「賃金交渉」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

第12回北東アジア労働フォーラム報告書 最近の賃金動向と最低賃金制度

...概要労働政策研究・研修機構(JILPT)は2014年9月26日、中国労働保障科学研究院(CALSS)・韓国労働研究院(KLI)との共催による第12回北東アジア労働フォーラム(日中韓ワークショップ)を東京で開催しました。日本では、2014年の民間企業の春季賃金交渉において、政府の働きかけのもと、大企業を中心に正社員の基本給を底上げするベースアップが実施され、賃上げ率は2.19%と13年ぶりの高水準を記録しました。長期に渡るデフレから脱却し、経済を持続的な成長に導くためには、継続...

日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の14を予想

...賃金の低下であると考えられる。冬から春にかけては、来年度の賃金交渉が進められる大事な時期だけに、企業マインドに明るさが確認できるかが今後の賃金動向とその先の日本経済を占ううえで極めて重要になる。また、今年度収益は円安を受けて大企業製造業を中心に上方修正される可能性が高いが、賃上げの原資となるだけに修正幅が注目される。 経済研究部シニアエコノミスト 研究・専門分野 レポート研究領域経済 金融・為替 アセットマネジメント 年金 社会保障制度 保険 不動産 経営・ビジネス 暮らし ジェロントロジー(高齢...

2016年3月卒「新規学卒者決定初任給調査

...業 51.5%、非製造業 48.5%、従業員 500 人以上規模 78.1%)Ⅱ.調査結果の概要 1. 初任給決定にあたって最も考慮した判断要因 ―全産業― この項目の調査を開始した 2007 年以降、 「世間相場」 (28.5%)と回答する企業が 最も多く、 「在籍者とのバランスや新卒者の職務価値」 (20.3%)が2番目に多い傾向 に変化はない。このほか、 「賃金交渉の結果、その配分で決めた」企業(12.9%)が 前年と比べて 2.9%ポイント減少した一方、 「人材を確保する観点から決めた」企業...

経団連の調査です。

2014年3月卒「新規学卒者決定初任給調査結果」

...% 従業員 500 人以上規模 76.9%)Ⅱ.調査結果の概要1. 初任給決定にあたって最も考慮した判断要因 ―全産業―この項目の調査を開始した 2007 年以降、「世間相場」(29.2%)と「在籍者とのバランスや新卒者の職務価値」(23.3%)の2つに回答が集まっている傾向に大きな変化はないものの、業績の改善を受けて、月例賃金の水準引上げを行った企業が増加したことから、「賃金交渉の結果、その配分で決めた」企業が前年の約2倍となる 12.9%へアップして3位に上昇した。このほか、「人材...

2014年12月1日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(リサーチラボ)わが国のマクロ的な賃金決定の特徴は何か?

...的枠組みと実証分析に用いるデータの間に概念的な乖離が存在しないことが、Gali(2011)および当論文の実証分析における大きな利点である。NKWPCの基本モデルでは、現在の賃金上昇率は、(1)先行きの賃金上昇率に対するフォワード・ルッキングな期待と(2)現在の失業率(労働需給を表す)で決定されるが、Gali(2011)はこれを拡張し、(3)賃金の物価スライド(インデクゼーション)も加えている。ここでいう物価スライドとは、賃金契約上に明記されるものだけでなく、労使の賃金交渉におけるインフレ率の考慮など、マクロのインフレ率が賃金上昇率に及ぼす影響を広く捉えたものである。もっ...

派遣労働についての調査です。

派遣労働の働き方とキャリアの実態

...によって規定されるのかを分析している。分析の結果、同じ派遣労働であっても職種別にそれぞれ違った特徴がみられた。特に、交渉要因や仕事の難易度、変化要因が賃金に与える影響は、専門職では大きく賃金に結びついていくが、事務職ではその傾向が薄れ、製造業務ではなくなる。逆に、賃金交渉要因は賃金上昇に関して事務職や製造業務では大きな効果をもたらすことが明らかになった。事務職や製造業務に関しては、定型的な仕事が多く、そもそも働きぶりや仕事内容の変化に対する評価を位置づける賃金テーブルも存在していない。そう...

2014~15年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)

...企業に対して賃上げ年度下期以降もその勢いのまま推移するを要請した。その甲斐あってか、14 年春可能性は大きくないだろう。前述の通り、季賃金交渉では、ベアが復活する企業が政府は公共事業を中心とした経済対策を増加し、例年を上回る成果が得られた。策定したほか、企業はベースアップを含しかし、円安が進んだ半面、海外経済めた賃上げを実施したが、増税ショックの回復テンポが緩慢なままであることかを短期間で吸収できるほどの内容ではなら、輸出は鈍いままであり、国内需要のかった。足元の公共投資には一服感があ落ち込みを穴埋めするほどの勢いはまだるとはいえ、水準そのものは高く、景気...

初任給です。

2013年3月卒「新規学卒者決定初任給調査結果」

...の調査では、「人材確保の観点」(8.8%)が前年より 1.1%ポイント増加した。【図表1】図表1 初任給決定にあたっての判断要因 ―全産業―33.234.3世間相場で決めた25.924.8在籍者とのバランスや新卒者の職務価値で決めた8.87.7人材を確保する観点から決めた2013年8.89.8労組との初任給交渉で決めた7.78.2企業業績を勘案して決めた2012年6.96.5賃金交渉の結果、その配分で決めた8.68.6その他05101152025303540(%)2. 初任給の決定状況 ―全産業―初任...

2013年3月1日第一生命保険フィードバック数:2キャリアとスキル

労働分配率よりも収益重視 ~シリーズ:これから賃金は上がるのか(2)~

...者側からみれば、事実認識はまったく逆になる。労働分配率は上昇していて、これ以上賃金を引き上げると、企業収益を悪化させ、先行き雇用削減を引き起こすことになるとみる。労使の立場によって認識が変わってしまうところに、賃金交渉が混迷する原因である。具体的に、労働分配率の推移を調べてみよう(図表 1)。労働分配率は 2007 年をボトムにして上昇している。100%から労働分配率を差し引くと、資本分配率になる。だから、2007 年以降は資本分配率は低下し続けていると言い換えることもできる。経営者の目からみれば、資本...

2015年6月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ギリシャ協議はいよいよ最終局面へ ~残された課題は多いが、危機バネが働くことを再認識~

...主負担の増加、早期退職制度の廃止などの年金改革、法人税率の引き上げ、高収益企業への税率上乗せ、高所得層への税率上乗せ、付加価値税(VAT)の軽減税率の島への適用廃止などが盛り込まれた模様。ギリシャ側が譲れない一線とする年金の支給減額、エネルギーやケータリングへのVATの軽減税率、最低賃金の引き上げ、団体賃金交渉の復活については、従来からの主張を曲げていない模様。プライマリーバランスの達成目標については、既に前回の修正提案でギリシャは債権者側の要求を呑んでおり、今回...

2011年1月27日労務行政研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

2011年賃上げの見通し

...アはもはやあり得ない5,5775,3564年連続で史上最低を更新5,854 雇用の維持・確保と総額人件費(1.8) の抑制(1.9)5,442 横断的ベアはあり得ず,企業内(1.7) の一律的ベアも想定しにくい(1.78)(1.73)0.16 労働側5,9805,177 賃金カーブ維持についても労使5,8935,233(2.5)(1.65) が実態に即し議論し判断すべき(1.91)ベアは論外,定昇の凍結,見直し6,1645,345 定昇維持をめぐる賃金交渉を行0.18 3者共通(1.97)(1.73) う企...

2013年1月28日労務行政研究所フィードバック数:5キャリアとスキル

2013年賃上げの見通し―労使および専門家507人アンケート調査

....9)(2.7)望ましい円(%)経   営   側経団連(旧日経連)の賃上げに関する提言のポイント※日本経済団体連合会は2011年6月、略称を「日本経団連」から「経団連」5,9906,2666,660円(%) に変更(1.9)(2.0)(2.1)(2.5)8,104 鉄鋼複数年協定移行、史上最低の賃上げ率(2.6)(2.1)6,6764,9006,5286,164(1.97)(1.73)5,345 定昇維持をめぐる賃金交渉を行う企業が大半を占めると見込む(2.13)(1.71)5,321 ベア...

賃上げ継続や原油安で好循環が期待される国内景気~夏場にかけて物価は前年比下落に転じる可能性も~

...響など)が存在するものの、消費税年夏場にかけて出ることから、一時的に増税の悪影響が一巡するほか、前述した物価下落状態に陥るだろう。ポリシーミックスに 15 年春季賃金交渉金融政策:現状と見通しでの賃上げ継続や原油安による購買力改4 月 4 日で量的・質的金融緩和(QQE)善が加わることで、経済の好循環が始まる可能性が高い。(最新の経済見通しは後の導入から満 2 年を迎える。QQE 導入当掲レポート『2014∼16 年度改訂経済見通初、物価安定目標(全国消費者物価の前し(2 次 QE 後の改訂)』をご...

2014年4月30日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2014年4月、基本的見解)

...下期にプラス(需要超過)基調が定着したあと、プラス幅が一段と拡大していくと考えられる。そうしたもとで、需給面からみた賃金と物価の上昇圧力は、着実に強まっていくと予想される。第2に、中長期的な予想物価上昇率については、全体として上昇しており、こうした動きは実際の賃金・物価形成にも影響を及ぼし始めているとみられる。例えば、このところ、労使間の賃金交渉において、物価上昇率の高まりが意識されているほか、企業の間でも、従来の低価格戦略から、付加...

2013年3月15日内閣府フィードバック数:9社会/政治

月例経済報告(平成25年3月)(閣僚会議資料)

....014720101014711(備考)厚生労働省「毎月勤労統計調査」により作成。1014712101 (月)(年)13要求−−一時金(年間)回答業績連動+4万増額増額−賞与を追加増額2012年度実績業績連動+2万−−−−−(備考)1.各種報道より抜粋2.鉄鋼、造船・重機は賃金交渉が隔年のため今年は交渉なし。3.※の企業は基本月数に加えて業績に連動した加算がある。4.セル塗りつぶしは、一時金(年間)において前年度実績を上回る企業、及びベアにより賃金を増額する企業。物価の動向①○消費者物価は緩やかに下落○国内...

2014年1月23日労務行政研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

労務行政研究所の調査です。

2014年賃上げの見通し―労使および専門家540人アンケート

...(2.0)(1.9)7,290(2.3)(1.9)6,173 生産性の向上いかんにかかわらず横並びでのベアはあり得ない(2.4)(2.0)6,275 横並びで賃上げを行う市場横断的ベアはもはやあり得ない(2.4)(1.7)5,442 横断的ベアはあり得ず、企業内の一律的ベアも想定しにくい(2.5)5,345 定昇維持をめぐる賃金交渉を行う企業が大半を占めると見込む5,321 ベアは論外、定昇の延期・凍結含め厳しい交渉となる可能性も5,077 経営状況により定昇延期・凍結...

先行き改善が期待される家計の所得環境~消費が牽引役となり、好循環が実現へ~

...懸念が強い中国向けがブレーキする素地はあると思われる。となっている。こうした状況もあり、製先行きは、海外経済、特に中国を含め造業の一部では在庫が大きく積み上がった新興・資源国経済に下振れリスクが存ており、生産抑制に働いている。在すると思われるが、「企業から家計へ」一方で、春季賃金交渉で賃上げムードの所得還流が当面継続するとの期待感なが継続しているほか、全般的に労働需給どから、消費が牽引する格好で国内景気が引き締まった状態が維持されるなど、の持ち直しテンポが高まっていくと予想14 年度は消費税増税などの影響で悪化しする。また、先進...

2015年4月30日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2015年4月、基本的見解)

...面からみた賃金と物価の上昇圧力は、着実に強まっていくと予想される。その後、2017 年度には、マクロ的な需給バランスは、プラスの水準で横ばい圏内の動きになると見込まれる。第2に、中長期的な予想物価上昇率については、やや長い目でみれば、全体として上昇しているとみられる。こうした予想物価上昇率の動きは、実際の賃金・物価形成にも影響を及ぼしていると考えられる。例えば、労使間の賃金交渉においては、企業業績などに加え、物価動向を賃金に反映する動きが拡がりつつあり、本年のベースアップを含む賃上げは昨年を上回る伸びとなる見込みである。先行...

2014年5月2日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2014年4月、全文)

...ス幅が一段と拡大していくと考えられる。そうしたもとで、需給面からみた賃金と物価の上昇圧力は、着実に強まっていくと予想される。第2に、中長期的な予想物価上昇率については、全体として上昇しており、こうした動きは実際の賃金・物価形成にも影響を及ぼし始めているとみられる。例えば、このところ、労使間の賃金交渉において、物価上昇率の高まりが意識されているほか、企業の間でも、従来の低価格戦略から、付加価値を高めつつ販売価格を引き上げる戦略へと切り替える動きがみられるようになっている。先行きも、日本銀行が「量的・質的金融緩和」を推進し、実際...

2014年11月2日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2014年10月、全文)

...ト労働者のうち現状より長い時間の労働を希望している者も失業者として計算している。5使間の賃金交渉において、企業業績などに加え、物価上昇率の高まりも意識され、ベースアップが久方ぶりに多くの企業で実施された。企業の間でも、従来の低価格戦略から、付加価値を高めつつ販売価格を引き上げる戦略へと切り替える動きがみられている。先行きも、日本銀行が「量的・質的金融緩和」を推進し、実際の物価上昇率が高まっていくもとで、中長期的な予想物価上昇率も上昇傾向をたどり、「物価安定の目標」である2%程度に向けて次第に収斂していくと考えられる。第3に、輸入物価についてみると、この...

2015年5月7日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2015年4月、全文)

...期的な予想物価上昇率については、やや長い目でみれば、全体として上昇しているとみられる。こうした予想物価上昇率の動きは、実際の賃金・物価形成にも影響を及ぼしていると考えられる。例えば、労使間の賃金交渉においては、企業業績などに加え、物価動向を賃金に反映する動きが拡がりつつあり、本年のベースアップを含む賃上げは昨年を上回る伸びとなる見込みである。先行きも、日本銀行が「量的・質的金融緩和」を推進し、実際の物価上昇率が高まっていくもとで、中長期的な予想物価上昇率も上昇傾向をたどり、「物価安定の目標」である2%程度...

2014年10月3日東京大学★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

各国の生産性比較です。

アジア自動車工場の生産性と賃金率の格差に関する研究―IMVP ラウンド4(2006 年)調査をベースとして―

...調査などで、400万円~500万円程度と示されているので、業績の良い日本自動車メーカー工場従業員の年間収入が522万円であるとの推計は、妥当であろうと判断した。韓国の賃金率データ韓国の賃金率データの推計については、月当たり賃金合計で381ウォン/月、ドルベースで3680ドル/月、円ベースの年収で457万円となり、日本より 15%程度低いという推計結果になった。これについては、韓国の賃金としては高すぎるのではないかという疑問もあったが、筆者達の韓国工場調査、韓国自動車メーカー経営者の聴きとり調査では、韓国自動車メーカーは組合との賃金交渉...

2013年3月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

中国の所得分配問題の改善策~収入増加と格差縮小を目指す改革案の発表~

...404039392028301520101050発展途上国052 57 62 67 72 77先進国世界全体中国82 87 92 97 02 07 12(注)中国は2005-11年平均値、その他は2004-07年平均値を使用(出所)ILO、CEICより三菱東京UFJ銀行経済調査室(香港)作成(年)(出所)CEICより三菱東京UFJ銀行経済調査室(香港)作成今回の改革案では 2015 年までに労働契約の集団契約締結率を 80%まで高める目標も掲げた。2009 年以降の労働争議の多発を受けて、政府は労働者の集団契約締結率の上昇による賃金交渉...

2013年3月13日日本総研★フィードバック数:1社会/政治

経済の観点からの賃金状況についてのレポートです。

【新しい成長戦略シリーズ⑥】持続的賃金引上げへの戦略

...的な生活水準の維持を図るべき。こうした「生活環境改革」を政府に働きかけることを、労組の重要な使命として位置付けるべき。●春闘における賃金交渉パターンを転換。バーゲニングパワーの低下した輸出産業による底上げ方式ではなく、客観指標を参考にする賃上げ方式に移行。60 (%)(図表23) 賃金カーブの国際比較(製造業男性労働者、2002年)(図表22)組合組織率の推移(30~39歳=100)推定組織率50140パートタイム労働者日本イギリスドイツ13040120110301009020801070600~29歳47 52 57 62...

2014年11月2日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2014年10月、基本的見解)

...したミスマッチに起因する失業の存在を前提として、過剰労働力が解消した状態に対応する失業率を、「構造的失業率」と呼んでいる。ただし、構造的失業率の推計値は、時間の経過に伴って変化する性格のものである点には留意が必要である。また、広義の失業率は、職探しを止めているため非労働力人口とされているが潜在的には求職意欲を持つ労働者や、パート労働者のうち現状より長い時間の労働を希望している者も失業者として計算している。5使間の賃金交渉において、企業業績などに加え、物価上昇率の高まりも意識され、ベースアップが久方ぶりに多くの企業で実施された。企業の間でも、従来...

Weekly金融市場 2015年5月29日号

...販売統計は2010年=100ドとしては弱さが目立つ。15 年春季賃金交渉では賃上げ率の改善が実現したものの、「企業から家計へ」の所得還流は十分とは言い難い。なお、夏季賞与も底堅いとされているが、これを契機に消費が盛り上がるかどうかに注目したい。最後に、4 月の全国消費者物価(除く生鮮食品)は前年比 0.3%と、消費税要因のほとんどが剥落したことで上昇率が大幅に鈍化。夏場まではこうした状態が継続するものと思われるが、これまでの日本銀行の説明を聞く限り、追加緩和には慎重な態度を続けそうである。農林...

2013年3月26日みずほ総合研究所★フィードバック数:1社会/政治

景気拡大についてのレポートです。

1930年代に学ぶデフレ脱却・景気拡大メカニズム~インフレ期待だけではなかった回復要因~

...回復が見込まれる状況下では物価が将来上昇すると多くの人が予想するようになり、企業の価格設定行動・賃金交渉などを通じ現実の物価にも上昇圧力がかかる、というメカニズムである。戦間期に関してインフレ期待を強調する論者は、当時の「レジーム転換」が決定的な影響を及ぼしたとする。レジーム転換とは、民間経済主体の行動パターンの変化をもたらすような、政策枠組み(レジーム)の変更である。当時に即して言えば、金本位制からの実質的な離脱と、国債の日銀引き受け図表 7 需給ギャップとインフレ率(%)15GNPギャップ消費者物価・前年比10GNPデフレーター・前年比50▲5▲ 10...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ