「豪州経済」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年12月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

平成25年11月(オーストラリア経済の見通し)

...平成 25 年(2013 年)11 月 29 日~設備投資は低迷継続も、住宅投資の拡大が景気を下支え~1.景気の現状豪州経済は潜在成長率を下回る成長が続いている。8 月までの累計雇用が弱く、企業や消費者マインドも 2.25%ポイントの利下げにより、住宅投資は持ち直しているものの、弱い雇用を背景に、個人消費が勢いを欠いている。また、設備稼働率は低下傾再び悪化向にあり、設備投資は低迷している。9 月の政権交代を受けて改善した企業や消費者マインドは、足元再び悪化に転じている。2.今後の見通し今後の豪州経済...

豪州が政策金利を0.25%ポイント引き下げ

...ル相場は、内部環境では①低調な国内景気動向と追加利下げ観測、②RBAの通貨高懸念、外部環境では③利上げが見込まれる米国との金融政策の差異、④中国の資源需要の先行き不透明感などを背景に当面は下値を模索する見込みです。一方で、今回の利下げや足元の豪ドル安による国内景気への刺激効果が徐々に顕在化し、豪州経済を下支えする見込みで、RBAの利下げ打ち止めや資源価格の下落一巡が豪ドルの下値固めのきっかけになることが期待されます。豪ドルの推移( 2013年初 ~ 2015年2月3日東京時間14:00 )( 米ドル/豪ド...

2013年9月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

「資源ブーム」後の青写真が描けない豪経済 ~政府・準備銀ともに当面は豪ドル安への依存を強める可能性~

...1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート「資源ブーム」後の青写真が描けない豪経済~政府・準備銀ともに当面は豪ドル安への依存を強める可能性~発表日:2013年9月4日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国をはじめとする新興国経済の拡大を追い風とする「資源ブーム」に伴う外需拡大が内需の改善を促す好循環が続いてきた豪州経済だが、新興国の景気減速を受けて変化を余儀なくされている。鉱業部門を中心に投資は鈍化しており、住宅...

2014年3月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪景気に底打ちの兆候も、準備銀は緩やかな豪ドル安を志向 ~家計の堅調と外需の底入れ期待はあるが、企業部門の足かせは残る見通し~

...生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。2/2底堅く推移している。企業部門については、一部産業における不透明感が業績の重石になっているものの、豪ドル安による外需の底打ちに加えて、長きに亘る金融緩和は家計部門の底入れを促しており、豪州経済には全体として底入れの兆候が出ていると判断することが出来よう。 一方、4日には豪準備銀が定例の金融政策委員会を開催図 2...

2015年4月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪準備銀、追加利下げの可能性は変わらず ~商品市況と企業向け融資の動向が鍵も、早ければ来月利下げの可能性~

...1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪準備銀、追加利下げの可能性は変わらず~商品市況と企業向け融資の動向が鍵も、早ければ来月利下げの可能性~発表日:2015年4月7日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国の景気減速や商品市況の調整を背景に豪州経済は厳しい環境に直面する一方、足下では原油安などがインフレ圧力の後退を促している。準備銀は豪ドル安志向を強めるなか、米国の利上げ観測も豪ドル安圧力を高めてきた。一方...

2014年2月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪準備銀、豪ドル相場に対する見方に変化 ~追加利下げの可能性は後退も、豪ドル高容認ではない点は注意~

...市場などは充分な資金供給が可能とした。その一方、足下において一部の新興国市場で起こっている問題を潜在的リスクとして認識している姿勢もうかがわせた。豪州経済については、昨夏以降消費需要がわずかに堅調な上、住宅建設も底堅く推移しており、企業の信頼感などに改善の動きがみられている。こうした状況にも拘らず、鉱業部門の設備投資は急速に鈍化しており、一部企業での構造転換による不透明感は先行きの設備投資意欲の足かせになるとみており、雇用面でも下押し圧力が掛かりやすくなっているとして、先行...

2014年1月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

強いキウィと弱いオージーの関係は今後も続くか ~過度な悲観・楽観視には注意が必要~

...月から不動産融資規制を強化する対策に動いている。こうした状況を勘案して、NZ準備銀は最近の金融政策委員会において、先行きの金融政策の方向性は「引き締め方向」になるとの見解を示しており、国際金融市場における早期の利上げ観測が出ていることも通貨NZドル相場の底堅さに繋がっていると考えられる。 一方、豪州経済は最大の輸出相手である中国経済がかつての力強さを欠いていることから、ここ数年の経済成長をけん引してきた外需の動向に陰りが出ている。さらに、ギラード元政権(労働党政権)下に...

2013年3月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

オーストラリア経済・金融概況(2013年3月)

...平成25年3月26日(Mar 26, 2013)オーストラリア経済・金融概況経済調査室Economic Research OfficeMain Economic & Financial Indicator (Australia)概  況 豪州経済は3%近傍とみられる潜在成長率並みの成長ペースを維持している。2012年10-12月期の実質GDP成長率は前年比3.1%と前期(同3.1%)から横ばいで推移し、年初来の減速基調に歯止めがかかった。需要項目別にみると、民間投資(同8.0%→同5.8...

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

NZ準備銀、追加利下げは不可避か ~外需低迷に乳製品価格の調整など、景気下押し材料が顕在化~

...政府は今年度予算で財政収支の黒字化を目指して歳出抑制を図っており、公共投資も鈍化するなど固定資本投資には下押し圧力が掛かりやすいにも拘らず、旺盛な不動産投資は投資を下支えしている。一方、昨年同国にとって最大の輸出相手となった中国経済の減速基調が鮮明になっていることに加え、豪州経済も内需を中心に低調な推移をみせたことで、輸出に下押し圧力が掛かり、特に、主力の輸出財である乳製品を中心とする日用品のほか、原油をはじめとする鉱物資源関連の輸出が大幅に鈍化することで景気の足を引っ張った。このように足下の同国経済を巡っては、個人...

2013年12月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪州景気は予想以上に力強さを欠く展開 ~公的部門や家計の内需に底堅さも、外需や設備投資の動向が重石に~

...では不動産価格が上昇基調を強めていることを勘案すれば、低金利政策を続けるものの、追加利下げの可能性は後退したと見込まれる。《足下の景気は依然力強さを欠くが、利下げの効果が一部で大きく出ており、追加利下げの可能性は後退と予想》 近年の経済成長を支えてきた資源価格の調整などを背景図 1 実質 GDP 成長率の推移に潜在成長率を下回る景気が続く豪州経済だが、依然として底を抜け出していない。7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.26%と前期(同+2.88%)から減速しており、依然として潜在成長率を下回る低成長が続いていることが確認された。9月に...

2013年12月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

2013年12月(全体版)

...金利の基準を撤廃(報道)国務院、人民銀行7月29日 がまとめた金利改革計画を承認122013/1(%)(%)2345678910113.012 (年/月)(注)データは12月26日まで。(資料)Bloombergより三菱東京UFJ銀行経済調査室作成(竹島8慎吾、栗原浩史)Ⅴ.中国Ⅵ.オーストラリア~景気減速を背景に、政府は財政赤字の拡大を容認~豪州経済は潜在成長率を下回る成長が続いている。第 3 四半期の実質 GDP 成長率は前年比+2.3%と、前期(同+2.4%)から減速した(第 1 図)。需要...

2014年6月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

比中銀、将来の利上げへさらなる布石(Asia Weekly (6/16~6/20)) ~泰中銀は政治混乱の収束を受け、利下げ圧力を後退~

...部門を中心とする建設需要拡大を追い風に建設部門は大きく拡大しており、サービス部門でも底堅い動きがみられるなど、全般的に堅調であった。需要項目別では、中国経済を巡る不透明感が高まっているものの、主力の輸出財である酪農製品を中心とする食料品に対する需要は堅調な上、隣国豪州経済も堅調であったことから輸出は拡大基調が続いたほか、建設需要の旺盛さを背景に固定資本投資の拡大も景気の押し上げに繋がった。ただし、固定資本投資のうち企業の設備投資需要はカンタベリー地震からの復興需要の一巡を背景に大きく鈍化したほか、製造...

2013年7月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、製造業の景況感は11 ヶ月ぶりの低水準(Asia Weekly (7/22~7/26)) ~豪州、インフレ率の低下で追加利下げのハードルは低下~

...、NZ準備銀行は定例の金融政策委員会を開催し、政策金利であるオフィシャル・キャッシュ・レート(OCR)を 19 会合連続で 2.50%に据え置く決定を行った。足下の世界経済について「欧州経済は低迷し、中国や豪州経済は弱含んでおり、米国や日本は回復軌道にあるなど混在している」一方、「米国の量的金融緩和の縮小観測で国際金融市場の不確実性が高まっている」との見方を示した。さらに、同国経済は「個人消費に底入れの動きが出ており、カンタベリー地震の復興需要も景気を押し上げている」とした。その一方、「一部...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ