「賃金増加」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

2014年GDP統計から2015年を考える―個人消費を中心に

...個人消費の増加は名目雇用者報酬の増加を下回っている(GDPベースの消費性向低下)。これらを踏まえ、2015年の個人消費は以下のように展望できる。�@企業業績好調の効果が雇用者数、一人当たり賃金増加の形で浸透し名目雇用者報酬は増加を続ける。�A物価上昇率は、原油価格低下と前年比で見た消費税引き上げの影響一巡から、4月以降、目立って低下する。�Bマクロの消費性向は人口高齢化等に伴って従来上昇傾向にあり、上記�@、�Aの状況に資産効果も加われば再び上昇することが期待される。ただし年金、医療などに関する将来への不安が増せば、節約...

2014年2月25日第一生命保険★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業規模による内訳として分析しています。

大企業の人件費は全体のどのくらいか ~大企業の賃上げが中小企業へ波及することが重要~

...、「だから限定的だ」とは言い切れない。なぜならば、大企業の賃金増加は、大企業と中小企業の売上増加に寄与して、さらに大企業と中小企業が収益拡大分を賃金へと分配する連鎖反応を起こすという波及ルートがあるからだ。例えば、大企業が 100 億円の賃金上昇を行ったとして、その 8 割が消費に回ったとする。80 億円の消費拡大は、大企業と中小企業の粗利益(=付加価値)を増やし、そこから労働分配が行われると考えよう。粗利益率が 25%、全体の平均労働分配率が60%とすると、80 億円×25%×60%=12 億円...

2014年5月28日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

人口減でも雇用者が減らない理由 ~年金と雇用の悪循環をどう断ち切るか~

...システムを望ましい方向に見直して、流れを好循環に逆転させていくことである(図表9)。現在、勤労者所得に関しては、2014 年になって久々にベースアップの動きが復活し、同時に賞与増加が期待できる環境になってきた。このことは、前述の悪循環作用とは逆の回転を生み出すことになり、歓迎できる動きだと考えられる。今後もこうした賃金増加→年金収支の改善が進んで、雇用者の負担増の抑制(ないし軽減)へと展開していければ、負の連鎖を少しずつ変化させると期待される。最後に、そうは言っても、人口減少社会では、趨勢的には雇用減にならざるを得ず、悪循...

関西経済についてのレポートです。

関西の実質賃金上昇は2015年度から

...APIRが行った最新の経済予測(Kansai Economic Insight Quarterly No.25)によると、2014年度の関西経済の実質GRP(域内総生産)成長率は-0.4%となる見込みである。2014年度は消費増税による物価上昇が実質所得低下を通じて個人消費を低迷させ、大きな成長抑制要因となった。個人消費増加のためには実質賃金が上昇することが必要であるが、果たして今後実質賃金は上昇していくのか。企業収益の好転、人手不足による賃金上昇圧力、非正規雇用者の賃金増加、消費...

就業形態についての調査です。

雇用の多様化の変遷<そのⅢ>:2003・2007・2010

...在学中の人を除いた集計である。 (テーマ別分析/正社員・パート間の賃金格差分析)賃金関数を推計することによりパートの賃金に関して分析し、次のような結果が得られた。正社員とパートとの賃金格差は、両者の労働時間の長さの差は当然として、年齢とともに賃金が増加する賃金増加率の差、勤続年数の差、昇進・昇格制度をはじめとした各種制度の適用割合の差などが大きな要因となっていることが示された(図表5参照)。個人属性に関する差異の中でも勤続年数の違いが大きな要因となっている。仕事の内容・やりがい、会社の教育訓練・能力開発のあり方、正社...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ