「賃料収入」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

利回りから考えるJ-REIT価格~利益成長に沿う堅調な推移が期待される

...りにおける上乗せ部分(リスクプレミアム)を見た場合、足元のJ-REITは割高とは言い切れないと考えられます。一般に、投資における利回りは、安全資産の利回り(ベース部分)と、その資産のリスクに応じて上乗せされる部分(リスクプレミアム)から成り立つとされています。これをJ-REITに当てはめると、ベース部分(一般的に10年国債利回りに相当)が0.4%程度、上乗せ部分が2.6%ということになります(2014年11月末現在)。J-REITの場合、この上乗せ部分は、賃料収入...

海外大型年金の運用についての調査です。

海外大型年金の不動産投資~不動産投資配分、国・地域への配分~

...がグローバル投資を志向しており、ノルウェーの不動産市場規模が小さいことによると思われる。2013年以降、世界の主要な不動産市場で安定した賃料収入をもたらす立地に優れた不動産への投資が増加、価格の上昇とともに利回りは低下してきている。金融緩和により国債などの利回りが低下する環境下で相対的に利回りが見込める不動産に資金が流入していること、同様に各国の上場リート(不動産投資信託)市場にも資金が流入し、リートによる物件取得が活発化したこと、金融危機を経て賃料収入を重視する投資家が増え、その...

2017年11月14日ゼストフィードバック数:0大型消費/投資

シェアハウスの稼働率及び平均賃料などの実態調査

...アハウスの稼働率及び平均賃料などの実態調査を行いました。(2017年10月1日現在)新築シェアハウスの建築や中古不動産のシェアハウスへのリノベーションをご検討の方に、精度の高いEGI(Effective Gross Income:実効総収入)を提示することを目的としており、レントロールを作成するに当たっての賃料査定の基準にしています。実効総収入は、GPI(総潜在賃料収入)から空室損と貸倒賃料(滞納)を控除したものですが、賃料査定と同様に空室損を想定しないとキャッシュフローを大きく見誤ってしまいます。特に、不動...

良好な不動産市況を背景に上昇が期待されるアジアREIT

...製造業購買担当者景気指数(PMI)が6ヵ月ぶりの高水準となり、また4‐6月期国内総生産(GDP)成長率は今年の政府目標と同水準となる前年同期比7.5%に加速するなど、良好なものが目立ちました。4月以降、景気下支え策が打たれたこともあり、中国景気への回復期待が拡がっています。アジアREITは、小売、オフィス、ホテル、産業などの保有物件からの賃料収入を主な収益源としており、今後収益性の向上が期待されています。例えば、近年シンガポールと香港の海外(中国本土を含む)からの訪問者数は増加傾向にあり、観光...

上昇基調が続くアジアリート~利回りは依然として魅力的

...ィスや物流施設といった不動産物件への需要が増加傾向にあります。特に、両地域のオフィス市場では、金融機関などの旺盛な需要に対し供給が低水準であったことから、空室率が低下傾向になるとともに、グレードの高いオフィスを中心に賃料が上昇傾向にあります。今後、オフィスの供給は増えると予想されているものの、引き続き旺盛な需要を背景に、賃料の上昇は続くと見込まれています。また、両地域への観光・ビジネス客の数が、中国本土からを中心に増加していることなどから、ホテルや小売り向け物件の賃料も底堅く推移しています。こうしたことなどを背景に、リートが保有する不動産物件からの賃料収入...

シェール革命が進展する中、注目高まるMLP

...などFTAを締結していない国への天然ガス輸出を解禁しはじめました。EIA(米エネルギー情報局)によると、2018年には米国が天然ガスの純輸出国に転換すると予想されており、世界の天然ガス市場における米国産の影響力がさらに増していくものとみられます。シェール革命は米国のエネルギー輸出の新時代を拓きはじめているといえそうです。シェール革命が進行する中、金融市場で注目を集めているのが米国における共同投資事業形態のひとつ、MLPです。同様の投資形態であるREITが不動産からの賃料収入...

旺盛なインフラ需要を背景に上昇が期待されるMLP

...した投資形態であるREITが不動産からの賃料収入を主な収益源としているのに対し、MLPは、主として石油や天然ガスなどのパイプラインや貯蔵施設といったエネルギーインフラに投資を行ない、それらの利用料などを収益源としています。MLPが保有するパイプラインは、広範囲に点在する石油や天然ガスを集積・輸送するために不可欠なインフラであり、鉄道に比べて低コストでのエネルギー輸送が可能です。米国の「シェール革命」を背景に、同国のエネルギー生産量は近年大きく拡大しています。特に石油生産量が2012年以降全米第2位と...

物件選びについて 番外編:物件選びで良かったこと悪かったこと

...【調査レポート】物件選びで「良かった」・「悪かった」経験をお聞きしました物件選びに関して自由に記載してもらいました!今回は、物件選びを経験して良かったこと悪かったことを聞いてみました。あなたの不動産投資物件選びで、今改めて考えて、良かったこと・悪かったことなどのエピソードがあれば詳しく教えてください。様々なエピソードをランダムに紹介します。現地調査で建築中から下見に行って、建物はもとより周辺環境、客層、住人の定着率などを詳しく調査して吟味した結果、入居開始から15年経過した今でも、一度入れ替わりはあったものの安定した賃料収入...

2015年2月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

セクター分析(産業別利益動向)

...費や資材費の高騰に対する価格転嫁の進展や、高採算案件の選別受注により、収益改善が期待できる。住宅メーカーは、消費増税後の受注回復が想定以上に遅れていることから、業績回復の鈍化が懸念される。総じて微増益となる見通し。不動産金融緩和による不動産市場への資金流入を背景とした不動産価格上昇から、収益改善が期待できる。大手不動産会社の利益の大半を占めるオフィスビル賃貸の空室率は着実に低下し、平均募集賃料は上昇しており、賃料収入は増加に転じる見通しだが、本格的な増加には時間を要すると考えられ、総じて今後1年間の利益は微増となる見通し。自動...

2015年3月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

セクター分析(産業別利益動向)

...費や資材費の高騰に対する価格転嫁の進展や、高採算案件の選別受注により、収益改善が進んでいる。住宅メーカーは、消費増税後の受注鈍化に底打ちが見られることから、緩やかな業績回復を見込む。総じて増益となる見通し。不動産金融緩和による不動産市場への資金流入を背景とした不動産価格上昇から、収益改善が期待できる。大手不動産会社の利益の大半を占めるオフィスビル賃貸の空室率は着実に低下し、平均募集賃料は上昇しており、賃料収入は増加に転じる見通しだが、本格的な増加には時間を要すると考えられ、総じて今後1年間の利益は微増となる見通し。自動...

2014年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

セクター分析(産業別利益動向)

...算案件の選別受注の成果から、収益改善が期待できる。住宅メーカーは、受注残は豊富であるが、消費増税前の駆け込みの反動減により、業績回復の鈍化が懸念される。総じて微増益となる見通し。不動産金融緩和による不動産市場への資金流入を背景とした不動産価格上昇から、収益改善が期待できる。大手不動産会社の利益の大半を占めるオフィスビル賃貸は空室率が底を打ち、既存ビルの賃料収入は増加に転じる見通しだが、本格上昇までには時間を要すると考えられ、総じて今後1年間の利益は微増となる見通し。自動...

2014年8月31日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治

企業向けサービス価格指数の動向について

...(2010 年)2 月に「経年劣化に対する品質調整を導入」する旨の発表が日銀よりなされている3。そもそも「事務所賃貸」の指数は、日銀の発表資料によると、調査対象として選定した「オフィスビル1棟の賃料収入合計」を「稼働している賃貸床面積」で除して算出される「賃貸床面積当たりの平均賃料」を調査価格として採用しており、実際に支払われる賃料を調査対象としている他、新規・継続を問わず入居している全てのテナントの成約賃料を取り込んだものである。即ち、調査対象の大半を占める継続テナントについては、契約更改が 2~5...

不動産マーケットレポート 2015年7月号

...、2004 年から2008 年にかけて4%台が大半を占めるまで低下(価格上昇)し、リーマンショックによる市況の停滞のあと大幅に上昇、2010 年は5.5%を中心とする水準が大半となりました。しかし、2011 年以降、投資の活況化とともに取得キャップレートは徐々に低下し、2014 年は2007 年の水準に低下しています[図表 1]。J-REIT が東京 23 区で取得した賃貸マンションの直近 3 年間の稼働率は継続してほぼ満室稼働で[図表 2]、賃料収入も横ばいが続いており、今の...

複合開発におけるホテルの機能・ブランドの重要性

...賃料の場合)の賃料収入を得ることで事業の安定性を確保したいといった目的があると考えられる。また、投下資本の早期回収といった点については、著名なホテルブランドを冠したレジデンスを併設し、それらを分譲販売することにより投下資本の早期回収を図るといった目的があると考えられる。 ホテルが含まれる主な都市開発プロジェクト計画出典:内閣府地方創生推進室「都市再生特別地区(大手町一丁目2地区)都市計画(素案)の概要」、「都市再生特別地区(虎ノ門四丁目地区) 都市計画(素案)の概要」、三井不動産ニュースリリース(平成26...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アクセストップ10

ランキングINDEXへ
 

お知らせ