「臨床開発」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

日本の製薬企業の中国ビジネス動向調査2015

...市場調査とコンサルティングのシード・プランニング新刊調査レポートのお知らせ 日本の製薬企業の中国ビジネス動向調査 2015[本書のポイント]◆ 日系製薬企業57社の中国での医薬品ビジネスを独自調査◆ 武田薬品、エーザイ、アステラス、第一三共など24社で売上2,840億円規模に◆ 売上高、販売中の医薬品、臨床開発中の医薬品、現地拠点、流通、参入経緯、今後の方向性など、中国ビジネスを考えるための情報が満載です 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田...

2013年1月16日インテリジェンスフィードバック数:5キャリアとスキル

転職求人倍率レポート(2012年12月)

...月以降もその傾向は継続しています。IT/通信では、SNSやゲーム分野に加え、EC分野や新たなシステム導入のためのITコンサルティングやSIerなどでも採用が活発化しています。また、メディカルでは2013年2〜4月の入社に向けて、MRや臨床開発のポジションで未経験者を複数名募集し始めています。また金融でも、銀行の総合職や保険会社の営業職など、40〜50名単位の採用がスタートしています。このように、業績好調により人員が不足している企業や、新規...

2016年4月14日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

転職求人倍率レポート(2016年3月)

...希望者にとっては売り手市場が続いていますので、転職希望者数は1年前に比べ160.5%と大幅に増加しました。希望の条件に合致する求人があれば転職をしたいと長期で活動をしている方が多く、転職希望者数が前年比で増加した要因と考えられます。〈業種別〉「メディカル」では、医療機器メーカーやCRO(医薬品開発業務の受託機関)で求人数が増加しました。医療機器メーカーでは、新製品の開発や営業力の強化を目的に、活発な採用活動が行われています。CROでは、製薬会社からのプロジェクト受注が増えているため、CRA(臨床開発モニター)の求人数が増加しています。「商社...

2015年11月22日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

転職求人倍率レポート(2015年10月)

...に、ビジネスの潮流に合わせて、新たなコンサルティングサービスを提供する企業も増えているため、求人数は増加の一途を辿っています。「技術系(メディカル)」では、CRA(臨床開発モニター)の求人数が増加しています。これまで採用が活発だったCRO(医薬品開発の受託機関)に加え、製薬会社でもCROとの協業を取り仕切ることができるCRAが求められています。例年、転職市場は年末にかけて落ち着く傾向にありますが、今年は採用活動を前倒しする企業や、通年採用を実施する企業が増えているため、活況が続く見込みです。選考...

2012年7月3日インテリジェンス★フィードバック数:30キャリアとスキル

職種別の平均残業時間データが含まれます。

残業時間の実態調査2012

...)、「貿易・通関業務」(14.2時間)が続きます。残業時間が少ない上位10職種を見ると、医療・医薬系(薬剤師、臨床開発/モニター、介護福祉関連)と、事務系(一般事務/営業事務、翻訳/通訳、秘書/受付)が多いようです。次に、同系統の職種内で残業時間を比較して見ると、営業系で最も残業が多いのは「建築/不動産」(41.9時間)、最も少ないのは「金融」(28.9時間)です。企画・管理系では、最多が「広報」(49.7時間)、最少が「人事」(21.1時間)。システム系では、最多が「ITコンサルタント」(40.0時間...

2014年2月4日インテリジェンス★フィードバック数:0キャリアとスキル

徐々に上がってきています。

「35歳転職限界説」はなぜ崩れた?転職成功者の年齢調査

...べ、メディカル業界へ転職した人の年齢(31.0歳)は、2.1歳若いことが分かりました。「メディカル」は、MRや臨床開発モニターなど数十名〜100名単位の採用ニーズがあり、経験者だけでは採用枠を満たすことが困難なため、第二新卒のポテンシャル採用を行う企業も多いことが背景にあります。 職種別:転職年齢が高い「技術系(建築/土木)」、転職年齢が低い「販売/サービス系」資格や専門スキルが必要な職種ほど転職年齢は高い傾向に 転職前の職種別では、「技術系(建築/土木)」の年齢が最も高く36.0歳。2007年4...

2016年5月13日エン・ジャパンフィードバック数:0デジタル家電

「AIに代替される仕事、されない仕事」についてアンケート

...・開発(医薬品)、臨床開発・治験、金融系専門職、設計・開発エンジニア(電気・電子・半導体)、生産管理・品質管理・品質保証・工場長(化学・素材・食品)、Webサイト運営・コンテンツ企画、不動産系専門職など「一般事務・アシスタント・秘書系」と回答した方のコメント・人間しかできない判断やインスピレーション部分以外は、どんどんAI化して合理化しないと、少子高齢化による労働力人口の急激な低下に対応が出来なくなる。 ・ルーチンワークであることが多く、顧客ごとに対応を変えたり、業務の改善・改革...

2013年10月10日ファイザー★フィードバック数:0ライフスタイル

患者とその家族対象の調査です。

肺がん患者さん・ご家族における実態調査

...さんに適した個別化医療を推進してまいります」ファイザーオンコロジーについてファイザーオンコロジーは世界のがん患者さんに希望の光をもたらすため、革新的な治療選択肢の発見、研究、開発に注力しています。当社の強力なパイプラインは業界で最も堅固なものであり、科学的な発見の中でも最もよい物を探し出し、多様ながん患者さんのために臨床応用することに的を絞った研究を進めています。当社は生物製剤と小分子を臨床開発するとともに、100以上の臨床試験を実施中です。学術機関、個人研究者、共同研究グループ、政府、技術提携先などと協力しながら、ファ...

遺伝子治療薬の市場規模予測

...年の期間に世界で556件の臨床試験が実施されました。種類別に分類すると、CAR-T療法やDNA/RNAワクチンの臨床試験が多いですが、腫瘍溶解性ウイルスやTCR療法の臨床開発も活発化し始めています。さらに、ゲノム編集を基本コンセプトとした遺伝子治療薬の臨床試験が始まるなど、遺伝子治療薬の研究開発は活況を呈しています。 日本においても条件及び期限付承認制度が追い風となって、遺伝子治療薬の市販を目指した研究開発が著しく増加しており、2018年頃から遺伝子治療薬市場が形成されると見込まれます。 本調...

2014年9月9日タワーズワトソンフィードバック数:0キャリアとスキル

タワーズワトソン昇給率調査: 2015年のアジア地域昇給率は中国、ベトナムが牽引

...薬事、臨床開発戦略、プロジェクト管理といった分野の人材や能力のある研究者を採用し、つなぎ留めるための圧力に引き続き直面しています。」(Sambhav Rakyan)こうした状況を受け、地域の2大金融センターである香港とシンガポールでは、2014年よりも昇給率が高くなる見込みです。香港は2014年の4.5%に対し2015年は5%、シンガポールは同4.2%から同4.5%に上昇すると見られます。中国本土の金融セクターでは、7.9%から8.5%に上昇すると予想されます。「近年の世界金融危機の結果、金融...

ヘイズ アジア給与ガイド西日本版

...拡大」または「選択と集中」のどちらかで鮮明に分かれています。このような激動に伴い、人材採用への影響としては、昨年、特に新薬の開発に力を入れている外資系医薬品企業では臨床開発職の採用が多く、その中でも臨床試験全体を管理できるプロジェクトマネージャー(PM)やクリニカルトライアルマネージャー(CTM)など、マネージメントを任せられる人材への需要が高まっていました。今年も引き続き臨床開発職への需要が高く、PMやCTM以外に、医学的見地からアドバイスを行うメディカルドクターの需要が高まっています。この...

アジア各国の給与調査です。

Salary Analysis in Asia 2014

... for overseas sales and marketing positions.CRC治験コーディネーターCRA臨床開発モニターCRA Leader / Project Manager臨床開発リーダー/プロジェクトマネージャーClinical Medical WriterメディカルライターData ManagementデータマネジメントStatistics統計解析QC/GCP AuditQC/GCP監査[マーケット概要]製薬メーカー・ 製薬...

2014年9月26日三菱総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

再生医療市場-市場の現状と今後の課題-

...で再生医療製品として承認されているのは、ジャパンティッシュエンジニアリング社が発売している重症熱傷における培養皮膚、外傷性軟骨欠損症における培養軟骨の2品目だけである。 一方で、海外に目を向けると2013年2月における承認品は米国11品目、韓国17品目、また臨床開発段階の件数でも米国110件、韓国33件、日本4件となっており5)、品目数だけに着目すると、日本は大きく後れを取っている状況である。(図2-3)図 2-3承認済み再生医療製品の国・地域別比較出所)平成24年度中小企業支援調査(再生...

2015年6月4日科学技術振興機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

科学技術振興機構のまとめです。

研究開発の俯瞰報告書2015年 ライフサイエンス・臨床医学分野

...上の次世代シークエンサーが導入されており、国際的なゲノムプロジェクトへの貢献も高い。疫学研究も活発であり、特に北欧はゲノムを含むコホートの実施体制の整備が進んでいる。産業化に関しても、米国と同等か若干劣る程度の、高い競争力を有している。多数のグローバル製薬企業も存在し、臨床開発においては、日本はもちろん米国よりも行いやすい環境にある。グリーンバイオ分野については、オランダのフードバレーの成功例が特に注目される。フードバレー財団によるコーディネートにより産学官による研究開発が推進された世界規模の食品研究開発拠点で、顧客...

2014年4月16日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

研究開発の俯瞰報告書 ライフサイエンス・臨床医学分野(2013年)第2版

...上の次世代シークエンサーが導入されており、国際的なゲノムプロジェクトへの貢献も高い。疫学も発展しており、特に北欧はゲノムを含む疫学研究の実施体制の整備が進んでいる。産業化に関しても、米国と同等か、やや劣る程度の国際競争力を有している。多数のグローバル製薬企業も存在し、臨床開発においては、日本はもちろん米国よりも行いやすい環境にある。CRDS-FY2013-FR-03独立行政法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター研究開発の俯瞰報告書ライフサイエンス・臨床医学分野(2013年)第2版iii<中国>欧米、日本...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ