事例とアジア企業の米国展開事例」の続編である。前回と同様に、主に米国サイドの情報を中心として、米国企業のアジアにおけるビジネスおよびアジア企業の米国でのビジネスについて、事例を取りまとめた。 対ミャンマー経済制裁の緩和を受けて同国へ進出を計画する米企業の例や、中国国内の生産コスト上昇などの事情により第3国へ拠点を移した例、また本格化しつつある中国企業の対米投資の3点が、特に...

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年為替見通し

...金融政策のベクトルは明らかに異なっており、日本サイドからの円安圧力と米国サイドからのドル高圧力が相乗効果を生み出すと考えられる。「JPY売」「USD買」の材料に、それぞれ反応し易い状況になるだろう。だが、FEDの緩和バイアスが弱まり、タカ派に傾斜する過程でリスクオフの円高に見舞われることは想像に難くない。2013年と同じく三角持合が形成されるなどして円安進行が足踏みすることはあるだろう。しかし、それでも今回のTaperingがそうであったように市場の織り込みが一巡すれば、セオリーどおりの方向に向けUSDが強含むはずだ。その...

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

今までとは違う欧州発のリスクオフ

...正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。1【外国為替相場・債券市場】~ドル円底固し~27-28日の外国為替市場では、ユーロがドルや円に対して買われる展開となった。無難なイタリア国債の入札結果を受け、ユーロがドルや円に対して上昇。他方、ドル円は、好調な米経済指標や出口戦略が意識されたことによる米国サイドからのドル高圧力と日銀の追加緩和期待による日本サ...

2013年3月19日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

忌まわしい相関を崩す米経済回復

...正副総裁人事が参院で可決されたものの影響は限定的。日本サイドからの追加的な円安・株高材料は一服した感があるが、3月入り後は米経済指標(雇用関連統計、ISM製造業景況指数、小売売上高etc)が総じて市場予想を上回るなど、米国サイドからの支援材料は多い。短期的な過熱感は燻るものの、世界的な株高が継続している限りにおいては、日本株のエクスポジャーを一定に保つための機械的な資金流入が期待できよう。【注目点】~忌まわしい相関を崩す米経済回復~前日の海外時間にユーロドルは一時年初来の最低水準となる1ユーロ=1.291㌦をつけた。目下のところユーロは、LTRO...

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

強気見通し維持:日経平均17000円へ

...金融マーケット強気見通し維持:日経平均 17,000 円へ経済調査部QE縮小観測と長い付き合いになりそう日経平均株価は、5月 22 日に年初来高値15,627 円を付けた後、5.23 ショック以降は下藤代 宏一で推移するなど、物価目標達成には相当な距離がある。FRBとは対照的に日銀の金融緩和の「出口」は遥か彼方にあるということだ。落トレンドを形成し 12,445 円(6/13)まつまり、日米金融政策のベクトルが反対方向で下げた。その後は持ち直しに転じ、本稿執筆を向いているなら、為替は米国サイド...

2014年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 春の訪れと強いドル EURとJPYは下落へ

...追加緩和期待も一部にあるが、日銀が緩和に踏み切る理由は乏しい。声明分や総裁会見でも追加緩和を予兆させるようなメッセージはでないだろう(筆者予想は現状維持)。市場の反応も限定的とみる。【注目点】~春の訪れと強いドル~・ECBは物価目標末達を予想しているにも拘らず追加緩和策を講じなかった。市場はECBに残されたカードが少ないことを見越し、EUR/USDは1.39を窺う水準まで上昇した。14年末にEUR/USDが1.28に到達すると見込む筆者にとって痛手となったが、それでも予想は据え置く。理由は大別して二つ。一つは、米国サイド...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ