「自力再建」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2017年5月18日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年「倒産企業の財務データ分析」調査

...企業の苦しい資金繰りを映し出している。 総資産額では、倒産企業は前期比5.5%減だった。生存企業の最新期の総資産が同0.6%増だったのと比べ、倒産企業の減少ぶりが目立った。倒産企業では、現預金、売掛債権、有形固定資産の売却、在庫減少などが総資産の縮小につながったとみられる。 2016年に倒産した企業の3期連続財務データをみると、倒産企業の多くが売上減少と過剰債務に苦しんでいた。倒産企業は体力が脆弱なため、経営不振に陥ると財務悪化が一気に進み、自力再建が難しいことを示している。最近の景況データは、完全...

2016年4月14日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年「倒産企業の財務データ分析」調査

...能力の低下を如実に示した。生存企業の当座比率が平均78.9%だったのと比べて、倒産企業は資金繰りに余裕を欠いていることを物語った。 2015年に倒産した565社の3期連続財務データをみると、倒産企業の多くが売上減少に加えて、過剰債務を抱えていることを裏打ちした。元々、倒産企業は体力が脆弱で、経営不振に陥ると財務悪化が一気に進み、自力再建を図ることが難しいことをうかがわせた。「中小企業金融円滑化法」が終了して3年が経過したが、金融機関が引き続きリスケ要請に柔軟に応じるなどの支援により、中小企業が下支えされている面が強い。大手...

2014年6月17日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年「倒産企業の財務データ分析」 赤字企業率は54.7%

...企業は資金繰りに余裕を欠いていたことがよくわかる。 2013年に倒産した企業557社の3期連続財務データをみると、倒産企業の多くが売上減少に加えて、過剰な債務を抱えていることがわかった。アベノミクス効果で景況が上向きになっているなかで、倒産企業は体力が脆弱なため、いったん経営不振に陥ると財務悪化が一気に進み、自力再建が難しいことを物語った。倒産抑制に絶大な効果を発揮した「中小企業金融円滑化法」が2013年3月末に終了したが、政府の「中小企業金融モニタリング体制」や、金融機関が中小企業のリスケ要請に応じているなどで下支えされている中小企業は数多い。だが...

2013年4月9日東京商工リサーチフィードバック数:10ビジネス

2012年「倒産企業の財務データ分析」調査 ~ 倒産企業 減収が62.6%、赤字率は55.3% ~

...為に抽出した678社の3期連続の財務データをみると、倒産企業は多くが売上減少と過剰債務に苦しんでいたことがわかった。元々、倒産企業は体力が脆弱で、経営不振に陥ると財務悪化が一気に進み、自力再建を図ることが難しいことを示している。今年3月末で中小企業の資金繰り支援に効果を発揮した「中小企業金融円滑化法」が期限切れを迎えた。金融円滑化法を利用して金融機関から貸付条件変更を受けながら、業績低迷から抜け出せない企業は数多い。政府の中小企業政策は「資金繰り支援」から「成長支援」に軸足を移しつつある。だが、中小...

2015年3月13日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年「倒産企業の財務データ分析」調査

...能力の低下を如実に示した。生存企業の当座比率が平均76.1%だったのと比べて、倒産企業は資金繰りに余裕を欠いていることがわかる。 2014年に倒産した640社の3期連続財務データをみると、倒産企業の多くが売上減少に加えて、過剰な債務を抱えていることがわかった。倒産企業は財務基盤が弱く、いったん経営不振に陥ると財務悪化が一気に進み、自力再建が難しいことをうかがわせた。「中小企業金融円滑化法」が終了して間もなく2年になるが、金融機関が引き続きリスケ要請に柔軟に応じるなどの支援により、中小企業が下支えされている面が強い。景気...

2013年7月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

2013年央米欧経済見通し-回復基調が強まる米国、低迷が続く欧州

...て、足許では米国と欧州のあいだで、金融機関の健全性の違いによる影響が顕著に。(2)金融危機以降、米国では金融機関の不良債権処理が迅速に進められたのに対し、欧州では、抜本的な処理を先送り。とりわけ、イタリアやスペインでは、景気悪化も相まって不良債権の増加が続いており、自力再建が困難となる恐れ(図表3-1)。金融機関の救済策や破綻時のセーフティネットについて、ユーロ圏各国で検討が進められているものの、早期の取りまとめは困難とみられ、当面、南欧を中心に金融システム不安が残存。(3)こう...

2015年3月22日七十七銀行フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災後の宮城県の農業産出額の動向

...の自動管理システムや光合成を促す二酸化炭素発生装置の導入など、作業・生産効率の引上げのための取組みが図られている。いちご団地は2013年9月までに全ての団地が完成した。震災前の両町のいちご生産の概況は、生産者数が380戸、栽培面積が96ha、販売数量が3,600tであったが、2014年産については、いちご団地の整備や自力再建した生産者の生産再開により、それぞれ概数で生産者数が220戸、栽培面積が56ha、販売数量が2,500tまで回復すると見込まれている。<亘理町浜吉田地区のいちご団地と新選果場(右下)>調査レポートこの結果、全体の販売数量は震災前の7割程...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ