「読者モニター」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2017年9月15日ぱどフィードバック数:0ライフスタイル

日用品のお買い物に関するアンケート

...ーチ対象として、ぱどならではの資産である「主婦(夫)組織による読者モニター」と「ぱど公式アプリぱどにゃんこCHECK」への調査を活用し、より絞り込まれた、支出の鍵を握る主婦(夫)を中心とした調査母体を強みとしています。※2017年7月31日時点の会員数:読者モニター=1,116人、ぱどにゃんこCHECKユーザー=270,856人---------------------------------[トピックス]一都二県別お買い物行動パターン東京都 「ちょこ買い」=通いやすさを重視し、ちょこちょこ買い物神奈川県 「まと...

2014年11月13日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

秋の風物詩として定着したボジョレー ヌーヴォー

...20日(第三木曜日午前零時)。 「ボジョレー ヌーヴォーを飲むと、もう年末が近いと思うようになりました」という声が聞かれるほど定着してきています。最近は家庭で飲む方が中心となり11月の年中行事のひとつと言っても過言ではありません。(※回答者は「さけ通信」の読者モニターで、「ほとんど毎日酒を飲む」と言う方が7割、酒のヘビーユーザーであり、酒への関心の高い方々です。)ボジョレー ヌーヴォーを飲む人の半数は1週間以内に飲むつもり回答者が酒全般のヘビーユーザーということもあり87%の人...

2014年2月17日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ2014年2月】祝杯の酒~定番はビールだがシャンパンも浸透

...者は「さけ通信」の読者モニターで、「ほとんど毎日酒を飲む」と言う方が7割、酒のヘビーユーザーであり、酒への関心の高い方々です。)一年以内に祝杯をあげた人は92%最近一年間で祝杯をあげたことがある人は回答者の92%でした。祝杯をあげた理由で最も多かったのは「新年の祝い」で69%、以下は「家族や友人の記念日・誕生日」59%、「クリスマスやハロウィーンなど外来の行事」33%、「成人・結婚・出産などの人生の節目の儀礼」27%、「仕事や趣味などでの目標達成」24%と社会的なもの、個人...

2014年1月17日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

ホットで飲むお酒はお好きですか

...ではワインやラム酒などホットで飲むお酒の種類やそこに加える素材も広がりバラエティ化も進んでいます。今回は、ホットなお酒の嗜好について伺ってみました。(※回答者は「さけ通信」の読者モニターで、「ほとんど毎日酒を飲む」と言う方が7割、酒のヘビーユーザーであり、酒への関心の高い方々です。)温かいお酒が好きな人は8割はじめに酒類全般でホットにして飲むことが好きかどうかを尋ねましたが、79%の人が好きと答えました(図①)。 実際にホットにして飲んだことのある酒類を聞いたところ多い順に、「日本酒」90%、「焼酎」77%、「ウイスキー」55%とここまでが過半数の人が経験有りと答えています。以下、「ワイ...

2014年9月2日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

缶ビールもグラスに注いで飲む人が主流

...そのまま飲むことができるものになりました。ドラマやCMでは缶を開けてそのまま飲むシーンもよく見られます。しかし年代によっては注いで飲んだ方がおいしいという考え方も根強くあります。(※回答者は「さけ通信」の読者モニターで、「ほとんど毎日酒を飲む」と言う方が7割、酒のヘビーユーザーであり、酒への関心の高い方々です。)缶ビールは77%が容器に注いで飲んでいるまず、ビール類については、77%がグラスやジョッキに注いで飲んでいます。どんなグラスに入れて飲んでいるのかといえば専用のグラスに注ぐ人が46%、その都度適当なグラスに注ぐ人が31%、その...

2015年5月25日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

酒飲みからみた2015梅酒作りのトレンド

...もとは家庭で作るものが中心でした。母親や祖母が作る梅酒の梅玉を子供の頃に食べたという思い出をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 梅酒作りに欠かせない青梅が購入できるのはほぼ6月だけなので、この時期の酒売り場は梅酒作りのための35%焼酎でにぎわいます。 さて酒飲みのみなさんはどんな気持ちで果実酒を作っているのでしょうか。(回答者は、毎日お酒を飲むという酒のヘビーユーザーが8割の弊社『さけ通信』の読者モニターです)果実酒を作ったことがある人は65%まずはじめに、果実酒作りの経験を聞いてみました。酒の...

2013年11月14日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

【酒飲みのミカタ2013年11月】「和食の無形文化遺産登録の和酒への影響」

...海周辺の料理」「メキシコの伝統料理」「トルコの麦かゆ食」に続く4番目の登録となります。和食と和酒、特に日本酒は密接な関連がありますので、今回は酒飲みの立場から、和食の無形文化遺産登録について意見を伺いました。(※回答者は「さけ通信」の読者モニターで、「ほとんど毎日酒を飲む」と言う方が7割、酒のヘビーユーザーであり、酒への関心の高い方々です。)30代以下ではこれを機会に和酒を飲む機会が増える和食が世界無形文化遺産に12月に登録されそうだということは、回答者の77%がすでに知っていると答えており、酒飲...

2013年7月16日酒文化研究所フィードバック数:2ライフスタイル

酒飲みのミカタ7月【アフター晩酌の酒】

...ろ食事が終わってからも酒を飲むという人が多いので、今回はアフター晩酌の酒に焦点を当ててみました。(※1)回答者は「さけ通信」の読者モニターで、「ほとんど毎日酒を飲む」と言う方が7割、酒のヘビーユーザーであり、酒に関心をもっている方々です。アフター晩酌をしている人は3人に2人晩酌が終わった後もよく酒を飲むことがあると答えた人は41%、ときどき飲む人が25%と3人に2人は晩酌後もお酒を飲んでいました。年齢別に見てみると、晩酌後も飲む人が最も多いのは40代で80%、30代以下と50代では70%となっています。男女別では、よく飲むと答えた人は女性51...

2017年11月16日ビデオリサーチフィードバック数:0社会/政治

新聞の読み方に関する19紙共同調査

...スポーツ)は各紙の読者モニターを対象として9月、「新聞の読み方に関する共同調査」を実施しました。旅行・帰省者、8割が新聞を読む夏に旅行・帰省した人は全体の44.2%。うち新聞を読んだ人は81.3%でした。新聞を読んだ人(n=2,175)を対象に、どんな新聞を読んだのかを聞きました(複数回答)。旅行・帰省先で様々な新聞を手にする機会も多いでしょう。ふだん購読している新聞と「同じ新聞を読んだ」は18.4%。これに対して「違う新聞を読んだ」は30.0%でした。自宅に宅配されている新聞については、「旅行・帰省...

2014年10月21日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

ハロウィンパーティとお酒の関係

...したパーティは非日常感がたっぷりということで大人にも浸透し始めて、酒売り場でもハロウィンにちなんだ提案がされています。酒飲みのみなさんがこの催事をどのようにとらえているのかを聞いてみました。(※回答者は「さけ通信」の読者モニターで、「ほとんど毎日酒を飲む」と言う方が7割、酒のヘビーユーザーであり、酒への関心の高い方々です。)2割の人は何かをした経験があり、認知率は9割のハロウィン まずハロウィンをご存知ですかと尋ねたところ、YESは93%。数年前までは一部の人しか知らなかったものが、今では誰もが名前を知っている催事に成長しています。続いて、実際...

2014年6月1日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

飲食店での「飲み」がどう変わるかの動向予測

...時間の短縮などの話題をよく見かけます。これも裏を返せば、人件費のアップにつながり、景気そのものはよくなる方向で進んでいるようです。増税や値上げの影響も一段落したところで飲食店での酒の飲み方に影響があったかどうかを調べてみました。(※回答者は「さけ通信」の読者モニターで、「ほとんど毎日酒を飲む」と言う方が7割、酒のヘビーユーザーであり、酒への関心の高い方々です。)外飲みの回数は増税されても影響なし最初に直近3カ月(2~5月)の間に飲食店でお酒を飲んだ回数を聞いたところ、2~3回が29%、4~6回が20%、10回以上が13%、一度...

2013年12月16日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

【酒飲みのミカタ12月】「忘年会~景気回復の中で財布は緩む兆しも」

...てみたい贅沢などはどのようなものでしょうか。(※回答者は「さけ通信」の読者モニターで、「ほとんど毎日酒を飲む」と言う方が7割、酒のヘビーユーザーであり、酒への関心の高い方々です。)すでに忘年会の予定がある人は9割まずはじめに今年の忘年会参加予定回数を尋ねました。お酒が好きな方が中心なので、回答者の88%は参加予定があると答えています。さらに2回以上予定している人だけでも64%と三分の二に達しています(図①)。 忘年会をするのはどのような関係の人とかを尋ねたところ、一番多いのが「友人」で56%、次が「会社の同僚や上司・後輩」で54%とそ...

2016年3月31日酒文化研究所フィードバック数:0大型消費/投資

花見に行きたい名所・食べたいお弁当ベスト10

...は月末から来月上旬でいよいよ桜前線が駆け上がっていきます。(回答者は『さけ通信』の読者モニターで「ほとんど毎日酒を飲む」という方が七割以上の酒のヘビーユーザーかつ酒への関心の高い方です)一度は花見に行きたい「弘前公園」と「吉野山」全国のお花見名所の中から一度は見に行ってみたい場所を選んでもらいました。第一位は「弘前公園」(青森)43%、僅差の二位が「吉野山」(奈良)40%でした。どちらも花見の名所として観光ポスターやテレビ番組でよく取り上げられるところです。有名...

2013年8月9日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

世界に飛躍する日本の酒

...もクールジャパン推進の一貫で力をいれていくと表明しています。今回は日本産酒類の海外への進出についてみなさんに考え方を伺いました(※1)回答者は「さけ通信」の読者モニターで、「ほとんど毎日酒を飲む」と言う方が7割、酒のヘビーユーザーであり、酒に関心をもっている方々です。クールジャパンで酒類にも力をいれていることは半分の認知度政府がクールジャパン推進の一環として日本産酒類(日本酒だけに限らず国内でつくるワイン等も含まれる)の輸出に力をいれはじめたことを知っていますかと聞いたところ、「はい」と答えた方は全体の52%でした。年代別にみると30代以下では37%と低...

2014年3月25日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

増税で酒の消費は変わるか

...は久々のベースアップなど所得増加のニュースもあり、節約の続行とともにたまには贅沢したいというメリハリの利いた消費行動への移行も考えられます。はたして酒の買い方、飲み方は変わるのかを調べてみました。(※回答者は「さけ通信」の読者モニターで、「ほとんど毎日酒を飲む」と言う方が7割、酒のヘビーユーザーであり、酒への関心の高い方々です。)三分の二は酒を買いだめまず、増税前に酒類の買いだめをすると答えた人は、全体の65%でした(図①)。 確実に飲むことがわかっていてもあえて買いだめはしないと答えた人にその理由を聞くと、「買い...

2015年4月29日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

ワイングラスで日本酒を飲みますか?

...はワイングラスで日本酒をサービスする飲食店を増えてきました。 かなり浸透してきたようですので、この辺で、お酒大好きなモニターのみなさんにこの提案に対するご意見、ご感想をお聞きしてみました(回答者は『さけ通信』の読者モニターで「ほとんど毎日酒を飲む」という方が七割以上の酒のヘビーユーザーかつ酒への関心の高い方です)。ワイングラスで日本酒の体験は、飲食店で2割 自宅は4割飲食店でワイングラスで日本酒を飲んだことのある人は20%でした(図表①)。これは飲みに行く店のタイプにも左右されるのでしょう。昔な...

2014年7月1日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

酒飲みのミカタ6月~「ストロングチューハイの人気の背景」

...好調なアルコール度数の高いストロングタイプについて支持される背景を探りました。(※回答者は「さけ通信」の読者モニターで、「ほとんど毎日酒を飲む」と言う方が7割、酒のヘビーユーザーであり、酒への関心の高い方々です。)チューハイストロングタイプの認知は8割、今後の飲用意向も高い。はじめに缶入りチューハイにアルコール度数の強さの違いがあることの認知状況を確認しました。度数別に3タイプあることを知っている人は67%、度数の高いものがあることだけは知っているという人が12%で、低いものがあることだけ知っている人は6%で、全然知らない人は全体の15%ほどでした(図表①)。その...

2013年9月17日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

酒飲みのミカタ2013年9月「人気が高まるワイナリー訪問」

...級品を中心に欧米での日本のワインの評価も高まっており、国内でもワインガイド、旅行雑誌などでワイナリー訪問の記事が増え、実際に訪問したという人もかなり多いです。そこで今回はワイナリーの見学・訪問の経験や感想などを調べてみた。(※1)回答者は「さけ通信」の読者モニターで、「ほとんど毎日酒を飲む」と言う方が7割、酒のヘビーユーザーであり、酒に関心をもっている方々です。ワイナリー訪問経験者は7割、ワイン好きは複数回訪ねる はじめにワイナリーに行った経験を聞いたところ回答者の69%が行ったことがあると回答しました。この比率はワインを飲まない人でも66%と変...

2013年10月21日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

【酒飲みのミカタ2013年10月】「季節限定ビールはお好きですか?」

...揃って秋季限定ビールを発売しました。そして、秋季限定よりも販売量の多い冬季限定ビールも10月1日に「冬の贈り物」(アサヒビール)、「冬麒麟」(キリンビール)、「くちどけの冬小麦」(サントリー)が発売され、続いて10月2日には「冬物語」(サッポロビール)と4社揃っての発売となりました。季節限定ビールを好むのはどういう人なのか、好きな理由やどういう買い方をしているのかなどを調べてみました。(※回答者は「さけ通信」の読者モニターで、「ほとんど毎日酒を飲む」と言う方が7割、酒のヘビーユーザーであり、酒に関心をもっている方々です。)40代以...

2014年7月28日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

本格焼酎ソーダ割りはどこまで広がるか

...ーハイのようにサワーや柑橘類の味を加えるのではなくプレーンなソーダで割って飲む方式も広がりつつあります。特に食中酒としての広がりを考えると、甘くないタイプはニーズも大きいと考えられます。そこで、本格焼酎のソーダ割りの経験や今後の飲用意向を伺いました。(※回答者は「さけ通信」の読者モニターで、「ほとんど毎日酒を飲む」と言う方が7割、酒のヘビーユーザーであり、酒への関心の高い方々です。)■焼酎ソーダ割り経験者は5割を超える本格焼酎をソーダ割りにして飲んだことのある人は回答者の52%でした(図表①)。ちなみに、回答者の本格焼酎の現在の飲用状況は、ほぼ毎日が21%、週に1回以...

アラフィフ女性のホンネを調査 親子の間で「終活」は話題にできない

...子もそれぞれ納得感のある将来を過ごして頂けるよう、親子で行なう「W シュウカツ」を提案してみてはいかがでしょうか。今回、発表したデータは「Around50 コミュニティ」からメンバーの発言を元に考察したものです。Around50 女性のホンネを聞きたい、行動・実態が知りたいといったご要望がございましたら、「Around50 コミュニティ」をぜひご活用ください。調査手法: LINE によるオンラインコミュニティ&インタビュー・座談会 調査対象: 45~54 歳女性 メンバー数: 43 名(2017 年1 月現在/リビング新聞読者モニター...

【Around50調査】終の棲家意識を調査 女性は50才が考え方の分かれ目

...手法: LINE によるオンラインコミュニティ&インタビュー・座談会 調査対象: 45~54 歳女性 メンバー数: 43 名(2017 年1 月現在/リビング新聞読者モニターより選出) 調査時期: 2016 年5 月より継続運営調査手法: CORE2017 マスター調査 調査地域: 首都圏40km圏(調査地点 200地点) 調査対象: 18~79歳男女個人 サンプル数: 有効回収 3000サンプル (人口構成比に合わせて、性×年代別を割付) サンプリング手法: 住宅地図を用いたエリアサンプリングで抽出 調査...

2017年10月19日オレンジページフィードバック数:0社会/政治

「一時的敏感肌になった」と、最も感じた時は「季節の変わり目」65.9%

...に負けない丈夫な肌にしてくれるスキンケアアイテム」なのでしょう。もしそういうものがあれば使ってみたい、と73.2%が回答(「そう思う」36.9%、「ややそう思う」36.3%の合計)しています。Sponsored by 株式会社コーセーアンケート概要●調査対象:オレンジページメンバーズ・国内在住、20歳以上の女性(有効回答数794人)●調査方法:インターネット調査 ●調査期間:2017年8月2日〜8月6日●「オレンジページくらし予報」について読者モニター「オレンジページメンバーズ」には、さまざまなくらし情報・くらし体験によってはぐくまれた“くら...

2017年10月9日オレンジページフィードバック数:0ライフスタイル

ペットTOP3は犬49.8%、猫29.9%、金魚・熱帯魚20.9% 犬はペットショップで購入、猫は拾ったり、もらったり…… 医療費、一番多い年で犬飼い主の24.8%が年間10万円以上 オレンジページ

...トと幸せに暮らすためにはなにが必要かを考えさせられる調査でした。アンケート概要●調査対象:オレンジページメンバーズ・国内在住、20歳以上の女性(有効回答数863人)●調査方法:インターネット調査 ●調査期間:2017年7月26日~7月30日調べ●「オレンジページくらし予報」について読者モニター「オレンジページメンバーズ」には、さまざまなくらし情報・くらし体験によってはぐくまれた“くらしの目利き”たちが数多く所属しています。そんなメンバーたちの声を集めて〈次のくらし〉を読み解いていくのが「オレンジページくらし予報」です。WEB上でのアンケート調査、座談...

2017年10月29日オレンジページフィードバック数:0ライフスタイル

50~60代の75.9%は、最近、物忘れが増えたことを実感 物忘れの原因は、“年のせい”だと思っている人が9割以上!

...す。笑ってすませられる物忘れも多いので “物忘れくらいの小さな失敗は気にしない”という楽観的な姿勢も、加齢とうまくつきあっていくコツかもしれません。アンケート概要●調査対象:オレンジページメンバーズ・国内在住の50~60代の男女(有効回答数377人)●調査方法:インターネット調査 ●調査期間:2017年8月30日~9月3日●「オレンジページくらし予報」について読者モニター「オレンジページメンバーズ」には、さまざまなくらし情報・くらし体験によってはぐくまれた“くらしの目利き”たち...

2017年11月8日オレンジページフィードバック数:0モバイル

家族のコミュニケーションと携帯電話」について調査

...・専業主婦)という声があるのも事実ではありますが、「家族とコミュニケーションをとるうえで、スマートフォンや携帯電話は重要ですか?」には77.9%もの人が「重要だ」と答えています(「重要だ」43.5%+「やや重要だ」34.4%)。アンケート概要●調査対象:オレンジページメンバーズ・国内在住の成人女性で同居者がいる方(有効回答数790人)●調査方法:インターネット調査 ●調査期間:2017年8月25日〜9月1日●「オレンジページくらし予報」について読者モニター「オレンジページメンバーズ」には、さま...

【Around50調査】家事はほどほど 好きなことに注力したいアラフィフ女性

...ポートの詳細につきましてはをご覧ください。バブル体験世代・プレシニア世代のホンネを知る 『Around50コミュニティ』●調査手法 LINEによるオンラインコミュニティ&インタビュー・座談会●調査対象 45~54歳女性●メンバー数: 43名(2017年1月現在/リビング新聞読者モニターより選出)43名●調査時期 2016年5月~ ※本コミュニティの詳細につきましてはをご覧ください。生活者総合ライフスタイル調査システム『CORE』●調査エリア 首都圏40km圏(調査地点 200地点)●調査手法 訪問留置調査(一部郵送調査併用)●調査...

2017年12月22日オレンジページフィードバック数:0ライフスタイル

好きな和食No.1「おすし」、食べるのは「食べたいとき」59.5% 食べたおすしは「テイクアウト」76.8%、「手作り」50.5% 「ケーキずし」作ってみたい人40.7%、クリスマスケーキはおすし!?

...ンジページくらし予報」について読者モニター「オレンジページメンバーズ」には、さまざまなくらし情報・くらし体験によってはぐくまれた“くらしの目利き”たちが数多く所属しています。そんなメンバーたちの声を集めて<次のくらし>を読み解いていくのが「オレンジページくらし予報」です。WEB上でのアンケート調査、座談会など、ご相談に応じて展開いたします。●『オレンジページ』について失敗なくおいしく作れるレシピ情報が支持され、今年創刊32周年を迎えた生活情報誌。30~40代の主婦を中心に幅広い読者層を誇ります。発行部数=325,758...

2017年12月26日オレンジページフィードバック数:0ライフスタイル

「ダイエット」についてのアンケート調査

...期間:2016年4月22日~4月26日座談会概要●調査対象:オレンジページメンバーズ・首都圏(一都三県)在住・50代後半~60代の女性●実施数: 6名×2グループ ●調査手法:フォーカスグループインタビュー ●調査実施日:2017年7月26日 ●会場:オレンジページ コトラボ新橋 ●「オレンジページくらし予報」について読者モニター「オレンジページメンバーズ」には、さまざまなくらし情報・くらし体験によってはぐくまれた“くらしの目利き”たちが数多く所属しています。そんなメンバーたちの声を集めて<次のくらし>を読...

2015年3月29日ビデオリサーチ★フィードバック数:0ライフスタイル

食文化の地域性を見ています。

東西の区分けだけでは単純に見えない食文化―ご当地風習16新聞共同調査―

...新聞、読売新聞、北海道新聞、河北新報、東京新聞、静岡新聞、中日新聞、京都新聞、神戸新聞、中国新聞、西日本新聞、サンケイスポーツ、スポーツ報知、日刊スポーツ)は、各紙の読者モニターを対象に料理や習慣に関して共同調査を行い、地域ごとの風習の違いの有無について調べました。カレーライスや肉じゃがの肉は東西で異なるまず今回の調査では、料理に使う「肉」の種類について聞きました。回答者には「肉じゃが」や「カレーライス」「しゃぶしゃぶ」といった10種類の肉を使った様々な料理を提示し、どの...

2018年1月18日オレンジページフィードバック数:0ライフスタイル

“加齢”を胃で感じる!? 「以前より胃が弱くなった」45.4% 胃の不調を感じる人の76.5%は「慢性的」と思っている 頼るのは市販の胃薬、常備している人は50.4%

...的な改善策を探すという選択肢も見えた調査でした。Sponsored byロート製薬株式会社アンケート概要●調査対象:オレンジページメンバーズ・国内在住の成人女性(有効回答数924人)●調査方法:インターネット調査 ●調査期間:2017年10月10日〜10月14日●「オレンジページくらし予報」について読者モニター「オレンジページメンバーズ」には、さまざまなくらし情報・くらし体験によってはぐくまれた“くらしの目利き”たちが数多く所属しています。そんなメンバーたちの声を集めて<次のくらし>を読み解いていくのが「オレンジページくらし予報」です。WEB上で...

日本人の歯並びに関する意識調査

...%・ 「目立たない装置があれば治療したい」 65.0%≪ 一方で、日本では目立たない矯正治療の認知度が低い ≫・ 裏側ワイヤー矯正の認知度中国72.0% > 米国56.5% > 日本25.5%・ 透明マウスピース矯正の認知度米国83.0% > 中国78.5% > 日本30.5%■ 調査結果 詳細【調査1】調査対象: 日本に住む外国人100名調査方法: 在日外国人向け雑誌の読者モニターへのアンケート調査調査期間: 2012年3月≪ 外国人が驚く 日本人の歯並び ≫日本に住む外国人100名に、日本...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ