「総括調査」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

APIR Commentary No. 39 <アベノミクスとオバマノミクス>

...度インターン数名を指導してデータのアップデートと計量経済学的分析を行い、各種レポートを執筆するなど、研究所内での作業が中心となる。 平行して行うウェブ調査では、アジア諸国に進出した日本企業の「好感度」調査を行い、消費者ではなく、B to B の視点から、ビジネスパートナーとしての日本企業に対する評価と批判点を明らかにしたい。 リサーチャー 島 章弘APIRシニアプロデューサー 辻 俊晴APIR総括調査役 門野尚誉APIR総括調査役 松川純治APIR総括調査役 期待される成果と社会還元のイメージAPIR超長期データベース2015年版...

APIR Commentary No. 42 <世界の中の関西経済>

...ア諸国に進出した日本企業の「好感度」調査を行い、消費者ではなく、B to B の視点から、ビジネスパートナーとしての日本企業に対する評価と批判点を明らかにしたい。 リサーチャー 島 章弘APIRシニアプロデューサー 辻 俊晴APIR総括調査役 門野尚誉APIR総括調査役 松川純治APIR総括調査役 期待される成果と社会還元のイメージAPIR超長期データベース2015年版を国際的に認知してもらうことを目的として、英文学会誌に成果論文を発表する。同データベースを用いた分析と各国経済の超長期見通しを、「アジア太平洋と関西」やコ...

APIR Commentary No.37 <頑張っている日本の壮年層>

...ア諸国に進出した日本企業の「好感度」調査を行い、消費者ではなく、B to B の視点から、ビジネスパートナーとしての日本企業に対する評価と批判点を明らかにしたい。 リサーチャー 島 章弘APIRシニアプロデューサー 辻 俊晴APIR総括調査役 門野尚誉APIR総括調査役 松川純治APIR総括調査役 期待される成果と社会還元のイメージAPIR超長期データベース2015年版を国際的に認知してもらうことを目的として、英文学会誌に成果論文を発表する。同データベースを用いた分析と各国経済の超長期見通しを、「アジア太平洋と関西」やコ...

APIR Commentary No. 38 <ピケティさん、大事なのは事実と国民の許容度ですよ>

...度インターン数名を指導してデータのアップデートと計量経済学的分析を行い、各種レポートを執筆するなど、研究所内での作業が中心となる。 平行して行うウェブ調査では、アジア諸国に進出した日本企業の「好感度」調査を行い、消費者ではなく、B to B の視点から、ビジネスパートナーとしての日本企業に対する評価と批判点を明らかにしたい。 リサーチャー 島 章弘APIRシニアプロデューサー 辻 俊晴APIR総括調査役 門野尚誉APIR総括調査役 松川純治APIR総括調査役 期待される成果と社会還元のイメージAPIR超長期データベース2015年版...

経済教室「東日本大震災から3年」バックグラウンドペーパー

...ア諸国に進出した日本企業の「好感度」調査を行い、消費者ではなく、B to B の視点から、ビジネスパートナーとしての日本企業に対する評価と批判点を明らかにしたい。 リサーチャー 島 章弘APIRシニアプロデューサー 辻 俊晴APIR総括調査役 門野尚誉APIR総括調査役 松川純治APIR総括調査役 期待される成果と社会還元のイメージAPIR超長期データベース2015年版を国際的に認知してもらうことを目的として、英文学会誌に成果論文を発表する。同データベースを用いた分析と各国経済の超長期見通しを、「アジア太平洋と関西」やコ...

2100年までの予測です。

日本経済の超長期予測

...ア諸国に進出した日本企業の「好感度」調査を行い、消費者ではなく、B to B の視点から、ビジネスパートナーとしての日本企業に対する評価と批判点を明らかにしたい。 リサーチャー 島 章弘APIRシニアプロデューサー 辻 俊晴APIR総括調査役 門野尚誉APIR総括調査役 松川純治APIR総括調査役 期待される成果と社会還元のイメージAPIR超長期データベース2015年版を国際的に認知してもらうことを目的として、英文学会誌に成果論文を発表する。同データベースを用いた分析と各国経済の超長期見通しを、「アジア太平洋と関西」やコ...

2015年6月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

APIR Commentary No.49<長期停滞仮説論争>

...ア諸国に進出した日本企業の「好感度」調査を行い、消費者ではなく、B to B の視点から、ビジネスパートナーとしての日本企業に対する評価と批判点を明らかにしたい。 リサーチャー 島 章弘APIRシニアプロデューサー 辻 俊晴APIR総括調査役 門野尚誉APIR総括調査役 松川純治APIR総括調査役 期待される成果と社会還元のイメージAPIR超長期データベース2015年版を国際的に認知してもらうことを目的として、英文学会誌に成果論文を発表する。同データベースを用いた分析と各国経済の超長期見通しを、「アジア太平洋と関西」やコ...

2014年5月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

APIR Commentary No.32 アベノミクスは追い風参考記録

...ア諸国に進出した日本企業の「好感度」調査を行い、消費者ではなく、B to B の視点から、ビジネスパートナーとしての日本企業に対する評価と批判点を明らかにしたい。 リサーチャー 島 章弘APIRシニアプロデューサー 辻 俊晴APIR総括調査役 門野尚誉APIR総括調査役 松川純治APIR総括調査役 期待される成果と社会還元のイメージAPIR超長期データベース2015年版を国際的に認知してもらうことを目的として、英文学会誌に成果論文を発表する。同データベースを用いた分析と各国経済の超長期見通しを、「アジア太平洋と関西」やコ...

APIR Commentary No.34<衆院選の争点はアベノミクスにあらず>

...度インターン数名を指導してデータのアップデートと計量経済学的分析を行い、各種レポートを執筆するなど、研究所内での作業が中心となる。 平行して行うウェブ調査では、アジア諸国に進出した日本企業の「好感度」調査を行い、消費者ではなく、B to B の視点から、ビジネスパートナーとしての日本企業に対する評価と批判点を明らかにしたい。 リサーチャー 島 章弘APIRシニアプロデューサー 辻 俊晴APIR総括調査役 門野尚誉APIR総括調査役 松川純治APIR総括調査役 期待される成果と社会還元のイメージAPIR超長期データベース2015年版...

APIR Commentary No. 40 <地方創生と地域経済格差>

...ア諸国に進出した日本企業の「好感度」調査を行い、消費者ではなく、B to B の視点から、ビジネスパートナーとしての日本企業に対する評価と批判点を明らかにしたい。 リサーチャー 島 章弘APIRシニアプロデューサー 辻 俊晴APIR総括調査役 門野尚誉APIR総括調査役 松川純治APIR総括調査役 期待される成果と社会還元のイメージAPIR超長期データベース2015年版を国際的に認知してもらうことを目的として、英文学会誌に成果論文を発表する。同データベースを用いた分析と各国経済の超長期見通しを、「アジア太平洋と関西」やコ...

2015年4月5日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

APIR Commentary No. 41 <東京圏が作り出す地域経済格差>

...度インターン数名を指導してデータのアップデートと計量経済学的分析を行い、各種レポートを執筆するなど、研究所内での作業が中心となる。 平行して行うウェブ調査では、アジア諸国に進出した日本企業の「好感度」調査を行い、消費者ではなく、B to B の視点から、ビジネスパートナーとしての日本企業に対する評価と批判点を明らかにしたい。 リサーチャー 島 章弘APIRシニアプロデューサー 辻 俊晴APIR総括調査役 門野尚誉APIR総括調査役 松川純治APIR総括調査役 期待される成果と社会還元のイメージAPIR超長期データベース2015年版...

2009年11月30日パイプドビッツ★フィードバック数:0マーケティング

パイプドビッツがメールマーケティングに関する調査結果を一部発表しました。

メールマーケティングに関する調査

...事例等のデータが少なく、「自己流で実施しているが、成功している企業はどのように行っているのか」 「もっと良い測定方法があるのではないか」との声が寄せられています。実務担当者様に、より効果的にメールマーケティングを行っていただけるよう、企業の活動実態と課題を把握することを目的として、本調査を実施いたしました。総括調査結果によるとメールマガジンの発行目的やターゲットは8割以上が明確であると回答しましたが、実際に分析や登録者の属性把握をしている企業は3割に留まりました。 その中で、成果...

消費者の情報探索方法と余暇時の機器の併用に関する調査

...NTTコム オンライン)と立教大学経営学部教授 有馬賢治(以下 有馬賢治研究室)は、NTTコム オンラインが運営するインターネットアンケートサービス「NTTコム リサーチ」会員モニターを対象として、興味を持つ商品・サービスの情報取得、購買時に参考にする情報の探索方法と余暇時の機器の併用状況について調査しました。本調査は、NTTコム オンラインと有馬賢治研究室が共同で調査の企画・設計・分析を行ったものです。 総括調査では、興味を持つ商品・サービスの情報取得の方法について、男性は「Web上の...

コーヒーとタバコとの相関関係に関する調査

...都品川区、代表取締役社長:塚本 良江、以下 NTTコム オンライン)と甲南大学経済学部教授 森剛志(以下 森研究室)は、NTTコム オンラインが運営するインターネットアンケートサービス「NTTコム リサーチ」の登録モニターのうち、20歳以上の男女約1000名対象に、コーヒーの飲用とタバコの関係について調査を実施しました。 総括調査ではコーヒーの飲用状況や、コーヒー店の利用者層と喫煙の関係、さらに喫煙により生じるタバコの害の喫煙・非喫煙者の意識について傾向を分析しました。平均的な日本人は一日約1.7杯コ...

2017年1月27日日本FP協会フィードバック数:0大型消費/投資

「老後とお金に関する調査」第2弾

...の持ち物(データなど)の準備など事前準備をしっかり行うと相談を効率的に行えます。相談料や事前に準備するものは相談の申込みをする前に必ず確認しましょう。不明点等の質問に対する対応で、ある程度相性もわかると思います。また、FP も得意・不得意分野があるため、プロフィールや相談実績などを確認して、希望する相談分野を得意とする人を選ぶことも重要なポイントです。(CFP○R 認定者 鈴木暁子氏)■FP からの総括調査結果より、老後の生活資金に関する情報は、テレビやインターネット、新聞・雑誌...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

特集データ

特集INDEXへ

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ