「資本蓄積」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

「日本経済研究」No70

...日本経済研究「日本経済研究」は日本有数の学術論文誌です。年に2,3回発行しています。論文は公募しており、レフェリーの厳正な審査などを経たうえで掲載となります。【70】 2014年3月発行本稿は、中国経済の高成長の陰で生じてきた過剰資本蓄積の原因と、それに伴う厚生損失を定量的に明らかにする。まず、中国の高成長と共に家計部門に対する資本所得・労働所得の過少支払いが生じていたこと、それが企業部門に大量の内部留保を生み出し、過剰な資本投資がもたらされた可能性を指摘する。Abel et al.(1989...

2015年6月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

どうすれば経済成長できるのか

...てのような世界経済成長率を期待できないとすれば、その理由はかつてのグローバルな成長が、いわば本質的ではなかったということではないか。すなわち、2000年代の世界同時不況前までの経済成長は、米国等の旺盛な需要を背景に、新興国の割安な為替レートが主導した面が強かった(図は主要な先進国と新興国について横軸に購買力平価からみた為替レートの割安・割高度を、縦軸に成長率をとったもの)。資源国については、資源価格の高騰というレント的要素も大きかった。イノベーションや人的資本蓄積によるリアルな生産技術の向上、機能的な金融資本市場の整備、安定...

2012年11月6日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)少子・高齢化がわが国に与えるマクロ経済的インパクト

...年齢人口比率を低下させることを主因に、わが国の一人当たりGNPに対しても、特に先行きについて、負の影響をもたらすことが示唆される。(2)OGモデルを小国開放経済に拡張した分析によれば、少子・高齢化が進展した場合、国内の資本収益率の低下に伴って、海外との収益率格差が拡大するため、海外への投資が促進され、資本収支の裏側にある経常収支が改善する。一方、少子・高齢化により、国内の生産力が需要との対比で低下するため、貿易収支はいずれ赤字化する。こうしたもとで、経常収支が改善するのは、海外での資本蓄積が進むにつれて、所得...

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

2014年は新興国の「終わりの始まり」になるリスク ~主要新興国で「政治の季節」、経済の行方を大きく左右することは不可避~

...領選などを見据えて歳出拡大に動くことになれば、財政悪化や物価上昇などを引き起こすリスクもある。これらの国々で円滑に政権維持ないし交代が行われ、対外信用力の向上に資する政策運営が実施されれば、中長期的にみた人口増加期待などを背景に海外資金の流入が起こり、資本蓄積が潜在成長率の向上をもたらす好循環に繋がることが期待される。一方、排外主義などによる内向き姿勢が強まれば、資本蓄積の低迷で潜在成長率は上がらないなかで「中所得国の罠」にはまり、長期の景気低迷に陥るリスクもある。このように、近年注目を集めてきた新興国にとって 2014 年は...

自然失業率および自然利子率の低下と金融政策

...イナス金利を付けることを提言した。資本蓄積が利子率によって制約されることを重視したためである。ケインズは『一般理論』の23章で、ゲゼルを非マルクス社会主義者と見なしているが、マルクスよりもずっと洞察力のある経済学者であったと評価している。この高い評価は、市場利子率が投資の限界効率を上回る場合にその投資プロジェクトは実行されないというケインズの投資理論に合致していたからであろう。第二の処方箋は、ポール・クルーグマンの1998年の「無責任な中央銀行論」に端を発している。クルーグマンは、日本経済は、人口...

2015年3月31日日本政策投資銀行フィードバック数:0キャリアとスキル海外

回復が不十分な米国労働市場とその行方

...回復という循環要因から雇用情勢は改善を続けると見込まれるものの、回復に異例の長期を要したことは、労働者に構造的ともいえる痕跡を残しかねない。すなわち、失業者や求職も見送る周辺労働者、あるいは不本意なパート労働者の地位に置かれたことで、経験を通じて習得するはずの人的資本の蓄積が停滞し、更に毀損する可能性もある。既に人口減少社会に入った日本では非正規労働者の趨勢的な拡大による人的資本蓄積の停滞が懸念材料として指摘されている。米国においても、今後労働力人口の伸びが鈍化する中、2%台の潜在成長率を確保するには労働生産性の向上が不可欠とみられている(図表6-4)。人的資本蓄積...

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年12月) ~QE3縮小であらためて考える中長期的なアジアの成長の道筋~

...抑制を招くファンダメンタルズの強化策に動く必要があり、政策面で難しい舵取りを迫られることになろう。 中長期的な観点では人口増加が見込まれることに加えて、近年の投資拡大などにより様々な蓄積が生まれたことで、アジアをはじめとする新興国の潜在成長率は比較的高水準であるものの、当面の景気については世界的なパラダイムシフトの煽りを受けることは避けられない。一方、アジア新興国が潜在力を発揮しつつ、高い経済成長を実現するには、海外資金の受け入れなどを通じて資本蓄積の充実を図ることで、人的資源の増加に依存した労働集約型の経済成長から、資本...

少子化についてのレポートです。

少子化問題と少子化対策に関する調査研究

...れた課題とされた働き方、医療、農業等にも対応する構えである。さらに長期的に重要になってくるのは人口動態である。人口減少に歯止めがかからなければ、被保険者と年金受給者とのバランスから(支給年齢の引上げや支給金額の削減、保険料の引上げなどを行わない限り)、賦課方式であるため年金財政は悪化傾向をたどることになる。また、長期的な経済の成長力は、労働投入、資本蓄積、生産性の上昇の 3 要素で説明されるが、人口動態はこれら 3 要素のすべての側面から経済成長に変化をもたらすものであり、成長・発展の重要な基盤といえる。労働...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ