「販売増加」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

滋賀県内企業の4割以上で駆け込み需要が発生へ

...%、て駆け込み需要が現在発生中の企業が多の増加」(非鉄金属、繊維)、「新車、中古車(サービス)など営業を強化し、販売力を高発生する見込みである」が39.6%となり、かった。消費税率引き上げ後も旧税率が適の販売増加」(小売)、「高額商品の販売増図2 駆け込み需要発生の時期(複数回答)今後、駆け込み需要が発生する見込みである平成24年12月以前平成25年1∼3月平成25年4∼6月その他平成25年10∼12月平成26年1∼3月その他6.8合計4.212.4全体3.58.6製造業25.761.74.116.9...

クールジャパン旋風は“来る”か? ~世界を席巻する韓国コンテンツ産業の秘訣

...は小さな自国のマーケット2で稼ぐよりも海外で稼ぐ方向に重きを置き、国策としてコンテンツ産業の振興・輸出に力を注ぎ始めた。韓国政府はまず多額のコンテンツ関連予算を策定し、その大半を海外向けマーケティングやプロモーションに投下した3。更に各国消費者の心をつかむプロモーション戦略として(1)現地の有力メディアを押さえ、集中的な露出を行うこと、(2)ドラマや音楽の現地語対応を進めること、を展開した。韓国のコンテンツ産業自体の規模は小さかったが、そのゼロ発の戦略的な取組みは、コンテンツ輸出を通じて「韓国大衆文化の流行→関連商品の販売増加...

インドネシア経済についてのレポートです。

インドネシア経済の現状と今後の展望~ ジョコ・ウィドド新大統領のもとで、どう変わるのか? ~

...インドネシア経済の現状と今後の展望~ ジョコ・ウィドド新大統領のもとで、どう変わるのか? ~ ○インドネシア経済は、最近10年間、概ね5~6%の成長率を維持しており、他の主要な新興国に比べると際立って安定感がある。○近年の景気堅調の原動力は、個人消費の底堅さである。個人消費拡大の主な牽引役は、オートバイの販売増加であったが、最近はやや足踏み状態となり、代わって、自動車の販売が急激に伸びている。○2000年代以降のインドネシアの投資を盛り上げてきた大きな要因は、コモ...

2012年度 携帯電話販売代理店の動向調査

...電話販売代理店の現状及び将来動向を調査し、このほどその調査結果まとめました。 2012年度末の携帯電話主要3 キャリア加入数は、1 億3,172 万加入、人口普及率は100%超になっています。スマートフォン販売が本格化し、2012年度は3,080 万台販売、累積加入5,170 万加入となっています。販売チャネルは、上位代理店が伸長し、キャリアショップと量販店の2 分化傾向が鮮明になっています。2013 年度は、スマートフォン販売増加が引き続き好調で、3,540 万台の販売、累積加入7,200 万、普及率50%超になると予測されます。 この...

2016年3月11日GfKフィードバック数:0デジタル家電

ドライブレコーダーの2015年販売動向と消費者動向

...に拡大。高機能化により単価は2割上昇。・ 自動車保有者における製品認知率は97%へ上昇。「性能」重視へ徐々に移行。 【2015年の販売動向】2015年のドライブレコーダーの国内販売数※1は前年比42%増の61万台となった(図1)。交通事故時の証拠映像の記録に役立つ機能の他、駐車中の監視機能、前方衝突防止機能、車線逸脱警告機能等の「安全」「安心」につながる機能の拡充が目立った。様々な機能を搭載した製品の販売増加により税抜き平均価格は前年から21%上昇し13,700円となった。メー...

2015年2月16日矢野経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

パワーモジュールの世界市場に関する調査結果 2014

...バータ回路に使われるが、回路構成に応じて様々な製品種類があり、モジュールの仕様(耐圧/電流値、サイズ、実装されるパワー半導体の数)も異なる。調査結果サマリー◆2014年におけるパワーモジュールの世界市場は37.2億ドルの見込み2014年のパワーモジュール世界市場規模(メーカ出荷金額ベース)は、前年比13.4%増の37.2億ドルに拡大する見込みである。サーボモータや汎用インバータなどの産業機器向けの需要が増加した他、中国市場における省エネ規制強化によるインバータエアコンの販売増加や、事故...

2013年4月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 3月の住宅販売は小幅減少したが回復基調維持 (13年3月住宅販売) ~13年1-3月期は476.4万戸と09年10-12月期の477.1万戸以来の水準を回復~

...昇したことで、中古住宅全体の価格は中央値+11.8%、平均値+9.9%と高い伸びを維持した。今後も、需給バランスの改善を背景に、販売価格の上昇が続くと予想される。他方、新築住宅販売価格は中央値が+3.0%(前月+10.4%)と上昇したものの、価格の低い物件の販売増加によって、平均値が▲1.3%(前月+13.1%)と下落に転じた。価格の低い物件への需要が強いことから、3ヵ月移動平均で鈍化傾向を辿るとみられる。2013 年の住宅販売は緩やかな増加傾向を辿緩やかな増加傾向を辿る公算13年の...

2014年4月24日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2014年4月号)

...機関の収益にもプラスの影響を及ぼしている。株式投資に関連する収益や投資信託の販売増加、信用コストの減少などである。もっとも、国内預貸業務を通じる基礎的な収益力は、趨勢的な貸出利鞘の縮小などから、低下傾向に歯止めがかかっていない。特に、地域金融機関の収益環境には厳しいものがある。これらは、現下の金融システム全体の安定性や機能度に影響するものではないが、中長期的には損失吸収力やリスク・テイク余力を制約していく可能性があることから、克服していくべき課題である。概観(II〜VI章要旨)II.外部環境の点検海外経済は、一部...

2013年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

セクター分析(産業別利益動向)2013年4月号

...車欧州における販売減少の影響はあるが、米国およびASEANなどでの販売増加により、世界全体での生産台数増加を見込む。諸経費増加はあるものの継続的なコスト削減や円安も寄与することから、今後1年間では増益となる見通し。半導体・電子パソコン等の需要低迷や、汎用品の価格下落は懸念されるものの、部品スマートフォン、タブレット等のモバイル端末向け部品の需要は堅調な推移が見込まれる。また、海外売上高比率が高く、円安進行の恩恵を享受できることから、総じて今後1年間は増益となる見通し。家電・AV液晶テレビ、PC等主...

2013年11月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 市場予想上振れも小売売上高は力強さに欠ける(13年10月小売売上高) ~拡大モメンタムは小幅強まった~

...小売・飲食サービス売上高は、月次での変動の大きい自動車販売の大幅な増加によって、前月比+0.4%(9月同+0.0%)と加速し、市場予想中央値の同+0.1%を上回った。建設資材が減少幅を拡大したほか、ガソリンスタンドが減少に転じ、食品・飲料、薬局が鈍化した。一方で、自動車・同部品、衣料品は増加に転じた。自動車は、台数ベースで減少したが、販売価格の高い車種等の販売増加により売上高が拡大した。また、衣料品は急激な気温の低下を背景に冬物衣料の販売が増加した。他には、家具、家電、スポーツ用品・本・趣味用品、百貨...

2013年3月1日第一生命保険★フィードバック数:1社会/政治

業界別の動向をシンプルに矢印で表示しています。

セクター分析(産業別利益動向)

...車欧州や中国における販売減少の影響はあるものの、米国およびASEANなどでの販売増加により、世界全体での生産台数増加を見込む。諸経費増加等による採算悪化はあるが継続的なコスト削減も寄与することから、今後1年間では増益となる見通し。半導体・電子パソコン等の需要低迷や、汎用品の価格下落は懸念されるものの、部品スマートフォン、タブレット等のモバイル端末向け部品の需要は堅調な推移が見込まれる。また、海外出荷比率が高く、円安進行の恩恵が享受できることから、総じて今後1年間は増益となる見通し。家電・AV液晶テレビ、PC等主...

2013年12月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

セクター分析(産業別利益動向)

...税率引き上げを前に駆け込み需要が期待できる。総じて今後1年間の利益は微増となる見通し。不動産金融緩和による不動産市場への資金流入を背景に不動産価格上昇の可能性が高まっており、収益改善が期待できる。一方、大手不動産会社の利益の大半を占めるオフィスビル賃貸事業は空室率が底を打つも募集賃料の本格上昇までには時間を要すると考えられ、総じて今後1年間の利益は微増となる見通し。自動車欧州における販売減少の影響はあるが、米国や中国における販売増加により、世界全体での生産台数増加を見込む。諸経...

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

セクター分析(産業別利益動向)

...税率引き上げを前に駆け込み需要が期待できる。総じて今後1年間の利益は微増となる見通し。不動産金融緩和による不動産市場への資金流入を背景に不動産価格上昇の可能性が高まっており、収益改善が期待できる。一方、大手不動産会社の利益の大半を占めるオフィスビル賃貸事業は空室率が底を打つも募集賃料の本格上昇までには時間を要すると考えられ、総じて今後1年間の利益は微増となる見通し。自動車欧州における販売減少の影響はあるが、米国や中国における販売増加により、世界全体での生産台数増加を見込む。諸経...

太陽光発電システムの流通と販売チャネル動向調査

...光発電専業事業者の4業種であり、それぞれ15〜20%程度のシェアを持つ。これら主要4業種による市場は主に既築住宅向けであるが、近年では大手はハウスメーカーによる太陽光発電システム搭載住宅の販売増加により、新築市場も大きく伸びている。ハウスメーカーによる2010年度シェアは主要4業種に次いで多く10%程度である。これは全て新築住宅向けである。2009年以降、家電量販店や地域家電店などが、エコポイントやアナログ停波後の目玉商品として太陽光発電システム取扱いに参入してきている。これらの事業者は2010年現...

2015年1月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

セクター分析(産業別利益動向)

...車東南アジアなど新興国の需要見通しには若干不透明感があるが、主要販売地域である米国や中国における販売増加により、世界全体では生産台数増加を見込む。加えて、新規稼動する工場の増産効果や継続的なコスト削減の寄与もあり、総じて増益となる見通し。半導体・電子これまで需要を牽引してきたスマートフォン、タブレット等のモバ部品イル端末は普及一巡により、数量成長率の鈍化が想定される一方、一部の部品では高機能化による単価上昇が見込まれる。また、日系企業を中心とした設備投資需要の回復に伴い、産業機器向け部品の数量拡大が期待できるため、今後1年間は増益となる見通し。家電・AV...

2013年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

セクター分析(産業別利益動向)

...車欧州における販売減少の影響はあるが、米国およびASEANなどでの販売増加により、世界全体での生産台数増加を見込む。諸経費増加はあるものの継続的なコスト削減や円安も寄与することから、今後1年間では増益となる見通し。半導体・電子パソコン等の需要低迷や、汎用品の価格下落は懸念されるものの、部品スマートフォン、タブレット等のモバイル端末向け部品の需要は堅調な推移が見込まれる。また、海外売上高比率が高く、円安進行の恩恵を享受できることから、総じて今後1年間は増益となる見通し。家電・AV液晶テレビ、PC等主...

2013年8月1日日本産業機械工業会フィードバック数:0社会/政治海外

最近の米国経済について

...建設の増加と、購買を先延ばしにしてきた消費者からの需要によって、F シリーズの販売台数が過去 6 年間で最高の水準に達している」と述べている(同社プレスリリース6 月 3 日)。また同氏は、最近ではエネルギー開発関連からの需要が販売増加に拍車を掛けていると答えている(ブルームバーグ 6 月 4 日)。クライスラーは小型トラック部門が前年同月比 8.9%増、乗用車部門が 15.8%増となった。同社ではダッジブランドのピックアップトラック「ラム」が 21.6%増の 3 万 1,672 台、大型セダン「チャ...

2013年7月4日総務省★フィードバック数:0エンタテインメント

市場データを含むプレゼン資料です。

コンテンツ流通市場の現状分析と海外展開 -メディア・ソフトの制作及び流通の実態-

...メは世界共通で言語だけ変えればよいので増加傾向⇒ドラマ・バラエティは音楽の権利処理が課題○日本の放送番組の海外進出の特徴⇒番組フォーマット権の販売増加⇒音楽の権利処理の課題⇒変則的な番組枠の存在(例えば初回のみ75分拡大版など)○海外での放送本数、放送時間の把握の困難性⇒複数年契約が主流、年間での把握は困難⇒放送時間を限定せず無制限で販売するケースがある⇒メインとなる番組に複数の番組をセットにして販売するケースがある20コンテンツの海外展開に関する主な具体的取組21①国際ドラマフェスティバル日本のドラマの海外発信機会の拡大、国際...

2014年2月5日日本総研フィードバック数:0社会/政治

日韓関係が揺らぐなかで懸念される経済関係への影響-今求められるものはなにか

...出生産拠点としての魅力も増した。日輸入依存度が急低下したことである。つぎに、具体的な品目を取り上げて、対日東日本大震災後のサプライチェーン寸断を輸入額ならびに対日輸入依存度がどのように契機に、輸入先を日本から他国に切り替えた変化してきたのかを検証していくことにす影響もあろうが、趨勢的に低下してきた要因る。としては、①外資系部品メーカーが韓国に進①自動車部品出したこと(注12)、②韓国市場における欧対日輸入依存度が著しく低下した品目の一州車の販売増加により欧州からの補修部品のつに自動車部品がある。低下...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ