「資本経常利益」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年1月15日産経デジタル★フィードバック数:0社会/政治

貧富の差です。

日本は1997年度から「格差の時代」 富裕層はますます豊かに

...【国際政治経済学入門】 格差問題を取り上げた仏経済学者のトマ・ピケティの「21世紀の資本」が世界的なベストセラーになっている。そのコアは「資本収益率が産出と所得の成長率を上回るとき、資本主義は自動的に、恣意的で持続不可能な格差を生み出す」(邦訳本=みすず書房刊=の内容紹介から)と断じている点だ。 元凶はデフレ 日本はどうか。さっそくデータを調べてみた。まずは法人企業統計(財務省)の総資本経常利益率を「資本収益率」に、国内総生産(GDP)の実質成長率を「産出と所得の成長率」にみなして、それ...

日本企業の今後の収益性を占う

...日本企業の今後の収益性を占う | ニッセイ基礎研究所 日本企業の今後の収益性を占う 金融研究部 研究員 前山 裕亮基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年度は日本企業の収益性が大幅に改善アベノミクスや日銀の異次元緩和による円安効果もあって、2013年度は輸出企業を中心に多くの日本企業の業績が回復しました。法人企業統計(財務省)によると、企業の収益力を表す指標である自己資本経常利益...

日本企業の今後の収益性を占う

...日本企業の今後の収益性を占う | ニッセイ基礎研究所 日本企業の今後の収益性を占う 金融研究部 研究員 前山 裕亮日本企業の収益性が大幅に改善アベノミクスや日銀の異次元緩和による円安効果もあって、2013年度は輸出企業を中心に多くの日本企業の業績が回復しました。法人企業統計(財務省)によると、企業の収益力を表す指標である自己資本経常利益率が、2012年度8.4%から2013年度10.8%と2%以上上昇し、2008年のリーマンショック以降で最も高くなったことからもそのことがよく分かります。より...

2015年6月11日財務省★フィードバック数:0ビジネス

企業収益についての分析です。

リーマンショック前の水準を超えた企業収益

...章はまとめ、である。り、企業収益は高い水準となっている。後にデータで示すように、2013年度には企業収益は高い水2.高い水準を回復した企業収益準 を 回 復 し、 全 産 業 で み た 自 己 資 本 純 利 益 率2−1 ROEとROAの推移(ROE)はリーマンショック前の水準を超え、総日本のROE(全産業*5)は、高度成長期をピー資本経常利益率(ROA)もリーマンショック前のクに長期的に低下傾向にあったが、1998年度を底水準に並んだ 。に上昇傾向にあった。しかし、リーマンショック*3本稿...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ