「経営所得」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年3月25日農林水産省フィードバック数:8ライフスタイル

平成25年産水稲の10a当たり平年収量

...県が引下げとなりました。水稲の10a当たり平年収量とは水稲の栽培を開始する以前に、その年の気象の推移や被害の発生状況等を平年並みとみなし、最近の栽培技術の進歩の度合や作付変動等を考慮し、実収量のすう勢を基にして作成されたその年に予想される10a当たり収量をいい、作柄の良否を表す作況指数の基準となっています。水稲の10a当たり平年収量の主な利活用経営所得安定のための施策における交付金単価の算定農作物共済事業における共済基準単収の算定(参考)平成25年3月4日プレスリリース「水稲の作柄に関する委員会(平成24年度 第3回...

2014年5月28日農林水産省★フィードバック数:0ライフスタイル

農水省の白書です。

平成25年度食料・農業・農村白書

...状況等について記述しています。なお、「平成25年度食料・農業・農村白書」本文及び概要版は以下のURLで御覧になれます。 内容のポイント 平成25年度 食料・農業・農村の動向(トピックス1)「和食」のユネスコ無形文化遺産登録~次世代に伝える日本の食文化~ 「和食」のユネスコ無形文化遺産登録を受け、「和食」の特徴や日本食文化の保護・継承、内外への発信強化の重要性等について記述しています。(トピックス2)農地中間管理機構の創設と経営所得安定対策の見直しなどの4つの改革 「農林水産業・地域の活力創造プラン」の策定を受け、同プ...

2014年4月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

2014年農政改革と水田農業の課題――切迫するTPPと政権交代で躍り出た政策転回――

...して決定されているという逆転が生じている。2  その内容は,大括りに言って,①農地中間管理機構の創設,②経営所得安定対策の見直し,③水田フル活用と米政策の見直し(米の生産調整目標数量の行政による配分の 5 年後目途の中止,および転作助成金のうち,飼料用米・米粉用米に対して数量払いの導入と上限値の2.5万,④日本型直接支払制度の創設(現行の「農地・水保全管理支払」の組替え円/10aアップ等)による単価の 1 千円/10aアップ[都府県単価]等と,対象の畑地への拡大)である。3  しかし,これらのうち大きくみれば,①の農...

2013年10月11日秋田経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

秋田県内集落営農組織の現状と課題

...強力な後押しがなければ組織維持のメリットが感じられない、国が認定農業者制度など個別経営体を伸ばそうとした等、様々な事情から離脱する農家が増え、解散に追い込まれる集落農場が相次いだ。こうしたなか、平成19年から国の「品目横断的経営安定対策(現「水田・畑作経営所得安定対策」)」が導入された。これは、全農家を対象に品目ごとに補助金を一律支給してきた従来の経営安定対策を見直し、対象となる担い手を明確にしたうえで、担い手の経営全体に着目した対策に転換する新たな助成制度であった。一定規模以上の担い手に支援を集中するため、作付面積を助成金交付の要件とし、原則...

2015年2月1日日本農業研究所フィードバック数:0ライフスタイル

米政策の見直しとコメ市場にもたらす影響

...生産調整に関する関与方法の見直し(行政による生産数量目標配分の見直し)に焦点を当て、それがコメ市場にどのような影響をもたらすのか検討するものである。 2013年12月、政府・与党は、「農地中間管理機構の創設」、「経営所得安定対策の見直し」、「水田フル活用と米政策の見直し」、「日本型直接支払制度の創設」を内容とする「4つの改革」を決定した。米政策の見直しに関しては、上記のパンフレットによれば「水田活用の直接支払交付金の充実等を進める中で、定着状況をみながら、5年後を目途に、行政による数量目標の配分に頼らずとも、国が...

2015年3月22日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

東北稲作・畜産複合地域における水田農業の展開と担い手構造 -岩手県花巻市の開田地域(D地区)を事例として

...した規模拡大の志向が実際に生じてい顕著な縮小,「10 ~ 15ha」層でのその停滞に現るのかどうかを含めて,個別経営の規模拡大の実れており,増加農家数が増大しているのは「15ha態を明らかにする必要がある。(1)以上」層のみである 。したがって,こうした大 他方,東北において水田経営所得安定対策を契規模層が新たに流動化する農地の受け手として十機に急増した集落営農組織の営農実態について,分であるのか否かを検討することが必要であり,単発的な事例報告ではなく,岩手県内の多くの事そのためには,彼ら...

2014年1月9日日本農業研究所フィードバック数:0ライフスタイル

農業研究 第26号(2013年12月)

...農産物直売所増設にともなう出荷行動の変化(李 侖美)穀物メジャ−に関する一考察 (2) −2大穀物メジャー、カーギル、ADM社の企業特質−(小澤健二)飼料用米破砕機の開発と肥育牛へのイネソフトグレインサイレージの給与(小川増弘、重田一人)[平成22年度人文・社会科学系若手研究者助成事業 研究成果]畑作経営に対する経営所得安定対策の検証と土地利用に与えた影響(吉仲 怜)企業参入が地域農業に与える影響(石田一喜)第23号(2010年12月)穀物メジャ−に関する一考察 (1)(小澤 健二)コウノトリと共に生きる農業―兵庫県豊岡市の挑戦―(岸...

2015年3月22日七十七銀行フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災後の宮城県の農業産出額の動向

...農業所得とは、農産物別産出額に農産物別所得率を乗じた農産物別所得額を合計したものに、戸別所得補償モデル、中山間地域直接支払交付金並びに水田・畑作経営所得安定対策のうち、過去の生産実績に基づく支払額および収入減少影響緩和対策等を加えたもの。-2-12  七十七銀行 調査月報 2015年3月号調査レポート(2)農産物別産出額の特化度(3)農産物の生産性本県の農産物別産出額の特化係数(図表4)を2010年における本県の農業産出額は1,679億円みると、2013年では、野菜が0.50、花きが0.38、であり、都道...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ