「米国債」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

テーパリング進行下で米国債を買い増す海外投資家

...I.今月のトピックス~テーパリング進行下で米国債を買い増す海外投資家II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5...

過去最大の売り越しとなった海外資本の米国債投資

...I.今月のトピックス~過去最大の売り越しとなった海外資本の米国債投資II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5...

2013年8月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

資産構成から見るアジア新興国の外貨準備

...アジア新興国からの資本流出につながり、外貨準備を減少させる局面が来る可能性もあろう。◆そこで、注目されるのは、外貨準備の取り崩しや増加ペースの鈍化が、資産構成に与える影響だろう。アジア新興国は主に有価証券かつドル(つまり、米国債中心)で外貨準備を運用している。では、外貨準備の伸びの停滞や減少によって資産構成が変更され、ひいては米国債が売却される可能性はあるのだろうか。◆過去の経験から見れば、米国債の大々的な売却は考えにくい。なぜなら、アジア新興国は外貨準備を十分に積み上げており、たと...

米国の対外証券保有状況

...I.今月のトピックス~米国の対外証券保有状況II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

増加幅が拡大する本邦海外直接投資

...I.今月のトピックス~増加幅が拡大する本邦海外直接投資II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

国際マネーフローレポートNo.89

...I.今月のトピックス~日本の資金循環統計から見たマネーフローII.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

資金循環統計でみる金融資産の状況

...I.今月のトピックス~資金循環統計でみる金融資産の状況II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

海外投資家による最近の本邦株式投資動向

...I.今月のトピックス~海外投資家による最近の本邦株式投資動向II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

東京市場での投資部門別株式売買状況

...I.今月のトピックス~東京市場での投資部門別株式売買状況II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

国際マネーフローレポートNo.99

...I.今月のトピックス~米テーパリング進行下の新興国金融市場II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

2年で大幅に拡大した日本の金融資産

...I.今月のトピックス~2年で大幅に拡大した日本の金融資産II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

米国QE終了後の金融マーケット

...I.今月のトピックス~米国QE終了後の金融マーケットII.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

米国際収支統計からみた対外金融資産投資

...I.今月のトピックス~米国際収支統計からみた対外金融資産投資II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

国際マネーフローレポートNo.103

...I.今月のトピックス~2014年の海外投資家の対米証券投資II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

資金流入となった2013年の日本の金融収支

...I.今月のトピックス~資金流入となった2013年の日本の金融収支II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

国際マネーフローレポートNo.83

...I.今月のトピックス~海外からの資金流入が拡大する国内株式市場II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

新興国の金融マーケット動向

...I.今月のトピックス~新興国の金融マーケット動向II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

国際マネーフローレポートNo.88

...I.今月のトピックス~米国際収支統計からみるマネーの動きII.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

国際マネーフローレポートNo.85

...I.今月のトピックス米国の対外証券投資の行き先II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

国際マネーフローレポートNo.86

...I.今月のトピックスフローでは減少した家計の株式資産II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

日本の海外直接投資の地域別動向

...I.今月のトピックス~日本の海外直接投資の地域別動向II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

国際マネーフローレポートNo.101

...I.今月のトピックス~増加するマネタリーベースと金融市場II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本...

2011年3月23日トムソン・ロイターフィードバック数:48社会/政治

〔緊急ロイター個人投資家調査・上〕 菅政権の震災対応「不十分」が4割

...ロイター個人投資家調査:菅政権の震災対応「不十分」が4割 [東京 22日 ロイター] 甚大な被害をもたらした東日本大震災の発生を受けて、ロイターが実施した緊急調査によると、菅政権の震災対応は「不十分」(40.5%)との評価が最も多く、対応の遅れや情報開示が不十分との指摘が出ている。  震災復興資金の調達方法については、子ども手当を含む歳出見直しや政府保有の米国債などを含む外債売却が上位に入った。震災に伴う景気減速は1年以内との見方が7割。大震災を契機に日本の政治・経済構造は「転換...

2014年2月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

...料のお取り扱いにおけるご注意」をよくお読みください。3/9債券・為替市場【米国債券】 再び利回り上昇余地を探る展開に1月末前月末差0.00~0.25%0.00%政策金利10年国債利回り2.64%-0.33%【先月の回顧】1月の米国債券市場は、前月とは一変して利回りが大幅に低下しました。発端は米国雇用統計で非農業部門雇用者数の伸びが市場予想を大幅に下回ったことです。その後は米国の他の経済指標の好調もあり、いったんは利回り低下が止まったものの、下旬に入ると、今度は新興国不安からリスク回避の動きが強まり、株価...

2017年1月10日内閣府フィードバック数:0社会/政治

対米ドル円レートの変動要因に対する定量的考察

...くは日米金利差によるものと投資家のリスク選好によるものに分けられると考える(※2)。そこで、以下ではこの2つの変動要因に着目し、それぞれが対米ドル円レートの動きにどのような影響を与えたのか整理する。まず、日米金利差と対米ドル円レートの関係を確認する。日米金利差は残存期間が同じ米国債利回りと日本国債利回りのスプレッドで示され、スプレッドが拡大すると米国債等の投資妙味が高まることから、ドル買い円売りの動きが強まるとされる。2016年の日米金利差の動きをみると、年初から9月初めにかけ振れを伴いつつ緩やかに縮小したものの、その後は大きく拡大に転じており、対米...

2014年1月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

政府閉鎖回避で、次は債務上限 ~ミッション・ポッシブル~

...US Trends政府閉鎖回避で、次は債務上限発表日:2014年1月17日(金)~ミッション・ポッシブル~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 議会が歳出法案を可決したことで政府閉鎖の回避が固まった。次の焦点は2月7日に期限を迎える債務上限の引き上げの行方。特別措置によって2月下旬から3月初旬までは政府は借入を継続することが可能。税還付が集中する2・3月を乗り切れば、5・6月頃まで引き伸ばすことが出来る。◇ 格付け会社によって米国債...

利上げが意識されはじめた米国リート市場

...リートによる大型増資に応募するための資金手当て用の換金売りによる市場の需給悪化、などが挙げられます。3月6日(現地)の米国金融市場では、雇用統計において市場予想を上回る雇用者数の増加(非農業部門雇用者数が29.5万人増)と失業率の5.5%への低下が報告されたことを受けて、今年年央の利上げが現実味を帯びたとの見方から米国債が売られ長期国債利回りが上昇したことが嫌気され株式市場やリート市場が下落しました。中でも、公益株やリートなど利回り資産と考えられている資産の下落率が大きくなりました。<見通し〜短期的な調整局面はあるが息の長い上昇相場の始まり>政策...

戻り基調の新興国債券

...楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月23日新興国債券は、2013年9月頃から戻り基調となっており、足元では昨年の高値水準に近づきつつあります。昨年5月以降、米国の量的緩和縮小懸念の高まりから、米国金利が急上昇するとともに、新興国債券市場から資金が流出しました。これに伴ない、信用リスクを示すとされるスプレッド(新興国債券利回り-米国債利回り)も拡大するなど、新興国リスクが強く意識されたことで、新興国債券は大きく下落しました。しかしながら、その後、資金...

【米資金循環】米国における資金循環の動向

...部門や金融機関の負債の拡大ペースは遅い。国内の非金融部門全体(家計+企業(非金融)+政府)で見た負債の伸び率も緩慢で、2000年代に見られた活発な資金調達の動きは見られない。ただし、家計部門、企業部門ともにバランスシート改善は進んでいる。家計部門は企業部門と異なり負債を大幅に縮小させたが、消費者ローンは増加しており、現在は金融危機前のペースで拡大している。対外負債に関して、国別の米国債保有状況を見ると、中国と日本のシェアが依然として大きく、両国で海外保有高の4割を占める状況が続いている。また、近年...

米国予算審議がキックオフ-紆余曲折が予想される予算審議

....2兆ドルの削減基準をみたすことで強制削減(sequestration)の回避が可能としている。今後議会による予算審議が本格化してくるが、当面は16年度予算以外でも、2月中に成立させる必要がある国土安全保障省関連予算の継続決議や3月15日が期限の債務上限問題など、問題が山積しており、政府閉鎖や米国債のデフォルトリスクなど、米国の予算・財政に絡んだ政治リスクは高まっている。 レポート研究領域経済 金融・為替 アセットマネジメント 年金 社会保障制度 保険 不動産 経営・ビジネス 暮ら...

魅力ある投資先として注目集まるグローバルREIT市場

...楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月25日魅力ある投資先として注目集まるグローバルREIT市場 2015年1月末頃から下落傾向となっていたグローバルREIT市場は、足元で、値を戻す展開となっています。この背景には、2015年3月以降、米国の軟調な経済指標の発表が続いたことや、3月のFOMC(米連邦公開市場委員会)の声明文で経済判断・見通しが下方修正され、FRB(米連邦準備制度理事会)が利上げを急いでいないとの見方が拡がり米国債...

2013年1月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

米国経済見通し 続く財政問題の不透明感

...期的な財政再建の方針も明確ではなく、「崖」回避に際して一部増税が行われたが歳出削減は手つかずに近い。こうした議論が「ねじれ」議会で行われることになる。2014会計年度予算などを踏まえると、夏場まで不透明感が長引くリスクがある。◆FRBでは「QE3」の拡充策である米国債購入に対し、メンバー間の意見が分かれていることがわかった。だが、これまでの失業率低下ほどは雇用環境が改善しているとは言えず、限定的なインフレ圧力のもとで、当面の金融緩和傾向は続くだろう。◆増税による消費の減少が懸念されるが、増税幅がはっきりしたことと、緩や...

米経済指標悪化で先行き不透明感~増税・歳出削減の影響を警戒

...兆ドルの赤字削減を狙う。これに伴い10年後の赤字額は、GDPで1%台に縮小する。ただし、赤字削減方法を巡る共和党との対立には改善が見られない。当面の財政イベントとしては5月の債務上限到達が注目されるが、前回2011年には激しい対立により、金融市場の大混乱や米国債の格下げを招いており、今後の対応が注目されよう。 レポート研究領域経済金融・為替アセットマネジメント年金社会保障制度保険不動産経営・ビジネス暮らしジェロントロジー(高齢社会総合研究)医療・介護・健康・ヘルスケア注目テーマ・キー...

2011年8月26日ダイヤモンド社フィードバック数:13社会/政治

【緊急特集】世界経済 複合危機!~連鎖暴落を引き起こした“構造問題”の正体 Part3 エコノミスト緊急アンケート

...、為替の動向を読む。2011~12年最新予測 景気、株、為替はこうなる!「世界のパラダイム(物の考え方や枠組み)が大きく変化しているなかで、これまで先送りしてきた問題が一気に噴出している」(櫻井祐記・富国生命投資顧問社長) 2008年のリーマンショック以降、軒並み低成長に陥った日米欧の先進国と、高成長にかげりが出始めた新興国。ギリシャ危機や米国債格下げで露呈した欧米の財政問題。過熱する新興国のインフレ。不透明さを増す世界経済の先行きを、エコノミストはどう見ているのか。 11年、12年の日本、米国...

ドル高エネルギーが不足 ~マーケット・カルテ2013年11月号

...、米国債がデフォルトに陥るという最悪のシナリオは一旦回避された。しかし、今回の合意は問題の先送りに過ぎず、市場では今後も同様の事態に陥る懸念が払拭されないだろう。また、量的緩和縮小の機会をうかがうFRBにとっても下振れリスクが存続することになったうえ、政府機関閉鎖の影響を見極めるには時間を要するため、縮小が遠のいたという市場の観測が強まっている。従って、今後3ヵ月を見通した場合、本格的なリスクオンにはなりにくく、米金利は上昇しづらいため、ドルの上値は重そうだ。米景気回復期待が続くことで、現状...

2013年9月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

QE3縮小後の金利・為替・世界経済(前編)

...予想の変化を通じ、実際に政策の変更が行われる前にもかかわらず米国長期債利回りの上昇やドル実効レートの増価が進んでいる。◆13年後半の連邦公開市場委員会(FOMC)において予想されている米国の金融政策の変更は、債券・為替市場および実体経済にどのような影響を与えるのだろうか。本稿(前編)ではシミュレーションに基づき、想定しうるケースにおける影響を試算した。◆試算結果によれば、市場予想を超えるペースでの資産圧縮は米国債長期金利の上昇とドルの増価をもたらすものの、その...

2015年4月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

...今後この操作目標は変更される可能性があります。※1ページ目の「当資料のお取り扱いにおけるご注意」をよくお読みください。3/9債券・為替市場【米国債券】 レンジ相場継続か3月末政策金利10年国債利回り【先月の回顧】0.00~0.25%1.92%前月末差0.00%-0.07%3月の米国債券市場は、10年国債利回りで2%を超えて上昇する中で始まりました。雇用統計が強い内容であったことから、上旬のうちに利回りは大幅に上昇しました。しかし、ECBが国債購入を開始すると、急低下したユーロ圏の債券利回りに連れて、米国の債券利回りも低下に転じました。雇用...

2014年3月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 半年のゼロ

...の点線は前日終値。101.0(出所)Bloomberg【海外株式市場・経済指標他】~声明文・経済見通しにサプライズ無し~・NYダウ平均株価は前日比▲114.20㌦の16222.17㌦で取引終了。FOMC結果とイエレン議長会見を受けて売り優勢。・FOMCは大方の予想どおりTapering第3弾とフォワードガイダンスの修正を決定。資産購入額は米国債とMBSをそれぞれ50億㌦縮小し、月当たりの購入額を550億㌦(米国債300億㌦・MBS250億㌦)とした。フォワードガイダンスは失業率閾値(エバンス・ルール)を撤廃し、「資産...

2014年3月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

クリミア住民投票後の展開 ~経済戦争を回避できるか、ロシアの次の一手が鍵~

...るロシアも制裁が発動された場合には欧米諸国に対して報復制裁に動くとしており、その内容次第では全面的な経済戦争に発展する恐れも否定できない。ロシア側の制裁は欧米側と同様に資産凍結が中心になるとみられるが、天然ガスや原油の輸出価格を引き上げたり、最悪の場合には輸出制限に踏み切る可能性もある。また、一部では米国債の売却に動くのではとの観測も浮上している。ロシアは昨年末時点で米国債を1,386億ドル保有し、これは世界の主要国・地域で第11位、米国債残高の2.4%に相当する(図表1)。(図表1)米国債の保有残高(2013年12月末、億ドル)中国...

世界的な低金利環境が、債券市場の追い風に

...安によるインフレ率の低下などを背景に利下げなどの金融緩和政策をとっており、債券価格にとってプラス要因になると考えられます。また、ハイイールド債については、米国市場で、原油安に伴なって米エネルギー企業の財務悪化懸念が広がり、昨年大きく下落したものの、足元で価格は持ち直しています。欧州市場では、ECB(欧州中央銀行)の量的緩和により高格付債の利回りが押し下げられたことで、ハイイールド債の利回りも大きく低下(価格は上昇)しています。今年予想される米国の利上げにより、米国債利回りが大きく上昇した場合、新興国国債やハイイールド債の価格変動も短期的に大きくなる可能性があります。しか...

市場の動向から注目集まる“金”

...楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月13日金価格は2012年10月以降、主要な金の需要国であるインドや中国の景気低迷などによる金需要の縮小懸念を受け、軟調な展開となっていました。2013年の中国の金輸入が過去最高水準となるなど、実需面では金の需要増がみられましたが、先行きへの思惑で取引される先物市場やETF(上場投信)市場を通じた金売りが、金価格に悪影響を及ぼしたとみられます。加えて、米国景気の回復傾向を背景に米ドルへの信認が回復したことで、金よりも米国債...

上昇基調が続くハイイールド債

...付債に比べて景気や企業業績などの影響で価格が変動しやすい特徴があるうえ、クレジット市場の価格形成の指標となっている米国債利回りが低下(価格は上昇)すれば、ハイイールド債の利回りは低下(価格は上昇)しやすい傾向にあります。2010年以降、世界的な景気回復傾向とともに、ハイイールド債のデフォルト率が低下したことや、主要先進国で金融緩和による低金利が続く中、利回りを追求する投資家行動などから、ハイイールド債の価格は上昇基調が続いており、足元では、米国ハイイールド債の利回りが5%台まで低下するなど、一部で過熱感が指摘されています。しかし、先進...

米国の中間選挙と2015年の株式相場

...な問題は生じないと見込まれます。つまり、内政面でほとんど前進がないかわりに、予算のとりまとめや連邦債務上限引き上げなどで両党が激しく対立し、政府機関の窓口閉鎖や米国債の債務不履行に陥るようなこともないとみられます。一方、共和党が上下両院を制する場合には、TPP(環太平洋経済連携協定)の早期合意や、シェール・ガス/オイル・ブームを背景としたエネルギー輸出の許可拡大を目指す動きが期待されるなど、政策が大きく変わる可能性があり、米国経済にプラスに作用することも考えられます。なお、選挙の結果が予断を許さないほか、世界...

【1月米国FOMC】予想通りのテーパリング継続

...【1月米国FOMC】予想通りのテーパリング継続 | ニッセイ基礎研究所 【1月米国FOMC】予想通りのテーパリング継続 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が1月28-29日(現地時間)に開催され、資産購入ペースの縮小(100億ドル/月の減額、米国債とMBSがそれぞれ50億ドルずつ減額)が決定された。事前...

2014年6月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3の縮小を継続する一方、「慎重な」金融政策スタンスを維持(14年6月17、18日FOMC) ~FF金利の中立水準の中央値がこれまでの4%から3.75%に下方シフト~

...入を毎月150億ドルとこれまでの毎月200億ドルから縮小し、国債は毎月200億ドルとこれまでの毎月250億ドルから購入ペースを鈍化させる。また、GSE債とMBSの償還元本をMBSに再投資し、米国債の償還資金を入札で再投資する既存の政策を継続する。委員会が保有する国債は、相当規模の額になるうえ、依然増加が続くことから、長期金利に下向きの圧力をかけ続け、住宅ローン市場を支え、より広範な金融環境をさらに緩和的なものにする支援となるだろう。このような状況はより力強い経済の回復を進めるとともに、イン...

2014年1月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年、脱「失われた3、7、20年」ゴールデンサイクル

...推移失われた7年90リーマン・ショック8070ギリシャ・ショック60欧州問題深刻化(ギリシャ二次支援)米国債格下げ5040米量的緩和縮小観測米財政の崖懸念米財政問題30201007080910111213(暦年)(注)VIX 指数は S&P500 のオプション・インプライド・ボラティリティ指標。(資料)Bloomberg よりみずほ総合研究所作成同様に、日本の1990年代以降のバランスシート調整からの正常化を、脱「失われた20年」として昨年来、TODAYでも...

2014年12月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

日本の不動産バブル崩壊:世界への教訓はなにか

...も自国通貨安の政策に頼っていることへの反応でもあった。結局、今回のコンファレンスでは、今や世界が一斉に先行き期待を押し上げるようなコミットが必要な局面ではないかとの意見が多かった。■図表:日米独の10年国債利回り推移(%) 038.005070911131517192123(%)25 【米・独】(暦年)27296.05.57.06.05.0日本国債利回り(10年)5.0米国債利回り(10年)(右目盛)4.5ドイツ国債利回り(10年)(右目盛)4.04.03.53.03.02.52.02.01.01.50...

米国政府機関閉鎖・債務上限問題の行方

...のねじれは当分続く可能性が高い。ようやくリーマン・ショックによる落ち込みを脱しようとしている米国経済だが、今度は政治的な混乱が障害となっている。財政問題の解決にあたるため、オバマ大統領は10月初めのアジア歴訪を取りやめ、APEC首脳会議も欠席した。欧州系の格付け会社であるフィッチは、米国債の格付けを引き下げる方向で見直すと発表している。議会の対立は、米国の外交面におけるプレゼンスを低下させ、ドルの信認に傷をつけた。混乱が続けば、米国の外交・経済における相対的な地位低下を加速させてしまう恐れが大きい。 経済...

日米の株式市場の動向と見通し

...%と予想(8日時点)され、昨年10-12月期の同+9.9%から急低下する見込みです。年後半には2桁の増益ペースへ戻ると予想されているものの、投資家は一旦は実際の業績発表を慎重に見極めたいものと思われます。 2.日本株も、米株安とドル安・円高につれて下落  4月初め以降は、日経平均株価も下落しました。米株安とともに投資家のリスク回避姿勢が強まったほか、米国債利回りの低下とともにドル安・円高が進んだことなどが背景です。加えて、消費税増税による消費の落ち込みの影響が不透明なこと、日銀...

主要国のリート市場の最近の動向(2014年3月)

...議長が利上げの時期についてQE3終了後から6カ月程度と発言したことなどから、10年国債利回りが上昇したこともあり、現地通貨ベースでは下落しました。豪州は、前月比+2.7%(円ベース、うち豪ドル要因は+4.5%)となりました。中国の景気の先行きに対する不透明感や、オーストラリア準備銀行による追加利下げ期待が後退したことなどが下押し要因となりました。フランスは、前月比▲0.8%(円ベース、うちユーロ要因は+0.7%)、英国は同▲4.4%(円ベース、うち英ポンド要因は+0.4%)となりました。フランスはウクライナ情勢への警戒感や米国債...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ