「職業選択」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2016年2月10日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

次に生まれ変わるとしたら、男性として働きたいですか?女性として働きたいですか?

...らでもよい」が5%という結果でした。 男女別に見ると、「同性」がいいと答えた人は、男性が84%、女性が67%。男女共に同性を選んだ人が多いことが分かりました。 それぞれの理由は次のとおりです。 【男性→男性】 ・男性として働いて、そこそこ満足しているから。 ・家族を支えることは大変ではありますが、男としての使命感、責任感、やりがいを感じることがあるため。 ・体力的にタフなので。 ・職業選択の幅が広い、力仕事に強い。 ・男性のほうが仕事の幅があるように思います。長期的に見た場合、男性...

2014年6月4日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

国際比較です。

平成25年度 我が国と諸外国の若者の意識に関する調査

...ンティアに対する興味(2)ボランティア活動に興味がある理由 第4章 職業関係職業に関する体験的活動(1)キャリア教育の効果(2)キャリア教育の受講意向職場生活の満足度(1)職場生活の満足度仕事に対する考え方(1)職業選択の重視点(2)転職に対する考え方(3)昇進・昇給の方法(4)現在または将来の不安 第5章 学校関係学校に通う意義・評価(1)学校に通う意義(2)学校生活の満足度進学や費用負担(1)大学など(高等教育機関)への進学について(2)進学の目的(3)教育費の負担 第6章 家庭関係親子関係(1)親子...

2013年11月7日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

社会人になったらどんなふうに働きたい?

...性が必要な仕事に就きたい。同時に、結婚・出産しても続けられるぐらいプライベートを大切にした働き方がしたい。(経営学部4年・女子学生)休みの日なのに仕事のことを考えるのはイヤ。仕事のスイッチをオン・オフしやすいような働き方がいい。(人間学部3年・女子学生)社会に貢献できる仕事をしたい。特に、人々の職業選択や人生設計などをサポートできる仕事ができればと思う。(文系学部3年・男子学生)メンタルなストレスが多いと言われる職業を目指しているので、心身の休息も大切だと思う。そのため、睡眠や趣味の時間も大切にしたい。(人間科学部2年...

2013年8月30日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

新規高卒者に対する求人の受付状況 [速報値](平成25年7月末現在)

...府県別に見ると、前年度からの伸率が 30%以上となる道県 12 のうち、その半分の6道県が北海道・東北地域に集中しており(表1)、北海道・東北地域に限れば、リーマンショック以前の水準を超えている(図2)。・ハローワークにおいては、生徒の多様な職業選択に資するよう、引き続き、求人開拓を行う等により求人の確保に努めていくこととしている。・平成 25 年7月末時点の求人数はいずれも速報値であり、9月中旬に求職者数とともに、確報値を公表予定。(図1)新規高卒者の求人受付状況の推移(各年7月末現在)(人)280...

2012年1月31日内閣府フィードバック数:3社会/政治

中国:沿海地域の労働者不足と労働争議の急増

...労働者を中心とした沿海地域の労働者不足及び労働者の権利意識向上に伴う労働争議の急増について概観する。沿海地域の労働者不足の要因については、以下3点が挙げられる。1.若年労働者不足(16歳から34歳までの若年労働者の不足)、2.学歴上昇と職業選択意識の高まり(学歴水準が上昇し、生産現場等での従事を避ける傾向にあること)、3.内陸部での就業機会の増加(08年の金融危機以後内陸部への投資が促進され、内陸部での就業機会が増加していること)等である。特に、1.の影響は大きい。年齢別求人倍率をみると、若年労働者(16歳から34歳)の中でも「25~34歳」の求人倍率は2010年以降1.0を超...

2015年3月31日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

厚労省の研究会です。

平成26年度「キャリア・コンサルティング研究会報告書」の取りまとめ

...適性や職業経験などに応じて自ら職業生活設計を行い、これに即した職業選択や職業訓練などの職業能力開発を効果的に行うことができるよう、個別の希望に応じて実施される相談などの支援を言います。 【報告書のポイント】1 企業を対象としたアンケート調査(従業員人以上の民間企業約社)とインタビュー調査(社の企業人事部門の課長などを対象)によって、社員の自律的なキャリア形成の意義と課題、各種人事労務関連施策とその中でのキャリア・コンサルティングの実施状況、専門人材(キャリア・コンサルタントなど)の役割、キャリア・コンサルティングの効果などを把握した。2 イン...

2013年3月27日日本青少年研究所フィードバック数:38ライフスタイル

高校生の進路と職業意識に関する調査

...結果との時系列的な比較も行っている。2調査内容・進路希望・進路についての相談相手・父母の仕事に関する認知度・進路を考える際の気持ちのあり方・学校における進路指導のあり方とそれへの期待・キャリア教育経験とその評価・アルバイト経験とその有効感・進路と職業に関する自己認識・将来の職業希望・職業選択にあたって影響力を持つ他者・職業選択にあたって重視する要素・働く目的・「偉くなる」ことの意味・将来の人生観、など33調査方法日・米・中・韓4カ国の高校生に対して、自記式の調査票を用いた集合調査を行った。調査...

大学・短期大学・高等専門学校・専門学校におけるキャリアガイダンスと就職支援の方法

...、短期大学、専門学校で約4割であった。実施の理由としては「学生が自分自身の適性を理解するために役立てることができるから」が学校種共通で8割~9割の選択率となった。このほか、「職業選択に対する意識を高めることができるから」は大学、短期大学の約7割が選択していた。「教職員が学生の指導や支援をする上で役立てることができるから」という理由は専門学校で高く、7割を超えていた。学生に利用が勧められている職業情報としては、Webサイト等のインターネットによる情報が他の媒体と比べて多かった。職業...

2014年9月10日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

データで語る雇用 日本の「起業」

...査をみると驚くべき結果が分かる。起業への「態度」に関する7項目のうち、日本がワースト3位に入っているのは実に5項目。うち3項目は最下位となっている。「今後6カ月以内に、自分が住む地域に起業に有利なチャンスが訪れると思いますか」という問いに「はい」と回答した割合は、アメリカ34.8%、中国36.2%、ドイツ28.5%に対し、日本はわずか5.9%となっている。「新しいビジネスを始めるために必要な知識、能力、経験を持っていますか」には13.7%。また、職業選択の評価を示す「あなたの国の多くの人たちは、職業...

2015年2月3日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

大学生のライフスタイルです。

2016年卒マイナビ大学生のライフスタイル調査

...)する」が74.9%と全体のおよそ4分の3を占め、「就職活動について(よく+時々)相談する」は47.4%となった。「自己分析を進めるために話を聞く」は前年比4.0pt増の28.2%、「ご両親や保護者の仕事の内容について話をする」は前年比3.7pt増の44.2%で、いずれもやや増加した。採用活動の解禁前ではあるが、様々な角度から子供と就職活動について話をする保護者が増えているようだ。⑧両親または保護者のあなたの就職活動への関わり方 (「よくある」+「時々ある」の合計)【番外編】 「あなたが就職活動や職業選択...

現役薬剤師の業務・生活・人生観に関する実態調査

...ール株式会社」のグループ企業の一員となり、現在はクオールグループの関連事業の中核としてリーダーシップを発揮しております。当社は、両事業を通じて「自らの幸福と企業の発展の合一」を目指し、働き手にとって職業選択における多様性を確保すべく、これまで以上に人財の育成・中長期でのキャリア支援に力を入れております。これからも、当社は人々の健康と豊かな生活の一助となることを願い、いままでの常識の枠にとらわれず、「限りなき成長」へと挑戦を続け、新たな価値を創出してまいります。本件に関するお問合わせ先 アポ...

2012年7月3日インテリジェンス★フィードバック数:3キャリアとスキル

質的な分析まで含まれた調査です。

若者の就業観調査

...がだろうか。特に「やりたい仕事」が、比較的身近で見聞きできる業種・職種が多いこと、主な相談相手が「親」であることなどから、案外狭い視野と行動範囲の中で、将来の職業選択を行っているようにも感じられる。そのため、なかなか日常生活の中では出会えない仕事についても、その存在をまず知ることができるような場の提供が、若者の就業において重要な意味を持つのではないだろうか。 以上、3回にわたって若年層の「生活&はたらく」に関する意識・行動について紹介してきた。第1回「ライフスタイル」では、うま...

2014年7月29日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

高卒求人についてのまとめです。

新規高卒者に対する求人の受付状況(平成26年6月末現在)

...環境の更なる改善が期待できる。14.今後の対応ハローワークにおいては、今後とも求人の確保に努めるとともに、生徒の多様な職業選択・マッチングに資するよう、若者応援企業宣言事業なども活用し、詳細な求人情報、事業所情報の提供に努めて行くこととしている。なお、今後の新規高卒者の求人・求職状況(求人倍率、内定率を含む)については、平成 26 年7月末時点の状況を9月中旬に、9月末時点の状況を 11 月中旬に、11 月末時点の状況を平成 27 年1月中旬に、1月末時点の状況を3月中旬に、3月末時点の状況を5月中旬に公表予定としている。問い...

2014年9月17日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

女性の活用推進へ 企業の間接差別、法規制を

...間労働は男性の昇進率を高めないが、女性では昇進率に大きく影響するという事実である。これは長時間労働が女性にのみ管理職資格要件となっていることを示唆する。2つ目の発見は、高い人事考課結果が男性では昇進率を高めるのに、女性では高めないという事実である。これは、女性には人事考課の結果によらず昇進率の低い職に配置するという「間接差別」の結果と考えられる。企業による配置を通じた女性への昇進差別は米国でも1970年代には多くみられたが、後述する間接差別への強い法規制もあり、現在はほとんどない。ただし職業選択...

働きながら子育てをするママ薬剤師の雇用形態別意識調査

...の幸福と企業の発展の合一」を目指し、働き手にとって職業選択における多様性を確保すべく、これまで以上に人財の育成・中長期でのキャリア支援に力を入れております。これからも、当社は人々の健康と豊かな生活の一助となることを願い、いままでの常識の枠にとらわれず、「限りなき成長」へと挑戦を続け、新たな価値を創出してまいります。本件に関するお問合わせ先 アポプラスステーション株式会社広報担当TEL:080-9020-4322 この企業の関連リリースこの企業の情報組織名アポプラスステーション株式会社ホームページ代表者髙田 龍三資本金43...

2017年1月8日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「人事労務Q&A」2016年アクセス数トップ10

...で懲戒解雇を出す事は会社側に解雇権の乱用リスクがあります。また「兼業」ということについてですが、憲法で職業選択の自由が保障されている中、就業規則と言えども憲法を越えて一律に規制をかけることは難しいと言えます・・・ ○全文はこちら 第9位 無断欠勤している社員を解雇することはできますか?【Q】3週間近く無断で欠勤している社員がおり、自宅・携帯電話共に連絡がつきません。2週間無断欠勤が続くと解雇ができると聞いたことがあるのですが、この場合、解雇が可能でしょうか? 【A】まず解雇について整理しますと、客観的に合理的な理由を欠き、社会...

2015年5月10日日通総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

トラックドライバー不足問題の要因と対応について

...される職種」となっているのである。ここにおいても、過去のドライバーの良さがなくなってきており、ドライバー選択への食指が働かなくなっているのでないかと考える。2.ドライバー確保に向けた取り組みこのようにドライバー不足の問題は、多くの要因によるものであり、一朝一夕に改善できるものではない。しかし、ドライバー職は、職業選択の時点で「きつく危険な仕事」として敬遠されており、真剣に対応、対策を施さなければならない時期を迎えている。 まず何より「なり手」を増やし選択されるためには、賃金...

2016年4月26日日本生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

ニッセイ インターネットアンケート~2016年4月:「女性の活躍推進」について~

....313.11.227.430代17.441.613.78.418.940代14.038.816.73.327.150代12.041.113.84.228.960代以上17.845.612.03.121.6総計17.545.010.73.623.2女性計62.5%<ニッセイ基礎研究所松浦民恵14.3%主任研究員のコメント>女性活躍推進法を理解している割合が、当事者である女性でも低くなっているのは問題。特に、女性の職業選択のための情報(301 人以上の企業で公表義務化)は、現在...

2013年8月26日ソニー生命保険★★フィードバック数:0ライフスタイル

育児、教育についての調査です。

子どもの将来と教育費に関する調査

...ものライフプランニングで“自主性”を尊重する親が多い傾向「安定した仕事よりもやりたい仕事を追求して」7割強、「学歴は気にしない」6割半子どもへの経済的な支援「大学卒業まで」7割半「芸能やスポーツのプロを目指すなら経済的に支援する」7割弱、「子どもが希望すれば留学資金も支援する」5割半 子どもの将来に関する親の希望を聞いたところ、《職業選択》について、『親の思いを汲んでほしい』(「どちらかと言えば」含む、以下同様)が7.5%であるのに対し、『子ども自身で決めて欲しい』が92.5%となりました。同様に、《職業》については『安定...

職業に関する数値化情報の解析 (1)職業興味、職業価値観、仕事環境

...うイメージから推測するしかないという仕事を通して得られるものや得られる状況であった。こうしたことから、こ程度も職業によってまた異なる。自分の十年ほど大規模なデータ収集を行い、が仕事に求めるものが得られる職業に労働政策研究報告書№ 「職務構造に就 く こ と は 職 務 満 足 に 繋 が る。 逆 に、関する研究―職業の数値解析と職業移自分が仕事に求めるものが得られない動 か ら の 検 討 ―」( 二 〇 一 二 年 三 月 刊職業に就けば、職務には不満足となる。行)等でその結果を公表してきた。そこのように職業価値観も職業選択...

人材ビジネスについてのレポートです。

転職市場における人材ビジネスの展開

...情報サイトによる事業の展開若い世代ほど新規大学等卒業時の就職活動でのネット利用が常態化していたことにより、転職活動においても求人情報サイトによって応募企業を選択する方法にも慣れており、都市部でのホワイトカラー層における求人情報サイト利用の高まりの背景となっている。求職者から見ると、求人情報サイトの利用には次のような利点がある。無料での利用時間の自由さ等利便性の向上と主体的な転職活動の拡大求職者情報登録による応募可能性の拡大主体的職業選択支援機能の活用 求人情報サイトにおいては、こうした利便性をさらに向上させる求職者支援の仕組みを発展させ、求人への応募可能性を向上し、求人...

2013年11月4日日本病院会★フィードバック数:0ライフスタイル

地域医療や労働環境についてのレポートです。

地域医療再生を妨げる『制度の壁』に関するアンケート

... 条】(職業選択の⾃由)という「制度の壁」を前にして、その議論は急速に萎んでしまった。⽇々の診療の質と量を確保するために必要な公私病院間での相互⽀援は、【地⽅公務員法】が壁となり、公⽴病院から⺠間医療機関へ医師を派遣することはできない。【総定員法】や【地⽅⾃治法】による職員定数の縛りも、チーム医療の推進を妨げている。あるいは、切⽻詰まっての離島やへき地の医療機関への外国人医師招聘にしても、【医師法】で原則禁⽌、医療従事者の派遣期間も【改正労働者派遣法】によって限定されている。⼀⽅、さま...

2013年6月7日経済産業省★フィードバック数:2ビジネス

起業についての調査です。

平成24年度中小企業の起業環境に関する調査報告書

... to the President」、イギリス:O ce for National Statistics「BusinessDemography」12起業に対する意識GEM(Global Entrepreneurship Monitor)の起業家精神に関する調査によると、我が国では、アメリカ、イギリスに比べると、起業の機会、能力、起業の意思があると考える人が少ないことがわかる。また、起業家の地位や起業という職業選択を肯定的に捉えている人も少なく、起業に対する意識が高いとは言えない状況にある。図表 I-2日本、アメリカ、イギ...

2013年3月25日経済産業研究所フィードバック数:1ビジネス

起業活動と人的資本:RIETI起業家アンケート調査を用いた実証研究

...のスキル完全代替モデルにおいては、起業家を選択することによって企業組織で働く場合より必ず給与は下がる。この場合、個々人のスキルが効率的に経済価値化されず、経済全体として人的資源の非効率的な活用が行われているという状態を招く。Lazear モデルや Hobos モデルは職業選択としての起業家という側面にフォーカスしたものであるが、ベンチャー企業を成功に導くための人的資源としては別の観点からの考慮も必要になる。特にリスクの高いハイテクベンチャーを成功に導くためには、人的資源に加えて、ベン...

2015年5月24日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

自己決定的な進路選択における高校での経験学習の検討

...の段階は統合的調整の段階であり,学習行動の価値と自分の価値観が同じものという認識によって学習行動が見られるようになる。つまり,自ら「やりたくて」その行動を選択している状態になる(小池,2012)。我が国での自己決定理論に関する研究のうち,進路選択や職業選択に関わる動機の自己決定性が適応に及ぼす影響について検証したものとしては,前掲の永作・新井(2003,2005)や藤原(2005)の研究がある。高校から大学への移行に着目すると,これまで大学進学動機と大学生活への適応の関連を検討した研究は数多くおこなわれてきている(たとえば,安達...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ